用途・目的別

ゲーム実況用のおすすめノートPC

ゲーム実況用のおすすめノートPC

ノートPCでゲーム実況をしたい方用のおすすめのゲーミングノートPCについて書いています。

ノートPCでゲーム実況は出来るの?

ノートパソコンでゲーム実況をしてみたいという人も多いかもしれません。

マイクとキャプチャーボードと動画編集ソフトとパソコンがあればゲーム実況は出来ます。

※PCゲームの場合はキャプチャーボードが必要ありません。

どのくらいの性能が必要なの?

どのくらいの性能が必要?

実際にプレイする際にカクツキがなくスムーズにゲームの録画を行え、編集ソフトで快適に動画編集出来るパソコンが必要になります。

PCゲームでの実況・配信ではPCゲームを快適に動作させられる性能は必要になるでしょう。そうなるとハイエンド機種が適しています。

家庭用ゲーム機のゲームをキャプチャーして録画した動画を編集する用途だとミドルクラスが適しています。

ゲーム中にカクついてしまう

カクツキに関してはゲームの場合はグラフィックボード(GPU)の性能が足りない場合とCPUの性能が足りていない、メモリの容量が足りていない、ストレージがSSDでは無い場合がほとんどでしょう。

スムーズに録画出来ない

スムーズに録画出来ないという場合は動画ソフトが重い場合もあります。

動画ソフトにパソコンの性能が追いついていない場合がありますが、軽い編集ソフトを使用すればなんとかなる場合もあります。

有料のソフトの方が簡単ですが、スペックは必要になります。

商用としてやる場合にはAbobe Premiere Proがおすすめです。

有料ソフトを使用してもっと高度な編集や人と違う実況動画を作りたい場合は検討する余地があります。

ノートPCの熱の問題

ノートPCよりデスクトップPCの方が冷却性能に関しては圧倒的に有利です。

ゲーム実況をしようする場合にはゲームをして、録画ソフトを立ち上げて、それを動画編集ソフトで編集するというパソコンの使い方の中でも一番性能が必要な部類に入る作業をする事になります。

その為普通の作業に比べて圧倒的に高温度になってしまいます。

ノートPCの冷却

パソコンの製品はある程度の温度までは耐えられるように設計されてはいますが、常時高温で作業していると当然製品寿命は短くなります。ノートパソコン用の冷却装置がよく売られていますね。それを活用しましょう。

ノートPCの電源の問題

デスクトップ型と比べてスペック以外にも電源の問題もあります。

特にゲーミングノートPCの場合は高負荷な作業ができる高い性能を有しているので、高負荷な作業を行うとバッテリーの消耗が激しいです。

通常の作業なら仕様に記載されている動作時間程度は持ちますが、非常に高い負荷がかかるゲームをプレイすると2時間も持たないなんて事もあります。

ハイスペックであればあるほどバッテリーの消費も激しくなるからです。基本的にはゲーミングノートPCはACアダプタで使うものと考えていた方がいいです。

デスクトップPCの方がいいの?

実況するのはデスクかノートか

デメリットばかりあげましたが、どちらかしか選択出来ない状況であれば安易に決めてしまうのはやめた方がいいと思います。

学生の方で家にいる時間が短い人、頻繁に引っ越しする人や、ホテル暮らしの方、海外出張の多い方など様々な人がいるのでそういう方にとっては家に帰らないと使えないデスクトップPCは利用頻度が下がると思いますのでノートPCが最適な選択になるでしょう。

デスクトップPCを所有している方でもサブPCとしてゲーミングノートPCを購入する方も多いとも聞きます。

例えば1週間程度家を空ける予定が入っていて、出先で編集作業を行いたい時にハイスペックなノートPCがあると対応できるので非常に便利です。

デスクトップPCをメイン環境としつつ、サブとしてノートPCがあると様々なシチュエーションに対応できるので個人的にもゲーミングPCとゲーミングノートPCは両方使用しています。

おすすめのゲーム実況用スペック

CPUcore i7 / Ryzen 7以上
GPUGTX 1660Ti以上
メモリ16G以上
SSD500GB以上

性能を踏まえるとこのくらいのスペックは最低限欲しいと思います。あくまで目安です。最新ゲームの場合にはストレージの容量が500B以上は最低限無いとゲームをプレイする上で支障が出てくると思います。メモリも32GB以上あると安心です。

ストレージに関しては外付けのSSDの活用もおすすめです。

GTX1660Tiの性能はかなり高いので、ゲームで実況動画を作る事も可能なスペックです。

どの程度の画質でプレイするのか、どの程度のクオリティの実況動画で作成するのか、どの程度の頻度で作成するのかが判断基準になります。

ハイエンドに適している用途

FPSならノートPCよりデスクトップPCの方が適していますが、性能の高いモデルであればできるでしょう。その辺りはタイトル次第です。

FPS・TPSにおすすめのゲーミングPC

重い競技性の高いゲームもありますが、中程度のゲームのFPSの実況・配信ならノートPCでも可能でしょう。

最新ゲームの重量級ゲームの実況・配信となるとハイエンドがおすすめです。

また、頻度という点も重要です。毎日動画をアップしている方はハイエンド製品がおすすめです。

ミドルクラスに適している用途

今のゲーミングノートPCはかなりハイスペックです。数年前にデスクトップPCでゲーム実況をやっていた方よりも今のゲーミングノートPCの方が高スペックという場合もあります。

家庭用のゲーム機で録画実況を考えている方はゲームを動かすのは家庭用ゲーム機になるのでそこまで高い性能でなくても大丈夫です。

外付けのキャプチャーボードでも性能の良い商品が出ているのでそれらと組み合わせる事でPCゲーム以外の家庭用のゲーム機も実況可能です。

おすすめゲーム実況用のノートPC

ガレリア XL7C-R36

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36CPUCore i7-10875H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(144Hz)
動作時間約 5.8時間
重量約 2.0kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

「ガレリア XL7C-R36」は最新グラフィックス「GeForce RTX 3060」搭載。最新ゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスペックです。コスパも抜群のノートPCです。

G-Tune E5-165

G-Tune E5-165
G-Tune E5-165CPUCore i7-10870H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 WQHD
(165Hz)
動作時間約 7.5時間
重量約 1.73kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune E5-165は高速リフレッシュレート165Hz対応モデル。解像度がWQHD(2560×1440)なのが特徴です。本体重量がこの性能だと最軽量クラスなので、持ち運びにも適しています。

G-Tune H5

G-Tune H5
g-tune-h5CPUCore i7-10870H
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(240Hz)
動作時間約 11.5時間
重量約 2.23kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune H5は第10世代インテル Core i7-10870H プロセッサーを搭載し、グラフィックボードにはGeForce RTX3070が搭載しているので最新ゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスペックです。

また、高速リフレッシュレート240Hzで圧倒的滑らかな映像体験を楽しめます。全キー同時押し対応のメカニカルキーボードが搭載し、視認性を高めるLEDバックライトも搭載。

LEVEL-15FR105-i7-TAZX-CR

LEVEL-15FR105-i7-TAZX-CR
LEVEL-15FR105-i7-TAZX-CRCPUCore i7-10870H
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(144Hz)
動作時間約 6.3時間
重量約 2.02kg

公式サイトはこちら

パソコン工房のRTX3070搭載の高スペックノートPCです。32GBメモリを搭載し、大容量1TBの高速NVMe SSDを搭載。重量級ゲーム、動画編集、ストリーミング配信にも適した高性能モデルです。

ゲーム実況・配信用のおすすめゲーミングPC ゲーム実況や配信におすすめのゲーミングPCをご紹介します。 ゲーム実況・配信のパターンは3つ PC単体でPCゲームを動...
おすすめピックアップ記事