ゲーム推奨スペック

Microsoft Flight Simulatorの推奨スペックとおすすめPC

Microsoft Flight Simulator

Microsoft Flight Simulatorはリアルなグラフィックの魅力が際立つ、フライトシュミレーターです。超弩級のグラフィックを楽しめるMicrosoft Flight Simulatorの推奨スペックとおすすめPCについて書いています。

RTX30シリーズの検証を追加

最小・推奨PCスペック

 最小推奨理想スペック
OSWindows 10
CPUIntel i5-4460
Ryzen 3 1200
Intel i5-8400
Ryzen 5 1500X
Intel i7-9800X
Ryzen 7 Pro 2700X
GPUGeforce GTX 770
Radeon RX 570
Geforce GTX 970
Radeon RX 590
Geforce RTX 2080
Radeon Ⅶ
VRAM2 GB4 GB8GB
メモリ8 GB16 GB32GB
ストレージ150 GB
帯域幅5 Mbps20 Mbps50 Mbps

参考情報:Flight Simulator公式サイト

最低スペックではCore i5-4460とGTX 770(2GB)となっています。

推奨環境ではCore i5-8400とGTX970(4GB)でメモリは16GBが指定されています。メモリの容量は注意が必要です。

推奨のおすすめPCスペック

過去の実機レビューでG-TuneのGTX970をレビューしていてその際の3DMark FireStrikeのグラフィックススコアが11,571スコア程度でした。

GTX1650 SUPER(11,921)程度の性能となります。なので余裕を持ってGTX1660搭載機(13,359)以上がおすすめです。

快適に楽しむおすすめPCスペック

快適に楽しめる理想的なスペックとしてはCPUが「Intel i7-9800X(定格3.8GHz/最大4.4GHz)」「Ryzen 7 Pro 2700X(定格3.6GHz/最大4.3GHz)」となっています。

いずれも8コア16スレッドのCPUです。

インテルだと第9世代ではCore i9-9900K(8コア16スレッド)、第10世代ではCore i7-10700(K)(8コア16スレッド)あたりがおすすめです。

AMDだと第3世代 Ryzen 7 3700X搭載機(8コア16スレッド)あたりがおすすめです。

GPUはGeforce RTX 2080以上がおすすめとされています。

メモリは32GB指定されており、ストレージはSSDで150GBが指定されています。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

CPUの性能は必要?

CPUの使用率をチェックしてみると一瞬ですが、Core i7-8700(6コア12スレッド)で80%近く使うシーンも確認出来ました。(UWQHDの最高画質)

なので高解像度や高画質設定にする場合には理想スペックの通り8コアCPU以上だとより良いと思います。

CPU性能が高いとフレームレートも伸びる傾向があるので、性能の高いCPUを選ぶのもおすすめです。

メモリも高画質設定や高解像度の場合には32GBがおすすめです。

グラボ別fpsの検証

Microsoft Flight Simulatorは高解像度(4K)や高グラフィックス設定でプレイする事が出来ます。どの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。では早速見ていきましょう。

フルHD解像度

GPUフルHD(1920×1080)最高設定
RTX3090
58
RTX3080
58
RTX3070
56
RTX2080Ti
57
RTX2080 SUPER
56
RTX2070 SUPER
55
RTX2060 SUPER
49
GTX1660 SUPER
36

エンパイア・ステート・ビルディングから飛行した際のフレームレート比較です。画質はウルトラ設定(最高)です。

フライトシムなので30fpでも快適に動いていると感じますが、滑らかな描画を求める方はよりフレームレートが出るグラフィックスボードを選ぶのもおすすめです。

Core i9-10900K | メモリ:32GB | SSD 1TB | Z490

テスト構成は以上のスペックで検証を行いました。

WQHD解像度

GPUWQHD(2560×1444)最高設定
RTX3090
58
RTX3080
58
RTX3070
53
RTX2080Ti
54
RTX2080 SUPER
48
RTX2070 SUPER
43
RTX2060 SUPER
37
GTX1660 SUPER
23

WQHD解像度は4K解像度より重くないのでWQHD解像度モニターを使っているという方も多いかもしれません。

また、ウルトラワイドの3440×1440解像度はWQHDよりワンランク上、4K解像度よりワンランク下のスペック選びがおすすめです。 

4K解像度

GPU4K(3840×2160)最高設定
RTX3090
48
RTX3080
46
RTX3070
34
RTX2080Ti
34
RTX2080 SUPER
29
RTX2070 SUPER
25
RTX2060 SUPER
19
GTX1660 SUPER
10

高解像度で快適に動作させたい場合には高性能なゲーミングPCが必要です。

画質設定を下げればフレームレートは上がるのでゲーム自体は推奨スペックを満たしていれば快適に楽しむ事が出来ます。高画質設定でプレイしたい方は上記を参考にしてみて下さい。

おすすめのゲーミングPC

Microsoft Flight Simulatorの推奨としてはミドルクラス(GTX1660~GTX1660Ti)が相当します。

Microsoft Flight Simulatorのグラフィックスは超弩級と言えるので、理想的にはRTX2070 SUPER以上のグラフィックカードがおすすめになります。

4K解像度ならRTX3080搭載モデルがおすすめです。

G-Tune PM-B-AF

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
HDD 2TB
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のGTX1660 SUPER搭載モデル。コンパクトなサイズが魅力のミニタワー型。最新ゲームをコスパ良く楽しみたい方におすすめです。

ガレリア XA7C-G60S

ガレリア XA7C-G60S
ガレリアSKケースCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。コストパフォーマンスが高いゲーミングPCなのでおすすめです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク

G-Tune XM-B-AF

G-Tune XM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのRTX3070搭載モデル。RTX3070なので最新重量級ゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

「G-Tune XM-Z」の実機レビュー RTX3070搭載

ガレリア XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3070を搭載したモデルです。タイトルによっては4K解像度でも楽しめる高性能モデルです。

GeForce RTX 3070のベンチマーク

ガレリア ZA9C-R38

ガレリア ZA9C-R38
ガレリア ZA9C-R38CPUCore i9-10850K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

公式サイトはこちら

ミドルタワー型の人気のゲーミングPCがガレリアのZシリーズです。最新の重量級ゲームも4K解像度や高画質設定で楽しめるハイエンドモデルです。

「ガレリア UA9C-R38」の実機レビュー RTX3080搭載

GeForce RTX 3080のベンチマーク

ゲームタイトル別推奨スペック早見表 このページでは、ゲーミングPCを購入する時に自分がプレイしたいタイトルのスペックを満たしているかどうか気になる方の為に早見表を作成し...
おすすめピックアップ記事