ゲーム推奨スペック

バトルフィールド2042の推奨スペックとおすすめPC

バトルフィールド2042の推奨スペックとおすすめPC

バトルフィールド2042(BF2042)はバトルフィールドシリーズ最新作のFPSゲームです。

BF2042の必要/推奨スペックとおすすめゲーミングPCの情報についてまとめています。

フレームレートを計測してどの程度のスペックがあれば快適にBF2042がプレイ可能かという点もチェックしているので合わせて参考にしてみて下さい。

BF2042の特徴

BF2042の特徴

BF2042は広大な戦場で、壮大なスケールの戦闘が展開される戦争FPSゲームです。

コンクエストやブレークスルーなどのルールで戦う事が出来ます。

シングルプレイキャンペーンはありませんが、ソロやフレンドと一緒にAIの敵と戦う事が出来ます。

プレイヤー数は最大128人対戦に対応

プレイヤー数は最大128人対戦に対応しています。

BF2042の必要スペックと推奨スペック

 必要推奨
OSWindows 10(64ビット)
CPUCore i5-6600K
Ryzen 5 3600
Core i7-4790
Ryzen 7 2700X
GPUGeForce GTX 1050 Ti
Radeon RX 560
GeForce RTX 3060
Radeon RX 6600 XT
メモリ8GB16GB
ストレージ100GB
DirectX12

参考情報:Steamストアページ

動作環境を見ていきましょう。上記の表はBF2042の推奨環境のスペック表です。

CPUに関しては推奨でCore i7-4790 / Ryzen 7 2700Xになります。

メモリは16GBが指定されています。

そしてグラフィックボードはRTX 3060 / RX 6600 XTが推奨要件となっています。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

レイトレーシング&NVIDIA DLSS対応

レイトレーシング&NVIDIA DLSS対応

レイトレーシングは最先端のリアルなグラフィックスを実現する技術です。レイトレース アンビエントオクルージョンという項目をオンにすると有効化出来ます。

レイトレーシングは単体でも使用する事ができますが、フレームレートが低下するのでNVIDIA DLSSと組み合わせて使用するのがおすすめです。

現行のモデルでは推奨要件にも指定されているRTX3060以上がおすすめになります。

レイトレース アンビエントオクルージョン

レイトレース アンビエントオクルージョンをオンにすると車体の陰影がより強調されていました。

レイトレーシングのグラボ別fps

GPU4K(3840×2160)最高設定
RTX 3080 Ti
77
RTX 3070 Ti
35

4K解像度の最高画質設定+レイトレーシング+NVIDIA DLSSのクオリティを有効にした設定で計測すると以上の結果となりました。

RTX 3070 Tiのビデオメモリが8GBなのでレイトレーシングを有効にすると超過していてフレームレートが低下していました。

レイトレーシングを有効にして4K解像度の場合にはRTX3080以上のグラフィックスボードがおすすめになります。

NVIDIA DLSSのグラボ別fps

NVIDIA DLSSは機械学習を活用した超解像技術で、フレームレートを向上させる効果があります。DLSSを使用するにはNVIDIA RTXグラフィックスが搭載されている事が必須です。

NVIDIA DLSSのグラボ別fps

NVIDIA DLSSを有効にすると大幅にパフォーマンスが向上します。

NVIDIA DLSSを使いたい方はRTXグラフィックスボード搭載のゲーミングPCをチェックしてみて下さい。

BF2042のグラボ別fps

実際にテストを行い、BF2042ではどの程度のグラフィックス性能が必要かを検証しました。

BF2042のグラボ別fps
GPU4K
3840×2160
フルHD
1920×1080
RTX 309077 FPS146 FPS
RTX 3080 Ti77 FPS147 FPS
RTX 308070 FPS129 FPS
RTX 3070 Ti58 FPS119 FPS
RTX 307055 FPS118 FPS
RTX 3060 Ti48 FPS108 FPS
RTX 306037 FPS83 FPS
GTX 1660 S12 FPS54 FPS
GTX 1650 S3 FPS15 FPS

計測場所:カレイドスコープ。グラフィックスのクオリティ:最高設定。レイトレース アンビエントオクルージョンはオフ。NVIDIA DLSSも無効にして計測しています。

OSはWindows11、CPUはCore i9-12900K、メモリは32GB、ストレージはSSD 1TBモデルを使用しています。

FPSゲームなので、フルHD解像度で低画質運用でフレームレートを稼ぎたいという方もいると思います。

GPUフルHD1920×1080
RTX 3090~RTX 3060 Ti170 fps前後
RTX 3060140 fps前後
GTX 1660 S100 fps前後
GTX 1650 S70 fps前後

計測場所:カレイドスコープ。グラフィックスのクオリティ:低設定。レイトレース アンビエントオクルージョンはオフ。NVIDIA DLSSも無効にして計測しています。

低画質設定に関してはRTX 3090~RTX 3060 Tiまでが170fps前後で頭打ちでした。Core i9-12900Kの場合。

RTX3060だと少し下がってきて140fps前後。GTX 1660 SUPERが100fps前後。GTX 1650 SUPERで70fps前後でした。

BF2042におすすめのゲーミングPC

BF2042におすすめのゲーミングPC

BF2042におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

GALLERIA RM5C-G60S

GALLERIA RM5C-G60S
ガレリアミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-G60S」はGTX 1660 SUPERを搭載しているので、コスパ良くゲームを楽しめます。筐体の質感が良く、前面がLEDで光るゲーミングPCです。

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-12700F
グラフィックRTX 3060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定の「G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC」は、RTX 3060 Ti搭載のゲーミングPCです。オンラインゲームや最新重量級ゲームを幅広く快適に楽しめます。

GALLERIA XA7C-R37

GALLERIA XA7C-R37
ガレリアSKケースCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

GALLERIA XA7C-R37」は、最新グラフィックスボードのRTX 3070を搭載したモデルです。安心の定番構成で本格的にFPSゲームを楽しめる高性能モデルです。

BF2042におすすめのノートPC

BF2042におすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA XL7C-R36H
GALLERIA XL7C-R36HCPUCore i7-12700H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶16.0型 WUXGA
(165Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XL7C-R36H」は、「RTX 3060」搭載の高スペックノートPCです。RTX 3060を搭載しているので高フレームレートで快適に遊べます。

G-Tune E5-165

G-Tune E5-165
G-Tune E5-165CPUCore i7-12700H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ32GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 WQHD
(165Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune E5-165は高速リフレッシュレート165Hz対応モデル。解像度がWQHD(2560×1440)なのが特徴です。より高解像度のモデルが欲しい方におすすめです。

『CoD:MW2』の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC CoD:MW2(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2)は世界的人気FPSゲーム『コールオブデューティ(CoD)』シリーズ...
おすすめピックアップ記事