ゲーム推奨スペック

Ghostwire: Tokyoの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

Ghostwire: Tokyoの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

Ghostwire: Tokyoは、東京が超常の世界へと変わるアクションアドベンチャーゲームです。

東京の人々が消失してしまった世界で、謎の復讐者と手を組み大規模人体消失の裏に潜む真実を暴いていくストーリーとなっています。

そんな「Ghostwire: Tokyo」が快適にプレイできるスペックの情報と、おすすめのゲーミングPCをご紹介します。

「Ghostwire: Tokyo」の特徴

Ghostwire: Tokyoの特徴
  • 一人称視点のアクションゲーム
  • 無制限フレームレート
  • 4K解像度/HDR対応
  • ウルトラワイドディスプレイ対応
  • レイトレーシング対応
  • NVIDIA DLSS対応
  • FSR対応

Ghostwire: Tokyoは、一人称視点で陰陽術のようなアクションが楽しめます。ストーリーが進むにつれて強力な能力の数々を習得していきます。

PC版ではフレームレートのアンロックや4K/HDRに対応、21:9のウルトラワイドワイドにも対応しているタイトルです。

レイトレーシングやNVIDIA DLSSなどの先進的な映像技術にも対応したタイトルです。

「Ghostwire: Tokyo」の必要と推奨スペック

 必要推奨RT 最高
OSWindows 10
解像度1280×7201920×10802140p
CPUCore i7-4470K
Ryzen 5 2600
Core i7-6700
Ryzen 5 2600
Core i7-8700
Ryzen 5 5600X
メモリ12GB12GB16GB
GPUGeForce GTX 1060
Radeon RX 5500XT
GeForce GTX 1080
Radeon RX 5600XT
GeForce RTX 3080
Radeon RX 6900XT
ストレージ20GB(SSD)

参考情報:公式サイト

公式サイトの推奨環境のスペック表です。

CPUに関しては推奨でCore i7-6700以上になります。メモリは推奨で12GBが指定されています。

そしてグラフィックボードはGTX1080という事で、ある程度のグラボ性能は要求されるので現状だとRTX3060以上がおすすめになります。

4K解像度ではRTX 3080 / RX 6900XT以上が指定されています。

ストレージの容量は20GBなので、容量はそこまで必要ないので安心です。ただ、SSDが推奨されています。

「Ghostwire: Tokyo」のメモリについて

Ghostwire: Tokyoのメモリ

メインメモリに関しては12GB以上が推奨です。4K解像度でプレイすると14GB程度使用しているので、16GBがおすすめです。

VRAM10GB

VRAM10GB

VRAM8GB

VRAM8GB

レベルストリーミング距離は、ビデオメモリの容量によって設定できる値が異なります。ビデオメモリ10GBのモデルだと4が設定可能ですが、ビデオメモリが8GBのモデルだと2までの設定でした。

注意:この機能は多くのメモリを使用します。PCスペックに適さない設定にすると、著しいパフォーマンス低下が発生する可能性があります。設定を変更した状態で、パフォーマンスの低下が見られる場合はより低い設定に調整して下さい。

画質設定を上げると、ビデオメモリが6GB搭載機の場合には超過してしまう場合があります。画質設定の調整をおすすめします。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

「Ghostwire: Tokyo」のグラフィックスボード別fps

「Ghostwire: Tokyo」のグラフィックスボード別fps
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 3080 Ti60 FPS112 FPS130 FPS
RTX 308055 FPS103 FPS129 FPS
RTX 3070 Ti44 FPS83 FPS117 FPS
RTX 307041 FPS80 FPS112 FPS
RTX 3060 Ti35 FPS68 FPS102 FPS
RTX 306027 FPS54 FPS80 FPS
RTX 305019 FPS38 FPS60 FPS

計測場所:代山神社。モーションブラー:中、SSS品質:高、SSR品質:高、グローバルイルミネーション:SSGI、シャドウマップ品質:高、レベルストリーミング距離:2、テクスチャストリーミング品質:高、レイトレーシング:オン、レイトレーシングシャドウ品質:中、レイトレーシングリフレクション品質:中、NVIDIA DLSS:クオリティ。

構成はWindows 11、Core i9-12900K、メモリ32GB、ストレージはSSD構成です。

Ghostwire: Tokyoはウルトラワイドに対応しているので、没入感がより高まるウルトラワイドでプレイするのもおすすめです。

「Ghostwire: Tokyo」におすすめのゲーミングPC

Ghostwire: TokyoにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

GALLERIA RM5C-R35

GALLERIA RM5C-R35
ガレリアミドルタワーCPUCore i5-12400
グラフィックRTX 3050(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

公式サイトはこちら

最新のグラフィックスボードのRTX 3050を搭載したモデルです。レイトレーシングやNVIDIA DLSSに対応しているのでコストを落としてゲームを楽しみたい方におすすめです。

 「ガレリア RM5R-R36」の実機レビュー RTX 3060搭載

G-Tune HM-B-FGPC

G-Tune HM-B-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-11700F
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定の「G-Tune HM-B-FGPC」は最新グラフィックスRTX 3060搭載モデルです。RTX 3060は重量級ゲームも快適に楽しめるモデルです。

ビデオメモリが12GB搭載しているので、画質を高めてプレイしたい方にもおすすめです。

 「G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC」の実機レビュー

GALLERIA XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX 3070を搭載したモデルです。本格的にゲームを楽しめる高性能モデルです。

RTX 3070以上を搭載したGALLERIAのゲーミングPCには、新システムの「リジッドカードサポート」が搭載しているのも良い点です。

 「G-Tune PP-Z-3070Ti」の実機レビュー

G-Tune EP-Z-FGPC

G-Tune EP-Z-FGPC
G-TuneフルタワーCPUCore i7-12700K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースフルタワー

公式サイトはこちら

G-Tune EP-Z-FGPCはフラッグシップのフルタワーです。筐体の質感や冷却性能が良いモデルです。最上級の高級感を求めたい方におすすめです。4K解像度で楽しめるゲーミングPCです。

 「G-Tune HP-A-3080Ti」の実機レビュー

まとめ

  • フルHD解像度で楽しみたい:RTX 3050~
  • WQHD解像度で楽しみたい:RTX 3060 Ti~
  • 4K解像度で楽しみたい:RTX 3080~

「Ghostwire: Tokyo」をフルHD解像度で快適に楽しみたい方はRTX 3050~RTX 3060がおすすめです。

4K解像度ではRTX 3080~がおすすめです。

こちらの記事で「おすすめのゲーミングPC」「おすすめのゲーミングノートPC」も紹介しているので、合わせてゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。

『サイバーパンク2077』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC オープンワールドアクションアドベンチャー『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』の必要スペックと推奨スペック、グラ...
デス・ストランディングの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 小島秀夫監督の最新作「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」の推奨スペックとおすすめPCの情報について書いていま...
おすすめピックアップ記事