ゲーミングPCレビュー

【ドスパラ】ガレリア DHの実機レビュー( i5-9400F GTX1650 )

ドスパラさんからガレリア DHの実機をお借りしたのでレビューしていきます。

ガレリアDHの特徴はCPUがCore i5-9400Fを搭載しているので6コア6スレッドで最大4.1GHz駆動のCPU、グラフィックボードにはNVIDIAの最新アーキテクチャーのTuring採用のエントリーモデルのGTX1650が搭載します。

PCゲームに興味があるけれど予算が限れられている状況で入門的な価格の安いゲーミングPCからはじめてみたいという方におすすめのゲーミングPCになります。

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはGTX1650が搭載されているガレリアDHというモデルになります。

スペック

GALLERIA DH / ガレリア DH
OSWindows10 64ビット
CPUCore i5-9400F
グラフィックGTX1650
メモリ8GB
HDD1TB
マザーボードH310

価格・詳細はこちら

レビュー機のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。執筆時の販売ページではCPUがCore i5-8500となっております。

外観をチェック

PCケースはガレリア専用のKTMケースです。D・M・Rシリーズに採用されているミニタワー型になります。

左側面にはサイドにメッシュ加工がされており、高温になりがちなCPUとGPUを冷却する機構になっています。

右側面には何もありません。

前面インターフェース部はUSB3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1、リセットボタン、電源ボタンが並んでいます。その下にはアクセスランプがあります。

天板は完全にフラットです。光学ドライブは搭載されていないので必要な方はカスタマイズしましょう。

背面は電源が上にあります。背面のファンは12cmです。

内部パーツをチェック

内部はこのようになっています。右側の上段が5インチベイ、下段が3.5インチベイの格納になっています。

CPUファンにはトップフロー型のCPUクーラーが搭載されていました。ノーマルCPUファンとなっているので気になる方は「静音パックまんぞくコース」をカスタマイズしても良いでしょう。

GPUはPalit製のNVIDIA GEFORCE GTX 1650が搭載されています。補助電源が無しのモデルとなっております。

HDMI端子x1、DVI-D×1が装備されています。

パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。レビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという情報になります。

ゲーム性能をチェック

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirectX 12に対応したベンチマークテストになります。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア7868
Graphics Score8956
Physics Score12267
Combined Score3213
Fire Strike EXtremeスコア3772
Graphics Score3829
Physics Score12229
Combined Score1756
Fire Strike Ultraスコア1759
Graphics Score1635
Physics Score12177
Combined Score1026
Time Spyスコア3605
Graphics Score3427
CPU Score5111
Time Spy EXtremeスコア1607
Graphics Score1512
CPU Score2504

3DMARK Fire Strikeスコア比較

実機で取得したFireStrikeのグラフィックカード別グラフィックスコアの比較

3DMARK TimeSpyスコア比較

実機で取得したTimeSpyのグラフィックカード別グラフィックスコアの比較

ファイナルファンタジー XV

FF15のベンチマークではスコアが12,000を超えると最高評価の非常に快適になります。現状国産ベンチマークで配布されている中ではかなり重いベンチマークになります。重量級のゲームをプレイされる方はこのベンチマークを指標にゲーミングPCを選択するのがおすすめになります。

解像度設定スコア評価
3840×2160高品質1540 / 15 fps動作困難
標準品質1823 / 18 fps
軽量品質2550 / 25 fpsやや重い
2560×1440高品質2734 / 27 fps
標準品質3490 / 34 fps普通
軽量品質4736 / 47 fpsやや快適
1920×1080高品質3889 / 38 fps普通
標準品質5194 / 51 fpsやや快適
軽量品質6987 / 69 fps快適

 ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

FF14の漆黒のヴィランズのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。7000を超えているので、FF14が快適にプレイ可能です。中量級のゲームのプレイを想定してゲーミングPCを選択される方はFF14のベンチマークを指標にして選択するのがおすすめです。

解像度設定スコア評価
1920×1080最高品質9342 / 78 fps非常に快適
10523 / 85 fps
標準14821 / 129 fps

ドラゴンクエストX

すべての設定において最高評価の『すごく快適』評価が出ています。

解像度設定スコア評価
1920×1080最高品質22251すごく快適

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定で3万超えのスコアが出ています。

解像度設定スコア
1920×1080簡易設定631943 / 164 FPS

アサシンクリードオデッセイ

アサシンクリードオデッセイ解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高31
51
71

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールド解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高34
50
95

古代樹の森1-2を周回した時のフレームレートです。

バトルフィールド5

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高49
52
68
82

DirectX12、『祖国の為に』の開始地点になります。DXR+DLSSをオンとオフにした際のフレームレートになります。

Apex Legends

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高53(0)
最低97(76)

スカルタウンにパラシュート降下した際のフレームレート。フルスクリーン、視界:90、色覚特性モード:オフ、垂直同期:無効、解像度適応の目標fps:0、設定:最高は右に全て設定、最低は左に全て設定になります。かっこ内の数値は最小fpsです。最高設定にするとカクついて固まってしまったので0となっています。

World War Z

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ66
ミディアム74
ロー134

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

GTX1650の立ち位置としてはエントリーモデルとなります。前世代のGTX1050Ti / GTX1050を上回る性能ではあるもののミドルレンジのGTX1660との性能差は大きいと感じます。

エントリーモデルは価格重視になってくるので軽量級~中量級のゲームでフルHD / 60fpsでプレイできれば十分と考える方におすすめのビデオカードでしょう。

VR性能をチェック

VRMARK《VR性能》

VR性能をスコア化するソフトがVRMARKです。スコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。

Orange Roomは標準的なVR性能を評価するベンチマークで、Cyan RoomはDirect12、BlueRoomは将来用です。

VRMARK項目スコア
Orange Roomスコア5367
Avg FPS117 fps
Cyan Roomスコア3422
Avg FPS74 fps
Blue Roomスコア1051
Avg FPS22 fps

5000を越えているのでVR Ready評価になります。

CPU性能をチェック

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20はCinebenchの最新バージョンになります。レンダリングに必要な演算能力が約8倍、メモリ消費量も4倍に引き上げられたそうです。また、CINEBENCH R15とは比較出来ません。CPU 2389cb、CPU(single-Core) 422cbを記録しました。

 

ストレージの速度をチェック

1TBのHDDのみとなっているので500GBのSSDをカスタマイズした方が良いでしょう。

執筆時では500GBのSSDを追加するのに+10,300円(+税)となっております。この価値があるかどうかはほとんどの方にとってあるかと思います。久しぶりにHDDのみのPCを使ってみましたが、SSD搭載機の素晴らしさを実感しました。

静音性のチェック

アイドル時3DMARK FireStrike実行時
44.0 db45.1 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に考えて下さい。

消費電力のチェック

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。アイドル時49.6W、3DMARKのFire Strike実行時には110Wでした。

製品名アイドル高負荷時
ガレリアZZ-SLI(RTX2080Ti×2)175W602W
ガレリアZZ(RTX2080Ti)96.2W341W
ガレリアZG(RTX2080)72W308W
ガレリアZF(RTX2070)72W241W
ガレリアXV(RTX2060)62.9W222W
ガレリアZT(GTX1660Ti)64.2W188W
ガレリアXJ(GTX1660)50.6W175W
ガレリアDH(GTX1650)49.6W110W

実機レビューで計測した消費電力になります。

TDPはGTX1660Ti / GTX1660は120Wとなっており、GTX1650は75Wなので低消費電力のゲーミングPC構成を求める場合にはおすすめです。

温度のチェック

室温24℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITORを用いてアイドル時と3DMARKのFire Strikeのベンチマークを実行した温度になります。CPU温度・GPU温度ともに低めでしょう。

まとめ

ガレリアDHは入門モデルと言っても差し支えのないパフォーマンスとなります。軽量級~中量級のフルHDゲームを手頃な価格で楽しむ場合に最適なゲーミングPCになります。

SSDのカスタマイズは極めて重要な要素なので強くおすすめします。パソコン全体のサクサク感が向上します。

メリット部分としてはGTX1650なので補助電源無しで動作する製品があるのと消費電力が低い点です。

デメリット部分としては拡張性になります。ミドルタワー型では無くガレリアDHはミニタワー型のPCケースが採用され、マザーボードはH310が採用されています。拡張性を望むならXシリーズやZシリーズが良いでしょう。Xシリーズならミドルタワー型のケース、Zシリーズなら更にZ390が搭載します。

また、CPUが執筆時ですとCore i7などの上位グレードのCPUにカスタマイズする事も出来ません。

以上の点を考慮し、拡張性やCPUの上位モデルを望まない、低消費電力で動作するゲーミングPCを選びたいという方におすすめになります。

ガレリアDFはこんな方におすすめ

  • 入門用のエントリーモデルのゲーミングPCが欲しい方
  • 内蔵GPUだとパフォーマンス不足、GPUは搭載したい方

ガレリアDHの価格・詳細はこちら

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

おすすめピックアップ記事