ゲーム推奨スペック

ウォッチドッグスレギオンの推奨スペックとおすすめPC

ウォッチドッグスシリーズ最新作「ウォッチドッグス レギオン」の必要スペックと推奨スペック、そしておすすめPCの情報についてまとめています。

必要スペックと推奨スペック

 1080p 低設定1080p 高設定
OSWindows 10
CPUCore i5-4460
AMD Ryzen 5 1400
Core i7-4790
AMD Ryzen 5 1600
GPUNVIDIA GTX 970
NVIDIA GTX 1650 S
AMD Radeon R9 290X
NVIDIA GTX 1060
NVIDIA GTX 1660 S
AMD Ryzen RX 480
VRAM4GB6GB
メモリ8GB
ストレージ45GB

参考情報:Twitter

ウォッチドッグスレギオンのフルHDの低設定(必要スペック)と高設定(推奨スペック)を見ていきましょう。

OSはWindows10が必要です。

必要スペックのCPUはCore i5-4460(4コア4スレッド/最大3.4GHz)、GeForce GTX 970(ビデオメモリ4GB)、メモリ8GBが必要とされています。

最低でもグラフィックカードを搭載したゲーミングPCが必要でしょう。

推奨スペックはCore i7-4790(4コア8スレッド/最大4GHz)、GTX1060(ビデオメモリ6GB)、メモリ8GBが推奨されています。

フルHD解像度の高設定でレイトレーシング(ミディアム)で楽しむのにはGeForce RTX2060が指定されています。

高解像度&高画質設定ではRTX30シリーズ搭載モデルが必要とされています。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

コントローラーでプレイも可能ですが、敵にエイムを合わせたり全体的な操作感としてはキーボード&マウス操作が慣れている方は快適なのでおすすめです。

ベンチマーク(グラボ別fpsの検証)

ウォッチドッグスレギオンは高解像度(4K)や高グラフィックス設定でプレイする事が出来ます。各解像度でどの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。では早速見ていきましょう。

4K
WQHD
FHD

CPUは「Core i9-10900K」を使用しています。ベンチマークモードの平均fpsとなっています。ドライバーは『456.71』です。

画質に関してはプリセット最高画質設定の「最大」と「レイトレーシング(DXR)とNVIDIA DLSSの最高設定:高性能」を組み合わせた設定です。

画質設定を最大まで高めています。設定を調整する事が可能なので最高画質の目安として確認してみて下さい。画質を最大としているのでVRAM8GB程度が必要な設定です。4Kは10GBが必要になります。
4KRTX3080以上(VRAM10GB以上)
WQHDRTX2070 SUPER以上(VRAM8GB以上)
FHDRTX2060 SUPER以上(VRAM8GB以上)

今回の検証結果をまとめると高グラフィックス設定で快適にプレイしたい方におすすめのグラフィックカードは以上となります。

4K解像度に関してはRTX3080以上あると安心です。ビデオメモリも10GBで足ります。

WQHDに関してはRTX2070 SUPERでDLSSの設定をパフォーマンス重視の設定に調整すれば対応可能です。

フルHD解像度はレイトレーシングを使用するのかで選び方が変わってきます。レイトレーシングを体験したい方はRTX20シリーズやRTX30シリーズがおすすめです。

レイトレーシングについて

レイトレ無し
レイトレ有効

4K HDRのテレビをカメラで撮影。レイトレーシングを有効にすると左のライトの長さや建物などの反射が見て取れます。実際にプレイしていると随所で『画質やばいな…』と思う瞬間がありますね。

レイトレーシングが必要無い方はGTX16シリーズで高設定で楽しもう。

推奨ではGTX1660 SUPERが指定されているので高設定でベンチマークを取得するとGTX1660 SUPERでは平均74fps出ていました。(Core i9-10900K)

GTX1660 SUPER搭載モデルで高設定60FPSで楽しめるのでおすすめです。

設定が難しい方はグラフィックの品質設定に自動判別という項目があるのでハードウェア毎に自動でグラフィックスの設定をしてくれます。そちらもおすすめです。

画質以外の部分では垂直同期はFPSゲーム等ではオフがおすすめですが、オープンワールドゲームはオンがおすすめです。

ウォッチドッグスレギオンにおすすめのPC

G-Tune PM-B-AF

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
HDD 2TB
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のGTX1660 SUPER搭載モデル。コンパクトなサイズが魅力のミニタワー型。最新ゲームをコスパ良く楽しみたい方におすすめです。

ガレリア XA7C-G60S

ガレリア XA7C-G60S
ガレリアSKケースCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。コストパフォーマンスが高いゲーミングPCなのでおすすめです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク

G-Tune XM-B-AF

G-Tune XM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのRTX3070搭載モデル。RTX3070なので最新重量級ゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

「G-Tune XM-Z」の実機レビュー RTX3070搭載

ガレリア XA7C-R37

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3070を搭載したモデルです。タイトルによっては4K解像度でも楽しめる高性能モデルです。

GeForce RTX 3070のベンチマーク

ガレリア ZA9C-R38

ガレリア ZA9C-R38
ガレリア ZA9C-R38CPUCore i9-10850K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

公式サイトはこちら

ウォッチドッグスレギオンはリアルタイムレイトレーシング対応タイトルで、NVIDIA DLSSにも対応タイトルです。高解像度(4K)でプレイするなら最新のRTX3080がおすすめです。

ミドルタワー型の人気のゲーミングPCがガレリアのZシリーズです。最新の重量級ゲームも4K解像度や高画質設定で楽しめるハイエンドモデルです。

「ガレリア UA9C-R38」の実機レビュー RTX3080搭載

GeForce RTX 3080のベンチマーク

『サイバーパンク2077』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC オープンワールドアクションアドベンチャー『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』の必要スペックと推奨スペック、グラ...
デス・ストランディングの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC 小島秀夫監督の最新作「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」の推奨スペックとおすすめPCの情報について書いていま...
おすすめピックアップ記事