MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

モンハンライズ:サンブレイクのグラボ別fpsとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
モンハンライズの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

『モンスターハンターライズ』は、2021年3月26日にNintendo Switchで発売され、2022年1月13日にSteamで発売開始されたカプコンのモンスターハンターシリーズ最新作のハンティングアクションゲームです。

2022年6月30日にモンスターハンターライズの追加拡張コンテンツ「サンブレイク」が発売開始されました。

モンスターハンターライズ:サンブレイクの必要/推奨スペックと、実際に実機で取得したグラボ別のフレームレートの比較、そしておすすめのゲーミングPCをご紹介します。

目次

モンスターハンターライズの特徴

モンスターハンターライズの特徴

「モンスターハンターライズ」はモンスターを倒し、装備を揃えて強くなるやり込み要素が高いゲーム性や、操作性の高いアクション、モンスターとの白熱のバトルが楽しめる人気ゲームです。

空中への移動も可能な翔蟲(かけりむし)、モンスターを操る豪快なアクションの操竜、モンスターの群れから里を守る防衛クエストの百竜夜行や、スタミナを気にせずに自由にフィールドを移動可能なオトモガルクなどの要素が特徴的です。

モンハンライズ:サンブレイクについて

「モンスターハンターライズ:サンブレイク」は、モンスターハンターライズの世界がさらに広がる超大型拡張コンテンツです。進化したアクションや新ストーリー、新モンスターが追加されます。

「モンスターハンターライズ:サンブレイク」をプレイするには、「モンスターハンターライズ」本編が必要になります。

詳細なグラフィックスオプション

高解像度テクスチャON高解像度テクスチャOFF
高解像度テクスチャのONとOFFの比較

高解像度テクスチャのONとOFFの画像です。左下の岩に注目すると高解像度になっているのが分かります。

高解像度テクスチャはグラフィックス詳細設定にある項目です。

ONにするとモンスター、プレイヤー、オトモなど、一部のモデルのテクスチャを高解像度のテクスチャに切り替えるオプションです。装備も高解像度化します。

グラフィックス設定にはプリセットが用意されており、簡単に設定を行う事も出来ます。

4K解像度&21:9対応

「グラフィックスオプション」からより詳細な画質設定の調整を行う事も出来ます。

解像度は4K HDRにも対応しています。4KモニターとPCを接続して4K画質で遊ぶ事も可能です。より精細な表現でモンハンライズ:サンブレイクを楽しめます。

21:9のウルトラワイドにも対応

横に長い21:9のウルトラワイドにも対応しています。オプションからアスペクト比を16:9か21:9に選択する事が出来ます。

NVIDIA DLSS対応

NVIDIA DLSSは超解像技術です。フレームレートを向上する機能なので、有効にするのがおすすめです。

NVIDIA DLSSを有効にするにはRTXグラフィックスボードが必要です。

モンハンライズ:サンブレイクの推奨スペック

スクロールできます
必要推奨
解像度/FPS1080p/30FPS1080p/30FPS
グラフィック
OSWindows 10(64ビット)Windows 10(64ビット)
CPUCore i3-4130
Core i5-3470
AMD FX-6100
Core i5-4460
AMD FX-8300
メモリ8GB8GB
GPUGeForce GT 1030
Radeon RX 550
GeForce GTX 1060
Radeon RX 570
ストレージ23GB23GB
DirectX1212
モンハンライズの必要/推奨スペック

公式サイトの推奨環境のスペック表です。推奨ではフルHD/30fpsとなっています。PCゲームでは、フルHD / 60fps以上で動作するのがおすすめの快適性の基準です。

FPSは動画やゲームにおける1秒あたりのフレーム数の事です。この数値が高ければ高いほど滑らかな描画になります。

モンハンライズの高解像度の推奨スペック

スクロールできます
高スペック環境最高スペック環境
解像度/FPS1440p/30FPS4K/60FPS
グラフィック
OSWindows 10(64ビット)Windows 10(64ビット)
CPUCore i5-6600K
AMD Ryzen 5 1500X
Core i7-7700
AMD Ryzen 7 1700
メモリ8GB8GB
GPUGeForce RTX 2060
Radeon RX 5700
GeForce RTX 3070
Radeon RX 6800
ストレージ23GB23GB
DirectX1212
モンハンライズの高解像度の推奨スペック

画面解像度を上げると高精細な表示でゲームを楽しむ事ができます。WQHD解像度、4K解像度となると高いPC性能が必要になります。

参考情報:「モンスターハンターライズ:サンブレイク公式サイト

モンハンライズ:サンブレイクの画質比較

最高画質最低画質
最高画質最低画質
モンハンライズ;サンブレイクの画質比較

モンスターハンターライズ:サンブレイクには「高」「中」「低」の3つのプリセットが用意されています。

低設定はフレームレートを大幅に稼ぐ事が出来るのですが、画質が悪くなってしまうので、中設定以上がおすすめです。より高画質を求めるなら最高画質設定がおすすめです。

モンハンライズ:サンブレイクのグラボ別fps

スクロールできます
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090165 FPS169 FPS170 FPS
RTX 4080165 FPS169 FPS168 FPS
RTX 4070 Ti165 FPS168 FPS169 FPS
RTX 4070164 FPS167 FPS168 FPS
RTX 4060 Ti134 FPS168 FPS170 FPS
RTX 4060114 FPS167 FPS171 FPS
RTX 3060101 FPS164 FPS168 FPS
RTX 305072 FPS126 FPS165 FPS
GTX 1660 S30 FPS62 FPS97 FPS
GTX 1650 S20 FPS51 FPS80 FPS
モンハンライズ;サンブレイクのグラボ別fps表

Windows11、CPU:Core i7-12700K、メモリ:32GB、ストレージ:NVMe SSD 1TBモデルを使用しています。計測場所は水没林です。平均fpsの数値になります。フレームレート上限:無制限、垂直同期:OFF。NVIDIA DLSS:クオリティで計測しています。GTX 16シリーズはDLSSなしです。

画質はプリセットの最高設定の高設定になります。

4K解像度などの高解像度でプレイしたい方はNVIDIA DLSSを有効にするとRTX 3050でも平均60fpsでプレイ出来たので、高解像度でプレイされる方は特にRTXグラフィックスがおすすめです。

  • フルHD解像度/60fpsならGTX 1650 SUPER以上がおすすめです。
  • 4K解像度/60fpsならRTX 3050(DLSS)以上がおすすめです。

おすすめのゲーミングPC

モンハンライズ:サンブレイクにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が200件を超える人気のモデルです。

ゲームではグラフィックスボードの性能が快適性に直結するため、コストを落として最大限ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G60」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」&「RTX 4060」搭載のゲーミングPCです。口コミレビュー数が100件を超える人気のモデルです。

ゲーミングに必要なスペックを搭載しつつ、価格は最新CPU搭載モデルと比較するとリーズナブルなので、CPU性能も重視してゲーミングPCを選びたい方におすすめです。

GALLERIA RM5C-R46

GALLERIA RM5C-R36
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

「GALLERIA RM5C-R46」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

最新ゲームを楽しみたい方におすすめの性能です。これからゲームを始める初心者の方にもおすすめのゲーミングPCです。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

このリンクからお得に購入できる特別価格モデルとなっています。詳細はこちら

「G-Tune DG-I5G60」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

G-Tuneのミニタワー型モデルのホワイトカラー採用モデルとなっています。ケースには標準でガラスサイドパネル&青色のLEDファンが搭載。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)」は、アスキーベストバイアワード2023 デスクトップ部門受賞モデルになります。

おすすめのゲーミングノートPC

モンハンライズ:サンブレイクにおすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。

GALLERIA RL7C-R35-5N

スペック
CPUCore i7-13620H
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(165Hz)
重量約2.1kg

「GALLERIA RL7C-R35-5N」は、処理性能の高いインテル第13世代のCore i7を搭載し、RTX 3050のビデオメモリ6GB版を採用したゲーミングノートPCです。165Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので滑らかな描画でゲームを楽しめます。

Lenovo LOQ 15IRX9

スペック
CPUCore i5-13450HX
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(144Hz)
重量約 2.38kg

「Lenovo LOQ 15IRX9」は、コストと性能のバランスに優れるインテル第13世代のCore i5を搭載し、RTX 3050のビデオメモリ6GB版を採用したゲーミングノートPCです。144Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので滑らかな描画でゲームを楽しめます。

「Lenovo LOQ 16IRH8」の実機レビュー RTX 4050搭載

Victus 15

Victus 15
スペック
CPU Core i5-12500H
グラフィックRTX 4050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(144Hz)
重量約 2.29 kg

「Victus 15」は、コストと性能のバランスに優れるインテル第12世代のCore i5を搭載し、RTX 4050を採用したゲーミングノートPCです。最新グラフィックスがお手頃な価格で手に入るのは魅力的です。

あわせて読みたい
【MHWI】アイスボーンの推奨スペックとおすすめPC モンハンワールドはカプコン史上初のグローバル出荷本数が1,400万本を突破したハンティングアクションゲームです。 PC(Steam)版のモンハンワールドの超大型拡張コンテ...
目次