ゲーム推奨スペック

モンハンライズの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

モンハンライズの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

『モンスターハンターライズ』は、モンスターハンターシリーズ最新作の狩猟体験が楽しめるタイトルです。

モンハンライズの必要/推奨スペックとおすすめゲーミングPCの情報についてまとめています。

モンハンライズの特徴

モンハンライズの特徴
  • 4K解像度対応
  • HDR対応
  • ウルトラワイド対応&UI位置補正対応
  • 高解像度テクスチャ対応
  • ハイフレームレート対応

PC版モンハンライズは4K HDRに対応しています。より精細な表現でモンハンライズを楽しめます。

更に、横に長いウルトラワイドにも対応しています。高解像度テクスチャやハイフレームレート対応で快適にモンハンライズを楽しむ事が出来ます。

ロード時間もかなり速いです。以下で検証しているのでチェックしてみて下さい。

グラフィックスオプション

必要スペックと推奨スペック

 必要推奨
解像度/FPS1080p/30FPS1080p/30FPS
グラフィック
OSWindows 10(64ビット)
CPUCore i3-4130
Core i5-3470
AMD FX-6100
Core i5-4460
AMD FX-8300
メモリ8GB
GPUGeForce GT 1030
Radeon RX 550
GeForce GTX 1060
Radeon RX 570
ストレージ23GB
DirectX12

公式サイトの推奨環境のスペック表です。CPUに関しては推奨でCore i5-4460以上になります。

メモリは8GB以上です。他のソフトも動いているとメモリを使っているという状況もあるので16GB搭載モデルだと安心です。

そして肝心のグラフィックボードですが、GTX 1060(ビデオメモリ3GB)以上という事で、ある程度のグラボ性能は要求されるので現状だとGTX 1660前後がおすすめになります。

最高スペックの推奨環境

 高スペック環境最高スペック環境
解像度/FPS1440p/30FPS4K/60FPS
グラフィック
OSWindows 10(64ビット)
CPUCore i5-6600K
AMD Ryzen 5 1500X
Core i7-7700
AMD Ryzen 7 1700
メモリ8GB
GPUGeForce RTX 2060
Radeon RX 5700
GeForce RTX 3070
Radeon RX 6800
ストレージ23GB
DirectX12

画面解像度を上げると高精細な表示でゲームを楽しむ事ができます。WQHD解像度、4K解像度となると高いPC性能が必要になります。

高解像度で60FPSを確保する為には高いマシンスペックが必要になります。4K解像度は本当に綺麗なので4KTVと接続して大画面でプレイしたり、4K液晶モニターでプレイしたりするのもおすすめです。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

モンハンライズのロード時間比較

ストレージ秒数 
NVMe SSD3.47秒
外付けSSD3.77秒
外付けHDD6.92秒
任天堂Switch18.89秒

大社跡に出発してMAPが表示されるまでのロード時間の比較になります。使用グラフィックスはRTX 3060でPCの方は4K解像度の数値比較です。

NVMe SSDとSSDではあまり変わりません。外付けHDDでも十分速いです。

Switch版と比較するとPC版はロード時間がかなり速いです。

解像度でロード時間が変わる

ストレージフルHD4K
外付けHDD(RTX 3090)2.74秒6.84秒
外付けHDD(RTX 3080 Ti)2.40秒7.00秒

ロード時間の検証をしている中でRTX 3090を使用した際に異常に速いロード時間が出たのでグラフィックスを変えるとロード時間が変わるのでは?という疑問が出たのですが、たまたま解像度が4KからフルHDに切り替わっていただけでした。

解像度が異なるので数値も変わってしまったという結果です。結論としてグラフィックスの性能でロード時間が変わる事は無いです。解像度を変えるとロード時間が変わりました。

NVMe SSDやSSDを使用する事で3秒台のロード時間になるので4K解像度でプレイする方はSSDに入れるのがおすすめです。

モンハンライズのMAP別fps

モンハンライズのMAP別fps
MAP4K(3840×2160)最高設定
カムラの里
94
大社跡
82
寒冷群島
80
砂原
82
水没林
76
溶岩洞
85

各MAPのキャンプ周辺のフレームレートを比較してみました。4K解像度でRTX 3060を使っています。

水没林や寒冷群島が比較的にフレームレート的には重めで、カムラの里は軽めという結果でした。

モンハンライズのグラボ別fps

モンハンライズでどの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。では早速見ていきましょう。

フルHD解像度

GPUフルHD(1920×1080)最高設定
RTX 3090
182
RTX 3080 Ti
181
RTX 3080
182
RTX 3070 Ti
179
RTX 3070
178
RTX 3060 Ti
179
RTX 3060
167
GTX 1660 SUPER
124
GTX 1650 SUPER
102

OSはWindows11、CPUがCore i7-12700K、メモリは32GB、ストレージはNVMe SSD 1TBモデルを使用しています。計測場所は水没林です。

画質「高」設定(最高)、フレームレート上限:無制限、垂直同期:OFF。

高画質設定だとデフォルトで高解像度テクスチャがONになっていました。

高解像度テクスチャ

高解像度テクスチャはグラフィックス詳細設定にある項目で、ONにするとモンスター、プレイヤー、オトモなど、一部のモデルのテクスチャを高解像度のテクスチャに切り替えるオプションです。

  • フルHD解像度/60fps以上ならGTX1660以上がおすすめです。

4K解像度

GPU4K(3840×2160)最高設定
RTX 3090
154
RTX 3080 Ti
154
RTX 3080
145
RTX 3070 Ti
123
RTX 3070
114
RTX 3060 Ti
98
RTX 3060
74
GTX 1660 SUPER
48
GTX 1650 SUPER
38

4K解像度(3840×2160)は負荷が大きくなるので高性能なグラフィックスボードが必要です。

  • 4K解像度/60fpsならRTX3060以上がおすすめです。推奨スペックとしてはRTX 3070が推奨されています。

グラフィックスボードには専用のメモリが搭載されています。それがグラフィックスメモリです。

製品版のモンハンライズの使用グラフィックスメモリを見てみると高画質設定でフルHDでは3.98GBでした。4Kだと6.25GBでした。

解像度や画質設定を下げると使用グラフィックスメモリの容量も減るので、重いなと感じた場合にはグラフィックスの設定を調整しましょう。

モンハンライズにおすすめのゲーミングPC

モンハンライズにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

推奨ゲーミングPCだと構成内容が最適化されているので、推奨モデルから選ぶのもおすすめです。

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」はGTX 1660 SUPERを搭載しているので、コスパ良くゲームを楽しめます。筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。

 「GALLERIA RM5R-G60」の実機レビュー GTX 1660搭載

G-Tune HM-B-FGPC

G-Tune HM-B-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-11700F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定の「G-Tune HM-B-FGPC」は最新グラフィックスRTX 3060搭載モデルです。RTX 3060は重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

 「G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC」の実機レビュー

GALLERIA XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX 3070を搭載したモデルです。本格的にゲームを楽しめる高性能モデルです。

RTX 3070以上を搭載したGALLERIAのゲーミングPCには、新システムの「リジッドカードサポート」が搭載しているのも良い点です。

 「G-Tune PP-Z-3070Ti」の実機レビュー

モンハンライズにおすすめのノートPC

モンハンライズにおすすめのノートPC

ゲーミングノートPCはGTX1660Ti以上のグラフィックス性能を持つモデルがおすすめです。

GALLERIA XL7C-R36

GALLERIA XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36CPUCore i7-11800H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(144Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XL7C-R36」は、「GeForce RTX3060」を搭載しているので最新ゲームを楽しみたい方におすすめです。コスパが良いゲーミングノートPCです。

 「GALLERIA UL7C-R36」の実機レビュー

G-Tune E5-165

G-Tune E5-165
G-Tune E5-165CPUCore i7-11800H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 WQHD
(165Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

「G-Tune E5-165」は、高精細で滑らかな映像再現が楽しめる、165Hz対応WQHD液晶パネルを採用した最新グラフィックス搭載ノートPCです。高解像度でゲームを楽しみたい方におすすめです。

 「G-Tune E5」の実機レビュー

【MHWI】アイスボーンの推奨スペックとおすすめPC モンハンワールドはカプコン史上初のグローバル出荷本数が1,400万本を突破したハンティングアクションゲームです。 PC(Steam...
【2022年】FF15の推奨スペックとおすすめPCとベンチマーク 「ファイナルファンタジーXV」に待望のWindows版が登場。NVIDIAの技術協力の元PCゲームならではの美麗な画面でゲームを楽し...
おすすめピックアップ記事