用途・目的別

ゲーム実況・配信用のおすすめPC

ゲーム実況や配信におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

ゲーム実況・配信のパターンは3つ

  1. PC単体でPCゲームを動かして実況や配信を行う
  2. キャプチャーボードでゲーム機やスマホの画面を取り込んで作成する
  3. 2つのPCで重量級のゲームの実況や配信を行う

通常は2の構成を目指します。さらに環境的に追い込みたい方やパソコンが余っているような場合には3の構成を目指すのがいいでしょう。

キャプチャーボードにパススルー機能が付いた製品が多くなっているのでその場合にはキャプチャーボードをモニターに繋ぐので配信PCと合わせてモニターは合計で2台必要になります。

高性能なゲーミングPCのメリット

  1. 実況動画作成には編集ソフトを快適に動作させる必要性がありますが、高性能なゲーミングPCなら快適に動作する
  2. 配信の場合にはCPUの性能が高いと有利に働くので高性能なゲーミングPCなら快適に動作する

などの理由があげられます。

ゲーム実況動画を作るのに必要なスペックは?

録画するにしろ生放送の用途にしろ、パソコンにはある程度の余力があると快適な作業が出来ます。

動画編集で気を付けるのはCPUとメモリとグラボとストレージです。

  1. CPUはエンコードや配信で重要になるのでCore i7 / Ryzen 7以上推奨。
  2. メモリは16GB以上推奨(おすすめは32GB以上)
  3. グラボはGTX1660 SUPER以上(おすすめはRTX2070 SUPER以上)
  4. ストレージはSSD 500GB以上の構成が無難です。

高性能PCが必要な理由とは?

理由としてはゲームを快適に動かす必要がある為です。ゲームタイトルによっては低スペックでも快適に動作し、ゲーム実況を作成する事も可能です。

例えばマインクラフトの実況動画を作成するとして、バニラ(MODや影MODを導入していない状態)での実況プレイ動画を作成するだけなら高性能なゲーミングPCは要求されません。

しかし、影MODを使用して実況動画を作成しようとするとスペック要求が激しくなるのでPCゲームを動かし、更に裏で録画ソフトを動かす事になるので高性能なゲーミングPCが必要になるという事になります。

重量級のゲームでも高性能なゲーミングPCであれば対応可能になるメリットがあります。

実況する為に必要な機材

マイクとキャプチャーボードと動画編集ソフトとパソコンがあればゲーム実況動画を作成する事が可能です。

動画編集ソフトについては割愛しますが、キャプチャーボードはパソコン本体に組み込むので初心者の人からするととっつきにくいイメージがあるかもしれません。

キャプチャーボードとは?

主にPS3、PS4、Xbox360、Xbox oneなどの据え置き型の家庭用ゲーム機を録画するのに必要な機材になります。

4K/60FPS、フルHD/240FPSに対応したキャプチャーボードですが、こちらはPCIエクスプレス×4です。

×4の場合にはマザーボードの中に物理的に入らないというパターンも考えられるので購入時には注意する必要があります。

キャプチャーボードの中には×1もあります。その場合には問題ないでしょう。

よくわからないという方はUSB接続の商品を使おう。

基本的には仕様・詳細に書かれている「PCIエクスプレス」の項目に記載があります。この場合には「PCIエクスプレス×16」が2つありますが、上段はグラフィックカードのスロットです。

下段スロットはPCIエクスプレス×4動作になります。ここにキャプチャーカードを挿入するという事になります。

これに対応していないとPCIエクスプレス×4が挿入出来ないという事になってしまうのですね。

実況プレイ動画を作成する流れ

実際にマインクラフトの実況動画を作成する流れをみていきます。

  1. マインクラフトが快適に動かせるゲーミングPCを用意する(マインクラフトで影MODを扱うのかどうか)
  2. 周辺機器を用意する(マイク、ヘッドセット、配信ソフト、録画ソフト、編集ソフト)
  3. ゲームをプレイしながら録画、配信する
  4. 録画なら後に編集する

簡単な流れは以上になります。1番の影MODを扱うかどうかで要求スペックは変わってくるのでゲーミングPCの選択も変わってきます。

マインクラフトのスペック等に関してはマインクラフトPC版の推奨スペック&MODを入れても快適な推奨スペックで解説しているので参考にして下さい。

2番の周辺機器はマインクラフトの場合はPCのソフトを持っている場合はキャプチャーボードは必要無いです。

家庭用ゲーム機版のマインクラフトの実況を配信、録画したい場合はキャプチャーボードが必要になります。

後は録画なり配信を実際にして、録画なら後に編集するという流れになります。

ゲームタイトル別推奨スペック早見表 このページでは、ゲーミングPCを購入する時に自分がプレイしたいタイトルのスペックを満たしているかどうか気になる方の為に早見表を作成し...

PCゲームでは推奨スペックがストアページ、もしくは公式サイトや公式ブログの方で公開されています。そちらの情報を元に作成したスペック早見表もありますので、こちらもご確認頂けると最新ゲームのスペックが分かると思います。

実況・配信を予定の方はこちらのスペックよりもワンランク上の環境を用意すると快適に実況や配信の作業を行う事が可能です。

おすすめのゲーム実況・配信PC

ゲーム実況や配信で重要なのはPCゲームが快適に動作する事、そしてその上で録画ソフトや配信ソフトを動作させる事です。

GeForce RTX 2070 SUPERのベンチマーク GeForce RTX 2070 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

RTX2070 SUPERはフルHDゲームであれば大抵のタイトルで動作が見込めるのでおすすめなグラフィックボードです。

ガレリア XA7C-R70S
CPUCore i7-10700
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

G-Tune HN-Z-AF
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

【2020年】20万以下のおすすめゲーミングPC20万円以下のゲーミングPCのおすすめを紹介します。ゲーミングPCとしては本格的にゲームが快適に行えるのが20万円という価格帯になります。...
【2020年】25万以下で選ぶおすすめのゲーミングPC このページでは20万円~25万円の間の価格帯の商品の中で、特におすすめする商品を紹介していきます。 グラッフィクボードの性能比較 ...

本格的なゲーム実況環境のおすすめパソコン

毎日ゲーム実況をプレイしている方や更に本格的な環境を用意したい方におすすめなゲーミングPCをご紹介します。

G-Tuneのフラッグシップモデル

G-Tune HP-Z
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080Ti(11GB)※
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
マザーボードZ490

レビューはこちら公式サイトはこちら

マウスコンピューターのフラッグシップモデルがMASTERPIECEです。グラフィックボードのカスタマイズに対応しRTX2070 SUPERからRTX2080Tiも選択可能です。

G-TuneのゲーミングPCは冷却がしっかりしているのサーマルスロットリング(性能低下)に関しては出ないです。冷却に強いゲーミングPCを探している方におすすめです。

G-TuneのMASTERPEACEはガラスパネルにカスタマイズすると利便性もアップ G-Tuneから販売されているMASTERPIECEですが、執筆時だとPCケースのカスタマイズで【G-Tune】MASTERPIEC...

高い処理能力を持ったガレリアのハイエンドゲーミングPC!

ガレリア ZA9C-R80T
CPURyzen 9 3900X
グラフィックRTX2080Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB Gen4 NVMe SSD
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

最新のインテル第10世代CPUのCore i9を搭載したハイエンドゲーミングPCです。12コア24スレッドで動作します。マルチスレッド性能が向上しているので実況や配信といった重い作業でも快適に使えるゲーミングPCです。

【2020年】30万以下で選ぶおすすめのゲーミングPC 30万円以下はハイエンドゲーミングPCが十分選択肢に入る価格帯です。 ハイエンドのゲーミングPCの場合には『4K』やNVIDIAの...
【2020年】30万以上のおすすめゲーミングPC 30万円以上になると単純にゲームだけでは無く本格的なクリエイティブ用途で使う方等におすすめのモデルが選択肢に入ります。 グラッフィ...

クリエイター向けおすすめPC

ゲーミングではなく、クリエイター向けに特化したブランドがあります。構成としてはゲーミングPCと似ていますが、ゲーミングPCの場合にはグラフィックボードの方が比重として大きくなります。その方がゲームでは快適性が高いです。

しかし、クリエイター向けの場合にはCPU性能とメモリの容量が多いモデルが多いでしょう。その方がクリエイティブな作業では快適になります。ゲーミングPCでも同様のカスタマイズをすればOKですが、クリエイター向けモデルというのも選択肢に加えてみましょう。

DAIV

マウスコンピューターのクリエイターパソコンブランドが「DAIV」です。動画編集/映像制作向けのモデルがあります。

DAIVのデスクトップPCは持ち上げやすいハンドル、スタジオ内の移動も想定したキャスター、そしてホコリ対策がしっかりと取られているのが特徴的です。

ノートPCの販売もあります。クリエイターに最適なパソコンブランドが「DAIV」です。

DAIV公式サイトはこちら

raytrek

ドスパラのクリエイターパソコンブランドが「raytrek」です。動画編集用や配信用のPCもあるので最適なパソコンを選択する事が出来ます。コストパフォーマンスが良い点と配送が速いのがraytrekの大きな魅力です。

raytrek公式サイトはこちら

ゲーム実況関連の記事

ゲーム実況用のおすすめノートPC ノートPCでゲーム実況をしたい方用のおすすめのゲーミングノートPCについて書いています。 ノートPCでゲーム実況は出来るの? ノ...
GALLERIAのもとに集まった仲間『GALLERIA SQUAD』について ゲームが好き、eスポーツを愛し、同じ志を抱き、GALLERIAの元に集まった仲間たちで、ガレリアを相棒としている表現者が『GALLE...
おすすめピックアップ記事