ゲーム推奨スペック

Assetto Corsa Competizioneの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

リアリズムにこだわりのあるレースゲーム『Assetto Corsa Competizione』の推奨スペック情報と実機ベンチマーク、そしておすすめのゲーミングPCの紹介をしていきます。

Assetto Corsa Competizioneのゲーム情報

ジャンルはレーシング、シミュレーション、スポーツになります。レーシングシミュレーターとしてのリアリズムを感じられるゲームとなっています。ゲームエンジンはUnreal Engine 4です。

Assetto Corsa Competizioneの販売サイト

Assetto Corsa Competizioneの推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 64ビットWindows 10 64ビット
CPUIntel i5-4460
AMD FX-8120
Intel i5-8600K
AMD Ryzen 5 2600X
GPUNVIDIA GeForce GTX 460 2GB
Radeon HD 7770
NVIDIA GeForce GTX 1070(8GB)
Radeon RX 580(8GB)
メモリ4GB16GB
ストレージ50GB
DirectX11

参考情報:ストアページの動作環境

推奨スペックは以上になります。CPUやGPUに関してはゲーム内設定によるので高い画質設定や解像度にする場合にはより上位のCPUやグラフィックカードが必要になる場合もあるでしょう。

メモリに関しては推奨で16GB必要と出ているので16GB搭載機をカスタマイズするか最初から16GB搭載されているモデルを選びましょう。

OSに関してはWindows 7/8/10がサポートされ、グラフィックスAPIはDirectX 11になります。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

ゲーム性能目安

ベンチマーク

CPU別ベンチマーク比較

第4世代インテルと第2世代Ryzenが同程度という事が読み取れます。フレームレートを出したい方は第9世代Core i7-9700K / Core i9-9900Kがトップ級なのでおすすめになります。TB時の動作クロック周波数が高い方がゲームでは好適です。

執筆時ではインテル第10世代プロセッサーも販売されています。

グラボ別ベンチマーク比較

解像度設定RTX2080TiRTX2080 SRTX2070 SRTX2060 S
4K
3840×2160
エピック60 FPS48 FPS42 FPS34 FPS
WQHD
2560×1440
77 FPS76 FPS70 FPS62 FPS
フルHD
1920×1080
78 FPS76 FPS76 FPS73 FPS 
解像度設定RTX2060GTX1660TiGTX1650 
4K
3840×2160
エピック28 FPS20 FPS9 FPS 
WQHD
2560×1440
54 FPS46 FPS26 FPS 
フルHD
1920×1080
71 FPS63 FPS38 FPS 

設定:エピック、車両20台(対戦相手の数)で同環境で実レースを実行した際の平均フレームレート比較。環境:CPU:Core i7-9700K、メモリ16GB。私物のグラフィックカードで計測。

4K

WQHD

FHD

基準値としては60fpsになります。画質設定を下げる事でこの数値より更にパフォーマンスを向上する事が出来ます。目安として確認してみて下さい。

検証機材のスペック

ベンチマークPC構成
OSWindows10 Home
CPUCore i7-9700K
CPUクーラーサイズ 虎徹 MarkII SCKTT-2000
CPUグリスAINEX シルバーグリス [AS-05]
マザーボードASUS ROG STRIX Z390-F GAMING
メモリCarsair CMK32GX4M2A2666C16
ストレージWD BLACK SN750
Culucial MX500 CT500MX500SSD1
Samsung SSD 1TB 860QVO
Seagate ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]
電源ユニットANTEC NeoECO Gold NE750G
PCケースProjet-M 日本製 検証用まな板 PM-TESTBOARD

数値は当サイトの実機レビューで計測した参考値です。使用する環境、その他の要因によって測定結果は変動します。

ビデオメモリ容量の目安

解像度容量
4K8GB推奨
WQHD6GB推奨
フルHD6GB推奨

ゲーム中に消費されるビデオメモリ(VRAM)の容量を確認しました。推奨は以上になります。

おすすめのゲーミングPC

定番人気ゲーミングPC

ガレリア XA7C-G60S
ガレリアSKケースCPUCore i7-10700F
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

ミドルタワー型でインテル最新CPUを搭載したGTX1660 SUPER搭載モデルです。コストパフォーマンスが高いゲーミングPCなのでおすすめです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク GeForce GTX 1660 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

お得な当サイト限定モデル

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックRTX2060 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB HDD 2TB
ケースミニタワー(MicroATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定モデルのRTX2060 SUPER搭載モデル。RTX2060 SUPERなので重量級ゲームも楽しみたい方におすすめのゲーミングPCです。

GeForce RTX 2060 SUPERのベンチマーク RTX2060 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 計測し...

4K解像度におすすめのゲーミングPC

重量級も快適なハイエンドモデル

ガレリア ZA9C-R38
CPUCore i9-10850K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

ミドルタワー型の人気のゲーミングPCがガレリアのZシリーズです。RTX3080搭載機としてコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。最新の重量級ゲームも4K解像度や高画質設定で楽しめるハイエンドモデルです。

強化ガラスカスタマイズ対応のG-Tune

G-Tune XN-Z
CPUCore i7-10700K
CPUファン水冷
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ32GB
ストレージ512GB NVMe対応 HDD 2TB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新のRTX3080を搭載したハイエンドゲーミングPCです。4K解像度の重量級ゲームも快適な性能を持っています。筐体のメンテナンス性が高くダストフィルターが完備。構成内容を考えるとコストパフォーマンスも高いゲーミングPCです。

GeForce RTX 3080のベンチマーク GeForce RTX 3080のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。 ...
おすすめピックアップ記事