MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

「G-Tune FZ-I7G7T」の実機レビュー RTX 4070Ti搭載

当ページのリンクには広告が含まれています。
G-Tune FZ-I7G7Tの実機レビュー

マウスコンピューターさんから「G-Tune FZ-I7G7T」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。

「G-Tune FZ-I7G7T」は、CPUに「Core i7-14700KF」を搭載し、ゲームで重要なグラフィックスボードにはNVIDIAの「GeForce RTX 4070Ti」を搭載しています。

ゲームを本格的に高画質&高フレームレートで快適に楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

目次

G-Tune FZ-I7G7Tのスペック

G-Tuneフルタワー
スペック
CPUCore i7-14700KF
グラフィックRTX 4070Ti(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースフルタワー

レビュー時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観デザイン

外観

PCケースは高級感を感じる筐体で、ダーククロム強化ガラス、ヘアライン処理のアルミパネルが特徴的なフルタワー型です。

正面インターフェース

正面インターフェースはUSB3.0×2、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1、USB2.0×2が配置されています。USBが4つも接続できるのは便利です。

マイク端子やヘッドフォン端子の周りがくり抜いたようなデザインになっており、高級感を感じます。

背面

背面の映像出力端子は「HDMI端子、DisplayPort端子x3」となっています。複数のモニターを繋ぐ用途でも活用出来ます。

底面

底面は堅牢性の高い大型スタンドが搭載されており、ワンタッチで着脱ができるダストフィルターも付いています。

内観

内観

内部は電源が左上にあり、その下にマザーボード、右側にストレージの格納というレイアウトです。右側面にSSD×2台が搭載可能です。

CPUクーラーは冷却能力の高い水冷CPUクーラー(360mm)が搭載されています。

また、グラフィックスカードホルダーが搭載していました。ネジで止められており、グラフィックボードを上下に挟む機構です。

グラフィックスカードホルダーは、グラフィックスカードを固定し、輸送中の脱落や接触不良を防止する効果、重量が重いグラフィックスカードで反りが出る事を防ぐ効果や、マザーボードの負担を軽減する効果も見込めます。

内観

電源は右側面を開閉するとアクセス可能です。光学ドライブもこちらからアクセス出来ます。

PCケースの特徴まとめ
  • フロントフェイスの高級感が高い
  • フルタワーなのでサイズは大きい
  • コンソールパネルが上部に付いていてアクセスしやすい
  • 底面にダストフィルターが付いている

ゲーム性能

ベンチマークソフトを使用してゲームのパフォーマンスをチェックしました。

3DMARK

FireStrike

FireStrike

TimeSpy

TimeSpy

3DMARKのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

3DMARK TimeSpy
Core i9-13900K/RTX 4090
31579
Core i9-13900KF/RTX 4080
25400
Core i7-14700KF/RTX 4070 Ti
21990
Core i7-13700KF/RTX 4070 Ti
21461
Core i7-13700KF/RTX 4070
17494
Core i7-12700KF/RTX 3070 Ti
14652
Core i7-13700F/RTX 4060 Ti
13221
Core i7-12700/RTX 3060 Ti
11359
Core i9-12900K/RTX 4060
10993
Core i7-12700K/RTX 3060
9220
Core i7-12700K/RTX 3050
6713

RTX 4070 Tiは、前世代のRTX 3070 Tiと比較すると、ビデオメモリが8GBから12GBに増量し、NVIDIA DLSS 3が利用出来るメリットがあります。

4K解像度では10GB以上必要なタイトルが多いので、RTX 4070 Tiはゲームを本格的に高画質&高フレームレートで快適に楽しみたい方にぴったりなモデルです。

画質にこだわりたい方や、フレームレートを多く稼ぎたい方にRTX 4070 Tiは非常におすすめです。

ファイナルファンタジー15

ファイナルファンタジー15
スクロールできます
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
8937 / 89 fps【快適
WQHD
2560×1440
16217 / 162 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
20329 / 203 fps【非常に快適

フレームレートはスコアから算出した数値です。

ファイナルファンタジー15は、スコアの評価としては6,000スコアで「快適」、12,000スコアで「非常に快適」になります。

フルHD解像度、WQHD解像度、4K解像度の最高設定で「快適評価」以上が出ているので快適に楽しめます。

PSO2:NGS

PSO2:NGS
スクロールできます
解像度設定スコア / 評価
4K
3840×2160
ウルトラ16714【快適
WQHD
2560×1440
ウルトラ39791【快適
フルHD
1920×1080
ウルトラ47762【快適

設定は最高設定のウルトラ(設定6)です。

PSO2:NGSは「10,001以上」のスコアで「快適」評価です。「5,001~10,000」で標準的な動作、「5,000未満」で重い動作判定となります。

フルHD解像度、WQHD解像度、4K解像度で「快適評価」です。

BLUE PROTOCOL

BLUE PROTOCOL
スクロールできます
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
最高13533 / 95 fps【極めて快適
WQHD
2560×1440
最高26800 / 187 fps【極めて快適
フルHD
1920×1080
最高36953 / 261 fps【極めて快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値です。

BLUE PROTOCOLは、「8000~8999」スコアで「快適」、「10000スコア以上」で「極めて快適」評価になります。

フルHD解像度、WQHD解像度、4K解像度で「極めて快適」に楽しめます。

ファイナルファンタジー14

ファイナルファンタジー14
スクロールできます
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
最高16446 / 110 fps【非常に快適
WQHD
2560×1440
最高28405 / 197 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
最高33812 / 238 fps【非常に快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値です。

ファイナルファンタジー14 暁月のフィナーレは、15,000スコアで「非常に快適」評価となります。

フルHD解像度、WQHD解像度、4K解像度で「非常に快適」に楽しめます。

ストリートファイター6

ストリートファイター6
スクロールできます
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
最高100 / 59 fps【快適
WQHD
2560×1440
最高100 / 59 fps【快適
フルHD
1920×1080
最高100 / 59 fps【快適

フレームレートはFIGHTING GROUNDの平均フレームレートの数値です。

ストリートファイター6は「90~100」スコアで「快適」評価です。

フルHD解像度、WQHD解像度、4K解像度で「快適」に楽しめます。

サイバーパンク2077

サイバーパンク2077
スクロールできます
解像度設定FPS
4K
3840×2160
レイトレ:ウルトラ60 fps
WQHD
2560×1440
レイトレ:ウルトラ116 fps
フルHD
1920×1080
レイトレ:ウルトラ184 fps

フレームレートはベンチマークの平均fpsです。フレーム生成&DLSSクオリティを有効。バージョン2.1。

サイバーパンク2077は、NVIDIA DLSS 3対応ゲームです。「G-Tune FZ-I7G7T」は最新のRTX 40シリーズ搭載モデルなので、NVIDIA DLSS 3に対応しています。

サイバーパンク2077でもフルHD解像度、WQHD解像度、4K解像度で「快適」に楽しめます。

Cities: Skylines II

スクロールできます
解像度設定FPS
4K
3840×2160
20 fps
37 fps
WQHD
2560×1440
36 fps
56 fps
フルHD
1920×1080
53 fps
70 fps
Cities: Skylines IIのfps計測

フレームレートは7000人都市で計測。パッチ:1.0.18F1。

Cities: Skylines IIは、最重量級タイトルのシミュレーションゲームです。

フルHD解像度、WQHD解像度、4K解像度の中画質で「快適」に楽しめます。

Apex Legends

最高設定

Apex Legends最高設定

最低設定

Apex Legends最低設定

人気FPSゲームのApexLegendsでは最高画質260fps前後、最低では290fps前後を記録しました。

Apex Legendsで高フレームレートを出して快適に楽しめるゲーミングPCです。144Hz/240Hzなどの高リフレッシュレート液晶モニターと組み合わせるのがおすすめです。

ApexLegends/フルHD
最高
257
最低
292

計測場所:射撃訓練場。ジブラルタルのULT後に一定のコースを周回した際の平均fpsです。

フォートナイト

最高設定

フォートナイト最高設定

最低設定

フォートナイト最低設定

人気TPSゲームのフォートナイトは、最高画質では130fps前後。最低では370fps前後を記録しました。フォートナイトも高fpsを出して快適に楽しめます。

フォートナイト/フルHD
最高
128
最低
368

「レックス・レイルウェイズ」周辺の平均fps。DLSS:クオリティを有効。ハードウェアレイトレーシング:オフ。DirectX12を有効。

ドラクエ10

ドラクエ10
スクロールできます
解像度設定スコア / 評価
3840×2160最高25724【すごく快適
1920×1080最高25802【すごく快適
DQ10ベンチマーク

ドラクエ10のような軽めのゲームは「すごく快適」に動作します。

ゲーム性能まとめ

RTX 4070TiはフルHD/WQHD解像度の重量級ゲームを快適に楽しめます。DLSSやFSRを活用する事で4K解像度でも快適にプレイ可能な性能も持っています。

4K解像度も視野に入れている方や、FPS/TPSゲームで高fpsを出したい方におすすめの性能です。

解像度評価
4K解像度
WQHD解像度
フルHD解像度

CPU性能

CPU性能をチェックしました。

CINEBENCH

CINEBENCH 2024

CINEBENCH 2024

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

「CINEBENCH R23」はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

CINEBENCH R23(マルチ)
Core i9-14900KF
39070
Core i9-13900K
38701
Core i7-14700KF
33827
Core i7-13700KF
30018
Core i9-12900K
26849
Core i7-12700K
22819
Core i5-13400F
16223
Core i5-12400F
11805

CINEBENCH R23マルチスコア参考比較

表は「CINEBENCH R23」を当サイトでテストした比較になります。

Core i7-14700KFは20コア28スレッドの非常に高い性能を誇る高性能モデルです。極めて高いCPUパフォーマンスを持っています。

Core i7-13700KFは16コア(8P+8E)でしたが、Core i7-14700KFは20コア(8P+12E)になっており4基Eコアが増加しています。

Core i9-14900KFとCore i9-13900Kではあまり性能差がありませんが、Core i7-14700KFは性能が増加しているのが魅力です。

ベンチマーク

PC MARK10

PC MARK10
スクロールできます
PCMark 10EssentialsProductivityDCC
938292331351117967

パソコンの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトが「PCMark 10」です。

Essentialsはアプリケーションの起動速度、Webブラウジング、ビデオ会議などのPCの基本性能を計測します。

Productivityはオフィスソフトの性能、Digital Content Creation(DCC)は写真編集、動画編集などのクリエイティブ系ソフト性能のスコアとなっています。

PC MARK10
Core i7-13700KF/RTX 4090
10232
Core i9-13900KF/RTX 4080
9720
Core i9-13900K/RTX 3070
9420
Core i7-14700KF/RTX 4070Ti
9382
Core i7-13700KF/RTX 4070
9110
Ryzen 7 7800X3D/RX 7800XT
9067
Core i7 12700KF/RTX 3070 Ti
8639
Core i7-13700F/RTX 4060 Ti
8540
Core i7 12700K/RTX 3060
8536
Core i7-13700F/RTX 4060
8229
Ryzen 7 5700X/RTX 4070
7813
Core i7-12700/RTX 3060 Ti
7140
Core i5-12400F/RTX 3050
6731
Ryzen 5 4500/RTX 3060
5763

PC MARK10参考比較。

Core i7-14700KF&RTX 4070Tiを搭載しているので、高パフォーマンスが魅力的です。

ゲーム性能では3DMARK TimeSpyで比較した場合には「Core i7-14700KF/RTX 4070Ti」と「Core i9-13900K/RTX 3070」構成を比較すると「Core i7-14700KF/RTX 4070Ti」構成の方が64%高性能ですが、PC MARK10ではほぼ同じスコアになっています。

PC MARK10は総合的なパソコンの性能評価のベンチマークテストなので、CPU性能の影響が大きいテストです。

「G-Tune FZ-I7G7T」は総合的なパフォーマンスが高いパソコンなので、仕事もゲームも万能に快適にこなせるモデルが欲しい方におすすめです。

Port Royal

Port Royal

Port Royalはレイトレーシング(DXR / DirectX Raytracing)のパフォーマンステストです。

RTX40シリーズは、リアルタイムレイトレーシングやNVIDIA DLSS 3などの先進的な映像技術に対応しています。

Port Royal
Core i9-12900K/RTX 4090
25967
Core i9-13900KF/RTX 4080
17462
Core i7-14700KF/RTX 4070 Ti
14078
Core i7-13700KF/RTX 4070
10974
Core i9-11900K/RTX 3070
8300
Core i7-13700F/RTX 4060 Ti
7966
Core i7-12700/RTX 3060 Ti
6566
Core i9-12900K/RTX 4060
6091
Ryzen 5 3600/RTX 3060
5013
Core i7-12700K/RTX 3050
3488

当サイトで計測したPort Royalの参考比較

ストレージの速度

ストレージの速度

ゲームではSSDにインストールするとロード時間が短縮される効果や、カクつきを抑える効果が見込めます。

「G-Tune FZ-I7G7T」には1TBのNVMe SSDが搭載されています。 パソコンの動作がサクサクで、ゲームでもストレスフリーです。

消費電力

アイドル時高負荷時

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。高負荷時は3DMARKのFireStrikeを開始した序盤の消費電力の計測です。数値の変動があるので参考程度に見てみて下さい。

温度

温度

室温22℃環境での計測になります。

計測ソフトは「HWMonitor-PRO」を用いて、アイドル時と3DMARKのFireStrikeおよびCINEBENCH 2024を10分間実行した際の最大温度になります。

CINEBENCH 2024で、80℃いかないCPU温度でした。FireStrikeのGPU温度も熱い箇所で75℃程度を記録しています。圧倒的とも言える極めて高い冷却性能です。

静音性

静音性
アイドル時3DMARK
43.5 db49.7 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

FireStrike実行時の中で最も動作音の大きい数値です。環境の下限は40db前後です。

まとめ

G-Tune FZ-I7G7T
総合評価
( 5 )
メリット
  • Core i7-14700KF搭載で高いCPU性能
  • RTX 4070Ti搭載で最新ゲームも快適
  • 高級感のある筐体デザイン
  • 圧倒的な冷却性能
デメリット
  • サイズが大きい&本体重量が重い点は注意

「G-Tune FZ-I7G7T」は、非常に高い性能を持つ「Core i7-14700KF」&最新グラフィックス「GeForce RTX 4070 Ti」を搭載しています。

最新ゲーム、動画編集、実況配信などの重いゲームや、重い作業にも快適に使える高い処理能力を持ったパソコンです。

また、ケースの質感がとても良く高級感があります。冷却能力の高い水冷CPUクーラーが搭載し、冷却性能に優れいてる点もおすすめポイントです。

こんな方におすすめ
  • 高級感の高い筐体を探している方
  • eスポーツタイトルで高fps出したい方
  • レイトレーシングタイトルを快適にプレイしたい方
  • WQHD / 4K解像度でゲームを楽しみたい方
あわせて読みたい
「G-Tune DG-I7G70」の実機レビュー RTX4070搭載 マウスコンピューターさんから「G-Tune DG-I7G70」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「G-Tune DG-I7G70」は、CPUに「Core i7-13700F」を搭載し、ゲーム...
あわせて読みたい
「NEXTGEAR JG-A7G70(ホワイトカラーモデル)」の実機レビュー RX4070搭載 マウスコンピューターさんから「NEXTGEAR JG-A7G70」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「NEXTGEAR JG-A7G70」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」を搭載し、ゲー...
目次