CPUベンチマーク

Core i7-10700KとCore i7-9700Kをベンチマークで性能比較

Core i7-10700KとCore i7-9700Kで取得したデータのCPUによるフレームレート比較になります。グラフィックボードはRTX2080Tiです。全て私物の製品での比較になります。

注目するべき点としては高設定と低設定時におけるフレームレートの差に注目です。FPSゲームで用いられる事が多い低設定にしてとにかくフレームレートを稼ぎにいく場合にはCore i7-10700Kの方が少し高いフレームレートが出る傾向があります。

CPUのスペック比較

製品名Core i7-10700KCore i7-9700K
コア数 / スレッド数8 / 168 / 8
動作クロック(ベース/TB時)3.8GHz / 5.1GHz3.6GHz / 4.9GHz
キャッシュ16MB12MB
対応メモリDDR4-2933DDR4-2666
TDP125W95W
ソケットLGA1200LGA1151
実勢価格56,000円前後45,000円前後

Core i7-10700KとCorei9-9900Kは価格があまり変わらない印象です。Core i9-9900K(8コア16スレッドで最大5GHz)をちょっと性能アップして安くなったのがCore i7-10700Kという感じです。執筆時では同じ56,000円前後。

Core i7-9700Kは1万円程度価格が安いです。両者の大きな違いという部分ではCore i7-10700KはHT(ハイパースレッディング)に対応してマルチスレッド性能が高くなっているのでクリエイティブな作業に強みがある事です。

また、第10世代はソケットがLGA1200なので第9世代CPUソケットのLGA1151には対応していないです。

ベンチマークのスペック

今回のベンチマーク構成はマザーボードとCPUのみ違います。マザーボードは「ROG STRIX Z390-F GAMING」と「ROG STRIX Z490-F GAMING」になっています。

ベンチマーク構成
CPUCore i7-10700KCore i7-9700K
CPUファン空冷
CPUグリスThermal Grizzly Kryonaut
GPURTX2080Ti
メモリ16GB
マザーボードZ490Z390

CINEBENCH R20

Core i7-10700Kは8コア16スレッドなのでゲーム、クリエイティブ作業を快適にこなせる処理性能を持つCPUです。

製品名CINEBENCH R20ベンチマーク比較(マルチ)
Ryzen 9 3950X
9105
Ryzen 9 3900X
7153
Core i7-10700K
 4921
Ryzen 7 3700X
4734
Core i9-9900K
4577
Core i7-9700K
3678
Ryzen 5 3600X
3632
Ryzen 5 3600
3453
Core i7-8700
3082
Ryzen 5 3500
2573
Core i5-9400F
2389

※Core i7-10700Kのみ私物です。

CINEBENCH R20で計測した結果がこちらです。Core i7-10700Kは、Core i7-9700Kと比較したらかなり性能アップでCore i9-9900Kより性能が上がっている印象です。

ファイナルファンタジー XV

解像度画質設定i7-10700Ki7-9700K
フルHD
1920×1080
1279412760
標準1659116372
軽量1874518042

ベンチマークソフト実行時の数値になります。

重量級オープンワールドの場合には画質を優先されると思うのであまり影響は少ないのかなと思います。

ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

解像度画質設定i7-10700Ki7-9700K
フルHD
1920×1080
最高2053319786
2116920345
標準2430322504

ベンチマークソフト実行時の数値になります。

FF14はCPUの性能差が比較的に出るベンチマークなのでi7-10700Kとi7-9700Kでは性能差が出ています。

ファークライ ニュードーン

解像度画質設定i7-10700Ki7-9700K
フルHD
1920×1080
最高109110
118118
127127

内蔵ベンチマーク実行時の数値になります。

ファークライニュードーンはあまり変わらずという結果になりました。

World War Z

解像度画質設定i7-10700Ki7-9700K
フルHD
1920×1080
ウルトラ149150
ミディアム166156
ロー178166

内蔵ベンチマーク実行時の数値になります。

WWZだと低設定時に少しフレームレートの伸びがあります。

レインボーシックス シージ

解像度画質設定i7-10700Ki7-9700K
フルHD
1920×1080
最高326319
336319
415375

内蔵ベンチマーク実行時の数値になります。

シージでは多少フレームレートが伸びています。i7-9700Kの最高と高設定は最小fps等では違いがありましたが、今回のテストの平均fpsでは同じ数値が出ました。

Core i7-10700Kの温度をチェック

今回使用したCPUクーラーとグリスは以下です。

十分冷えていると思います。インテルのCore i7は扱いやすさも魅力です。BTOでCore i7-10700K搭載モデルの販売も開始されています。

購入の際には水冷でもOKですが、空冷のCPUクーラーで十分だと思います。グリスはカスタマイズ推奨です。

まとめ

Core i7-10700KとCore i7-9700Kを比較するとフレームレートは高い数値が出ています。そして、1番大きな要素としては8コア16スレッドになった事でクリエイティブに強みが出ている事。

そしてインテルCPUの扱いやすさもあるのでCore i7-10700Kはゲームもクリエイティブもやりたい方にオールマイティに使えるおすすめのCPUです。

ドスパラなら翌日出荷で注文してから最速で届きます。ドスパラで5/24日の朝にCore i9-10900KとCore i7-10700Kを注文して5/25日の朝には届きました。ゲーミングPCも2日程度で届くモデルもあるので速く欲しい方はドスパラがおすすめです。

ドスパラ公式サイトはこちら

G-Tuneは6月3日にサイトの商品構成が一新されました。それに伴ってインテル第10世代搭載ゲーミングPCも販売中です。

G-Tune公式サイトはこちら

インテル搭載おすすめゲーミングPC

Core i9-10900KとCore i7-10700Kをベンチマークで性能比較 Core i9-10900KとCore i7-10700Kで取得したベンチマークのCPUによるフレームレート比較になります。グラフィ...
i7-9700KとRyzen 7 3700Xをベンチマークで比較【RTX2070 SUPER】 Core i7-9700KとRyzen 7 3700Xで取得したデータのCPUによるフレームレート比較になります。グラフィックボード...
おすすめピックアップ記事