用途・目的別

4K解像度におすすめのゲーミングPC

4K解像度におすすめのゲーミングPC

4K解像度は、4K画質の美しいグラフィックスの高解像度でゲーム体験が出来るのが特徴的です。ゲームに「美麗グラフィックス」を求める方は、4K解像度がおすすめです。

PCゲームを4K解像度で遊ぶ際の注意点や、「4K解像度でゲームを遊ぶ為にはどの程度の性能が必要になってくるのか」という点が気になる方も多いと思いますので、そちらの解説もしています。

高精細な4K画質の美しいグラフィックスと、動きのなめらかな60fpsが期待出来るゲーミングPCをご紹介します。

4K解像度とは

4K解像度とは
  • HD画質:1280×720px
  • FHD画質:1920×1080px
  • WQHD画質:2560×1440px(HDの4倍の画質)
  • 4K画質:3840×2160px(フルHDの4倍の画質)

4K解像度は、一般的な解像度の「フルHD画質の4倍に当たる画面解像度」です。

4K解像度は、非常に高精細な画質という特徴があります。

4KとフルHDの画質比較

4KとフルHDの画質比較

Forza Horizon 5

解像度が高いとより高精細な表現になります。

オープンワールドゲームやレースゲーム、ファイナルファンタジーなどのキャラクターをより高精細な表現で楽しみたいという方には4K解像度は特におすすめです。

4K解像度における注意点は?

4K解像度の注意点はシンプルにスペックが必要という点です。

これだけの画質でゲームを描画するには要求されるスペックが跳ね上がります。

パソコンでゲームをプレイした事がある人なら、スペックが足りない時は「解像度を落とす」という行為をした事があると思いますが、4Kではその真逆なので当然スペックが必要という事が分かるかと思います。

4K解像度でゲームを遊ぶ為にはどの程度の性能が必要になってくるのかという点については、フレームレートを計測しているので、以下の記事も参考にしてみて下さい。

4Kで重要なビデオメモリについて

4K解像度では、性能の他にビデオメモリも重要になる場合があります。

ビデオメモリは、グラフィックスボードにそれぞれ搭載されているグラフィックスボード専用のメモリの事です。

高解像度になるとビデオメモリの消費量も増えてくる場合があるので、4K解像度でゲームをプレイするには容量が多いモデルがおすすめです。

4K解像度なら10GBが推奨される事が多いです。4K解像度の推奨スペックとして動作要件に指定される事が多いRTX3080のビデオメモリの容量が10GBです。

重量級ゲームのビデオメモリ

実際のゲームにおけるビデオメモリについて見てみましょう。

FF15の4Kではビデオメモリの容量が「RTX 2080 Ti」では9.3GB程度になっており、「RTX 2080 SUPER」の場合には8GBになっています。

「RTX 2080 Ti」のビデオメモリは11GBで、「RTX 2080 SUPER」のビデオメモリは8GBです。

RAM(メモリ)の数字を見て頂けると、「RTX 2080 Ti」が8.8GBで「RTX 2080  SUPER」が10.6GBになっているのが確認出来ます。

つまり「RTX 2080  SUPER」だと、ビデオメモリが8GBなのでメモリに上乗せされているという事になります。

メモリは遅いのでGPUの待ち時間が増えて場合によっては重くなります。なので、読み込む際にカクつきや重さを感じる場面が出てくる可能性があります。

 モンハンワールドに高解像度テクスチャが無料で登場したので画質比較してみた

グラフィックスボードのメモリ

製品仕様に「ビデオメモリやVRAM」と書かれているので、確認する事が可能です。

DLSS活用でfpsを稼げる

NVIDIA DLSSに対応したタイトルなら画質も良くフレームレートを稼ぐ事が可能です。

画像画質FPS
4K:最高設定4K:最高設定77 fps
4K:最高設定&DLSSパフォーマンス4K:最高設定&DLSSパフォーマンス122 fps
4K:中設定&DLSSパフォーマンス4K:中設定&DLSSパフォーマンス211 fps

タイトル:フォートナイト。Core i7-12700K&RTX 3080 Ti

DLSSを有効にすると高フレームレートが出せます。4K/144Hzなどのゲーミングモニターを導入しようと考えている方はRTXグラフィックスがおすすめです。

NVIDIA DLSSはRTXグラフィックス専用の技術なので、RTXグラフィック搭載のゲーミングPCの導入がおすすめです。

 ゲーミングPCのグラフィックスボードの選び方

4K解像度の推奨スペック一覧

タイトルCPUグラフィック
ウォッチドッグスレギオンCore i7-9700KRTX 3080
+レイトレCore i7-9900KRTX 3080
Ghostwire: TokyoCore i7-8700RTX 3070
+レイトレCore i7-8700RTX 3080
サイバーパンク2077Core i7-6700RTX 3070
+レイトレCore i7-6700RTX 3080
スパイダーマン リマスターCore i5-11400RTX 3070
+レイトレCore i7-12700KRTX 3080
セインツロウCore i5-12600RTX 3080 Ti
ダイイングライト2Core i5-8600KRTX 3080
ディビジョン2Core i9-7900XRTX 2080 Ti
ファークライ6Core i7-10700KRTX 3080
FF15Core i7-7700GTX 1080 Ti
メトロ エクソダス(ENHANCED)8コアCPURTX 3090
モンスターハンターライズ:サンブレイクCore i7-7700RTX 3070

CPUは8コア以上が推奨です。タイトルによっては高性能なCPUが必要になる場合もあります。

グラフィックスはRTX 3080以上があると多くの4K解像度の推奨スペックが満たせます。

4K解像度におすすめのゲーミングPC

4K解像度におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

GALLERIA XA7C-R37

GALLERIA XA7C-R37
ガレリア XA7C-R37CPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XA7C-R37」は、高性能グラフィックスの「GeForce RTX 3070」を搭載。

タイトルによっては4K解像度でも動作するので、コスパ良く4K解像度でゲームを楽しみたい方におすすめです。

G-Tune PP-Z-3070Ti-FGPC

G-Tune PP-Z-3070Ti-FGPC
CPUCore i7-12700KF
グラフィックRTX 3070 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
1TB HDD
ケースフルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新のインテル第12世代プロセッサー「Core i7-12700K」搭載の性能重視モデルです。冷却能力の高い水冷CPUクーラーも搭載。

RTX 3070 Tiを搭載しているので、4K解像度でゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

GALLERIA XA7C-R38

GALLERIA XA7C-R38
GALLERIAミドルタワーCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA XA7C-R38」は、ハイエンドグラフィックス「GeForce RTX 3080」を搭載したハイエンドモデルです。

「RTX 3080」搭載でパフォーマンスが極めて高いのでおすすめです。最新の重量級ゲームも4K解像度や高画質設定で楽しめます。

G-Tune XP-Z

G-Tune XP-Z
G-TuneフルタワーCPUCore i9-12900K
グラフィックRTX 3090(24GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
4TB HDD
ケースフルタワー

公式サイトはこちら

「G-Tune XP-Z」は、マウスコンピューターのフラッグシップモデルのフルタワー型です。

RTX 3090搭載で4K解像度やタイトルによっては8K解像度でゲームをプレイしたい方におすすめのモデルです。

おすすめピックアップ記事