PCゲームの推奨スペックから選ぶ

プラネット ズーが快適にプレイ出来るおすすめのゲーミングPC

プラネット ズー(Planet Zoo)は動物シミュレーションゲームです。美しいグラフィック、地球規模のキャンペーン、自由度が高いサンドボックスモードにピンと来た方は是非チェック。想像力を働かせて最高の動物園を作りましょう。

『プラネットコースター』や『Jurassic World Evolution』でお馴染みの『Frontier Developments』の最新ゲームになります。

プラネット ズーの販売サイト

 Steam:Planet Zoo

リリース日:2019年11月5日

日本語対応:有り

ジャンル:経営シミュレーション

プラネット ズーの推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 7 (SP1+)/8.1/10 64ビットWindows 10 64ビット
CPUIntel i5-2500
AMD FX-6300
Intel i7-4770K
AMD Ryzen R5 1600
GPUNVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)
AMD Radeon R9 270X (2GB)
NVIDIA GeForce GTX 1070 (8GB)
AMD Radeon RX 580 (8GB)
メモリ8GB16GB

参考情報:Steamストアページの動作環境

推奨スペックは以上になります。CPUやGPUに関してはゲーム内設定によるので高い画質設定や解像度にする場合にはより上位のCPUやグラフィックカードが必要になるでしょう。

VRAM(ビデオメモリ)が推奨スペックで8GBになっています。

メモリに関しては推奨で16GB必要と出ているので16GB搭載機をカスタマイズするか最初から16GB搭載されているモデルを選びましょう。

ゲーム画面にまつわる重要なパーツ

グラフィックボード(GPU)CPUメモリ

ゲームのロード時間にまつわる重要なパーツ

SSD、HDD

プラネット ズーの解像度について

4Kについて

クリックで拡大します。インターフェースのタブに切り替えて頂けると『インターフェースの自動スケール』または『インターフェースのスケール』という項目があります。

こちらにチェックを入れるか、自分で任意の数値をスライダーで調整すればUI的な問題は無くなるので解像度はどれでも使えると思います。4Kでももちろん快適に使えます。

ウルトラワイドに対応している?

シミュレーションゲームとウルトラワイドの相性は抜群です。表示領域が格段に広がるので凄く広々としています。

プラネット ズーの設定別画質比較

プラネットズーには画質プリセット項目があります。『ウルトラ、高、普通、低、最低』の5つが存在しています。

ウルトラ設定と普通設定の画質比較

ウルトラ設定と普通設定だと画質の差は大きくないです。普通の方がプレイしている限りにおいては『よく見ると違うな』程度だと思います。写真が趣味の方やSS加工をやられている方は気になる方もいるかもしれません。

普通設定と最低設定の画質比較

普通設定と最低設定だと明らかな画質の差があるので『全然違うな』とほとんどの方は体感で分かります。最低設定は避けるべきでしょう。普通以上の画質設定がおすすめです。

ウルトラ

普通

最低

クリックで拡大します。実際のプレイ画面のスクリーンショットになります。参考にしてみて下さい。ウルトラの方が影がしっかりとレンダリングされている気がします。

グラボ別ベンチマーク比較

解像度設定RTX2060 SRTX2070 SRTX2080 SRTX2080Ti
4K
3840×2160
ウルトラ41 FPS50 FPS56 FPS66 FPS
普通55 FPS68 FPS78 FPS85 FPS
最低88 FPS87 FPS87 FPS89 FPS
WQHD
2560×1440
ウルトラ68 FPS79 FPS81 FPS80 FPS
普通84 FPS85 FPS85 FPS84 FPS
最低88 FPS89 FPS87 FPS88 FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ81 FPS79 FPS80 FPS83 FPS 
普通83 FPS88 FPS88 FPS89 FPS
最低88 FPS91 FPS91 FPS92 FPS
解像度設定GTX1660TiRTX2060RTX2070RTX2080
4K
3840×2160
ウルトラ25 FPS37 FPS43 FPS53 FPS
普通34 FPS50 FPS58 FPS74 FPS
最低68 FPS86 FPS86 FPS87 FPS
WQHD
2560×1440
ウルトラ49 FPS65 FPS75 FPS79 FPS
普通61 FPS84 FPS84 FPS84 FPS
最低84 FPS87 FPS88 FPS86 FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ61 FPS80 FPS80 FPS80 FPS
普通79 FPS83 FPS83 FPS83 FPS
最低85 FPS91 FPS86 FPS91 FPS

チャレンジ『大邸宅ホームスクーリング』にて開始地点で静止した状態での数値比較。CPU:Core i7-9700K。私物のグラフィックカードで計測。

まとめ

解像度画質グラボ
4KウルトラRTX2080 S (8GB)/ RTX2080Ti(11GB)
普通RTX2070 S (8GB)/ RTX2080(8GB)
WQHDウルトラRTX2060 S(8GB)
フルHDウルトラGTX1660Ti(6GB) / RTX2060 S(8GB)

シミュレーションゲームなので60fps張り付きである必要はそこまで感じませんが、VRAM的な部分で8GB以上の方が安心できるスペックでしょう。

プラネット ズーが快適にプレイ出来るおすすめのゲーミングPC

コスパ重視で選ぶなら拡張性も高いガレリアXT

ガレリア XT
OSWindows10
CPUCore i7-9700F
グラフィックGTX1660Ti(6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 1TB
マザーボードB365

フルHD解像度でコスパよくプレイしたい方におすすめの構成です。

より快適性を求めるならハイスペックモデル。

ガレリア XF
OSWindows10
CPUCore i7-9700
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB HDD 2TB
マザーB365

4K解像度でコスパよくプレイしたい方やウルトラワイドにおすすめの構成です。

超快適を求めるならハイエンドモデル。VRAM 11GB

ガレリア ZZ i9-9900K
ガレリアKTケース外観OSWindows10
CPUCore i9-9900KF
グラフィックGeForce RTX2080 Ti(11GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 500GB HDD 3TB
マザーボードZ390

4K解像度で超快適プレイしたい方におすすめの構成です。

おすすめピックアップ記事