用途・目的別

4K用のおすすめゲーミングPC

4Kゲーミングは今までのゲームのプレイよりより高精細な画面でプレイする事が出来るので、ゲーム体験そのものが体感でアップする事が可能です。

今までのゲームの正当進化という形です。VRの分野も発展していますが、従来のゲーム体験をよりスペックをアップした形なので今までのゲーム体験の延長線上でプレイ出来ます。

4KモニターはPCゲーマーなら導入すべき?メリット・デメリット

4Kモニターについても解説しているので合わせて参考にしてみて下さい。

4K解像度とは

4Kは現在の一般的な解像度のフルHD画質の4倍に当たる画面解像度です。つまりフルHDのモニターを4枚並べた画質という事になります。

それがギュッと凝縮されて同じインチのモニターに映るので非常に高精細な画面で見る事が可能になります。

4K大画面プレイだと迫力の増した映像体験になります。

HD画質:1280×720px

FHD画質:1920×1080px

WQHD画質:2560×1440px

4K画質:3840×2160px(フルHDの4倍の画質)

4KのゲーミングPCにおける難点は?

これだけの画質でゲームを描画するにはスペックも当然跳ね上がります。

パソコンでゲームをプレイした事がある人ならスペックが足りない時は解像度を落とすという行為をした事があるかと思いますが、4Kではその真逆なので当然スペックが必要という事が分かるかと思います。

4KゲーミングならRTX2080 / RTX2080 SUPER / RTX2080Tiが現実的

4KゲーミングならRTX2080Tiがベストチョイス!重量級で多少設定を妥協してもOKならRTX2080が現実的な選択肢。

GeForce RTX 2080のベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2080のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...

ベンチマークを取得しているので参考にしてみて下さい。DLSSが使えるタイトルであればRTX2080 / RTX2080 SUPERでも60fps出てくれる場合もあるでしょう。

GeForce RTX 2080Tiのベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce RTX 2080Tiのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。...

RTX2080Tiのベンチマークについてはこちらでまとめているのでチェックしてみて下さい。

4Kで重要なビデオメモリについて

グラフィックカードにはビデオメモリというのが搭載されています。高解像度になるとビデオメモリの消費量も増えてくる場合があるので容量が多いのが望ましいです。

製品仕様に書かれているので確認する事が可能です。

実際のゲームを見てみましょう。場所によっても変動があるのですがFF15のレスタルムの場合には4K最高設定+NVIDIAの設定をすべてONにした場合にはビデオメモリの容量がRTX2080Tiでは9.3GB程度になっており、RTX2080 SUPERの場合には8GBになっています。

RAM(メインメモリ)の数字を見て頂けるとRTX2080Tiが8.8GBでRTX2080 SUPERが10.6GBになっているのでメインメモリーに上乗せされているという事になります。

メインメモリーは遅いのでGPUの待ち時間が増えて場合によっては重くなります。なので読み込む際にカクつきや重さを感じる場面があります。

モンハンワールドに高解像度テクスチャが無料で登場したので画質比較してみた 2019年4月4日にモンハンワールドにて無料DLCとして『High Resolution Texture Pack(高解像度テクスチ...

4Kをやる場合にはVRAMの容量が8GBを超えてくるタイトルもあるので画質設定を上げて4Kで快適にとなるとRTX2080Tiがおすすめになります。

4Kの標準設定に落とすと6.7GB程度になっており、RTX2080 SUPERでも4Kで快適に使えるという事になります。

管理人はRTX2080Tiで4Kゲームをしていますが、よりフレームレートを出したいのでそれでも設定は多少下げます。

RTX2080(SUPER)も美麗な4Kのゲームが楽しめる利点もありますし、RTX2080Tiだと余裕のある4Kゲーミングを楽しめるので”安心という意味ではVRAM 11GBのRTX2080Ti”、”設定調整をしながら4Kをプレイする場合には価格を下げる事が出来るのでRTX2080 / RTX2080 SUPER”もおすすめになります。

RTX2080TiとRTX2080の比較

タイトルRTX2080TiRTX2080
モンハンワールド4634
ゴーストリコンワイルドランズ4736
アサシンクリードオデッセイ5240
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー5541
コナンエグザイル5739
STEEP6448
Far Cry 56655
ウィッチャー36849
シャドウ・オブ・ウォー7655
フォーオナー8062
Forza Horizon 48971

比較は実機レビュー等でのベンチマークを比較しています。解像度は4Kで最高設定でのフレームレートの比較になります。平均的に10~20FPS程度稼ぐ事が可能なので4K常用を考えている方はRTX2080Ti一択になります。

今ですとモンハンワールド、シャドウ オブ ザ トゥームレイダーに関してはDLSSが適用出来るのでRTX2080Tiですと60fps確保できます。

4Kでゲームをプレイした感想は『凄すぎる』の一言。4Kに関わらずトリプルモニターでレーシングゲームをプレイしたり、WQHDで最新重量級ゲームを144Hzで動かしたり、ウルトラワイドモニターで臨場感のあるゲーム体験をしたりとスペックが高い事で様々な選択肢が広がる点は見逃せません。

4K用のおすすめPC

G-Tuneの4KゲーミングPC

G-Tune HP-Z
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080Ti(11GB)※
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
マザーZ490

レビューはこちら公式サイトはこちら

マウスコンピューターのフラッグシップモデルがMASTERPIECEです。グラフィックボードのカスタマイズに対応しRTX2070 SUPERからRTX2080Tiも選択可能です。

Core i9-10900Kは10コアを搭載した高い動作クロックでゲーミングに最適なCPUで、RTX2080TiはRTコアとTensorコアが搭載したRTX20シリーズの中でトップの性能を誇るハイエンドグラフィックカードです。

G-TuneのMASTERPEACEはガラスパネルにカスタマイズすると利便性もアップ G-Tuneから販売されているMASTERPIECEですが、執筆時だとPCケースのカスタマイズで【G-Tune】MASTERPIEC...

ドスパラの4KゲーミングPC

ガレリアのハイエンドゲーミングPC

ガレリア ZA9C-R80T
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

最新のインテル第10世代CPUのCore i9-10900K搭載したハイエンドゲーミングPCです。

ガレリアの新筐体SKケースはLEDで光り ゲーマーの「相棒-sidekick-」を目指す 『BREAK THE NOMAL』をコンセプトにガレリアが新ケースにリニューアル。GALLERIA新筐体&新プロジェクト記者発表会で...

パソコン工房の4KゲーミングPC

LEVEL-R040-LCi9K-XYVI-IeC
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe対応 HDD 2TB
マザーボードZ490

公式サイトはこちら

Core i9-10900K搭載でRTX2080Ti搭載なので高いゲーミングパフォーマンスを持ち、高いCPU性能を持つハイエンドパソコンです。

ツクモの4KゲーミングPC

LEVEL-R040-LCi9K-XYVI-IeC
CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe対応 HDD 2TB
マザーボードZ490

公式サイトはこちら

Core i9-10900K搭載モデル。ツクモさんはグラフィックボードを自由に変更できるのが大きな特徴です。執筆時ではRTX2080Ti搭載モデルに変更可能。

おすすめピックアップ記事