おすすめツール

ベンチマークソフトを使いゲーミングPCの性能を調べる方法

ゲーミングPCの性能を調べる方法は公式から配布されているベンチマークで快適性を調べたり、フレームレートを計測して自力で快適性をチェックする方法があります。

有名なタイトルに関しては公式で配布されているベンチマークを使ってゲームが快適に動くかどうかをチェックするのも可能です。例えばFF15やFF14は公式で配布されています。

ゲーム内でベンチマークが用意されているタイトルが多いのはUBIです。設定メニューからベンチマークモードを起動して総合的にフレームレートを算出できる機能が備わっている場合が多いです。

3DMARK(ゲーム性能)

定番のゲーム用のパフォーマンス計測テストになります。ゲーミングPCのパフォーマンス計測にはこのベンチマークソフトを使用して性能をチェックしましょう。雑誌や大手メディアサイトでも採用されているベンチマークソフトになるので比較も容易に行う事が可能です。

総合的なスコアやグラフィックススコア、CPUスコアなど項目別にスコアが出てきます。

  • DirectX 11:Sky Diver:中量級Fire Strike:重量級
  • DirectX 12:Time Spy:重量級、Night Raid(低スペック向け)

Fire StrikeとTime Spyのベンチマークスコアを見ておけばOKですね。数値は変動がありプロでも1,000程度は誤差という話もあります。なので複数回計測しその平均値を集計する方法や、複数回計測しその最高値を掲載するというやり方などがあります。

ゲーム毎の数値になると再現性や最新技術に対応していないなどの問題がありますが、3DMARKならおおよそのグラフィック性能は分かるのでこれで比較するのがおすすめになります。

特にPCゲームの場合にはグラフィックボードの性能がそのままダイレクトに実際のゲームのフレームレートに関係してくるのでゲーミングPCの性能を調べる=3DMARKのベンチマーク結果を知るになります。

参考ベンチマークデータ

グラフィックボード3Dmark Fire Strike (GraphicScore)
GTX1080Ti
28590
GTX1080
21829
GTX1070Ti
19524
GTX1070
17974
GTX1060(6GB)
12924
GTX1060(3GB)
12232
GTX1050
6836

G-Tuneでは各種グラフィックボードの性能を3DMARKを用いて性能評価をしているので参考にしてみるのがいいでしょう。

Cinebench R15(CPU)

CGレンダリングの処理をスコア化するテストです。CPUのシングルとマルチコアの性能を調べるのに有効なベンチマークソフトになります。

使用時にはアプリケーションを全て落とし可能な限り何も起動させていない状態にしないとスコアが伸びない点は注意が必要です。

「File」→「Advanced benchmark」をクリックする事でSingle Coreのスコアが計測可能になります。

参考ベンチマークデータ

CPUcb マルチcb シングル
Intel Core i9 9900K
2077
218
AMD Ryzen R7 2700X
1783
180
AMD Ryzen R7 1800X
1613
161
Intel Core i7 9700K
1542
212
AMD Ryzen R7 1700X
1540
145
AMD Ryzen R7 2700
1526
165
Intel Core i7 8700K
1428
205
AMD Ryzen R7 1700
1426
137
Intel Core i7 8086K
1386
215
AMD Ryzen R5 2600X
1373
176
AMD Ryzen R5 2600
1307
163
AMD Ryzen R5 1600X
1250
161
Intel Core i5 9600K
1068
200
Intel Core i7 7700K
996
191
Intel Core i5 8400
966
161
Intel Core i5 7600K
701
176

ゲーム用途だとやっぱりインテルがおすすめですね。Core i9 9900Kの性能は凄い。クリエイティブな作業ならRyzenを狙ってもいいかもですね。

参照データ;当サイトの実機レビューCinebench R15 Scores (Updated Results) – CG Director海外サイトの情報を照らし合わせて近似値が出ていたので引用。

CrystalDiskMark(ストレージ)

SSDやHDDなどのストレージのリードとライトの性能を計測する定番ソフトです。

参考ベンチマーク

-NVMe SSD-

-SSD-

-HDD-

NVMe SSDについては3,000MB/sを超える製品もあります。

HWMonitor(温度)

システム全体の温度を計測するソフトとしてHWMonitorがあります。リアルタイムの温度や最小、最大の温度をチェックする事が出来ます。

温度の目安としてはデスクトップPCの場合にはCPU温度は80℃前後、GPU温度も80℃前後ならOKだと思います。

ゲーム中に80℃以上いく場合には冷却対策を考えた方がいいかもしれません。100℃行く場合にはサーマルスロットリングという機能が働き性能を下げてしまう場合があります。

これはリアルタイムで監視していると100℃に到達して突然温度が下がるので分かると思います。高負荷中に80℃前後、またはそれ以下を維持している場合には特に問題無いと思います。

性能が凄く高いと発熱も大きくなりがちですがスペックが高いというのはそれだけの価値があります。ロマンもあります。実際に水冷にしたりグリスをカスタマイズして冷却対策をする事で最高のパフォーマンスを維持できるのでおすすめです。

ちなみにMAX級の冷却対策をしたゲーミングPCだとどのくらいの温度なのかという点については【実機レビュー】NEXTGEAR i680PA1-DLの性能は?ダブル水冷/LEDファン/強化ガラス対応のゲーミングPCの温度の所をチェックして頂ければと思います。

通常これだけの負荷をかけ続けるという事はPCゲームではありませんがCPU負荷を全開にしても室温24℃程度でCore i7-8700Kなら70℃前後というのが水冷です。グリスをカスタマイズすれば更に温度は下がると思います。

単にフルHDのゲームをプレイしているのであれば50℃~60℃程度でしょう。そこまでシビアに冷却を気にしないのであれば空冷でも十分だとは思いますが、水冷もおすすめです。(搭載するCPUによっても温度は変わるので注意して下さい。)

特に夏に室温が高くなる方はG-Tuneのダブル水冷がおすすめですね。パフォーマンスも若干アップしていました。第9世代のCPUもNEXTGEARシリーズに登場し、RTX20シリーズが採用されたNEXTGEAR i690 シリーズはハイスペックが欲しい方に一押しモデルです。

大人気ゲーミングPCブランドガレリアでもグリスのカスタマイズや水冷のカスタマイズも可能です。コスパを考えてグリスのみでもOKですが、ゲームを長時間プレイする方はカスタマイズもおすすめです。Core i5ならカスタマイズ無しでOKです。

関連記事

自力でゲームのフレームレートを計測する方法はこちら→PCゲームでFPSを表示させる4つの方法

公式で配布されているベンチマークを使って性能を調べる方法はこちら→ベンチマークソフトを使いグラフィックボードの性能を調べる方法