タイプ別に選ぶゲーミングPC

ゲーム実況用のおすすめノートPC

Alienware

ノートPCでゲーム実況は出来るの?

ノートパソコンでゲーム実況をしてみたいという人も多いかと思います。 ゲーム実況のおすすめゲームPC でも書きましたが、マイクとキャプチャーボードと動画編集ソフトとパソコンがあれば実況は出来ます。 ※PCゲームの場合はキャプチャーボードが必要ありません。 なのでノートパソコンでゲーム実況は可能です。

どのくらいの性能が必要なの?

実際にプレイする時にカクツキがなくスムーズにゲームを録画出来て、編集ソフトで快適に動画編集出来るパソコンはデスクトップPCに比べてノートPCの方が割高になります。 さらに排熱の問題もあります。とてもじゃないけど実用に耐えられない製品もあります。 一つずつ見て行きましょう。

ゲーム中にカクついてしまう

カクツキに関してはゲームの場合はグラフィックボード(GPU)の性能が足りない場合とCPUの性能が足りていない場合がほとんどだと思います。 ただデスクトップPCと違って、性能が足りていないからと言ってそこの部分だけを換装してグレードアップするという事はノートPCの場合は基本的に出来ません。 なので新しく買い替える必要があります。

スムーズに録画出来ない

スムーズに録画出来ないという場合は動画ソフトが重い場合もありますし、動画ソフトにパソコンの性能が追いついていな場合がありますが、軽い編集ソフトを使用すればなんとかなる場合もあります。

無料で軽い『AviUtl』などの録画編集ソフトを活用する事などで乗り切る事が出来ます。 有料のソフトの方が簡単ですが、スペックは必要になります。有料ソフトを使用してもっと高度な編集や人と違う実況動画を作りたい場合は検討する余地があります。

ノートPCの排熱の問題

ノートPCよりデスクトップPCの方が排熱に関しては圧倒的に有利です。ゲーム実況をしようする場合にはゲームをして、録画ソフトを立ち上げて、それを動画編集ソフトで編集するというパソコンの使い方の中でも一番性能が必要な部類に入る作業をする事になります。 その為排熱も普通の作業に比べて圧倒的に多くなります。

管理人のデスクトップPCにはファンが7つ付いています。パソコンに詳しくない方は、小さい扇風機が7つ付いていると想像して下さい。それが常時パソコンのパーツを冷やしているのです。

パソコンの製品はある程度の温度までは耐えられるように設計されてはいますが、常時高温で作業していると当然製品寿命は短くなります。なのでノートパソコン用の冷却装置がよく売られていますね。それを活用するなり、卓上の扇風機をノートPCに当てながら作業するといった工夫が役に立ちます。

ノートPCの電源の問題

デスクトップ型と比べてスペック以外にも電源の問題もあります。特にゲーミングノートの場合はゲームを主にプレイするユーザーが選択するパソコンなのでよりバッテリーの消耗が激しいです。通常時ならそこそこ持ちますが、ゲームをプレイすると1~2時間も持たないなんて事もあります。ハイスペックであればあるほどバッテリの消費も激しくなるからです。なので基本的にはゲーミングノートPCはACアダプタで使うものと考えていた方がいいです。

デスクトップの方がいいの?

デメリットばかりあげましたが、実際デメリットの方が多いのでこればっかりは安易に決めてしまうのはやめておいた方がいいと思いますが、学生の方で家にいる時間が短い人、頻繁に引っ越しする人や、ホテル暮らしの方、海外出張の多い方など様々な人がいるのでそういう人にとっては家に帰らないと使えないデスクトップPCはただのデカイ箱になりかねないのでノートPCを選ぶ意義はあるかと思います。

おすすめゲーム実況用のノートPC

CPUcore i7以上
GPUGTX 1060以上
メモリ16G以上
SSD250GB以上
HDD1TB以上

性能を踏まえるとこのくらいのスペックは最低限欲しいと思います。あくまで目安です。SSDの場合はHDDを載せられない場合もあるかと思いますが、250GB以上は最低限無いとゲームをプレイする上で支障が出てくると思います。

デスクトップの母艦を持っているという方は少なくても運用出来ると思いますが、実況をやるなら尚更250GB以上は欲しい所です。明らかに動画を作るのには不足すると思われるので実況動画を実際に保存する場所は外付けのHDD等で対処する工夫は必要になります。

最初からSSDとHDDが搭載されているゲーミングノートPCがあればOKです。

GTX1060の性能はかなり高いのでゲームで実況動画を作る事も可能なスペックです。後はどの程度の画質でプレイするのかどの程度のクオリティの実況動画を作成するのかが判断基準になります。

GTX1060以上のグラボを搭載したゲーミングノートPCも当然販売されていますが、その場合は排熱などの関係で作業が厳しいと感じる方も出てくる可能性もあります。なのでGTX1060辺りが総合的に考えると一番おすすめです。

今のゲーミングノートPCはかなりハイスペックです。数年前にデスクトップPCでゲーム実況をやっていた方よりも今のゲーミングノートPCの方がスペックが高いという場合もあります。なのでこれだけのスペックがあれば実況で困るという事は考えづらいです。

後は動画編集ソフトに何を使うのかという部分でも分かれると思います。Adobe系の編集ソフトを使うならマシンパワーも必要だと思いますが、無料の編集ソフトなら軽いのでゲーミングノートPCでも十分に対応可能だと思います。

外付けのキャプチャーボードでも性能の良い商品が出ているのでそれらと組み合わせる事でPCゲーム以外の家庭用のゲーム機も実況可能です。

後はどんなゲームタイトルを実況するのかによって全然違ってきます。FPSならノートPCなら厳しいと思います。素直にデスクトップPCを推奨します。

マイクラの影MODなら影MODの種類にもよりますがGTX1060ならギリギリOKだと思います。PS4などの家庭用のゲーム機を考えている方は処理をするのはノートPCではなくPS4になるので大丈夫です。

NEXTGEAR-NOTEシリーズ(G-tune)ドスパラ ガレリア
SnapCrab_NoName_2015-11-25_0-4-24_No-00

実売価格:約149,800円~
公式:
詳細・価格はコチラicon G-tuneのノートPCは多数のメディアで評価されているので品質は折り紙付きです。ラインナップも豊富で色んなサイズを選べてグラフィックボードも性能に応じて選ぶ事が可能です。

qsk970hes_410

実売価格:約129,980円~
公式:
詳細・価格はコチラ ガレリアのゲーミングノートPCも非常に人気です。とにかくドスパラは最新世代のパーツをすぐに搭載しているので最新パーツを狙いたい方におすすめです。