MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

「Portal: Prelude RTX」 の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

当ページのリンクには広告が含まれています。
Portal: Prelude RTX

最先端技術を体験できる「Portal: Prelude RTX」をプレイするのに必要なスペックの情報と、実際に実機で取得したグラボ別のフレームレートの比較、そしておすすめのゲーミングPCをご紹介します。

「Portal: Prelude RTX」は、フルレイトレーシング&NVIDIA DLSS 3に対応している「Portal with RTX」が更に進化したようなゲームとなっています。

目次

Portal: Prelude RTXの特徴

Portal: Prelude RTX
  • Portalの無料MODリマスター
  • フルレイトレーシング対応
  • NVIDIA DLSS 3対応
  • NVIDIA RTX IO対応

Portal: Prelude RTXはNVIDIA DLSS 3とRTX IOが特徴的なゲームです。

NVIDIA DLSS 3は、画質を維持しながらフレームレートを向上する技術です。RTX 40シリーズが必要になります。

NVIDIA RTX IOはゲームのロード時間の短縮効果や、テクスチャの読み込み時間の短縮効果、ファイルサイズの削減効果が見込める技術となっています。

実際に「Portal with RTX」を検証した時と比べてテクスチャの読み込み時間やロード時間が短縮された事を実感出来ました!

Portal: Prelude RTXの推奨スペック

スクロールできます
最小推奨ウルトラ
解像度 / FPS1080p /30 FPS1080p / 60 FPS2160p / 60 FPS
画質低(Low)高(High)ウルトラ
OSWindows 10 / 11(64ビット)
CPUIntel Core i7-6700
AMD Ryzen 5 3600
Intel Core i7-9700K
AMD Ryzen 5 3600
Intel Core i7-12700K
AMD Ryzen 9 5900
メモリ16GB16GB32GB
GPUNVIDIA GeForce RTX 2060NVIDIA GeForce RTX 3080NVIDIA GeForce RTX 4080
VRAM6GB8GB16GB
ストレージ25GB SSD

参考情報:NVIDIA公式サイト

推奨スペックではRTX 3080以上が推奨されています。4Kウルトラ設定ではRTX 4080が推奨になります。

Portal: Prelude RTXのグラボ別FPS

NVIDIA DLSSオン

スクロールできます
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 4090105 FPS169 FPS218 FPS
RTX 408075 FPS123 FPS166 FPS
RTX 4070Ti59 FPS100 FPS136 FPS
RTX 407045 FPS78 FPS110 FPS
RTX 4060Ti32 FPS54 FPS79 FPS
RTX 406025 FPS44 FPS61 FPS
RTX 30609 FPS16 FPS22 FPS

最高画質設定(ウルトラ)&DLSS:自動。CPU:Core i9-12900K、メモリ:32GB。NVIDIA RTX 40シリーズはDLSS 3を適用。NVIDIA RTX 30シリーズはDLSS 2を適用。

Portal: Prelude RTXのグラフィックスボード別にフレームレートを計測しました。快適にプレイできる指標となる数値は60fpsで動作させる事です。

RTX 40シリーズで利用出来るDLSS 3の恩恵が極めて大きいです。

  • フルHD:RTX 4060以上がおすすめ
  • WQHD:RTX 4070以上がおすすめ
  • 4K:RTX 4080以上がおすすめ

おすすめのゲーミングPC

Portal: Prelude RTXではレイトレーシング対応のグラフィックスボードが搭載されているモデルが必須&DLSS 3恩恵が非常に大きいゲームなので、RTX40シリーズ搭載モデルがおすすめです。

GALLERIA XA7C-R46T

スペック
CPUCore i7-13700F
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA XA7C-R46T」は、GALLERIAのミドルタワー型のゲーミングPCです。ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

グラフィックスは、高性能グラフィックス「RTX 4060 Ti」搭載で、重量級ゲームも快適に楽しめる性能が魅力的です。最新重量級ゲームを快適にプレイしたい方におすすめのゲーミングPCです。

G-Tune DG-I7G6T

G-Tuneミニタワー
スペック
CPUCore i7-13700F
グラフィックRTX 4060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー
強化ガラスサイドパネル

「G-Tune DG-I7G6T」は、当サイト限定モデルでお得な価格が魅力です。インテル第13世代CPU「Core i7-13700F」&高性能グラフィックス「RTX 4060 Ti」搭載。

ゲームから動画編集や実況配信までマルチに対応可能な高性能ゲーミングPCです。

G-Tune DG-I7G70

スペック
CPUCore i7-13700F
グラフィックRTX 4070(12GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミニタワー
強化ガラスサイドパネル

「G-Tune DG-I7G70」は、CPUに「Core i7-13700F」を搭載し、ゲームで重要なグラフィックスボードにはNVIDIAの「GeForce RTX 4070」を搭載。当サイト限定モデルでお得な価格になっています。

WQHD解像度の重量級ゲームも快適に楽しめる性能で、タイトルによっては4K解像度でゲームも楽しめます。

「G-Tune DG-I7G70」はマウスコンピュータースタッフもおすすめする超目玉パソコンです。

GALLERIA XA7C-R47T

GALLERIA XA7C-R36T
スペック
CPUCore i7-13700F
グラフィックRTX 4070 Ti(12GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

「GALLERIA XA7C-R47T」は、高性能グラフィックス「GeForce RTX 4070 Ti」を搭載。高fps(フレームレート)を出してゲームを本格的に快適に楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

FPS / TPSゲームを高fpsで楽しみたい方や、4K解像度でゲームを楽しみたい方にもおすすめのゲーミングPCです。

あわせて読みたい
「G-Tune EP-Z」の実機レビュー RTX4070Ti搭載 マウスコンピューターさんから「G-Tune EP-Z」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「G-Tune EP-Z」は、CPUに「Core i7-13700KF」を搭載し、ゲームで重要な...

G-Tune FZ-I7G80

G-Tuneフルタワー
スペック
CPUCore i9-13900KF
グラフィックRTX 4080(16GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースフルタワー

「G-Tune FZ-I7G80」は、圧倒的なパフォーマンスを誇る「Core i9-13900KF」&最新のハイエンドグラフィックス「RTX 4080」搭載。

4K解像度のゲームプレイ、4K動画編集、実況配信などの重いゲームや重い作業も快適な強力なパフォーマンスを発揮するゲーミングデスクトップパソコンです。

あわせて読みたい
『サイバーパンク2077』の推奨スペックとおすすめゲーミングPC オープンワールドアクションアドベンチャー『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』の必要スペックと推奨スペック、グラボ別fpsの検証、そしておすすめのゲーミングPC...
あわせて読みたい
Forza Horizon 5の推奨スペックとおすすめのゲーミングPC Forza Horizon 5は美麗なグラフィックスでドライブやレースを楽しめるシリーズ最新作のタイトルです。 今作の舞台はメキシコで、雄大な大地をオープンワールドで楽しめ...
あわせて読みたい
Microsoft Flight Simulatorの推奨スペックとおすすめPC Microsoft Flight Simulatorはリアルなグラフィックの魅力が際立つ、フライトシュミレーターです。超弩級のグラフィックを楽しめるMicrosoft Flight Simulatorの推奨ス...
目次