ゲーム推奨スペック

「FF7リメイク インターグレード」のグラボ別fpsとおすすめPC

「FF7リメイク インターグレード」のおすすめゲーミングPC

「ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード」は、1997年に発売された不朽の名作「ファイナルファンタジー VII」のリメイク作品です。

「FF7 リメイク インターグレード」の必要/推奨スペックと、おすすめのゲーミングPC情報についてまとめています。

フレームレートを計測してどの程度のスペックがあれば快適に「FF7リメイク インターグレード」がプレイ可能か、という点もチェックしているので合わせて参考にしてみて下さい。

「FF7リメイク インターグレード」の特徴

「FF7 リメイク インターグレード」は、最先端技術が駆使されたグラフィック映像で「FF7」をリメイクしたタイトルです。

ミッドガル脱出までを描いた複数作展開予定の第1作目のタイトルとなっています。

「FF7 リメイク」と「インターグレード」の違いは、「FF7 リメイク」にユフィを主人公とした新規エピソードが追加された作品という点です。

「FF7リメイク インターグレード」の推奨動作環境

 必要推奨
OSWindows 10(64ビット)
CPUCore i5-3330
FX-8350
Core i7-3770
Ryzen 3 3100
メモリ8GB12GB
ストレージ100GB以上
GPUGeForce GTX 780
Radeon RX 480
GeForce GTX 1080
Radeon RX 5700
ビデオメモリ3GB8GB
DirectX12
追記事項解像度2560×1440を想定したもの (最大: 3840x2160)

参考情報:Epic Gamesストアページ

動作環境を見ていきましょう。

CPUは、推奨で「Core i7-3370 / Ryzen 3 3100」が指定されています。「FF7 リメイク インターグレード」のCPU使用率は高くないです。

メモリは「12GB」が指定されており、ストレージは100GB以上必要になります。

グラフィックスボードは「GTX 1080 / RX 5700」が推奨要件となっています。

また、推奨でビデオメモリが「8GB」が指定されている点は注意点になります。

推奨スペックでは、解像度が「2560×1440」を想定したものとされています。最大では「3840x2160」解像度に対応していると記載があります。

スペックの選び方
CPUの選び方グラフィックスの選び方
メモリの選び方ストレージの選び方
ベンチマークゲーミングPCレビュー

「FF7リメイク インターグレード」のグラボ別fps

GPU4K(3840×2160)最高設定
RTX 3090
114
RTX 3080 Ti
114
RTX 3080
111
RTX 3070 Ti
109
RTX 3070
108
RTX 3060 Ti
99
RTX 3060
77
GTX 1660 SUPER
38
GTX 1650
30

数値は当サイトで計測した参考値です。構成内容や、使用する環境、その他の要因によって測定結果は変動します。目安として確認してみて下さい。

構成は「Windows 11、Core i9-12900K、メモリ32GB、SSD 1TB」を使用しています。

画質設定は、テクスチャと影の設定を「HIGH」にそれぞれ設定しています。

フレームレート上限は120fpsになります。

ウォールマーケット

計測場所は「チャプター9のウォールマーケット」です。ウォールマーケットを一定のコースで周回したフレームレート計測となっています。

街がフレームレート的には重いと感じたので、ウォールマーケットで計測しています。戦闘中 / 召喚獣 / ストーリー進行の移動などは更にフレームレートが高く出る事が多いです。

WQHD 最高設定

WQHD 最高設定

フルHD 最高設定

フルHD 最高設定

画像はクリックで拡大します。フルHD解像度とWQHD解像度のフレームレートも計測しているのでチェックしてみて下さい。

おすすめのゲーミングPC

おすすめのゲーミングPC

「FF7リメイク インターグレード」におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

  • フルHD解像度でプレイしたい:GTX 1660~
  • WQHD解像度でプレイしたい:RTX 3060~
  • 4K解像度でプレイしたい:RTX 3060~

フルHD解像度で遊びたい方は「GTX 1660~」がおすすめです。「FF7リメイク インターグレード」では、ビデオメモリの容量が6GBを超えるシーンもありますが、快適なプレイが見込めます。

WQHD解像度は、「FF7リメイク インターグレード」の推奨動作環境でビデオメモリの容量が8GB指定されています。「RTX 3060~」は8GB以上が搭載されているのでおすすめです。

美麗グラフィックスが際立つ4K解像度でも「RTX 3060~」がおすすめです。

GALLERIA RM5C-G60T

GALLERIAミニタワー

GALLERIA RM5C-G60T
CPUCore i5-11400F
グラフィックGTX 1660 Ti(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60T」は、「GeForce GTX 1660 Ti」搭載モデルなので、これからPCゲームを始めるライトユーザーにもオススメのスタンダードゲーミングPCです。

レビューは「GTX 1660」搭載モデルになります。

GALLERIA RM5C-R36

GALLERIAミニタワー

GALLERIA RM5C-R36
CPUCore i5-11400F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-R36」は、最新グラフィックス「GeForce RTX 3060」搭載モデルです。

CPUは、性能とコストのバランスに優れる「Core i5-11400F」搭載で、全体的にコストパフォーマンスに優れているモデルになります。

G-Tune HM-B-3060Ti-AF

G-Tuneミニタワー

G-Tune HM-B-3060Ti-AF
CPUCore i7-10700F
グラフィックRTX 3060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「G-Tune HM-B-3060Ti-AF」は、最新グラフィックス「GeForce RTX 3060 Ti」搭載モデル。「RTX 3060 Ti」は、重量級ゲームを快適に楽しめるモデルです。

コストパフォーマンスにも優れたモデルで、これからゲームを始める方にもおすすめです。

おすすめのゲーミングノートPC

「FF7リメイク インターグレード」におすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。

G-Tune E5-165-R7

G-Tune E5-165-R7

G-Tune E5-165-R7
CPURyzen 7 5800H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 WQHD
(165Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

「G-Tune E5-165-R7」は、最新グラフィックス「GeForce RTX 3060」搭載。最新ゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスペックです。

WQHD解像度液晶を搭載しているので、最先端技術が駆使された「FF7 リメイク インターグレード」のグラフィック映像をより楽しめるでしょう。

【2021年】FF15の推奨スペックとおすすめPCとベンチマーク 「ファイナルファンタジーXV」に待望のWindows版が登場。NVIDIAの技術協力の元PCゲームならではの美麗な画面でゲームを楽し...
【2021年】FF14が快適にプレイ出来るおすすめのゲーミングPC FF14は国産のMMORPGです。「オンラインゲームは苦手」という方でも数あるオンラインゲームの中でも年齢層の幅が広く、日本人に親し...
おすすめピックアップ記事