タイプ別に選ぶゲーミングPC

ゲーム実況・配信用のおすすめなゲーミングPC

ゲーム実況プレイ動画やゲームプレイ動画などのゲームを録画して配信するのがここ数年で加速度的に人気が出てきました。

最初期の頃は限りなく黒に近いグレーでしたが、最近では正式にOKが出ているゲームもあります。

有名所では以下です。

  • 任天堂の著作物を含む動画が2014年12月1日よりニコニコ動画のクリエイター奨励プログラムにおいて、任天堂の著作物を含む動画がクリエイター奨励プログラム対応したことを発表しました。作品の人気度等に応じて奨励金を受け取ることができます。
  • YouTubeでマインクラフトなどの正式にOKが出せれているタイトルで広告収入を得る事も可能です。

つまり、ゲーム実況動画を配信してお金を貰えるという事になります。これからはこういったもので生活していく人も増えていくかもしれないですね。

ゲーム実況・配信のパターンは3つ

  1. PC単体でPCゲームを動かして実況や配信を行う
  2. キャプチャーボードでゲーム機やスマホの画面を取り込んで作成する
  3. 2PCで重量級のゲームの実況や配信を行う

なので通常は2の構成を目指します。さらに環境的に追い込みたい方やパソコンが余っているような場合には3の構成を目指すのがいいでしょう。

キャプチャーボードにパススルー機能が付いた製品が多くなっているのでその場合にはキャプチャーボードをモニターに繋ぐので配信PCと合わせてモニターは合計で2台必要になります。

高性能なゲーミングPCがあればゲーム実況も配信も可能です。

高性能なゲーミングPCのメリット

  • 実況動画作成には編集ソフトを快適に動作させる必要性がありますが、高性能なゲーミングPCなら快適に動作する
  • 配信の場合にはCPUの性能が高いと有利に働くので高性能なゲーミングPCなら快適に動作する

などの理由があげられます。

ゲーム実況動画を作るのに必要なスペックは?

録画するにしろ生放送の用途にしろ、パソコンにはある程度の余力があると快適な作業が出来ます。

動画編集で気を付けるのはCPUとメモリとグラボとストレージです。

  • CPUはエンコードや配信で重要になるのでcore i7推奨。
  • メモリは最低で8GB以上、16GB推奨
  • グラボは最低GTX1060以上
  • ストレージはSSD 500GB以上+HDD 2TB以上の構成が無難です。

ゲーミングPCが必要な理由とは?

理由としては大前提でゲームを快適に動かす必要がある為です。なので逆の言い方をするとゲームタイトルによっては低スペックでも快適に動作し、ゲーム実況を作成する事も可能です。

例えばマインクラフトの実況動画を作成するとして、バニラ(MODや影MODを導入していない状態)での実況プレイ動画を作成するだけなら高性能なゲーミングPCは要求されません。

ただ、影MODを使用して実況動画を作成しようとするとスペック要求が激しくなるのでPCゲームを動かし、更に裏で録画ソフトを動かす事になるので高性能なゲーミングPCが必要になるという事になります。

PUBGなどの重量級のゲームでも高性能なゲーミングPCであれば対応可能になるメリットがあります。

実況する為に必要な機材

マイクとキャプチャーボードと動画編集ソフトとパソコンがあればゲーム実況動画を作成する事が可能です。

動画編集ソフトについては割愛しますが、キャプチャーボードはパソコン本体に組み込むので初心者の人からするととっつきにくいイメージがあるかもしれません。

ゲーム実況用のマイクの選び方

マイクについてはこちらで解説しているので参考にしてみて下さい。

キャプチャーボードとは?

主にPS3、PS4、Xbox360、Xbox oneなどの据え置き型の家庭用ゲーム機を録画するのに必要な機材になります。

AVerMedia Live Gamer 4K GC573

4K/60FPS、フルHD/240FPSに対応したキャプチャーボードですが、こちらはPCIエクスプレス×4です。

キャプチャーボードの中には×1もあります。その場合には問題ないでしょう。

ただ×4の場合にはマザーボードの中に物理的に入らないというパターンも考えられるので購入時には注意する必要があります。

例:マインクラフトの実況プレイ動画を作成する流れ

以上の説明を聞いてもいまいちピンと来なかったという方に向けて実際にマインクラフトの実況動画を作成する流れをみていきます。

  1. マインクラフトが快適に動かせるゲーミングPCを用意する(マインクラフトで影MODを扱うのかどうか)
  2. 周辺機器を用意する(マイク、ヘッドセット、配信ソフト、録画ソフト、編集ソフト)
  3. ゲームをプレイしながら録画、配信する
  4. 録画なら後に編集する

簡単な流れは以上になります。1番の影MODを扱うかどうかで要求スペックは変わってくるのでゲーミングPCの選択も変わってきます。

マインクラフトのスペック等に関してはマインクラフトPC版の推奨スペック&MODを入れても快適な推奨スペックで解説しているので参考にして下さい。

2番の周辺機器はマインクラフトの場合はPCのソフトを持っている場合はキャプチャーボードは必要無いです。

家庭用ゲーム機版のマインクラフトの実況を配信、録画したい場合はキャプチャーボードが必要になります。

後は録画なり配信を実際にして、録画なら後に編集するという流れになります。

おすすめのゲーム実況・配信PC

ゲーム実況や配信で重要なのはPCゲームが快適に動作する事、そしてその上で録画ソフトや配信ソフトを動作させる事です。

GeForce RTX 2070のベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2070のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...

RTX2070はフルHDゲームであれば大抵のタイトルで動作が見込めてグラフィックメモリの容量もRTX2060と比較すると8GBと多くなっているのでおすすめなグラフィックボードです。

第9世代CPUを搭載したRTX2070搭載モデル

ガレリア ZF
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070(8GB)
メモリ16GB
SSDNVMe SSD 512GB
HDDHDD 2TB
マザーZ390

第9世代CPUのCore i7-9700Kはオールマイティな性能でマルチ・シングル性能ともに優秀です。PCゲームで一般的な解像度であるフルHDの重量級ゲームでも快適にプレイできるスペックを持っているのでおすすめな一台。

CPUの冷却対策としてグリスのカスタマイズは推奨ですが、Z390を採用しているので実機レビューをした際に採用されていたマザーボードの場合にはキャプチャーボードの×4に対応していました。

Core i7-9700K×RTX2070搭載の最新モデル

NEXTGEAR i690PA3-SP
OSWindows10
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070(8GB)
メモリ16GB
SSDM.2SSD 256GB
HDDHDD 3TB
マザーZ390

こちらは当サイト限定のコラボモデルとなっているので通常購入するより価格が安いモデルになっております。

NVIDIAの最新アーキテクチャーのTuringのRTX2070搭載、CPUはインテルのハイエンドCPUのCore i7-9700Kを完備し、メモリは16GBでストレスフリー、高速SSD搭載でHDDは3TBと大容量、そして拡張性高いNEXTGEARのPCケースにZ390マザーボードを組み合わせた最新鉄板構成になります。

本格的なゲーム実況環境のおすすめパソコン

毎日ゲーム実況をプレイしている方や更に本格的な環境を用意したい方におすすめなゲーミングPCをご紹介します。

最新の第9世代CPUのCore i9-9900K搭載のハイエンドモデル

ガレリア ZZ i9-9900K
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i9-9900K
グラフィックGeForce RTX2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390

ガレリアZZはRTX2080Ti搭載なので現状トップクラスの性能を叩き出せるスペックです。性能に妥協したく無い方や将来性という部分に期待する方におすすめです。

配信する上では物理8コア以上が理想的。最新のインテル第9世代CPUのCore i9-9900Kを搭載しているので8コア16スレッドかつ16スレッドで処理させても4.7GHz駆動で動くCore i9-9900Kはゲーム配信用としてもおすすめです。

おすすめピックアップ記事