おすすめツール

PCゲームでFPSを表示させる5つの方法

PCゲームでFPSを表示させる5つの方法

PCゲームではパソコンのスペックによってFPS値が変動するので、今どのくらい快適にゲームが動作しているのかという指標としてフレームレートが重要になってきます。

それを確認する方法としてFPSカウンターが便利です。この記事では代表的な4つのFPSカウンターを紹介しているので今ハマっているゲームなどで確認してみて下さい。

GeForce Experience

GeForce Experience

Nvidiaのグラフィックボードを使っているのならGeForce Experienceを導入していると思うので、シェア機能からFPSカウンターを表示させる事が可能です。

GeForce Experienceの詳細はこちら

シェア機能をクリック

シェア機能をクリックします。

設定をクリック

設定をクリックします。

HUDレイアウトを選択

HUDレイアウトを選択します。

FPSカウンターの位置を設定

FPSカウンターの位置を設定し、完了して下さい。位置は四隅に設置可能です。

FrameView

FrameView

NVIDIAが作った無料のFPS計測ツール「FrameView」でもFPSを表示させる事が可能です。ゲームを起動前に「FrameView」を起動するとゲーム中にfpsが表示されます。

FrameViewの詳細はこちら

計測機能

計測機能も付いており、ベンチマークホットキーは「F10 / ScrollLockキー」が選択可能です。もう一度同じボタンを押すと計測終了になります。

Steam

Steam

SteamでPCゲームをプレイする事が多いと思いますが、Steamでは設定からFPS値を表示させる事が簡単に出来ます。

手軽に表示させたいという方はSteamで設定をしましょう。

デメリットとしては見てもらったら分かる通り表示が小さいです。後はSteamのゲームでしか表示されないのでOriginなどSteam以外のゲームの場合には違う方法でFPS値を表示させる必要があるという点になります。

SteamのFPSカウンターの設定方法

Steamは表示タブから設定に入ってもらうと上記のような画面が出るのでゲーム中という所からゲーム中のフレームレートを表示の箇所に任意の設置場所を設定し完了するだけです。

FRAPS

FRAPS

Frapsは左上に数字が表示されるシンプルなビジュアルですが、計測して後でファイルとして保存されるので特定のコースを周回してゲームのFPS値を測るなどの時に非常に役立ちます。

FRAPSの詳細はこちら

FRAPSの設定方法Frapsをダウンロードしてインストールしたら、FPSというタブがあるのでそこから設定していきます。

フォルダーはベンチマークを計測出来る機能がFrapsにはあるのでその保存先をどこにしますか?という問いです。分からなかったらとりあえずデスクトップおすすめです。

その左下のベンチマーキングホットキーというのは、計測する時のボタンですね。これを押すとFPS表示が消えるので最初は戸惑うかもしれませんが、もう一度ボタンを押すと計測終了になります。

ベンチマークセッティングはベンチマークを記録する際に出力されるファイルの種類を選択出来る項目です。FPS値とフレームタイムとフレームレートの最小値、最大値、平均値の3つになります。任意で選択して下さい。

ストップベンチマークアフター○○秒というのは、60秒後(1分)に自動的にベンチマーク終了するよ?という感じになります。

オーバーレイホットキーは、FPSの表示・非表示を切り替えるホットキーです。常に表示したい場合はDisableを押しましょう。

MSI Afterburner

MSI Afterburner

D3D11の横に書いてあるのがFPS値になります。MSI Afterburnerの特徴としてFPS以外での数値も出せるので、よりモニタリングしながらゲームをプレイしたいという方はこちらがおすすめです。

またFrapsが対応しないDirectX 12のゲームでも使用出来るのがメリットです。MSI製のツールですが、GPUの種類やメーカーを問わず無料で利用する事が出来ます。

MSI Afterburnerの詳細はこちら

MSI Afterburnerの設定画面

ダウンロードしたら、矢印で表示した設定画面から設定していきます。

MSI Afterburnerの設定方法

モニタリングというタブからフレームレートという項目を見つけて頂いて、クリックしてチェックを入れましょう。

更に下にあるオンスクリーンディスプレイでの表示にチェックを入れて下さい。

これでFPSが表示されます。

他の項目も表示したい場合には任意でチェックを入れて下さい。

RivaTunerの設定方法

RivaTunerというソフトも一緒にインストールしたと思いますが、こちらでは表示のカスタマイズが出来るので任意で設定して下さい。

On-Screen Display Zoomのバーを右に振るとFPSカウンターのサイズが大きく表示されます。

番外編

特定のゲームで表示したくないのに勝手にFPSカウンターが表示されて困るという方向けです。

Uplay

UplayのFPSのカウンター

Uplayのゲームだとランチャーが立ち上がりますが、UplayでもFPSカウンターが搭載されています。

上記のFPSカウンターを起動している時に、二重でFPSカウンターが表示されてしまうという事態が起きてしまったという場合にはUplayの方はUplayの設定(setting)から「Display FPS counter in game」という項目のチェックを外すとFPSカウンターが消えます。

おすすめピックアップ記事