MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

Core i7-14700KFをベンチマークで性能比較

当ページのリンクには広告が含まれています。
Core i7-14700KFをベンチマークで性能比較

インテル第14世代Coreプロセッサー「Core i7-14700KF」のスペックについての解説と実際に実機でベンチマークを取得した数値比較をしています。

目次

Core i7-14700KFのスペック

まずは「Core i7-14700KF」のスペックを確認してみましょう。

スクロールできます
製品名Core i7-14700KCore i7-14700KF
コア数 / スレッド数20(8P/12E)コア/ 28スレッド20(8P/12E)コア/ 28スレッド
動作クロック3.4 GHz3.4 GHz
最大クロック(TB時)5.6 GHz5.6 GHz
対応メモリDDR5-5600
DDR4 3200
DDR5 5600
DDR4 3200
グラフィックスIntel UHD
Graphics 770
3次キャッシュ36MB36MB
基本電力125 W125 W
最大電力253 W253 W
対応ソケットLGA1700LGA1700 

Core i7-14700KFとCore i7-14700Fの違いは、Intel UHD グラフィックス 770が搭載しているか、していないかです。

Fが付いているモデルは基本的に内蔵グラフィックスが無いモデルです。ゲーマー向けモデルとも呼ばれる事があります。

ゲーミングPCの場合にはグラフィックスボードが搭載されているのでFが付いていても付いていなくてもどちらでもゲームが楽しめます。

Core i7-14700KFはEコアが増加

Intel CPUにはPコア(Performanceコア/性能重視)とEコア(efficientコア/効率重視)が第12世代から搭載されています。負荷の高い処理をPコアが行い、優先度の低い処理をEコアが担当します。負荷に応じて2種類のコアに処理が振り分けられるため、ユーザーが最優先に行いたい作業をバックグラウンド処理に邪魔される事なく、優先的に処理可能な点が画期的です。

インテルCPUは第12世代から2種類のコアが搭載されるハイブリッドアーキテクチャが採用されています。

第12世代の「Core i7-12700/F/KF」ではEコア数が4基。第13世代の「Core i7-13700/F/KF」ではEコア数が8基。そして今回の第14世代の「Core i7-14700/F/KF」では12基に増加しています。

インテル第14世代はマイナーアップデートで性能が微増する程度ですが、第14世代のCore i7はEコア数が増加しているので性能面の向上があります。

APO(Application Optimization)に対応

APO(Application Optimization)は、対応ゲームのフレームレートが向上する機能です。PコアとEコアはインテル第12世代から登場した技術なので、特に昔のゲームではしっかりと最適化出来ていない事があります。

PコアとEコアの使い分けがうまく出来ないゲームタイトルを最適化する技術が「APO」になります。

Core i7-14700Fとの違い

スクロールできます
製品名Core i7-14700KFCore i7-14700F
コア数 / スレッド数20(8P/12E)コア/ 28スレッド20(8P/12E)コア/ 28スレッド
動作クロック3.4 GHz2.1 GHz
最大クロック(TB時)5.6 GHz5.4 GHz
対応メモリDDR5-5600
DDR4 3200
DDR5 5600
DDR4 3200
グラフィックス
3次キャッシュ36MB36MB
基本電力125 W65 W
最大電力253 W219 W
対応ソケットLGA1700LGA1700 

「Core i7-14700KF」と「Core i7-14700F」の違いは、コア/スレッド数は同じですが、動作クロックの違いや、最大消費電力量などの違いがあります。

大きな点としては、K付きになる事で倍率アンロック(オーバークロック)が可能になります。

  • K付き:オーバークロックが可能なモデル
  • 無印:オーバークロック非対応
  • F付き:内蔵グラフィック非搭載モデル

整理するとインテルCPUはこのような内訳になっています。

  • K付きでFも付いていない「Core i7-14700K」の場合はオーバークロック対応で内蔵グラフィック搭載モデルという事になります。
  • 無印でF付きの「Core i7-14700F」の場合はオーバークロック非対応で内蔵グラフィック非搭載モデルという事になります。

また、オーバークロックに対応するのはZ790チップセットのみの対応となります。H770やB760では対応していないので注意点になります。

さらに、「APO(Application Optimization)」に対応するデスクトップ向けCPUとしては「Intel Core i9-14900K/KF」「Core i7-14700K/KF」の対応となっています。なので「Core i7-14700F」は対応していないという点も違いです。

Core i7-14700KFの価格

単品価格

  • Core i7-14700K:66,977円(税込)
  • Core i7-14700KF:62,970円(税込)
  • Core i7-14700F:60,813円(税込)

価格は2024年1月のドスパラ調べです。CPU単品価格が「Core i7-14700K」と「Core i7-14700KF」で比較すると約4,000円安いです。ゲーミングPCならF付きの方がお得です。

Kが付かないオーバークロック非対応の「Core i7-14700F」では2,000円程度価格差があります。

ゲーミングPCの価格

製品構成価格
GALLERIA ZA7C-R48Core i7-14700KF
RTX 4080
38万円台
GALLERIA ZA7C-R47TCore i7-14700KF
RTX 4070 Ti
33万円台
GALLERIA ZA7C-R47Core i7-14700KF
RTX 4070
28万円台
GALLERIA RA7C-R48Core i7-14700F
RTX 4080
36万円台
GALLERIA RA7C-R47TCore i7-14700F
RTX 4070 Ti
28万円台
GALLERIA RA7C-R47Core i7-14700F
RTX 4070
25万円台

価格は2024年1月のドスパラ調べです。GALLERIA Zシリーズはメモリ32GB / NVMe SSD 1TBなのでRシリーズはカスタマイズした価格になっています。

RTX 4080はあまり価格差がないのでハイエンド構成ならZシリーズがおすすめです。RTX 4070番台ならRシリーズのコスパが良いです。

検証機材のスペック

今回の検証に当たっての機材は以下の表の通りとなっています。

検証環境
OSWindows 11
CPUCore i7-14700KF
Core i5-14400F
CPUクーラー水冷CPUクーラー(240mm)
CPUグリスダイヤモンドグリス 親和産業 OC7
グラフィックRTX 4080
RTX 4070
RTX 4060 Ti
RTX 4060
メモリ32GB(DDR5-4800)
マザーボードZ790

CPUはCore i7-14700KFとCore i5-14400Fを使い、RTX 4080~RTX 4060でデータを取得し、ベンチマークテスト結果の比較をしていきます。

CINEBENCH

Core i7-14700KFのCINEBENCH R23スコア
マルチコアシングルコア
CINEBENCH R2335437 pts2181 pts
CINEBENCH 20241675 pts127 pts

CINEBENCH R23はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

CINEBENCH R23(マルチコア)
Core i9-14900KF
39070
Core i9-13900K
38701
Core i7-14700KF
35437
Core i7-13700KF
30018
Core i9-12900K
26849
Ryzen 9 5950X
24830
Core i7-12700K
22819
Ryzen 9 5900X
21369
Ryzen 7 7700X
19043
Ryzen 7 7800X3D
18226
Core i5-14400F
16413
Core i5-13400F
16223
Core i9-11900K
15913
Ryzen 7 5800X
15388
Core i9-10900K
14591
Core i7-11700K
14225
Ryzen 7 5700G
14143
Ryzen 7 5700X
13672
Ryzen 7 3700X
12419
Core i7-10700K
12371
Core i5-12400F
11805
Ryzen 5 5600X
11270
Ryzen 5 3600
9404
Ryzen 5 4500
8746
Core i5-11400F
8444
Ryzen 5 3500
6819

当サイトで計測したCINEBENCH R23のマルチスコアのベンチマーク比較になります。

黄色で示した箇所が「Core i7-14700KF」のCINEBENCH R23のマルチスコアのベンチマークスコアになります。

第14世代の「Core i9-14900KF」と第13世代の「Core i9-13900K」では差がほぼ無いです。第14世代の「Core i5-14400F」と第13世代の「Core i5-13400F」でも差がほぼ無いです。

ですが、第14世代ではCore i7だけEコアが増えているので性能差があります。

なので、第9世代/第10世代/第11世代インテルCPUをお使いの方で、第14世代の中で買い替えを考えるとCore i7がおすすめのCPUです。

3DMARK

Core i7-14700KF/RTX 4080の3DMARK

3DMARKのTimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

3DMARK TimeSpy
Core i7-14700KF/RTX 4080
25445
Core i5-14400F/RTX 4080
23274
Core i7-14700KF/RTX 4070
17894
Core i5-14400F/RTX 4070
16802
Core i7-14700KF/RTX 4060 Ti
13838
Core i5-14400F/RTX 4060 Ti
13183
Core i7-14700KF/RTX 4060
11158
Core i5-14400F/RTX 4060
10703

当サイトで計測した3DMARK TimeSpyのベンチマーク比較になります。

3DMARKのTimeSpyでは、RTX 4060ではほぼ差が無く、RTX 4060 Ti以上から性能差が出ています。

FF15ベンチマーク

Core i7-14700KF/RTX 4080のFF15ベンチマーク

ファイナルファンタジー15は重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコアで「快適」、12,000スコアで「非常に快適」になります。

FF15ベンチマーク
Core i7-14700KF/RTX 4080
21360
Core i5-14400F/RTX 4080
17228
Core i7-14700KF/RTX 4070
18080
Core i5-14400F/RTX 4070
16317
Core i7-14700KF/RTX 4060 Ti
13297
Core i5-14400F/RTX 4060 Ti
12913
Core i7-14700KF/RTX 4060
10809
Core i5-14400F/RTX 4060
10773

解像度はフルHD(1920×1080)。高品質設定比較になります。

FF15では、RTX 4060 Tiで少し差が出てきています。Core i7-14700F/KFならRTX 4070以上のグラフィックスと組み合わせるのがおすすめです。

FF14ベンチマーク

Core i7-14700KF/RTX 4080のFF14ベンチマーク

ファイナルファンタジー14は中程度の描画負荷のゲーム。暁月のフィナーレは8,000スコアで「快適」、15,000スコアで「非常に快適」評価になります。

FF14 暁月のフィナーレ
Core i7-14700KF/RTX 4080
38014
Core i5-14400F/RTX 4080
28246
Core i7-14700KF/RTX 4070
33102
Core i5-14400F/RTX 4070
26195
Core i7-14700KF/RTX 4060 Ti
28654
Core i5-14400F/RTX 4060 Ti
23622
Core i7-14700KF/RTX 4060
26133
Core i5-14400F/RTX 4060
22031

解像度はフルHD(1920×1080)。最高設定比較になります。

FF14 暁月のフィナーレはCPUの影響が大きいベンチマークテストです。RTX 4060でもかなり差が出ています。

BLUE PROTOCOLベンチマーク

Core i7-14700KF/RTX 4080のBLUE PROTOCOLベンチマーク

BLUE PROTOCOLは、「8000~8999」スコアで「快適」、「10000スコア以上」で「極めて快適」評価になります。

BLUE PROTOCOL
Core i7-14700KF/RTX 4080
41017
Core i5-14400F/RTX 4080
30440
Core i7-14700KF/RTX 4070
32298
Core i5-14400F/RTX 4070
27580
Core i7-14700KF/RTX 4060 Ti
25350
Core i5-14400F/RTX 4060 Ti
23737
Core i7-14700KF/RTX 4060
20681
Core i5-14400F/RTX 4060
19985

解像度はフルHD(1920×1080)。最高設定比較になります。

BLUE PROTOCOLでは、RTX 4060 Ti以上で差が出ています。

PSO2:NGSベンチマーク

Core i7-14700KF/RTX 4080のPSO2:NGSベンチマーク

PSO2:NGSは「10,001以上」のスコアで「快適」評価です。「5,001~10,000」で標準的な動作、「5,000未満」で重い動作判定となります。最高設定で「快適」評価です。

PSO2:NGS
Core i7-14700KF/RTX 4080
48716
Core i5-14400F/RTX 4080
41365
Core i7-14700KF/RTX 4070
43858
Core i5-14400F/RTX 4070
38738
Core i7-14700KF/RTX 4060 Ti
37026
Core i5-14400F/RTX 4060 Ti
34256
Core i7-14700KF/RTX 4060
29392
Core i5-14400F/RTX 4060
28008

解像度はフルHD(1920×1080)。最高設定比較になります。

PSO2:NGSは、RTX 4060 Ti以上の場合には性能が少し変わってきます。RTX 4070以上だとかなり顕著に性能差が出ています。

パルワールド

パルワールド

パルワールドはMAX 240fpsのゲームになります。最高画質と最低画質の両方を計測しました。この項目のみRTX 4070 Tiも追加しています。

パルワールド|最高画質
Core i7-14700KF/RTX 4080
195 fps
Core i5-14400F/RTX 4080
157 fps
Core i7-14700KF/RTX 4070 Ti
183 fps
Core i5-14400F/RTX 4070 Ti
152 fps
Core i7-14700KF/RTX 4070
157 fps
Core i5-14400F/RTX 4070
138 fps
Core i7-14700KF/RTX 4060 Ti
123 fps
Core i5-14400F/RTX 4060 Ti
114 fps
Core i7-14700KF/RTX 4060
102 fps
Core i5-14400F/RTX 4060
95 fps

解像度はフルHD(1920×1080)。NVIDIA DLSS:クオリティを有効。

パルワールドでは、CPUによる性能差が出ています。パルワールドで144 fps / 240 fpsを出す必要は無いと思いますが、CPU影響が比較的あるタイトルになります。推奨スペックでは「Intel Core i9-9900K」が指定されています。

Apex Legends

Apex Legends

Apex LegendsはMAX 300fpsのゲームになります。FPS/TPSゲームでは画質設定を下げてフレームレートを確保したい方も多いので、低画質設定で比較していきます。

Apex Legends|最低画質
Core i7-14700KF/RTX 4080
298 fps
Core i5-14400F/RTX 4080
297 fps
Core i7-14700KF/RTX 4070
286 fps
Core i5-14400F/RTX 4070
285 fps
Core i7-14700KF/RTX 4060 Ti
273 fps
Core i5-14400F/RTX 4060 Ti
272 fps
Core i7-14700KF/RTX 4060
256 fps
Core i5-14400F/RTX 4060
253 fps

解像度はフルHD(1920×1080)。最低画質設定比較になります。

Apex Legendsは、MAX 300 fpsなので上限値に引っかかってしまう点もありますが、CPU性能の差があまり出ないタイトルです。

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージ

レインボーシックスシージは、APO対応ゲームです。

レインボーシックスシージ|最低画質
Core i7-14700KF/RTX 4080
690 fps
Core i5-14400F/RTX 4080
 390 fps
Core i7-14700KF/RTX 4070
626 fps
Core i5-14400F/RTX 4070
390 fps
Core i7-14700KF/RTX 4060 Ti
525 fps
Core i5-14400F/RTX 4060 Ti
386 fps
Core i7-14700KF/RTX 4060
459 fps
Core i5-14400F/RTX 4060
364 fps

解像度はフルHD(1920×1080)。最低画質設定比較になります。「Core i7-14700KF」はAPOを有効。内蔵ベンチマークをVulkanで計測。

レインボーシックスシージで見ると「Core i5-14400F」はCPUボトルネックが出ていて、「Core i7-14700KF」と比較すると性能差が大きいです。特にグラフィックスボードの性能が高くなるにつれて性能乖離が大きくなっています。

メトロ エクソダス(PCエンハンスドエディション)

メトロ エクソダス(PCエンハンスドエディション)

メトロエクソダスは、APO対応ゲームです。

メトロエクソダス|最低画質
Core i7-14700KF/RTX 4080
212 fps
Core i5-14400F/RTX 4080
 148 fps
Core i7-14700KF/RTX 4070
199 fps
Core i5-14400F/RTX 4070
149 fps
Core i7-14700KF/RTX 4060 Ti
154 fps
Core i5-14400F/RTX 4060 Ti
145 fps
Core i7-14700KF/RTX 4060
125 fps
Core i5-14400F/RTX 4060
122 fps

解像度はフルHD(1920×1080)。最低画質設定比較になります。「Core i7-14700KF」はAPOを有効。内蔵ベンチマークで計測。

メトロエクソダスでは、RTX 4070からフレームレートの性能乖離が大きくなっています。

まとめ

Core i7-14700KF、はオーバークロックが可能な内蔵グラフィックがないモデルです。

第14世代のCore i7はEコア数が増加しているので性能面の向上がありました。また、APO(Application Optimization)に対応しているので、対応ゲームで高いパフォーマンスでゲームが快適に遊べます。

性能面ではRTX 4070以上と組み合わせる事でパフォーマンスを最大限発揮する印象です。

FPS / TPSゲームでは「Core i7-14700KF」と「Core i5-14400F」では性能乖離が大きいタイトルもありました。

CPUのパフォーマンスを求める性能重視の方に「Core i7-14700KF」はおすすめのCPUです。

  • Core i7-14700KFはRTX 4070以上の組み合わせがおすすめ

インテルCPU搭載のおすすめゲーミングPC

インテルCoreプロセッサー搭載のおすすめゲーミングPCをご紹介します。

ドスパラ

ドスパラ

ドスパラ(ガレリア)は、は商品ラインアップが多く、価格のコストパフォーマンスにも優れるモデルが多数。2日程度で届いてしまう配送スピードが魅力的です。ゲーマー人気が高いBTOメーカーです。

マウスコンピューター

マウスコンピューター

CMでもおなじみのマウスコンピューター(G-Tune)は、セールで大幅値下げキャンペーンを実施しておりコストパフォーマンスに優れるモデルが多いです。品質やサポートに定評がある人気BTOメーカーです。

パソコン工房

パソコン工房

パソコン工房はコストパフォーマンスに優れるモデルが多く、商品ラインアップが非常に豊富という特徴がある人気BTOメーカーです。

目次