タイプ別に選ぶゲーミングPC

シミュレーションゲーム用におすすめなゲーミングPC

PCゲームのジャンルの中でも特に大人な方や考える事が好きな方に人気があるのがシミュレーションゲームです。

海外・国産含めてPCと相性が良く家庭用のゲーム機から移植というスタンスよりPCゲームから家庭用ゲーム機に流れるというスタンスが多いというのも特徴的です。

つまり『シミュレーションゲームならゲーミングPCの導入がおすすめ』という事になります。

純粋に家庭用のゲーム機で販売されていないソフトが多い、または最初はPCで販売される事が多いのでシミュレーションゲームが好きな方は遊びたいソフトが無いからパソコンを購入して遊ぶという方も多いです。

スペック要求自体はソフトの平均値で言えば低めなタイトルは多いと思いますが、高性能なグラフィックボードが必要なゲームタイトルも存在しています。

色んなシミュレーションゲームもプレイしたいと考えている方は最新のゲーミングPCの購入を検討してみるのがいいと思います。

シミュレーションゲームとは?

思考する事に喜びを見いだせる方にはドンピシャなジャンルで、『落ち着いてじっくりと時間をかけながら正解を導き出していく』や、『自分がその世界の主人公や神になった気持ちでなりきりながらプレイしていく』2パターンが基本的なスタイルかと思います。

思考型だと例えばパターンAとパターンBがあると仮定してどちらが最終的に目標としているゴールに近づくのか?どちらを選択したら今後どういう結果になるのかというのを脳内でリアルタイムで予測・想像し、常に最適な選択肢を効率良く選んでいきます。攻略型と言ってもいいかもしれません。

なりきりプレイは正解を導くというよりその世界でそのキャラクター(プレイヤー)だったらどんな選択をするのかを考えながらシミュレートしていくという感じになります。没入型と言ってもいいもしれません。

信長の野望というゲームを例に出すのであれば弱小大名プレイをしていると仮定して、難易度を上げてそこからどれだけ下剋上できるかを最短で行います。

攻略情報はもちろん、NPCのアルゴリズム、癖、パターンを入念に調べて把握し、とにかくそのゲームにまつわる全てを頭に叩き込むというのが理想的なスタイルです。

そこまでやり込むかどうかはその人次第ですが、極論言うとこうなります。

(ゲームアプリの宣伝でよくあるシミュレーションゲームのウリ文句で”経営者もやってる!三国志”とかはこっちのスタイルの事を指しているのだと思います。ビジネスにシミュレート能力が求められるのでビジネスマンはシミュレーションゲーム好きが多いかもしれません。経営というジャンルもあります。)

なりきりプレイだと脳内妄想しながらキャラクター(プレイヤー)の思うがままに選択してその結果を楽しむというスタンスになります。

その結果がダメでもキャラクター(プレイヤー)はこういう結果だったんだ、という事自体を楽しみながら次回、次次回と何度も繰り返し違うパターンを考案してプレイしていきます。

信長の野望や三国志なら武将になりきって没入するプレイや、街作りなら自分が思う最高の街を開発するなどです。

という感じでどちらのパターンでもシミュレーションなので予測をして模擬実験をしてその観測をするのが主なスタンスになります。

予測(こうだったらこうなるかな~)→ゲームで実行し結果が分かる(模擬実験)→観測(思った結果と違った!)←ここを楽しむゲームになります。

ゲームの楽しみ方は千差万別ですが、何度も繰り返しプレイする事の多いシミュレーションゲームは様々な角度や切り口で楽しむ事が出来ますね。

脳内で妄想や想像する事が得意な方だと現実に見えているゲーム画面以上の物を脳内補完して補う力が付くと更にシミュレーションゲームの世界に没入し、1,000時間以上楽しめると思います。

シミュレーションならPCゲームがおすすめな理由

スマホやSwitchなどの携帯ゲーム機のように手軽にできるハードとシミュレーションゲームの相性は良いと思います。移動中や出先でサクッとできる利点がありますからね。

スマホ版の三国志や信長の野望などは好きな時に手軽に出来て楽しいのですが、お家に帰って本格的にやり込みたいという場合にはPS4やSwitchなどの家庭用のゲーム機、更に操作性やUI面で快適にと考えているのであればゲーミングPCが最上位互換になります。

おすすめな理由のまとめ

  • PCゲームでしか販売されていないシミュレーションゲームは多い
  • PCでしか使えないゲーム内の機能がある
  • キーボード&マウスで操作するのが快適

PC版でしか販売されていないシミュレーションゲームはある

最近はPCでもPS4でも発売されているタイトルも多く、PCとXBOXは両方発売なタイトルも多いですが、シミュレーションゲームとなるとソフトの数でPCが圧倒している印象があります。

などPCのシミュレーションゲームを代表するゲームソフトが揃っています。(執筆時時点)

今後それらのタイトルがPS4やSwitchに降りてくるという事も十分考えられますが、シミュレーションゲームと言ったらまずPC→売れたら家庭用ゲームという流れな傾向が強いです。

操作性という意味でもマウスで細かい作業が快適

シミュレーションゲームの性質、操作面においてもPCの場合にはキーボードとマウスで操作するのが基本的なPCスタイルになるのでそのままの感覚でゲームの作業も進めていく事が出来ます。

ゲーミングキーボードとゲーミングマウスまでは必要ありませんが、正確なポインティングを求めるのであればゲーミングマウスはおすすめです。

ゲーミングマウスでシミュレーションと相性が良いのはLogicoolのG502 RGBはおすすめです。ゲーミングマウスなので細かい操作がしやすいです。

シミュレーションゲームの場合には細かい操作が要求されるタイトルが多い印象です。(カーシミュレーション系だとパッドやハンコンになると思います。)

例えば上記の例であればSims4の建築画面になりますが、オブジェクトに対してマウスなら細かい部位を直感的かつ正確にポイントする事ができるという利点があります。

壁の色、ドアの位置、オブジェクトの配置変更をこの画面の中から選択し、決めていくという操作になるので正確性が高いと操作性が良いので楽しくゲームを快適にプレイ可能です!

PS4でパッドでプレイするのもそれはそれで楽しいのですが、生活、経営、戦略シミュレーションゲームの場合においてはキーボード&マウス操作に慣れている方だともどかしく感じる場面が出てくると思います。

パッドだとどうしてもカーソル速度が遅く感じるのと、正確にココ!という場所に操作が難しいです。この体験が続いていくとPCに移行したくなるかもしれません。

PCでしか使えないゲーム内の機能がある

信長の野望を遊ぶなら何故PC版がベストなのか?SWITCH/PS4版買って分かった事で書いているのですが、シミュレーションゲームの場合には家庭用のゲーム機には無い機能が盛り込まれている場合もあります。

信長の野望・創造立志伝が好きすぎてPC版もPS4版もSwitch版も購入したのですが、結果的には信長の野望をプレイするのであれば顔画像追加という神ツールが付属しているのでPC版一択だと思っています。

顔画像追加ツールという項目がランチャーから起動する事が可能なのがPC版の特徴的な機能。付属ツールを使い世の中にある全ての画像を取り込み、武将化する事ができる。

スペックの関係でもPCの方が性能依存なのでより高画質で滑らかに描画できる特性があり、グラフィック要求が高いタイトルの場合でも快適に動作する事が出来ます。

シミュレーションゲームの代表的なタイトルのスペック一覧

タイトルCPUグラボメモリ
信長の野望・大志Intel Core i5 3.0GHz以上2GB
三国志13Core2 Duo 2.0GHz 以上1GB
ザ・シムズ4Intel Core i5以上GeForce GTX 6504GB
プラネットコースターIntel i7-4770GeForce GTX 98012GB
Winning Post 8 2018マルチコアCPUVRAM 512MB以上2GB
StellarisIntel iCore i5-3570KGeForce GTX 560 Ti4GB
RimWorldCore 2 DuoIntel HD Graphics 30004GB
Factorio4コアCPUで3Ghz以上2GBのVRAMがあるグラボ8GB
They Are Billions4コアCPUで3Ghz以上GeForce GTX 6708GB
トロピコ6Intel Core i5で3.3 GHz以上Geforce GTX 96016GB
Cities: SkylinesIntel Core i5-3470GeForce GTX 6606GB
シヴィライゼーション VIIntel Core i5の2.5 Ghz以上GeForce GTX 7708GB
Frostpunk4コアCPUで3.2Ghz以上GeForce GTX 9708GB
F1 2018Intel Core i5 8600KGeForce GTX 10608GB
Assetto Corsaインテル4コアCPUGeForce GTX 9706GB

公式(Steam販売ページ)の推奨スペックを記載した物になりますが、これだけ見てもどの程度のスペックがあればいいのかピンと来ないと思いますので以下で最大公約数的なスペックに変換してみます。

シミュレーションゲームでおすすめなスペック

シミュレーションゲームの最大公約数的なスペック

CPUCore i7-8700
グラフィックGeForce GTX 1060以上
メモリ16GB

グラフィックボードの性能は最高設定にするかどうかで変わってきます。最高設定にしてプレイしたいのであればより高性能なグラフィックボードがおすすめになります。

Planet Coaster(プラネット・コースター)の推奨スペック プラネットコースターは遊園地を作れるシミュレーションゲームです。ジェットコースターは自作で作っていく事が可能で、しかも乗り物は主観視...

例えばこちらのプラネットコースターだとGTX1060あれば快適に動作しますが、最高設定のウルトラだと高性能なグラフィックボードが適しています。

軽めなタイトルである信長の野望や三国志などであればCPU性能が高ければ内蔵グラフィック能力次第で普通のパソコンでも動作するレベルになります。

RimWorldはIntel HD Graphics 3000が指定されているのでこれはグラボが無くてもIntel HD Graphics 3000以上の内蔵GPUであれば動作OKですよという意味になります。

最新のCPUを搭載しているのであればグラボが搭載されていない普通のパソコンでも動いてしまうかもなタイトルもシミュレーションゲームにはあったりします。

とは言え幅広くシミュレーションゲームをプレイしたい場合にはグラフィックボードが搭載されたゲーミングPCが必要になります。

シミュレーションゲームにおすすめのゲーミングPC

AMD Ryzen 7 3700X搭載

CPURyzen 7 3700X
グラフィックGeForce GTX1660Ti(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB

 

レビューはこちら価格・詳細はこちら

定番のコスパの高いGTX1660Tiを搭載し、AMDのRyzen 7 3700Xを搭載したモデルになります。大抵のタイトルでインテル製CPUに匹敵するゲームパフォーマンスを持っているのでおすすめです。更に8コア16スレッドが魅力です。

レイトレ対応のRTX2060 SUPER搭載

CPUCore i7-9700K
グラフィックGeForce RTX 2060 SUPER(8GB)
メモリ16GB
SSDNVMe SSD 256GB
HDDHDD 1TB

レビューはこちら価格・詳細はこちら

パフォーマンスに関してはRTX2060 SUPERを搭載しているので大抵のゲームで最高設定で滑らかな描画が期待できます。サクサクゲームが動く感動を手にしたい方におすすめです。

はじめてゲームPC×G-Tune限定コラボモデルが発売中! 当サイト限定のG-Tuneとコラボしたモデルが販売中です。構成内容やパーツを厳選し、コンセプトが異なる3つのモデルが販売中です。G-...

最新!RTX2070 SUPER搭載のハイスペックモデル

CPUCore i7-9700
グラフィックGeForce RTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
SSD500GB
HDD2TB

価格・詳細はこちら

グラフィックボードに最新のRTX2070 SUPERを搭載したモデルになります。

ドスパラでは他にもセール状態のゲーミングPCが多数あるので予算に合わせて選択する事が可能です。基本的には価格が高い=性能が高いという単純な図式が成り立つので予算上限クラスのゲーミングPCがおすすめです。

おすすめピックアップ記事