MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

三國志14の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。

歴史シミュレーションゲームの金字塔「三國志」シリーズの最新作が三國志14です。

勢力の変化を視覚的により分かりやすくする新システムが採用されているのが特徴です。14のテーマが「土地」になります。そしてシリーズ最多の1,000人以上の武将が登場します。

目次

三國志14の推奨スペック

スクロールできます
必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 8.1/10 日本語版 64ビット
CPUIntel Core i5 3.0GHz以上Intel Core i7 3.0GHz以上
GPUNVIDIA GeForce GTX680 以上NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB 以上
メモリ4GB以上8GB以上
ストレージ空き容量 20GB以上
解像度1280 x 720 ピクセル以上 1920 x 1080 ピクセル以上
  • Windows10/8.1の32bit版には非対応。
  • Boot CampなどMacintoshで起動しているWindows・エミュレーションソフト・仮想ドライブ・SCSIドライブでは正常に動作しません。
  • 必要メモリ容量、ハードディスク容量、VRAM容量は、システム環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。

参考情報:三国志14製品情報

他にも注意点などの記載がありますので公式サイトの情報を一度ご確認頂ければと思います。

三國志14の製品版で動作確認

GPU4K(3840×2160)
GTX 1660 Ti
30 FPS
GTX 1660 SUPER
29 FPS
GTX 1650 SUPER
24 FPS
GTX 1650
18 FPS
GPUWQHD(2560×1440)
GTX 1660 Ti
30 FPS
GTX 1660 SUPER
30 FPS
GTX 1650 SUPER
30 FPS
GTX 1650
30 FPS
GPUFHD(1920×1080)
GTX 1660 Ti
30 FPS
GTX 1660 SUPER
30 FPS
GTX 1650 SUPER
30 FPS
GTX 1650
30 FPS

CPU:Core i7-9700K、メモリ:16GBでチェック、場所:群雄割拠の陳留

私物のビデオカードで動作確認を行いました。設定はフルスクリーン、CG品質標準(最も高い設定)で確認してみました、三国志14は過去作と同様に30FPS上限です。

4K解像度、GTX1650

4K解像度でチェック

唯一動作に不安が残る設定はGTX1650 / GTX1650 SUPERで4K解像度にした際にはフレームレートが低くVRAMも超過していたのでもっさりした動作感を感じました。

GTX1660 SUPERも4K解像度に関しては若干30FPSを割る場面が見られました。

ビデオメモリの動作確認

GPU4K(3840×2160)
GTX 1660 Ti
4172
GTX 1650
3969
GPUWQHD(2560×1440)
GTX 1660 Ti
3533
GTX 1650
2639
GPUFHD(1920×1080)
GTX 1660 Ti
3186
GTX 1650
2293

GTX1660TiのVRAMは6GB。GTX1650のVRAMは4GBになります。4Kに関しては6GB以上推奨。WQHDやFHDに関しては4GB以上のビデオメモリ搭載機をおすすめします。

おすすめのゲーミングPC

三國志14におすすめのゲーミングPC

三國志14におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 5 4500
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A5G60」は、CPUに「Ryzen 5 4500」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060」を採用。レビュー数が200件を超える人気のモデルです。

ゲームではグラフィックスボードの性能が快適性に直結するため、コストを落として最大限ゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G60

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G60」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」&「RTX 4060」搭載のゲーミングPCです。口コミレビュー数が100件を超える人気のモデルです。

ゲーミングに必要なスペックを搭載しつつ、価格は最新CPU搭載モデルと比較するとリーズナブルなので、CPU性能も重視してゲーミングPCを選びたい方におすすめです。

GALLERIA RM5C-R46

GALLERIA RM5C-R36
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

「GALLERIA RM5C-R46」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

最新ゲームを楽しみたい方におすすめの性能です。これからゲームを始める初心者の方にもおすすめのゲーミングPCです。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

このリンクからお得に購入できる特別価格モデルとなっています。詳細はこちら

「G-Tune DG-I5G60」は、インテル第14世代CPU&高性能グラフィックス「RTX 4060」搭載。

G-Tuneのミニタワー型モデルのホワイトカラー採用モデルとなっています。ケースには標準でガラスサイドパネル&青色のLEDファンが搭載。

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラーモデル)」は、アスキーベストバイアワード2023 デスクトップ部門受賞モデルになります。

あわせて読みたい
信長の野望・新生の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 信長の野望・新生は日本の戦国時代の大名となって天下統一を目指すシリーズ16作目の歴史シュミレーションゲームです。 信長の野望・新生が快適にプレイできるPCスペック...
目次