PCゲームの推奨スペックから選ぶ

Call of Duty WarzoneのベンチマークとおすすめのゲーミングPC

コール オブ デューティ ウォーゾーンは基本プレイ無料のバトルロイヤルゲームです。CoD: MWを持っている方はモードの一つとして、持っていない方でもスタンドアロン版として楽しめます。

Call of Duty Warzoneのダウンロードはこちらからダウンロードする事が可能です。

Call of Duty Warzoneのベンチマーク

Call of Duty Warzoneはバトルロイヤルゲームとなっており、計測が困難なタイプのゲームになります。なので練習モードのバトルロイヤル演習で可能な限り同じようなシチュエーションになれるように計測をしました。

WARZONR基本演習の方が同じシチュエーションで計測可能なのですが、実際のゲームと数値の乖離が見られたのでバトルロイヤル演習で行いました。

CPUはCore i7-9700K、メモリは16GB、SSDに入れて計測を行いました。

それでは早速データの方を見てみましょう。

最高設定

最高設定はレイトレーシングは有効にしていません。

フルHD解像度で最高画質設定にした際の平均フレームレートと最小は1% Low FPSの数値になります。

VRAM容量には注意

60fpsで動作させたい方はGTX1650でもギリギリ60fpsという感じですが、動作はしていました。

ただ、VRAMが超過してしまいます。カクつき等に起因する場合がありますので最高画質を求める方はGTX1660以上のVRAM(ビデオメモリ)6GB以上のビデオカードがおすすめです。

WQHD最高

4K最高

WQHD解像度と4K解像度の最高設定の数値になります。4Kなら60fps、フルHD、WQHDで本格的にやりたい方は144fpsあたりを目安として見てみて下さい。

最低設定

画質よりもフレームレートを優先にした設定になります。画質設定を下げるとフレームレートはかなり出ていて、144fpsまでは届かないですがGTX1660 SUPERでも3桁フレームレートが出ているので144Hzのゲーミングモニターと組み合わせても良いでしょう。

RTX20シリーズのハイスペックなビデオカードなら144fpsを余裕を持って狙えていました。

WQHD最低

4K最低

WQHD解像度と4K解像度で画質設定を下げてフレームレートを確保した場合の数値も取得しました。

Call of Duty WarzoneにおすすめのゲーミングPC

フルHDでコスパ重視な方におすすめ

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-9700F
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 1TB
マザーボードB365

フルHD解像度でゲームをプレイする際にコスパが良いのはGTX16シリーズの最新モデルGTX1660 SUPER搭載機です。

フルHDで本格的にやりたい方

ガレリア XF
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
マザーB365

ガレリアXFは144fpsを狙いたい方など本格的なゲーム用途におすすめのモデルになります。

4K解像度やフルHD×240fps狙いたい方

ガレリア ZZ
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i9-9900KF
グラフィックGeForce RTX2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD / HDD 無し
マザーボードZ390

ハイエンドモデルは4K解像度やハイフレームレートを求める方におすすめです。

おすすめピックアップ記事