タイプ別に選ぶゲーミングPC

子供にゲーミングPCが欲しいと言われた時のおすすめのゲーミングPC

最近では家庭用のゲーム機では無くゲーミングPCが欲しいから買って欲しいとせがまれるケースもあると思います。

親御さんがパソコンに凄く詳しかったりする場合には基本的には自分で選んであげて買ってあげるというのが理想ですが、パソコンにちょっと疎いという方もいると思うので子供に買ってあげるのならどんなゲーミングPCを買ったらいいのか迷っているという方に参考になるように一緒に選んでいきましょう!

デスクトップ型のゲーミングPCは本体だけでは基本的に使えない

まず大前提としてデスクトップPC型のパソコンの場合には液晶モニターと繋ぐのが基本的なスタイルとなっています。

ノートPC型の場合だと本体と一緒になっているので別途液晶モニターを購入する必要がありませんが、お子さんの健康等を親御さんなら心配すると思います。

ノートPC型の場合は姿勢が悪くなったり、画面が小さいので視力の低下にも起因する事もあるので個人的にはお子さんにゲーミングPCを購入するのであればデスクトップPC型をおすすめします。

液晶モニターの価格について

次に気になるのが液晶モニターの相場ですよね。これはモニターによってかなり価格差が違います。

安い液晶モニターであれば2万円程度になります。ただ、購入動機としてFPS系のゲームがやりたいという理由でゲーミングPCを欲しがっている場合には少し注意が必要です。

ゲーミングモニターと呼ばれる144Hzの高リフレッシュレートを出せるモニターが欲しいと言われた場合にはモニターだけで3万~5万円を覚悟する必要があります。

ただFPS系のゲーム以外であれば基本的には144Hzあっても意味が無い場合も多いです。更にゲーミングPCのスペックもかなり高いスペックが必要になるので予算に合わせて選択していきましょう。

具体的にはこういう商品になります。なのでマインクラフトをプレイしたいのかFPS系のゲームがプレイしたいのかにもよるのでその辺りはお子さんに話しを聞いて判断するのがいいと思います。

フリッカーフリーやブルーライトを低減出来る機能があるとお子さんの目を守る事に繋がるので親御さんとしてはその辺りを気にされて商品をチェックするのがいいと思います。

予算はどのくらいが目安なの?

順位価格比率
6位1~10万3%
1位10~15万37%
3位15~20万24%
2位20~25万26%
4位25~30万6%
5位30万以上4%

2018年度の当サイトの台数ランキングになります。10~15万円の価格帯が最も多い37%、次いで20~25万円が26%、15~20万円が24%でほとんど占めています。

基本的には価格帯としては15万円前後~25万円前後が相場になります。当サイトは初心者に向けたサイトになっているのでもっと上級者向けのサイトであればこの比率は変わってくると思います。

一般的な価格としては税別で15万円以下の商品で探すというのが初心者の方の場合は多い傾向にあります。10万円以下になると極端にゲーム性能が落ちる傾向にあるのでこの価格帯が人気です。

よりゲームを快適にプレイしたいという方が多いのが20万円以上という価格帯です。これであれば現状最高のシングルGPUを搭載し、ゲーム用途としては一般的な感覚では最高スペックに近いゲーミングPCを購入する事が可能なのでここの価格帯も人気です。

15万円~20万円は価格帯としてはその中間になるので一般的なラインよりももう少し快適にと望まれる方が選ぶ傾向にはあります。

基本的には10~25万円という大きい範囲ではありますが、この中からゲーミングPCを選んでいかないといけないのでパソコンの事が分からないという場合には少し迷ってしまいますよね。

グラフィックボードの目安一覧

GPU解像度設定
GTX1080Ti4K/UWQHD/WQHD/FHD最高
GTX1080UWQHD/WQHD/FHD最高
GTX1070TiWQHD/FHD最高
GTX1070WQHD/FHD最高
GTX1060FHD
GTX1050TiFHD高~中
GTX1050FHD高~中

分かりやすいように大体のゲーミングPCを触った感覚値やベンチマーク等を取得した経験からの大体の目安がこの表です。基本的にはGTX1070Tiで最高設定に届くという感じになります。

GTX1060だと高設定辺りの最高設定から1つか2つ落とした辺りが適正値となります。GTX1080Tiだと人によってはスペックオーバーですが、要求が激しくない4Kなどに対応するスペックとなります。

子供におすすめのゲーミングPC

予算を抑えたゲーミングPCでおすすめは?

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
NEXTGEAR-MICRO im610OSWindows 10
CPUCore i5-8500
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB HDD 1TB
マザーボードB360
電源500W

GTX1060搭載で構成内容のバランスが良くサポートや品質に非常に定評のあるG-TuneのゲーミングPCのNEXTGEAR-MICROが格安なゲーミングPCとしてはおすすめです。

ガレリア DT
ktm_410OSWindows 10
CPUcore i5-8500
メモリ8GB
GPUGTX 1060
ストレージSSD 240GB HDD 1TB

またはガレリアDTもおすすめです。価格で比較した場合にはMICROとそこまで差が無いですが、ドスパラが良いという方はガレリアDTがおすすめになります。

小型のおすすめのゲーミングPCは?

ガレリア mini 1060
ガレリア mini 1060OSWindows 10
CPUCore i7-7700
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 250GB
重量約2.1kg

今まで任天堂スイッチやPS4などの家庭用のゲーム機でプレイしていたという場合で一番困るのがゲーミングPCの場合には大きさです。

ゲーミングPCを子供部屋の学習机の上に置くという場合も想定されますが、足元に置くのは基本的にはパソコンではほこりが内部に入ってしまうので掃除が出来ないとタブーなので机の上に置くのが基本的なスタイルです。

なのでデスクトップという意味になるので、そういう観点から考えると机の上に置く場合には小型のゲーミングPCがおすすめです。

自分で増設やパーツ交換を視野に入れた場合のおすすめは?

ガレリアXT
ガレリアKTケース外観OSWindows 10
CPUCore i7-8700
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 640GB、HDD 1TB
マザーボードH370
電源500W

パソコンは自分でパーツ交換が出来る事もメリットです。長期的な目線で考えた場合にはミドルタワーのケースの方が自分で自己責任で交換作業を視野に入れた場合にはおすすめなケースになります。

ガッツリとPCゲームがプレイしたいと言われた場合のおすすめは?

ガレリアXV
ガレリアKTケース外観OSWindows 10
CPUCore i7-8700
グラフィックGTX1070Ti(8GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 640GB HDD 2TB
マザーボードH370
電源500W
ガレリア ZV
OSWindows10
CPUCore i7-8700K
グラフィックGTX1070Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 640GB HDD 2TB
マザーZ370
電源700W

最新パーツを盛り込んだモデルになっています。CPUは物理6コアのCore i7-8700K、グラボにはGTX1070Tiを搭載した構成内容です。

GTX1070Tiでほぼプレイ出来ないゲームが無いので最新ゲームをプレイされるのであればガレリアZVがおすすめです。

本気でプロゲーマーやYouTuberを目指していると言われた場合には?

NEXTGEAR i680PA1-SMM
NEXTGEAR i680PA1-SMM外観OSWindows 10
CPUCore i7-8700K
GPUNVIDIA GeForce GTX1080(8GB)
メモリ32GB
ストレージ480GB SSD 3TB HDD
マザーボードZ370
電源700W

ゲームの世界だとプロゲーマーがいて賞金が出る大会で優勝すればお金を稼ぐ事も可能です。

ゲームでカクつかない事を考えるとハイスペックがおすすめで、配信等まで視野に入れているのであればG-Tuneのプロゲーマーが推奨するゲーミングPCがおすすめです。

スペックに関しての注意点

※情報は執筆時点のものになります。商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。