PCゲームの推奨スペックから選ぶ

FF15が快適にプレイ出来る推奨スペックのゲーミングPC

「ファイナルファンタジーXV」に待望のWindows版が登場します。Nvidiaの技術協力の元PCゲームならではの美麗な画面でゲームを楽しむ事が出来る魅力がある本作は、PCゲーマーなら是非チェックしたい作品です。

PC版のメリット

PC版のメリットとしてはウルトラワイドの対応やNative4K対応などグラフィック関係の向上やDLSSの対応が予定されています。

  • Native 4K(3840×2160)対応、最大8K対応
  • HDR10対応(HDR表示には、Windows10 Creators update以降のOSと対応するディスプレイが必要)
  • Nvidiaの技術的支援を受けて最新のグラフィック表現を実装(草、髪、炎、煙、影、陰影、アンセル、シャドープレイなど)
  • 無料、有料の全てのアップデート、DLCコンテンツ収録
  • FPS視点の収録
  • ルミナスエンジンはマルチコアCPU対応

PCゲーマーならお馴染みのNvidiaさんのTurf Effect(草)やHair Works(髪)などが実装されているので過去の超大作ゲームで実装されていた様々なPCゲームにおける表現方法が全部盛りと言った具合になっています。

アンセルにも対応しているので美麗な画像のスクリーンショットを撮影したりする事が可能なのでスクショ職人の方は捗るかと思います。

更にFF15のゲームエンジンのルミナスエンジンはマルチコアCPU対応です。最近のマルチコア化が進んでいるPCゲーム事情と合わせて非常に楽しみなゲームソフトという事は言えるかと思います。

MOD導入にも意欲あり

Final Fantasy XV Developer Questions – PC Gamer Weekender 2018 Live Stream

6分45秒あたりからディレクターさんがMODについて言及しています。

【PC】FF15のMOD導入のやり方 Special K+ReShade+NEXUS MODS FF15のMODを導入するやり方を書いていきます。FF15のMODはSteamのWORKSHOPに対応しているのでそちらからサブスク...

MOD導入についてはこちらの記事で解説しています。

推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境4K HDR 推奨環境
OSWindows 7 SP1
Windows 8.1
Windows 10(64bit)
Windows 7 SP1
Windows 8.1
Windows 10(64bit)
Windows 7 SP1
Windows 8.1
Windows 10(64bit)
CPUIntel Core i5-2500 (3.3GHz以上)
AMD FX-6100 (3.3GHz以上)
Intel Core i7-3770 (3.4GHz以上)
AMD FX-8350 (4.0GHz以上)
Intel Core i7-7700 (3.6GHz以上)
AMD Ryzen 5 1600X (3.6GHz以上)
メモリ8GB16GB16GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 760
NVIDIA GeForce GTX 1050
AMD Radeon R9 280
NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
AMD Radeon RX 480
NVIDIA GeForce GTX 1080Ti
解像度720p1080p4K(2160p)
HDD100GB以上155GB以上
Direct XDirectX 11 以上

フルHD解像度で普通設定でプレイするのであればGTX1060相当でとりあえず動作は可能との見解です。ただ、4Kで動かすならGTX1080Tiが推奨GPUとなっています。

グラフィックス設定について

【FF15】グラフィック設定でどのくらいFPS値が変わるのか計測してみた

こちらの記事でNVIDIAのオン・オフでFPS値が非常に変わるという内容を書きました。

基本的にはプリセットで低設定だけは避けたいです。テクスチャが非常に貧弱なので出来れば標準設定以上が望ましいですね。最高設定で設定出来る場合はTurf Effectsだけはオンにした方が個人的には良いと感じます。

そうなるとGTX1070以上は欲しい所です。設定でそこまで妥協しなくても60FPSで動作します。もちろんGTX1080あればFHD最高設定で平均60FPSをキープ可能です。

FF15FPS値参考動画

 

実機で検証(Core i7-8700K&GTX1080)

CPUに関しては現状のPCゲームの場合だとCore i7あると安心です。グラフィックボードの性能を引き出すにはCPU性能の高さというの重要な要素ですね。

メモリは16GB推奨

フルHD最高設定だとメモリはゲーム開始時から既に8.7GBです。ちなみに4Kだと開始時で既に9.6GBでした。つまり最低レベルで16GB必要です。

FF15のフルHD最高設定でFPS値を計測

60FPSを割る事はほとんど無く安定的にプレイする事が可能です。最高設定での推奨としてはGTX1080が必要だと感じます。

GTX1070Tiでも何とかいけるかもしれませんがGTX1080で60FPSを少し割っているので平均すると69FPSでしたが最小フレームレート基準で考えるとGTX1080以上だとより安心です。

設定を下げたりしてもOKならGTX1060でも動作はOKなのでどこを求めるかで変わってきますが個人的にはGTX1070Ti以上はFF15では欲しいというのが本音です。

やっぱりプレイ中に美麗な画面をもっと堪能したいという気持ちや欲が出てきてしまうくらいに美麗なゲームなのでより上位のグラフィックボードがおすすめです。

レビュー機FPS結果まとめ

製品名GPU解像度設定FPS
ガレリアZZRTX2080Ti3840×2160最高49
最高(DLSS)66
MASTERPIECE i1630PA3-SPRTX20803840×2160最高35
1920×108084
MASTERPIECE i1630GTX 1080Ti3840×2160最高38
1920×108084
NEXTGEAR i670GTX10803840×2160最高28
1920×108075
ガレリアZTGTX10601920×1080最高48

設定はいずれもプリセット最高設定+NVIDIAの設定を全てONにした時のレスタルムの特定のコースを周回した時のFPS値になります。

RTX2080は当時DLSSが無かったので計測できておりません。ご了承下さい。

DLSSについて

DLSSテンポラルAA
66 fps49 fps

解像度:4K / 最高設定+NVIDIAの設定を全てオンにした状態でレスタルムという町で特定のコースで計測。

通常のFF15で計測するとRTX2080Tiの性能を持ってしても49fpsでした。しかし、DLSSを適用すると66fpsまでフレームレートが大幅にアップしています。

DLSSテンポラルAA
64 fps49 fps

ハンマーヘッドで同様の位置で計測しました。こちらもフレームレートが向上しています。画像はクリックで拡大します。

ちなみにNVIDIAの設定を全てオフにして4K最高設定でDLSSを有効にして計測するとどうなるのかというと、84 fpsでした。なのでNVIDIAの設定を切ると更に快適にプレイが出来ます。

ベンチマークソフトについて

《 CPU:Core i7-8700K,GPU:RTX2080,RAM:16GB 》

ベンチソフト「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」

自分のPCがどのくらいの性能なのかという点で重宝するベンチマークソフトが公式で用意されています。

12000~非常に快適非常に快適に動作します。高フレームでの動作が可能で、よりリッチな表現のグラフィックス設定を行うことも可能です。
9000~11999とても快適とても快適な動作が見込めます。高フレームでの動作が可能で、より高品質のグラフィックス設定を行うことも可能です。
6000~8999快適快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。
4500~5999やや快適標準的な動作が見込めます。余裕があればグラフィック設定の調整をお勧めします。
3000~4499普通標準的な動作が見込めます。
2500~2999やや重いゲームプレイは可能ですが、部分的に動作が重くなります。グラフィック設定の調整をお勧めいたします。
2000~2499重いゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。グラフィック設定や解像度の調整で改善される可能性があります。
0~1999動作困難動作に必要な性能を満たしていません。

NVIDIAのSLIやAMDのCrossFireは非対応です。グラフィック設定は3つのプリセットのみで、高品質、標準品質、軽量品質の中から選択します。高品質はNvidiaのGame Worksを積極的に盛り込んだ設定で、標準品質は推奨環境を想定した設定、軽量品質はテクスチャや影の解像度などを下げた設定となっています。

基準値はどこのライン?

6,000の快適評価が合格ラインでしょう。フレームレートを計測すると6,000で60FPSになりました。

ベンチマークソフトのスコア結果まとめ(実機で取得)

RTX2080Ti / RTX2080のガレリアZG / RTX2070はNVIDIA DLSSに対応したVersion1.2を使用しています。

フルHD(1920×1080)の快適ラインはGTX1070

《 CPU:Core i7-8700,GPU:GTX1070,RAM:16GB 》

搭載CPU搭載GPUスコア評価製品
Core i9-9900KRTX 2080Ti12930 / 130 fps非常に快適ガレリアZZ
Core i7-9700KRTX 208010897 / 108 fpsとても快適ガレリアZG
Core i7-8700RTX 20809918 / 99 fpsとても快適ガレリアXG
Core i7-9700KRTX 20708942 / 89 fps快適NEXTGEAR
Core i7-8700KGTX 1080Ti10646 / 106 fpsとても快適MASTER PIECEコラボモデル
Core i7-8700KGTX 10808444 / 84 fps快適プロゲーマー推奨モデル
Core i7-8700GTX 1070Ti7672 / 76 fps快適ガレリアXV
Core i7-8700GTX10706718 / 67 fps快適NEXTGEAR-MICRO im620
Core i7-8700GTX 1060(6GB)5033 / 50 fpsやや快適ガレリアXT
Core i5-8500GTX 1060(3GB)4089 / 40 fps普通NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
Core i5-8500GTX1050 Ti3006 / 30 fps普通ガレリアDH

フルHD(1920×1080)においてベンチマークソフトの高設定プリセットを実行した時のスコアと評価になります。GTX1070以上だと快適評価になります。

WQHD(2560×1440)の快適ラインはRTX2070

《 CPU:Core i7-9700K,GPU:RTX2070,RAM:16GB 》

搭載CPU搭載GPUスコア評価製品
Core i9-9900KRTX 2080Ti10040 / 101 fpsとても快適ガレリアZZ
Core i7-9700KRTX 20808236 / 82 fps快適ガレリアZG
Core i7-8700RTX 20807817 / 78 fps快適ガレリアXG
Core i7-9700KRTX 20706635 / 66 fps快適NEXTGEAR
Core i7-8700KGTX 1080Ti8135 / 81 fps快適MASTER PIECEコラボモデル
Core i7-8700KGTX 10806080 / 60 fps快適プロゲーマー推奨モデル
Core i7-8700GTX 1070Ti5640 / 54 fpsやや快適ガレリアXV
Core i7-8700GTX10704867 / 48 fpsやや快適NEXTGEAR-MICRO im620
Core i7-8700GTX 1060(6GB)3626 / 36 fps普通ガレリアXT
Core i5-8500GTX 1060(3GB)2905 / 29 fpsやや重いNEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
Core i5-8500GTX1050 Ti2158 / 21 fps重いガレリアDH

WQHD(2560×1440)においてベンチマークソフトの高品質設定プリセットを実行した時のスコアと評価になります。GTX1080 / RTX2070以上だと快適評価になります。

4K(3840×2160)の快適ラインはRTX2080Ti

バージョン1.2

《 CPU:Core i9-9900K,GPU:RTX2080Ti,RAM:16GB 》

搭載CPU搭載GPUスコア評価製品
Core i9-9900KRTX 2080Ti5938 / 59 fpsやや快適ガレリアZZ
Core i7-9700KRTX 20804770 / 47 fpsやや快適ガレリアZG
Core i7-8700RTX 20804544 / 45 fpsやや快適ガレリアXG
Core i7-9700KRTX 20703788 / 37 fps普通NEXTGEAR
Core i7-8700KGTX 1080Ti4702 / 47 fpsやや快適MASTER PIECEコラボモデル
Core i7-8700KGTX 10803410 / 34 fps普通プロゲーマー推奨モデル
Core i7-8700GTX 1070Ti3198 / 31 fps普通ガレリアXV
Core i7-8700GTX10702826 / 27 fpsやや重いNEXTGEAR-MICRO im620
Core i7-8700GTX 1060(6GB)2006 / 20 fps重いガレリアXT
Core i5-8500GTX 1060(3GB)1483 / 14 fps動作困難NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
Core i5-8500GTX1050 Ti1218 / 12 fps動作困難ガレリアDH

4K(3840×2160)においてベンチマークソフトの高設定プリセットを実行した時のスコアと評価になります。RTX2080Tiでギリギリ快適評価になります。

スコアは6,000で快適評価ですが、5938スコアなのでギリギリ60fps近いスコアになります。

FF15のロード時間はSSDとHDDでどの程度変わる?

NVMe SSDSSDHDD
20.920.940.3
20.221.437.8
20.821.540.2

ハンマーヘッド~レスタルムをファストトラベルで移動し、3回計測した際のロード時間の比較になります。ゲームのインストール先としてはSSDがおすすめです。

NVMe SSDでもOKですが、価格を考えるとSSDにコスパで軍配が上がります。

FF15推奨スペックまとめ

あくまで最高設定にこだわる場合という前提ですが、フルHDの場合はGTX1070以上が必要でメモリは16GBが最低条件になります

FF15スペックまとめ

  • フルHD:GTX1070以上
  • WQHD:GTX1080以上
  • 4K:RTX2080Ti
  • CPUはCore i7以上がおすすめ(高性能なグラフィクボードを搭載するなら)
  • メモリは16GB以上が必須
  • SSDは4Kで155GB以上なので500GBクラスが推奨です。

FF15が快適にプレイ可能なおすすめのゲーミングPC

重量級のフルHDゲームでも安心なスペック

重量級と呼ばれるタイトルは最新の大作ゲームで最高設定やそれに準ずる設定にした場合にハイスペックなゲーミングPCが必要になります。

例えば2018年に発売されたゲームとしては『アサシンクリードオデッセイ』、『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』、『モンハンワールド』辺りが相当します。

それらのタイトルで高画質な設定をしても快適に動作するゲーミングPCが以下になります。

NEXTGEAR-MICRO im620SA1-FG
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1070(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 240GB HDD 2TB
マザーボードZ390

実機レビューはこちら

価格・詳細はこちら

GTX1070でベンチマークを計測すると快適評価になります。メモリがデフォルトで16GBになっているのでスペック的には破綻の無いFF15が楽しめるゲーミングPCになります。カスタマイズポイントとしてはストレージの容量が少ないと感じる方は500GBクラスに容量を上げてもいいでしょう。

ガレリアXV
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1070Ti(8GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 5000GB HDD 2TB
マザーボードH370

実機レビューはこちら

価格・詳細はこちら

GTX1070TiでFF15のベンチマークソフトでチェックすると「快適」評価が出ています。フルHDのゲームをプレイするのであればGTX1070Tiの性能はおすすめです!

NVIDIAの設定を全てオンにすると重くなるのでTURFEFFECTをオンにするくらいにしておくと快適動作が見込めます!メモリが8Gbなので16GBにカスタマイズは必須になります。

フルHD~4Kまでの解像度に対応したゲーミングPC

NEXTGEAR i690PA1-SP
CPUCore i7-9700K
グラフィックGeForce RTX 2080
メモリ16GB
M.2 SSD256GB NVMe対応
HDD2TB
マザーボードZ390

価格・詳細はこちら

ガレリア ZG i7-9700K
CPUCore i7-9700K
グラフィックGeForce RTX2080
メモリ16GB
SSD500GB
HDD3TB
マザーボードZ390

価格・詳細はこちら

NVIDIAの次世代グラフィックボードがRTXシリーズです。RTX2080の性能であれば現状のフルHDゲームは完全無双できます。解像度を上げたりリアルタイムレイトレーシングやDLSSなど最新のテクノロジーの対応もあるので将来性に期待したい方におすすめのゲーミングPCです!

《ガレリアXGの実機レビュー》RTX2080搭載で重量級ゲームも快適【ドスパラ】 ドスパラさんからガレリアXGの実機をお借りしたのでレビューしていきます。 ガレリアXGの特徴はRTX2080が搭載されている事です...
GeForce RTX 2080のベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2080のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...

ベンチマークのフレームレートを計測した時にはフルHDを超えるWQHDでも快適に60FPSを超えるフレームレートを記録しました!なのでどうせ買うならレイトレ時代に突入したRTXシリーズを狙いたいという方におすすめになります!

4KでFF15が超快適に楽しめるゲーミングPC

4Kゲーミングの場合フレームレートを確保する事が困難になるので重量級ゲームの場合にはRTX2080Ti一択になります。

GeForce RTX 2080Tiのベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2080Tiのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。...

ベンチマークはこちらで取得しているので合わせてチェックしてみて下さい。

ドスパラのハイエンドゲーミングPC

ガレリア ZZ
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i9-9900K
グラフィックGeForce RTX2080Ti
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390

実機レビューはこちら

価格・詳細はこちら

ミドルタワー型の人気のゲーミングPCがガレリアのZシリーズです。RTX2080搭載機としてコストパフォーマンスが高くメモリも現状のPCゲームで推奨スペックとして16GBが指定されているのでおすすめになります。

SSDにはたっぷりの500GBを搭載しているので体感として動作のサクサク感を感じる事が出来ます。拡張性の高いZ390マザーボードなので実況や配信でキャプチャーボードやサウンドカードなどを増設したい時にも嬉しい。

マウスコンピューターのハイエンドゲーミングPC

MASTERPIECE i1640PA2-SP2
OSWindows10
CPUCore i9-9900K
グラフィックGeForce RTX 2080Ti
メモリ32GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 3TB
マザーボードZ90

価格・詳細はこちら

フルタワーのMASTERPIECEはG-Tuneのフラッグシップモデルのゲームパソコンです。冷却性能が高くPCケースの品質が良いので最上級を求める方におすすめのゲーミングPCになります。

メモリが32GBなので実況や配信などのメモリ消費が大きい使い方や数年先まで見据えた容量となっています。メモリの容量が多いモデルが欲しいという方にもおすすめです。

おすすめピックアップ記事