MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

ダイイングライト2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
ダイイングライト2の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

ダイイングライト2 ステイ ヒューマンはパルクールアクションが特徴的なオープンワールドゾンビサバイバルゲームです。

ダイイングライト2 ステイ ヒューマンの必要/推奨スペックとおすすめゲーミングPCの情報についてまとめています。

目次

必要スペックと推奨スペック

スクロールできます
必要動作環境推奨動作環境
解像度1080p 30FPS1080p 60FPS
グラフィック
OSWindows 7Windows 10
CPUCore i3-9100
Ryzen 3 2300X
Core i5-8600K
Ryzen 5 3600X
メモリ8GB16GB
GPUGeForce GTX 1050 Ti
Radeon RX 560 4GB
GeForce RTX 2060
Radeon RX Vega 56 8GB
ストレージ60GB60GB

公式サイトの推奨環境のスペック表です。1080pはフルHD解像度のことです。

CPUに関しては推奨でCore i5-8600K / Ryzen 5 3600X以上、メモリは16GBが指定されています。

そしてグラフィックボードはRTX 2060 / RX Vega 56が指定されています。

レイトレーシングの推奨環境

スクロールできます
レイトレ4K レイトレ
解像度1080p 60FPS4K 60FPS
グラフィック
OSWindows 10Windows 10
CPUCore i5-8600K
Ryzen 7 3700X
Core i5-8600K
Ryzen 7 3700X
メモリ16GB16GB
GPUGeForce RTX 3060 Ti
with DLSS
GeForce RTX 3080
with DLSS
ストレージ60GB60GB

レイトレーシングの推奨スペックと4K解像度のレイトレーシングの推奨環境も公開されています。

レイトレーシングは最先端のリアルなグラフィックスを実現する技術です。

グラフィックスにRTX 3060 Tiが指定されています。4K解像度はRTX 3080がおすすめされています。

参考情報:Steamストアページ | Dying Light 2 Stay Human – Nvidia DLSS ON system requirements

ダイイングライト2のアップスケーラーの画質比較

ダイイングライト2のアップスケーラーの画質比較

画像はクリックで拡大します。画質は高品質レイトレーシングに設定しています。

ダイイングライト2では「アップスケーリングなし」「DLSS」「FSR」「linear」の4つが選択可能です。

更にその中で「クオリティ」「バランス」「パフォーマンス」などの設定が可能です。

今回はそれぞれの設定で画質比較しました。

アップスケーリングなし = DLSS > FSR > linear

DLSSクオリティとアップスケーリングなしを比較すると遜色ないかDLSSクオリティの方が若干上です。画質とパフォーマンスを重視する方はDLSSがおすすめです。

FSRはlinearより高画質ですが、DLSSと比較すると細部の輪郭が潰れています。linearだと全体的にボケたような画質という印象です。

グラボ別FPS

フルHD

フルHD

4K

4K

画像はクリックで拡大します。フルHD解像度と4K解像度の「高品質」と、「高品質レイトレーシング+DLSSパフォーマンス設定」のフレームレートを計測しているのでチェックしてみて下さい。

レイトレーシングを有効にするとパフォーマンス的には重くなるのですが、DLSSやFSRと組み合わせる事で描画負荷を軽減出来ます。

公式の推奨スペックにある通りDLSSやFSRと組み合わせてレイトレーシングを楽しむのがおすすめです。

構成はWindows 11、Core i9-12900K、メモリ32GB、ストレージはSSD構成です。

おすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5C-R46T

ガレリアミニタワー
スペック
CPUCore i5-14400F
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

「GALLERIA RM5C-R46T」は、コストパフォーマンスに優れるインテル第14世代CPU「Core i5-14400F」&「GeForce RTX 4060 Ti」を搭載。

気軽にゲームを始めたい方や、コストパフォーマンスを重視したい方におすすめのモデルです。

NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEARミニタワー
スペック
CPURyzen 7 5700X
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「NEXTGEAR JG-A7G6T」は、CPUに「Ryzen 7 5700X」を搭載し、最新の高性能グラフィクス「GeForce RTX 4060 Ti」を採用。

高いコストパフォーマンスが魅力のゲーミングPCです。新色のホワイトカラーモデルはこちら

G-Tune DG-I7G7S

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

「G-Tune DG-I7G7S」は、高解像度でプレイしたい方にもおすすめのGeForce RTX 4070 SUPERを搭載した高性能ゲーミングPCです。

最新のインテル第14世代「Core i7-14700F」&メモリ32GBで快適に重量級ゲームを楽しめます。ケースはブラックとホワイトモデルの2色展開で、カスタマイズでLEDの色も選択可能です。

「G-Tune DG-I7G7S」はマウスコンピュータースタッフもおすすめするゲーミングPCです。

GALLERIA XA7C-R47S

GALLERIA XA7C-R47S
スペック
CPUCore i7-14700F
グラフィックRTX 4070 SUPER(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA XA7C-R47S」は、ガレリアのミドルタワー型のゲーミングPCです。ケース前面がLEDで光る点が特徴的です。

GeForce RTX 4070 SUPERを搭載しているので重量級ゲームも快適に動作します。タイトルによっては4K解像度でも快適に楽しめます。

あわせて読みたい
ウォッチドッグスレギオンの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC ウォッチドッグスシリーズ最新作「ウォッチドッグス レギオン」はロンドンが舞台のオープンワールドゲームです。 「ウォッチドッグス レギオン」が快適にプレイできるス...
あわせて読みたい
Ghostwire: Tokyoの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC Ghostwire: Tokyo(ゴーストワイヤー東京)は、東京が超常の世界へと変わるアクションアドベンチャーゲームです。 東京の人々が消失してしまった世界で、謎の復讐者と手...
目次