ゲーム推奨スペック

【PC版】オーバーウォッチ2の推奨スペックとおすすめPC

オーバーウォッチ2におすすめのゲーミングPC

チーム対戦型アクションシューティングゲーム『オーバーウォッチ2(Overwatch2)』を快適に動作させる為にはどんなゲームパソコンを選択すればいいのかというのを解説していきます。

オーバーウォッチ2の必要スペックと推奨スペック、グラボ別fpsの検証、そしておすすめのゲーミングPCの情報についてまとめています。

おすすめのゲーミングPCをすぐにチェックしたい方は下の目次をご活用下さい。

オーバーウォッチ2とは

オーバーウォッチ2とは

オーバーウォッチ2は、基本プレイ無料で遊べるチーム対戦型FPSゲームです。

オーバーウォッチは買い切りのゲームでしたが、オーバーウォッチ2では基本プレイ無料になった事でバトルパスが導入されています。

バトルパスは新シーズンが始まる際に購入出来るオプションで、購入するとキャラクターやスキンを貰う事が出来ます。バトルパスは無料とプレミアムの2つがあります。

2023年にはPvEモードも登場予定となっています。

  • 基本プレイ無料になった
  • バトルパスが導入された
  • 5対5に変更(オーバーウォッチは6対6)
  • PvEモードが登場

オーバーウォッチ2の推奨スペック

 必要動作環境推奨動作環境
OSWindows 10( 64ビット)
CPUIntel Core i3
AMD Phenom X3 8650
Intel Core i7
AMD Ryzen 5
メモリ6GB8GB
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 600シリーズ
AMD Radeon HD 7000シリーズ
NVIDIA GeForce GTX 1060
GeForce GTX 1650
AMD R9 380
AMD RX 6400
ストレージ50GB

参考情報:オーバーウォッチ2ストアページ

公式ストアページに記載されているオーバーウォッチ2の推奨環境のスペック表です。

必要動作環境だと動作するレベルになります。

快適なゲームプレイは保証されないので、推奨動作環境のスペックを指標にするのがおすすめです。

オーバーウォッチ2とオーバーウォッチの推奨スペック比較

 オーバーウォッチ2オーバーウォッチ
CPUIntel Core i7
AMD Ryzen 5
Intel Core i5
AMD Phenom II X3, 2.8 GHz
メモリ8GB6GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060
GeForce GTX 1650
AMD R9 380
AMD RX 6400
NVIDIA GeForce GTX 660
AMD Radeon HD 7950
ストレージ50GB30GB

オーバーウォッチからオーバーウォッチ2に変わった事で推奨スペックも変わりました。

比較すると「CPU」「メモリ」「グラフィックス」「ストレージ」の要求スペックが向上しています。

とは言え、推奨グラフィックスは2016年に発売されたミドルクラスの「GTX 1060」やエントリー向けGPU「GTX 1650」が指定されているので、他のゲームと比較して要求スペックが高いという事は無いです。

FPS・TPSゲームの推奨スペックやおすすめのゲーミングPCは以下の記事で解説しています。

FPS・TPSにおすすめのゲーミングPCシューターゲームに代表されるFPSやTPSと言った競技性の高いタイトルでも快適に遊べるゲーミングPCの選び方とおすすめなゲーミングPCをご紹介します。...

オーバーウォッチ2のグラボ別fps

オーバーウォッチ2のグラボ別fps
GPU4K
3840×2160
WQHD
2560×1440
フルHD
1920×1080
RTX 3080 Ti117 FPS200 FPS258 FPS
RTX 3080109 FPS176 FPS228 FPS
RTX 3070 Ti89 FPS153 FPS213 FPS
RTX 307086 FPS144 FPS189 FPS
RTX 3060 Ti69 FPS119 FPS167 FPS
RTX 306052 FPS96 FPS137 FPS
RTX 305036 FPS66 FPS93 FPS
GTX 1660 S33 FPS60 FPS85 FPS
GTX 1650 S25 FPS46 FPS63 FPS

構成はWindows 11、Core i9-12900K、メモリ32GB、ストレージはSSD構成です。

  • 高画質60FPS出して楽しみたい::GTX 1650~がおすすめ
  • 高画質144FPS出して楽しみたい::RTX 3060~がおすすめ
乱戦時の検証計測画面

使用グラフィックス:RTX 3070

画質はエピック(最高)、計測場所は「Eichenwalde」で、乱戦時のみのフレームレート計測です。レンダー・スケールは100%に設定しています。

オーバーウォッチ2とオーバーウォッチのfps比較

オーバーウォッチ2とオーバーウォッチのfps比較
オーバーウォッチ2:Core i9-12900K / オーバーウォッチ:Core i7-12700K使用。

オーバーウォッチ2とオーバーウォッチで実際に同じような条件下で計測した場合にどの程度フレームレートが変わったのか?という点が気になったので比較しました。

オーバーウォッチで計測したグラボ別fpsと今回計測したグラボ別fpsを比較したのが上記のグラフです。

オーバーウォッチ2の方が要求スペックが高いので、144fps出して快適に動作させる為にはある程度性能が高いモデルがおすすめです。

おすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5R-G60S

GALLERIA RM5R-G60S
GALLERIAミニタワーCPURyzen 5 4500
グラフィックGTX 1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5R-G60S」は「GTX 1660 SUPER」を搭載したゲーミングPCです。全体的に買い得感が高いコスパ重視のゲーミングPCです。

 「GALLERIA RM5R-G60」の実機レビュー

GALLERIA RM5C-R36

GALLERIA RM5C-R36
GALLERIAミニタワーCPUCore i5-12400
グラフィックRTX 3060(12GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「GALLERIA RM5C-R36」はRTX 3060搭載のミニタワー型のゲーミングPCです。RTX 3060は最新ゲームや重量級ゲームも楽しめるモデルです。

ガレリアの新筐体は正面部分がLEDで光り、斜めのコンソールパネルも使いやすいです。

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC

G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC
G-TuneミニタワーCPUCore i7-12700F
グラフィックRTX 3060 Ti(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
ケースミニタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

「G-Tune HM-B-3060Ti-FGPC」はRTX 3060 Ti搭載で、重量級ゲームやFPSゲームも快適に動かせるので144fpsを出して快適にプレイしたい方におすすめです。

Core i7&高性能グラフィックス搭載でFPSゲームを本格的に楽しむのにおすすめの1台です。

GALLERIA XA7C-R37

GALLERIA XA7C-R37
ガレリアミドルタワーCPUCore i7-12700
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

レビューはこちら公式サイトはこちら

最新のインテル第12世代プロセッサー「Core i7-1270」搭載の性能重視モデルです。

RTX 3070を搭載しているので、ゲーム実況・配信、最新重量級ゲーム、FPSゲームで高fpsなど様々なシーンで快適に使えます。

おすすめのゲーミングノートPC

GALLERIA XL7C-R36H

GALLERIA XL7C-R36H
GALLERIA XL7C-R36HCPUCore i7-12700H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶16.0型 WUXGA
(165Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

GALLERIA XL7C-R36Hは「RTX 3060」搭載の高スペックノートPCです。リフレッシュレート165Hz対応で、16:10のWUXGA(1920×1200)解像度が特徴的です。

16:9のモニターと比較すると縦方向に領域が広がるので、ゲームの没入感の向上や、作業効率アップの効果が見込めます。

GALLERIA UL7C-R36

GALLERIA UL7C-R36
GALLERIA UL7C-R36CPUCore i7-11800H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(240Hz)

レビューはこちら公式サイトはこちら

「ガレリア XL7C-R36」は最新グラフィックス「GeForce RTX 3060」搭載。最新ゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスペックです。

高速リフレッシュレート240Hz搭載で、滑らかな描画で視認性の向上やエイムのしやすさの向上が見込めるモデルです。

おすすめピックアップ記事