PCゲームの推奨スペックから選ぶ

PC版フォートナイトが快適にプレイ出来る推奨スペックのゲーミングPC

フォートナイトは100人のプレイヤーで戦う無料バトルロワイヤルゲームです。PUBGと同じようなゲームシステムですが、ゲーム自体が軽くオーバーウォッチのようなカジュアルなビジュアル、そして建築要素があるなどの違いがあります。

フォートナイトの入手法について

公式サイトからダウンロード可能です。バトルロイヤルモードは無料です。日本語に関しても現在は最初から日本語対応になっています。

フォートナイト参考動画

 

手探り感で瀬戸さんがフォートナイトの実況動画をあげてらっしゃるので初心者の方には参考になると思います。

フォートナイトの推奨スペック

OSWindows 7/8/10 64-bit + Mac OSX Sierra (10.13.3+)
CPUCore i5 2.8 Ghz
GPU2 GByte VRAM
メモリ8GB

フォートナイトはスペック要求が低いという事でも有名です。PUBGほどグラフィックが重くないのでそこそこのゲーミングPCで快適に動作します。

フォートナイトの設定について

低設定

3D解像度が853×480(44.4%)となっています。レンダリング品質を犠牲に描画速度を最も高めた設定です。

中設定

3D解像度1280×720(66.7%)となっています。

高設定

高設定で1920×1080(100%)となるのでとりあえず画質をある程度保ちたいという方は高設定以上がおすすめになります。

エピック設定

プリセットの中で最も重い設定がエピック設定になります。描画距離やテクスチャや影など全て最高設定になっているのでフォートナイトを存分に楽しみたいという方はエピック設定で遊ぶのがおすすめです。

フォートナイトの画質設定比較

テクスチャや影や描画距離など実際に画面で見た時の質感は低設定とエピック設定だとかなり違いがあります。そこまで重いゲームでは無いので高設定かエピック設定でプレイする事をおすすめします。

1920pxから620pxに縮小してこれだけ違います。岩のへんとか明らかに立体感の無い画質になってしまっています。

フォートナイトは高解像度だと設定によって極端に画質が落ちる

例えば4Kや4KまでいかなくてもUWQHDなどのウルトラワイドでプレイする場合には画質設定を下げるとレンダリング解像度も下がるので極端に画質が落ちます。

こちらは3440×1440の解像度でエピック設定でプレイした時のフォートナイトですが、レンダリング解像度が100%なので綺麗な画質でプレイ出来ます。

620pxに縮小しているので上の画像だと分かりづらいと思い等倍で切り抜き処理を行ったものです。つまり実際の見え方に限りなく近くした画像になります。

こちらが低設定でプレイした時の画質になります。3440pxから620pxにかなり縮小しているので分かりづらいかもしれませんが、よーく目を凝らすとかなり違いが分かると思いますが、これだと普通っぽいですよね。

こちらが肉眼で見た時の見え方に限りなく近い等倍の画質になります。これくらい解像度が高い状態でフォートナイトをプレイすると見えたものではないくらい酷い画質になってしまいます。PS1レベルですね。

フォートナイトは比較的軽いPCゲームですが、高解像度でプレイすればその分GPU処理も上がるのでフルHDと4Kを比較した場合単純計算で4倍になります。

高解像度でプレイする場合は単純にそれだけで60FPSを出す為にスペックが必要で、なおかつ勝負にこだわりたいという方でフレームレートを上げてプレイしたいという場合にはスペックもかなり必要になってきます。

さすがにそんなプレイをする方はいないと思いますが、ゲーミングPCを未導入の方はいくら軽いフォートナイトとは言え、まともにプレイできないでしょう。GTX1060を搭載したゲーミングPCをおすすめします。

ちなみに設定を下げても3D解像度だけ上げれば画質は上がります。

GeForce 436.02 DriverでUltra-Low Latency Mode実装

NVIDIAさんによると最大33%レイテンシが低減されるようです。ゲーム中の操作遅延の低減の効果が見込めて、60FPS~100FPSが最も効果を発揮するそう。フォートナイトだとウルトラにすると数値が下がっていますね。

設定はNVIDIAのコントロールパネルを開き、「Low Latency Mode」をウルトラに設定します。ウルトラに設定する事で「ジャストインタイムでGPUがフレームを取得してレンダリングを開始する」との事です。

FPS値参考動画

 

GPUの参考としてはこちらの動画が参考になります。GTX1060あればフルHJDの場合には最高設定でも平均60FPSが出せます。144Hzのゲーミングモニターで高リフレッシュレートで画質設定も高く快適に動作させたいという場合にはGTX1070以上が必要になります。

実機のベンチマーク取得結果

グラボ解像度設定FPS
GTX10601920×1080エピック77 fps
109 fps
GTX1660Tiエピック106 fps
144 fps
GTX1070エピック105 fps
149 fps
GTX1070Tiエピック126 fps
152 fps
RTX2060エピック130 fps
170 fps

場所はダスティディボットです。フレームレートは平均FPSになります。高設定で快適にと考えている方はGTX1660Ti以上がおすすめです。画質も良くプレイしたい方はRTX20シリーズがおすすめです。

フォートナイトが快適にプレイ可能なゲーミングPC

フルHDならGTX1660Tiが最適

価格.comプロダクトアワード2018 銀賞 受賞

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-9700F
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 1TB
マザーボードB365

前世代のGTX1070に匹敵するゲーム性能を誇るGTX1660Tiを搭載し、CPUには第8世代の6コア12スレッドで最大4.6GHz駆動のCore i7-8700を搭載した最新ミドルのゲーミングPCになります。

ドスパラで人気のGTX1660Ti搭載のゲーミングPCです。

エピック設定で144FPSを出して滑らかな描画に期待したい方はRTX2060以上がおすすめ

ガレリア ZV
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2060 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB HDD 2TB
マザーZ390

第9世代CPUのCore i7-9700Kと最新のグラフィックボードのRTX2060 SUPERを搭載したモデルになっています。ZシリーズなのでXシリーズよりもワンランク上を望みたい方に最適です。

RTX2060で実際にゲームをプレイした感想

画質設定を高めにして144fpsを狙う場合にはRTX2060以上あるとかなり快適です。設定下げ運用にすれば常時144fpsド安定。240fpsも視野に。

おすすめピックアップ記事