MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

GALLERIA RL7C-R45-4の実機レビュー | RTX 4050搭載

当ページのリンクには広告が含まれています。
GALLERIA RL7C-R45-4の実機レビュー

サードウェーブさんから「GALLERIA RL7C-R45-4」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

「GALLERIA RL7C-R45-4」は、14(6P+8E)コア20スレッドの「Core i7-13700H」と「RTX 4050」を搭載。人気FPS/TPSゲームを快適に楽しめる性能や、重いゲームも楽しめる性能を持っています。

また、ゲーミングノートPCとしては本体重量が軽い点と14インチの画面サイズなので持ち運びしやすい点が特徴的なノートPCです。

目次

GALLERIA RL7C-R45-4のスペック

GALLERIA RL7C-R45-4
スペック
CPUCore i7-13700H
グラフィックRTX 4050(6 GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
液晶14型 1920×1080
フルHD(144Hz)
無線Wi-Fi 6E
重量約1.8kg
動作時間 6.3時間(動画再生時)
11.0時間(アイドル時)

レビュー時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観デザイン

外観

外観デザイン

最大開閉

最大開閉

カラーはグレー色で、WEBカメラは液晶上部に設置されています。液晶は14インチでフルHD解像度(1920×1080)、リフレッシュレートは144Hzです。液晶周りはベゼルが薄くてスッキリしています。

液晶はノングレアパネル採用なので、映り込みが少なく長時間のゲームや作業に最適です。

天板

天板

ロゴ

ロゴ

天板上部にはGALLERIAのロゴが配置されています。天板の開閉は片手でも筐体が浮かないので、使い勝手が良いです。

入出力ポート

左側面

左側面

右側面

右側面

背面

背面

左側面には、有線LAN端子、USB 3.2 Gen 1 Type-A、Thunderbolt 4端子(DP1.4対応/PD対応 65-100W)があります。

右側面にはマイク入力・ヘッドホン出力共有端子、USB 3.2 Gen 2 Type-C、USB 3.2 Gen 1 Type-A、HDMI 2.1、microSDリーダー、電源ボタン、電源入力があります。

外付けのSSDを接続してストレージを確保したり、外部モニターと接続してマルチディスプレイ化したり、マウスなどのUSB機器と接続する際にも過不足なく使える入出力ポートが装備されています。

キーボード

キーボード

キーボード

電源ボタン

電源ボタン

キーボードはテンキーなしです。日本語配列88キーボードとなっています。視認性を高めるLEDバックライトが搭載しているので、場所を問わず快適に文字打ちが行なえます。

LEDバックライト

LEDバックライトのカラーに関してはホワイト一色のモデルです。

重量

本体

本体

ACアダプター

ACアダプター

本体が1,788gで、ACアダプターの重量は419g(コンセント含む)でした。軽いゲーミングノートPCです。

ガレリアノートPC重量比較
GALLERIA ZL7C-R47(RTX 4070)
2,380g
XL7C-R45(RTX 4050)
2,200g
GALLERIA RL5C-R35(RTX 3050)
2,082g
GALLERIA RL5R-G165(GTX 1650)
2,052g
GALLERIA RL7C-R45-4(RTX 4050)
1,788g

他の製品と比較しても軽いので「GALLERIA RL7C-R45-4」は、軽いゲーミングノートPCを探している方におすすめのモデルです。

ゲーム性能

「GALLERIA RL7C-R45-4」のゲーム性能はどの程度快適なのかをチェックしました。

Control Center設定

設定

設定

バッテリー設定

バッテリー設定

計測は有線LAN接続で電源に接続して計測しています。付属ソフトの「Control Center」の設定は「パフォーマンス」で行っています。

また、NVIDIA コントロールパネル内の優先グラフィックスプロセッサを「高パフォーマンスNVIDIA プロセッサ」「垂直同期:オフ」「電源管理モード:パフォーマンス最大化を優先」に設定しています。

3DMARK

3DMARK

3DMARKのTimeSpyは、DirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

3DMARK TimeSpy
ZL7C-R47(RTX 4070)
12794
Core i7-13700H×RTX 4060
10660
XL7C-R45(RTX 4050)
9131
RL7C-R45-4(RTX 4050)
9049
RL5C-R35(RTX 3050)
5945
RL5R-G165(GTX 1650)
3943

表は当サイトでテストしたノートPCのTimeSpyの参考スコア比較です。「GALLERIA RL7C-R45-4」は、3DMARK TimeSpyでテストすると「9049」スコアとなりました。

ノートPCのRTX 3050搭載モデルやGTX 1650搭載モデルと比較すると大きく性能が向上しているのがRTX 4050搭載モデルの魅力です。

ファイナルファンタジー15

ファイナルファンタジー15
スクロールできます
解像度設定スコア / FPS / 評価
1920×10808196 / 81 fps【快適

フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー15は、6,000スコアで「快適」、12,000スコアで「非常に快適」評価になります。最高設定で「快適」評価です。

PSO2:NGS

PSO2:NGS
スクロールできます
解像度設定スコア / 評価
1920×1080ウルトラ14757【快適

PSO2:NGSは「10,001以上」のスコアで「快適」評価です。「5,001~10,000」で標準的な動作、「5,000未満」で重い動作判定となります。最高設定で「快適」評価です。

BLUE PROTOCOL

BLUE PROTOCOL
スクロールできます
解像度設定スコア / FPS / 評価
1920×1080最高14656 / 103 fps【極めて快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

BLUE PROTOCOLは、「8000~8999」スコアで「快適」、「10000スコア以上」で「極めて快適」評価になります。最高設定で「極めて快適」評価です。

ファイナルファンタジー14

ファイナルファンタジー14
スクロールできます
解像度設定スコア / FPS / 評価
1920×1080最高19361 / 134 fps【非常に快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

ファイナルファンタジー14 暁月のフィナーレは、8,000スコアで「快適」、15,000スコアで「非常に快適」評価になります。最高設定で「非常に快適」評価です。

ストリートファイター6

ストリートファイター6
スクロールできます
解像度設定スコア / FPS / 評価
1920×1080HIGHEST100 / 59 fps【快適

フレームレートはFIGHTING GROUNDの平均フレームレートの数値です。

ストリートファイター6は「90~100」スコアで「快適」評価です。最高設定で「快適」評価です。

ドラクエ10

ドラクエ10
スクロールできます
解像度設定スコア / 評価
1920×1080最高24561【すごく快適

ドラクエ10のような軽めのゲームは「すごく快適」に動作します。

フォートナイト

DX12最高

DX12最高

DX12最低

DX12最低

DX11最低

DX11最低

低グラ

低グラ

人気TPSゲームのフォートナイトの最高画質では50fps前後。最低では170fps前後を記録。DX11の最低では230fps前後でした。

グラフィックスはかなり犠牲になってしまいますが、パフォーマンスモード(低グラフィック忠実度)で320fps前後出ています。

144Hz液晶を搭載しているので、滑らかな映像表示でフォートナイトを快適に楽しめます。

フォートナイト
DX12最高
57
DX12最低
174
DX11最低
236
低グラ
323

「レックス・レイウェイズ」周辺の平均fps。DLSS:クオリティを有効。パフォーマンスモードはデフォルト設定。ハードウェアレイトレーシング:オフ。

Apex Legends

最高設定

最高設定

最低設定

最低設定

人気FPSゲームのApexLegendsでは最高画質130fps前後、最低では200fps前後を記録しました。ApexLegendsも快適なゲーム性能を持っています。

144Hz液晶を搭載しているので、滑らかな映像表示でApex legendsを快適に楽しめます。

ApexLegends
最高
130
最低
197

計測場所:シーズン20の射撃訓練場。ジブラルタルのULTを使用後に一定のコースで周回した際の平均fps。

サイバーパンク2077

サイバーパンク2077
スクロールできます
解像度設定FPS
1920×1080レイトレ:オーバードライブ21 fps
1920×1080レイトレ:中38 fps
1920×1080レイトレ:低90 fps
1920×1080ウルトラ101 fps
サイバーパンク2077ベンチマーク

フレームレートはベンチマークの平均fpsです。フレーム生成&DLSS:自動を有効。パッチ:2.12。

サイバーパンク2077は、NVIDIA DLSS 3対応ゲームです。「GALLERIA RL7C-R45-4」は最新のRTX 40シリーズ搭載モデルなので、NVIDIA DLSS 3(フレーム生成)に対応しています。

プリセット「レイトレーシング:低」

画質設定:プリセット「レイトレーシング:低」。

レイトレーシングの最高画質のオーバードライブ設定(DLSS 3.5のDLSS Ray Reconstruction含む)は厳しいですが、レイトレーシング:低設定やウルトラ設定で快適に楽しむ事が可能です。

Cities: Skylines II

Cities: Skylines II

Cities: Skylines IIは、CPUの性能が高いので高設定(プリセット最高)で25 fps程度出ています。

デスクトップの「Core i5-14400F×RTX 4060」を搭載したモデルで計測した際には同条件で21 fps程度だったので、CPU性能が高い事でよりフレームレートが出ています。

CPU性能が高いのでCities: Skylines IIも楽しめるゲーミングノートPCです。ただ、本格的に快適に楽しみたい方はグラフィックス性能が物足りない印象なので、より高性能なモデルがおすすめです。

フレームレートは7000人都市で計測。パッチ:1.0.19.0。

ゲーム性能まとめ

「GALLERIA RL7C-R45-4」のゲーム性能をまとめます。

Cities: Skylines IIやサイバーパンク2077のレイトレーシング最高設定、フォートナイトの最高画質などの最重量級タイトルでは更に高い性能がおすすめですが、FF15やサイバーパンク2077などの重いゲームでも楽しめる性能を持っています。

フォートナイトやApex LegendsなどのFPS / TPSゲームでも高フレームレートで快適に楽しめます。

ゲーム評価
重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム

CPU性能

CINEBENCH 2024

CINEBENCH 2024

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

「CINEBENCH 2024」「CINEBENCH R23」はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

CINEBENCH R23(マルチ)
Core i9-13900HX
29055
Core i7-13700HX
19120
Core i9-12900H
17250
Core i7-13700H
16475
Ryzen 7 7840HS
16125
Core i7-12700H
14973
Core i5-13500H
14521
Ryzen 7 6800H
14075

CINEBENCH R23マルチスコア参考スコア比較です。

「GALLERIA RL7C-R45-4」は「Core i7-13700H」が搭載。Core i7-13700Hは14コア(6P+8E)20スレッド最大5.0GHzの高性能モデルです。Cities: Skylines IIのようなCPUを使うゲームや、FPS/TPSゲームでフレームレートを稼ぎたい方におすすめのCPUです。

ストレージ速度

ストレージ速度

1TBのNVMe SSDが搭載されています。HDDでカクつくゲームもあるのでNVMe SSDにゲームをインストールするのがおすすめです。1TBあればPCゲームを沢山インストールする事が出来ます。

カスタマイズにも対応しており、最大2TBまで執筆時ではカスタマイズ可能です。

消費電力

アイドル時高負荷時

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。高負荷時は「3DMark FireStrike」実行時の数値です。

温度

筐体の温度

筐体の温度

「FF14 暁月のフィナーレ」ベンチマークをフルHD/最高品質で、1時間ループさせた際の温度をチェックしました。

室温は23℃。キーボード周辺の最高温度が35℃程度でWASD周辺は31℃前後でした。

キーボードの温度が低いので、ゲームをプレイしていても気になる事は無いでしょう。

内部の温度

内部の温度

計測ソフトは「HWMONITOR-PRO」です。「アイドル時」「3DMARKのFireStrike」「CINEBENCH R23」を10分間実行した際の最大温度になります。室温23℃環境での計測になります。

静音性

静音性
アイドル高負荷時
43.1 db59.6 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。電源設定のモードは「パフォーマンスモード」で行っています。

無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

60 db近い動作音でしたので、パフォーマンスモードで性能を限界まで引き出す設定にして重量級ゲームを遊ぶ場合にはうるさく感じました。

設定の中に「エンターテイメント」「省電力」「静音モード」があるので動作音が気になる方は設定の調整や、ゲームをプレイする際にはイヤホン/ヘッドホンの着用をおすすめします。

普通の用途(低負荷~中負荷)で使う場合には、個人的に動作音はあまり気にならなかったです。

まとめ

GALLERIA RL7C-R45-4
総合評価
( 4 )
メリット
  • 処理性能の高いCore i7搭載
  • RTX 4050搭載で重いゲームもプレイ可能
  • NVIDIA DLSS 3&NVIDIA Reflex対応で快適にゲームが楽しめる
  • 144Hzの高リフレッシュレート搭載でFPS/TPSにもおすすめ
  • ゲーミングノートPCとしては本体重量が軽いので持ち運びにもおすすめ
デメリット
  • 最重量級タイトルでは性能不足
  • 高負荷時の動作音が気になる

「GALLERIA RL7C-R45-4」は、最新の「Core i7-13700H」&「RTX 4050」搭載。重いゲームもプレイ可能な性能を持っています。

個人的に気になった点は、最重量級タイトルでは性能面が不足している点と、高負荷時のファンの動作音が大きい点です。

良かった点は、筐体の本体重量が軽い点と14インチなので持ち運びしやすい点です。Apex Legendsやフォートナイトでも設定を調整すれば高フレームレートで快適に楽しめるのも良い点です。

こんな方におすすめ
  • 処理性能の高いCPU搭載ノートPCを探している方
  • Apex Legends/フォートナイトで高フレームレートが出せるノートPCを探している方
  • 重いゲームも設定を調整して楽しめるノートPCが欲しい方
  • 持ち運びに適したゲーミングノートPCが欲しい方
あわせて読みたい
「GALLERIA ZL7C-R47」の実機レビュー RTX 4070搭載 サードウェーブさんから「GALLERIA ZL7C-R47」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 「GALLERIA ZL7C-R47」は、16コア24スレッドの「Core i7-13700HX」と「RTX...
あわせて読みたい
10万円以下のノートPC「GALLERIA RL5R-G165」の実機レビュー サードウェーブさんから「GALLERIA RL5R-G165」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 「GALLERIA RL5R-G165」は、6コア12スレッドの「Ryzen 5 6600H」と「GTX ...
目次