タイプ別に選ぶゲーミングPC

4KゲーミングPCの選び方

SnapCrab_NoName_2016-8-18_19-43-44_No-00_R

4Kゲーミングは今までのゲームのプレイよりより高精細な画面でプレイする事が出来るので、ゲーム体験そのものが体感でアップする事が可能です。今までのゲームの正当進化という形です。VRの分野も発展していますが、従来のゲーム体験をよりスペックをアップした形なので今までのゲーム体験の延長線上でプレイ出来ます。

4KモニターはPCゲーマーなら導入すべき?メリット・デメリット

4Kモニターについても解説しているので合わせて参考にしてみて下さい。

4K解像度とは

4Kは現在の一般的な解像度のフルHD画質の4倍に当たる画面解像度です。つまりフルHDのモニターを4枚並べた画質という事になります。それがギュッと凝縮されて同じインチのモニターに映るので非常に高精細な画面で見る事が可能になります。

Resolucions_4k

HD画質:1280×720px

FHD画質:1920×1080px

WQHD画質:2560×1440px

4K画質:3840×2160px(フルHDの4倍の画質)

4KのゲーミングPCにおける難点は?

これだけの画質でゲームを描画するにはスペックも当然跳ね上がります。

パソコンでゲームをプレイした事がある人ならスペックが足りない時は解像度を落とすという行為をした事があるかと思いますが、4Kではその真逆なので当然スペックが必要という事が分かるかと思います。

更にモニターも4K画質に対応したモニターを用意する必要があります。ですが、最近では価格も前に比べると下がっているので入手の難易度は格段に下がっている印象です。

ゴーストリコンワイルドランズの4K

GTX1080Tiでも4Kだと60FPSには最高設定だと届きませんが、多少設定を調整してあげるとGTX1080Tiでも快適にプレイ可能なのでとりあえず無難で行くのなら現状だとGTX1080Tiが一般的な方には最もベターな選択肢だと言えます。ゴーストリコンワイルドランズは2017年3月に出たゲームなのでGTA5など少し前のゲームならもっと軽いので更に快適に動作します。

2018年3月に発売されたファークライ5よりもGhost Recon Wildlandsの方がベンチマーク結果で重いです。

おすすめの4KゲーミングPC

コスパの高い限定コラボモデル

MASTERPIECE i1630GA1-DL-FG(はじめてゲームPC限定)
 OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-8700K
CPUクーラー水冷CPUクーラー
メモリ16GB
グラフィックス水冷GPUクーラー搭載】GeForce GTX 1080Ti(11GB)
SSD480GB
HDD3TB
電源700W
マザーボードZ370
カスタムMASTERPIECE専用 ガラスサイドパネル

冷却性能にこだわっているモデルなのでド安定なゲーミングPCになります。コラボモデルなので価格も安くなっているのでおすすめです。

前世代のGTX10シリーズのトップのGTX1080Tiを搭載しているので設定を調整してもOKであれば重量級でもプレイ可能になります!

NEXTGEAR i690PA2-SP2
OSWindows10
CPUCore i9-9900K
グラフィックGeForce RTX 2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 256GB HDD 3TB
マザーボードZ390
電源800W

シングルGPU最強スペックのRTX2080Tiを搭載しつつNEXTGEAR(ミドルタワー型)を採用しているので価格も抑えられた4Kゲーミング用のパソコンになります。

シングルGPUとしては最高峰に位置しているので4Kでゲームをプレイしたいと考えている方は現状RTX2080Tiがベストな選択になります。

ドスパラで4KゲーミングをしたいならガレリアZZ

ガレリア ZZ i9-9900K
OSWindows10
CPUCore i9-9900K
グラフィックNVIDIA GeForce RTX2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390
電源800W

ドスパラのZシリーズの最上級に位置しているモデルになります。Core i9-9900Kを採用しRTX2080Tiを搭載しているので現状最高級レベルのゲーミングPCになります。