ゲーム推奨スペック

ザ・シムズ4の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

ザ・シムズ4の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

『ザ・シムズ4』 は、2014年9月2日に発売されたPCゲームです。シムズシリーズとして家庭用ゲーム機版も発売されていたので知っている人も多いかと思います。

管理人も実家にPS2のシムピープルやザ・アーブス シムズ・イン・ザシティなどが眠っています。

シムズ4の推奨スペック情報とおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

ゲームの目的

シムズシリーズの目的は人生を楽しむゲームです。

キャラクターになりきって自分を投影させるキャラクターを作成して、家族を作ったり、子供を育たりする事も可能です。

コミュニティを作って、仲間と楽しむ人生もいいでしょう。

仕事に打ち込んでキャリアを積み重ねる人生を送ってもいいですし、自分の趣味を極める事も出来ます。

そしてシムズ4では建築が充実しているので、自分の自宅を作るのも醍醐味になります。

家具を選んで、あれこれ妄想しながら自分の自宅を作り上げる事が可能です。

シムズ4で自宅作り

こんな書斎を作ってみました。現実だとこんな大きな窓だと外から丸見え(よく人が通ります)なので、あり得ないようなチョイスもゲームならでは。

間取りもある程度狭い方が落ち着くかな?など、自分のこだわりをゲームの中で反映させる事が可能です。

アイテム、服、メイクなど、MODを導入する事で更に拡張していく事が可能なのがシムズ4の魅力です。

Sims4のMODは?

Sims4のMODは多種多彩にあります。キャラクター関連の衣服、髪型、メイク、建築物関連、システム関連のMODなどインターネットの海を彷徨っているだけで数日はかかると思います。例「Sims4 MOD おすすめ」など。

シムズ4のMOD適用前

シムズ4のMOD適用後

適当に20分くらい探してMOD導入してみました。上が通常のシムズ4のシムですが、下がMOD導入したシムになります。

髪型、眉毛、まつげ、口紅のMODを導入しただけで別ゲームのキャラクターのようになりました。

イケメンや美女などから、変なキャラクターまで自分が思う最高の環境でMOD導入してプレイする事もシムズ4は出来ます。

前作3と4の比較

前作3と4の比較

Sims3の海外レビューサイトのMetacriticのスコアは記事執筆時(2016.5)で86点。Sims4は70点となっています。

前作と比較すると点数は少なめになっています。

前作も遊んだ事がありますが、前作はどちらかというとマニアックな事が可能で、MODを駆使したりする事でやれる幅が広がるのですが、PCスペックもそれに応じて要求されるという感じでした。

今作の4はまるで逆でとにかくスペックを軽くしてゲームユーザーの間口を広げようとしている印象があります。どちらかというと2に近い感覚かと思います。

とっつきやすさという意味では個人的には4の方が面白いと思いますし、何よりシムズシリーズが初めてという方にはシムズ4を遊んで、面白かったら3をプレイしてみるというのもおすすめです。

拡張パックについて

拡張パックについて

有料DLCとして記事執筆時(2017/01/03)だと大型のDLCとしては、「Get to Work」「Get to Together」「City Living」の3つがあります。この3つはMAPが増えたり出来る事が増えます。

Get to Workではお店経営が可能になります。類似しているDLCとしては「Dine Out」があります。こちらはレストランが経営できます。

Get to TogetherではWindenburgというMAPが追加される他、クラブというシステムが導入されます。気の合った仲間とクラブを組んで一目置かれる存在になったりする感じです。

City Livingでは都会のMAPが追加されるのでマンションの一室を借りて都会に出てきた上京者としてプレイするのも可能です。マンションなのでお隣りさんの騒音トラブルなども実装されています。都会の良い物件に住むにはかなりお金がかかるのでそこを目指して成り上がるのも楽しみの1つです。

必要スペックと推奨スペック

 必要推奨
OSWindows 7 / 8 / 8.1 /10(64ビット)
CPUインテル Core 2 Duo(1.8GHz) 
AMD Athlon 64 Dual-Core 4000+
インテル Core i5以上
AMD Athlon X4
GPUNVIDIA GeForce 6600以上
ATI Radeon X1300以上
Intel GMA X4500以上
NVIDIA GTX 650以上
メモリ4GB
ストレージ15GB以上の空き容量、および追加としてカスタムコンテンツとセーブデータの保存に1GB以上の空き容量18GB

参考情報:ストアページ

推奨要件としては低いのでここ数年のゲーミングPCなら間違いなく快適に動作するスペックです。

設定品質はウルトラが最高値です。GTX660が搭載されたPCでもプレイしましたが、快適に60FPSで動作していました。

現在主流のグラフィックボードであれば全く問題なく快適に動作します。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

DLCだと重い場面も確認、より安定したゲームプレイには高スペックも検討の余地があり

シムズ4はDLCだと少し重い

動作確認の為にCore i7-8700 / GTX1070でプレイしましたがMODを入れていない状態でCity LivingのMAPでは70FPS程度でした。左上の71と出ているのがフレームレートの値です。

通常シムズ4では、GTX1070クラスの性能であれば120FPS以上出るのですが、都会MAPは重いです。

またMODを導入したいと考えている方は更に重くなります。通常MAPでもGTX1070なら150FPS出ていても120FPS程度まで落ち込みます。

20個程度のMODを入れてこれだったので大量のMODを入れて快適に動作したいという方はハイスペックモデルもおすすめです。

シムズ4はウルトラワイドに対応

シムズ4はウルトラワイドに対応

ウルトラワイドモニターと呼ばれる横に長いアスペクト比21:9に対応していました。「3840×1600」解像度にも対応しています。

UIスケールも変更可能

更にゲームオプションに「アクセシビリティ」という項目があり、こちらでUIスケールの変更を行う事が可能です。文字の大きさが変えられるので高解像度でも快適にシムズ4を楽しむ事が出来ます。

おすすめのゲーミングPC

シムズ4におすすめのゲーミングPCを紹介します。

G-Tune PL-B-WA

G-Tune PL-B-WA
LITTLEGEARCPUCore i5-9400
グラフィックGTX 1650(4GB)
メモリ8GB
ストレージ256GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune PL-B-WAの特徴はハンドルが付属している点です。持ち運びに便利なので移動する際に楽です。頻繁に模様替えをされる方や、省スペース性が欲しい方におすすめです。マットな質感もかっこいい。

ガレリア RM5R-G60S

ガレリア RM5R-G60S
ガレリア RM5R-G60SCPURyzen 5 3500
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

GTX1660 SUPERを搭載したコスパ重視のゲーミングPC。CPUはRyzen 5搭載。フルHD解像度でゲームをコスパ良くプレイしたい方におすすめです。

ミニタワー型なので筐体サイズがコンパクトな点や、斜めのコンソールパネル採用で使いやすいゲーミングPCです。

G-Tune XM-B-AF

G-Tune XM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのRTX3070搭載モデル。RTX3070なので最新重量級ゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

「G-Tune XM-Z」の実機レビュー RTX3070搭載

ガレリア XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-11700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3070を搭載したモデルです。タイトルによっては4K解像度でも楽しめる高性能モデルです。

GeForce RTX 3070のベンチマーク

おすすめピックアップ記事