ゲーム推奨スペック

ウォッチドッグスレギオンの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

ウォッチドッグスレギオンの推奨スペックとおすすめPC

ウォッチドッグスシリーズ最新作「ウォッチドッグス レギオン」はロンドンが舞台のオープンワールドゲームです。

「ウォッチドッグス レギオン」が快適にプレイできるスペックの情報と、おすすめのゲーミングPCをご紹介します。

ウォッチドッグス レギオンの特徴

  • イギリスの首都ロンドンが舞台
  • 無制限フレームレート
  • 4K / HDR対応
  • ウルトラワイドディスプレイ対応
  • レイトレーシング対応
  • NVIDIA DLSS対応

ウォッチドッグス レギオンは近未来ロンドンをオープンワールドで楽しめる点と、全ての人物がプレイアブルキャラクターなので、仲間に加えられるというシステムが特徴的な作品です。

ウォッチドッグス レギオンの特徴

フレームレートのアンロックや4K解像度かつHDR対応、21:9のウルトラワイドワイドにも対応しているタイトルです。

最先端のリアルなグラフィックスを実現する「レイトレーシング」にも対応し、画質を損なわずフレーム レートを向上するAIレンダリング技術「NVIDIA DLSS」にも対応しています。

必要スペックと推奨スペック

 必要環境推奨環境ウルトラ
解像度1080p2160p
画質ウルトラ
OSWindows 10
CPUCore i5-4460
AMD Ryzen 5 1400
Core i7-4790
AMD Ryzen 5 1600
Core i7-9700K
Ryzen 7 3700X
GPUGTX 970
GTX 1650 S
Radeon R9 290X
GTX 1060
GTX 1660 S
Radeon RX 480
RTX 2080 Ti
RTX 3080
VRAM4GB6GB10GB
メモリ8GB16GB
ストレージ45GB45GB
+20GB HD テクスチャ

参考情報:Twitter | NVIDIA公式サイト

「ウォッチドッグス レギオン」のシステム要件は公式ツイッターとNVIDIA公式サイトで公開されています。

必要スペックでは快適にプレイ出来ない事が多いので、推奨動作環境以上の性能がおすすめです。

CPUに関しては推奨でCore i7-4790以上になります。4K解像度ではCore i7-9700K以上です。

グラフィックボードはフルHD解像度では高設定でGTX 1060 / GTX 1660 SUPERが推奨スペックとなっています。

4K解像度でプレイしたい方はRTX 2080 Ti / RTX 3080が推奨スペックとなっています。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

レイトレーシングの推奨スペック

 RT 高RT 超高RT ウルトラ
解像度1080p1440p4K
画質RT 中RT 高RT ウルトラ
DLSSクオリティクオリティパフォーマンス
OSWindows 10
CPUCore i5-8400
Ryzen 5 2600
Core i7-9700
Ryzen 5 3600
Core i9-9900K
Ryzen 7 3700X
GPURTX 2060RTX 3070RTX 3080
VRAM6GB8GB10GB
メモリ16GB
ストレージ45GB45GB
+20GB HD テクスチャ

「レイトレーシング」は光の物理的挙動をシミュレートして最先端のリアルなグラフィックスを実現する技術です。

レイトレーシングを本格的に体験したい方はRTXグラフィックスボード搭載のゲーミングPCが必要です。

『リアルタイムレイトレーシング対応』『NVIDIA DLSS対応』『NVIDIA Reflex対応』になるので、様々なゲームを快適に動作させたい方は最新のRTX30シリーズがおすすめです。

フルHDやWQHDはNVIDIA DLSSクオリティ推奨になっています。4K解像度はNVIDIA DLSSパフォーマンス推奨になっています。

NVIDIA DLSSについて

モード説明
品質このモードでは高品質のイメージが得られる
バランスこのモードでは最適化したパフォーマンスとイメージ品質の両方が得られる
パフォーマンスこのモードでは高パフォーマンスが得られる
ウルトラパフォーマンス最高品質のパフォーマンスが得られる。8Kでのゲームプレイのみ推奨

NVIDIA DLSSはレイトレーシングとセットで使う事で描画負荷を軽減する事が出来ます。

NVIDIA DLSSは単体で使う事も可能です。単純にフレームレートを向上したい場合にはDLSS単体使用がおすすめです。

フルHDは品質モードがおすすめで、4K解像度ならパフォーマンスモード、8K解像度ならウルトラパフォーマンスがおすすめです。

「ウォッチドッグス レギオン」ベンチマーク

「ウォッチドッグス レギオン」ベンチマーク

ウォッチドッグス レギオンのベンチマークを実行して各解像度でどの程度快適にプレイできるのかを実際に計測しました。

快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。60fpsだと実際にゲームをプレイした際に滑らかに動きます。

では早速見ていきましょう。

ウォッチドッグスレギオン
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 3090 Ti114 FPS102 FPS117 FPS
RTX 309074 FPS100 FPS114 FPS
RTX 3080 Ti74 FPS100 FPS111 FPS
RTX 308068 FPS92 FPS106 FPS
RTX 3070 Ti51 FPS80 FPS96 FPS
RTX 307048 FPS76 FPS90 FPS
RTX 3060 Ti44 FPS67 FPS79 FPS
RTX 306036 FPS53 FPS64 FPS
RTX 305024 FPS38 FPS48 FPS
GTX 1660 S12 FPS19 FPS29 FPS
GTX 1650 S8 FPS13 FPS18 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の平均fpsになります。当サイトのテスト機を使用:Core i9-12900K | メモリ:32GB | SSD 1TB。以下のベンチマークも同様の環境です。

画質に関してはプリセット最高画質設定の「最大+精細度の向上:100%+DLSS:品質」で計測しています。GTX 16シリーズはDLSS使用不可です。

画質設定を下げたりNVIDIA DLSSの設定を調整したりする事でフレームレートは更に稼ぐ事が出来ます。最高画質設定の目安としてチェックしてみて下さい。

「レイトレーシング」のベンチマーク

GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 3090 Ti56 FPS79 FPS87 FPS
RTX 309050 FPS73 FPS86 FPS
RTX 3080 Ti50 FPS74 FPS87 FPS
RTX 308043 FPS67 FPS80 FPS
RTX 3070 Ti29 FPS50 FPS69 FPS
RTX 307028 FPS47 FPS62 FPS
RTX 3060 Ti23 FPS43 FPS55 FPS
RTX 306023 FPS36 FPS46 FPS
RTX 30509 FPS24 FPS31 FPS
GTX 1660 S3 FPS7 FPS12 FPS

設定はプリセット最高画質設定の「最大+精細度の向上:100%+DLSS:品質+レイトレーシング:最大」で計測しています。

レイトレーシングの最高画質設定の目安としてチェックしてみて下さい。

「GTX 1660 Ti~GTX 1660」で「ウォッチドッグス レギオン」のレイトレーシングを有効にする事は可能ですが、”RTコアを持っていない”ので、レイトレーシングのパフォーマンスに期待する事が出来ません。

「GTX 1650 SUPER~GTX 1650」はレイトレーシングを有効にする事が出来ません。

NVIDIA DLSSを有効にするにはRTX30/RTX20シリーズが必須です。

「8K」ベンチマーク

「8K」ベンチマーク
  • 4K解像度は一般的な解像度の「フルHD画質の4倍に当たる画面解像度」です。
  • 8K解像度は一般的な解像度の「フルHD画質の16倍に当たる画面解像度」です。

8K解像度でゲームをプレイする為には単純性能でフルHDの16倍のゲーミング性能が必要になります。

画質を維持しつつフレームレートを大幅に向上するNVIDIA DLSSを活用する事で8Kゲーミングの可能性が出てきます。

1080p は 200 万ピクセル、4K は 800 万ピクセルであるのに対し、8K ディスプレイは 7680×4320 で動作し、合計 3,300 万ピクセルを表示します。1080p が 4K に飛躍したときに驚かれたなら、ぜひ 8K もご覧ください。

引用:NVIDIA公式サイト

GPU最大レイトレ最大
RTX 3090 Ti61 FPS44 FPS
RTX 309054 FPS38 FPS

4K液晶にDSRを有効にして計測しています。設定はプリセット最高画質設定の「最大+精細度の向上:100%+DLSS:ウルトラパフォーマンス」と「最大+精細度の向上:100%+DLSS:ウルトラパフォーマンス+レイトレーシング:最大」の2つで計測しています。

ウォッチドッグスレギオンの8K解像度ではビデオメモリの容量が12GB以上必要になるので、RTX 3090以上が推奨です。

「ウォッチドッグスレギオン」におすすめのゲーミングPC

「ウォッチドッグスレギオン」におすすめのゲーミングPC

「ウォッチドッグスレギオン」が快適に楽しめるおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

「ウォッチドッグスレギオン」ではレイトレーシングやNVIDIA DLSSに対応しているのでRTX 30シリーズがおすすめです。

レイトレーシングにおすすめのゲーミングPC

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-12700F
グラフィックRTX 3060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC」は最新グラフィックスボードの「GeForce RTX 3060 Ti」を搭載したモデルです。

安心の定番構成のゲーミングPCでレイトレーシング重量級ゲームも快適に楽しめます。

WQHD解像度にもおすすめの「RTX 3070」搭載

ガレリア XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新グラフィックスボードのRTX3070を搭載したモデルです。本格的にゲームを楽しめる高性能モデルです。

WQHD解像度&推奨設定のレイトレで楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

 「G-Tune PP-Z-3070Ti」の実機レビュー

4K解像度にもおすすめの「RTX 3080 Ti」搭載

GALLERIA XA7C-R38T
GALLERIAミドルタワーCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3080 Ti(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー
価格31万円台~(税込)

公式サイトはこちら

RTX 3080 Tiは4K解像度でゲームがプレイ出来る圧倒的パフォーマンスが魅力です。

4K最高画質や推奨設定の4K&レイトレで楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

 「ガレリア XA7C-R38」の実機レビュー RTX 3080搭載

8K解像度を視野に入れたおすすめのゲーミングPC

G-Tune XP-Z
G-TuneフルタワーCPUCore i9-12900K
グラフィックRTX 3090(24GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
4TB HDD
ケースフルタワー

公式サイトはこちら

マウスコンピューターのフラッグシップモデルのフルタワー型です。ダーククロム強化ガラスとアクセントのヘアライン処理アルミパネルが特徴的な高品質のモデルです。

RTX 3090搭載で8K解像度でゲームをプレイしたい方におすすめのモデルです。

 「G-Tune HP-A-3080Ti」の実機レビュー

『サイバーパンク2077』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC オープンワールドアクションアドベンチャー『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』の必要スペックと推奨スペック、グラ...
Ghostwire: Tokyoの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC Ghostwire: Tokyoは、東京が超常の世界へと変わるアクションアドベンチャーゲームです。 東京の人々が消失してしまった世...
おすすめピックアップ記事