パーツの選び方

Core i7-9700KとRyzen 7 2700のゲーム性能をベンチマーク比較

Core i7-9700KとRyzen 7 2700のゲーム性能を実際のゲームにベンチマークを使って性能比較しました。Core i7-9700KとRyzen 7 2700搭載のゲーミングPCのどちらを買うか悩んでいるという方は参考にしてみて下さい。

CPUのスペック比較

製品名Core i7-9700KRyzen 7 2700
コードネームCoffee Lake RefreshPinnacle Ridge
コア数 / スレッド数8 / 88 / 16
動作クロック(ベース/TB時)3.6GHz / 4.9GHz3.6GHz / 4.1GHz
3次キャッシュ12MB16MB
内蔵GPU(最大クロック)Intel UHD 630(最大1.2GHz)
対応メモリDDR4-2666 / 2chDDR4-2933 / 2ch
TDP95W65W
倍率アンロック対応対応
実勢価格50,000円前後30,000円前後

Core i7-9700Kに対してRyzen 7 2700は価格が執筆時だと2万円安いという大きなメリットがあります。性能的には動作クロックがRyzenの方が低いのですが、スレッド数で勝っておりTDPも少ないというコストパフォーマンスで対抗するという印象です。

インテルのCore i7-9700Kは最大4.9GHz駆動と高い動作クロックによりゲームに最適なCPUになります。

FireStrikeで比較

DirectX 11の定番のベンチマークソフトでゲーム性能を比較していきましょう。Core i7-9700KとRyzen 7 2700の比較にはRTX2070で行っています。Core i9-9900KとRyzen 7 2700の比較、Core i7-8700とRyzen 5 2600の比較も行っています。

Core i7-9700KとRyzen 7 2700を比較した場合にはRTX2070を用いて比較すると19248スコアに対して15754スコアになりました。かなり性能差に開きがあり、Core i7-8700×GTX1070でベンチマークを取得した時のスコアが15691だったのでGTX1070相当のスコアになってしまっています。

Core i7-9700K

Ryzen 7 2700

搭載しているグラフィックカードはRTX2070で同じなので、CPUが違うだけでかなり大きな開きが出ているという事が分かるかと思います。フルHDゲームに関しては実際のベンチマークを取得していますが、かなり性能に開きがある事を確認しています。

Core i7-9700K

Ryzen 7 2700

4Kはどうかという事でFireStrikeUltraで比較していきましょう。こちらはほぼ差が無いです。将来は分かりませんが、トップハイエンドGPUでも4Kは厳しいので4Kの場合にはグラフィックボードの性能依存という感じの印象です。

TimeSpyで比較

DirectX 12の定番ベンチマークソフトの3DMARKのTimeSpyで比較していきましょう。Core i7-9700KとRyzen 7 2700の比較にはRTX2070で行っています。Core i9-9900KとRyzen 7 2700の比較、Core i7-8700とRyzen 5 2600の比較も行っています。

Core i7-9700KとRyzen 7 2700を比較した場合にはRTX2070を用いて比較すると8358スコアに対して8215スコアになりました。ほぼ差が無いです。

Core i7-9700K

Ryzen 7 2700

CPUスコアという部分に注目すると7484に対して6801になるので性能差は出ているのかなという印象もあります。

実ゲームで比較

Assassin’s Creed ODYSSEY / アサシンクリードオデッセイ

アサシンクリードオデッセイ
解像度画質設定i7-9700KRyzen 7 2700
4K
3840×2160
最高3634
4744
6760
WQHD
2560×1440
最高5448
7563
10078
フルHD
1920×1080
最高6653
9165
11777

フレームレートはRTX2070を使用したベンチマーク実行時の数値になります。

 

Ghost Recon Wildlands / ゴーストリコンワイルドワンズ

解像度画質設定i7-9700KRyzen 7 2700
4K
3840×2160
最高3130
4948
7773
WQHD
2560×1440
最高5148
8679
126110
フルHD
1920×1080
最高6459
11292
160121

フレームレートはRTX2070を使用したベンチマーク実行時の数値になります。

 

ウォッチドッグス2

解像度画質設定i7-9700KRyzen 7 2700
4K
3840×2160
最高3533
4644
7664
WQHD
2560×1440
最高5654
7955
10765
フルHD
1920×1080
最高7256
9257
10965

フレームレートはRTX2070を使用したランバートストリートで計測した数値になります。

 

Shadow of the Tomb Raider / シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

シャドウオブザトゥームレイダー
解像度画質設定i7-9700KRyzen 7 2700
4K
3840×2160
最高3537
4447
6671
WQHD
2560×1440
最高69
76
92
フルHD
1920×1080
最高9381
10983
14891

フレームレートはTAA,Direct X12環境でRTX2070を使用したベンチマーク実行時の数値になります。

 

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

FF14紅蓮のリベレーター
解像度画質設定i7-9700KRyzen 7 2700
4K
3840×2160
最高50 FPS / 678550 FPS / 6759
58 FPS / 797058 FPS / 7934
112 FPS / 1531094 FPS / 12195
WQHD
2560×1440
最高98 FPS / 1349786 FPS / 11397
111 FPS / 1510092 FPS / 11952
156 FPS / 19592118 FPS / 14281
フルHD
1920×1080
最高132 FPS / 17351104 FPS / 13103
140 FPS / 18080109 FPS / 13236
182 FPS / 21696123 FPS / 14645

フレームレートはRTX2070を使用したベンチマーク実行時の数値になります。

 

Forza Horizon 4

解像度画質設定i7-9700KRyzen 7 2700
4K
3840×2160
最高6062
7981
99101
WQHD
2560×1440
最高8386
112106
143127
フルHD
1920×1080
最高100101
136109
176129

フレームレートはRTX2070を使用したベンチマーク実行時の数値になります。

 

FireStrikeの性能比較でフルHDゲームで性能差があるという感じでしたが、実際にDirectX11のゲームが現在では主流なのでそちらで比較するとファイナルファンタジー14の最高品質でのベンチマークではCore i7-9700Kが『17351』に対し、Ryzen 7 2700が『13103』、アサシンクリードオデッセイの最高設定でも66FPSに対して53FPSなので13FPSも差が出ています。

画質設定を落とすと更に顕著に大抵のゲームにおいてフレームレートの差異が顕著になります。タイトルによっては60FPSも開きがあるタイトルもあります。

特に高リフレッシュレートのゲーミングモニターを使用される方はCPU性能が非常に重要な要素という事になります。プロゲーマー推奨PC等でCPU性能が非常に高いモデルがラインアップされていますが、基本的には勝ちにこだわる場合には画質設定を下げフレームレートを確保する事に重点が置かれるので必然的にCPU性能が重要になってくるという事になります。

PCゲームでも特に人気が高いシューティングゲームをメインにと考えている方はCPU性能が重要になってくるのでCore i7-9700Kをおすすめします。

Core i7-9700K搭載のおすすめのゲーミングPC

Core i7-9700K×RTX2070搭載の最新モデル

NEXTGEAR i690GA4
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070(8GB)
メモリ16GB
ストレージM.2SSD 256GB HDD 1TB
マザーZ390
【実機レビュー】Core i7-9700K×RTX2070搭載のNEXTGEAR【G-Tune×はじめてゲームPCコラボ】 マウスコンピューターさんからインテル第9世代CPUのCore i7-9700Kと新世代ビデオカードのGeForce RTX2070搭...

期間限定のコラボモデルも執筆時には発売中!

GeForce RTX 2070のベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2070のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...

RTX2080搭載でPCゲームを堪能するのに最適な性能!

ガレリア ZG
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックGeForce RTX2080 8GB
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390

管理人一押しのCore i7-9700KとRTX2080搭載のゲーミングPCです。

GeForce RTX 2080のベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2080のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...
おすすめピックアップ記事