価格で選ぶゲーミングPC

【2020年】ゲーミングPC一式のおすすめを厳選【予算15万】

ゲーミングPCは高い…。と感じている方で、予算15万円前後で全部揃えられる環境を教えて欲しいという方におすすめのゲーミングPC一式をご紹介します。

安くても品質が良くて、質感も良くて快適に使えるコスパ重視のゲーミングPCを厳選しています。

どれを買ったらいいのか分からないから全部一式でPCゲームを快適に楽しむのに必要な製品を教えて欲しいという方に、ゲーミングPC、キーボード、マウス、マウスパッド、液晶モニター、ヘッドセットを厳選して選定しました!これですぐにゲームを楽しむ事が出来ます。

予算15万で選ぶ一式構成のゲーミングPCの選び方

予算を削る上で重要なポイントしてはケース選びが重要です。コストを優先するならミニタワー型(Micro-ATX)のモデルが価格を抑えられるのでおすすめです。

【2020年8月】ゲーミングPCのおすすめランキング10選【選び方も徹底解説】ゲーミングPCのスペックの選び方、おすすめのメーカー、性能目安、用途別、ランキング別にコスパ重視で厳選して紹介しています。...

ミドルタワー型のモデルが欲しい方や更に本格的なモデルも紹介して欲しいという方はこちらの記事もチェックしてみて下さい。

コスパが良く配送が早く人気の『ドスパラ』、品質やサポートに定評のある人気の『G-Tune』、価格のコスパが良い『パソコン工房』の3つから選んでみましょう。

いずれも24時間365日サポートとなっているので急なトラブルにも安心です。

ショップ別PCケースランキング

1位NEXTGEAR-MICRO:ミニタワー(G-Tune)
1位ガレリア専用 KTMミニタワーケース(ドスパラ)
3位パソコン工房のミニタワー
4位Diginnos EM041:ミニタワー(ドスパラ)

1位はG-Tuneとドスパラになります。PCケースの品質が良くてデザインも良いです。

上:KTMミニタワーケース|下:Diginnos EM041:ミニタワーケース

G-Tune:NEXTGEAR-MICRO:ミニタワーケース

パソコン工房:ミニタワー / microATX

見比べてみるとガレリアとG-Tuneはビジュアル的な見た目が良いです。

パソコン工房のミニタワーは正面は良いのですが、背面が一般的なPCの感じになっています。Diginnos EM041(ドスパラの普通のデスクトップ)は実用上は関係無いですが、背面の質感としては少し落ちると思います。

カッコよさという点ではガレリアとG-Tuneがおすすめです。

パソコン工房も価格のコスパが良い製品が多いのでパソコン工房もおすすめです。

総額予算15万で選ぶゲーミングPC

周辺機器はお金が貯まったら買える金額ですが、ゲーミングPCをコロコロ買う事は出来ないですよね。ゲーミングPCには予算を振りたいのでスペックはある程度欲しい所です。

グラフィックボード

性能表はこちらです。ミドルを狙いましょう。エントリーモデルだとビデオメモリが4GBなので重量級ゲームの対応力という観点から不安です。

ビデオメモリ6GB搭載のGTX1660以上から選びましょう。

ゲーミングPCのグラフィックボードの選び方 グラフィックボードはゲームPCを選ぶ際には最重要パーツです。 グラフィックボードにはNVIDIA社の『GeForce』とAMD社の...

CPU

ゲーミングPCのCPUの選び方 CPUはPCの中でもゲームの快適性に直結するパーツです。 その他にも様々な処理に関してCPUの処理能力が高いと作業が快適に行えます...

CPUの選び方はこちらです。予算が限らているので価格面のコスパが光るRyzen 5やFPSメインの方はCore i7がおすすめです。

メモリ

ゲーミングPCのメモリの選び方 メモリの役割は処理に必要なデータを記憶しておく役割があります。 メモリはゲームでは少なすぎるとカクツキに影響を与えたりゲームが落ち...

容量が足りないとゲームが落ちてしまう場合もあるのでメモリは16GBがおすすめです。

SSD

ゲーミングPCのストレージの選び方(SSD / HDD) ゲームにおけるストレージの役割は大きいです。現環境のゲーミングPC事情だとSSDは必須と言っても過言ではありません。 SSDの快適...

ストレージはSSD搭載モデルがおすすめです。パソコンの挙動が全く別物になります。ゲームでもロード時間短縮効果やカクつきを抑える効果があります。

予算を抑えて快適にプレイしたい方におすすめ

ゲーミングPCの予算目安10~12万円

以上のスペックは最低限抑えつつ、予算は削ってコスパが良く品質も良いおすすめのゲーミングPCを紹介していきます。

ガレリア RT5
Ryzen 5 3500
GTX1660 SUPER(6GB)
16GB
SSD 256GB HDD 1TB
8万円台~

レビューはこちら価格・詳細はこちら

Ryzen 5 3500は6コア6スレッド、最大4.1GHz駆動のCPUです。Ryzen 5 3600は6コア12スレッドになるのでRyzen 5 3600もおすすめです。実際に実機でレビューしているので性能に関しては参考にしてみて下さい。

ケースの品質が高くガレリアのKTMケースはおすすめです。

G-Tune PM-A
Ryzen 5 3600
GTX1660Ti(6GB)※
16GB※
SSD 512GB (M.2)※
10万円台~

レビューはこちら価格・詳細はこちら

G-Tune PM-Aはグラボが選択可能です。※はおすすめカスタマイズです。Ryzen 5 3600搭載していてGTX1660Tiも選択可能です。予算を抑えつつコスパも良くて品質も良いので予算を少し上げるならG-Tune PM-Aでしょう。

重量級ゲームをコストを抑えて更に快適に

G-Tune EM-A
Ryzen 5 3600
Radeon RX 5700
16GB
512GB
11万円台~

レビューはこちら価格・詳細はこちら

こちらはRX5700というAMDのグラフィックボードになります。NVIDIAでは無いです。NVIDIA有利のゲームというのも一部あるのですが、Radeon RX 5700の性能はかなり高く、RTX2060もしくはRTX2060 SUPER相当のパフォーマンスがこの価格で手に入るという事を考えると予算を抑えるという意味において極めておすすめしたい一台です。※レビューはRX5700搭載機

Radeon RX 5700のベンチマークを30タイトル以上で計測 AMD Radeon RX 5700のゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックしました。...

FPS・eスポーツでコストを抑えて快適に使いたい方

G-Tune PM-B-AF
Core i7-9700
GTX1660(6GB)
16GB
NVMe SSD 512GB HDD 2TB
11万円台~

レビューはこちら価格・詳細はこちら

FPSで快適にという事になるとCPU性能が重要になります。グラフィックボードも重要ですが、設定を下げて運用する事がFPSでは多いです。そうなるとCPU性能に予算を振り分けたいです。ゲームでは最大動作周波数が高い方が好適になるのでCore i7-9700搭載モデルはおすすめです。

ガレリア XT
Core i7-9700
GTX1660 SUPER(6GB)
16GB
SSD 512GB HDD 1TB
12万円台~

レビューはこちら価格・詳細はこちら

ガレリアXTはミドルタワーのモデルですが、ドスパラのゲーミングPCの中でも特にお得なモデルです。予算15万円で一式を揃えるとなると予算オーバーしてしまうかもしれませんが、性能が高く構成としてはコスパ抜群のモデルなので極めておすすめです。

カスタマイズは必要?

予算が限られているならカスタマイズは最小限に抑えましょう。何もカスタマイズしなくても基本的には問題無いです。+αの恩恵があります。長時間ゲームされる方はCPUグリスのみ推奨です。

【2020年】ガレリアのカスタマイズのおすすめ ドスパラのゲーミングPC『ガレリア』のデスクトップPCのカスタマイズについてまとめていきます。カスタマイズで迷ったという方は参考にし...
G-Tuneのおすすめカスタマイズ G-Tune(マウスコンピューター)のカスタマイズについてまとめました。 個人的におすすめなのは『CPUクーラー』『CPUグリス』...

周辺機器の目安は3~5万円

ショップの方でマウスやキーボードやマウスパッドなどは用意されていてる場合が多いです。同時購入の方がAmazon等で購入するよりコスパが良い場合もあります。

セットで購入したい方はショップの方の周辺機器をメインに考えながら、Amazonの価格も調査しつつ安い方で買うのがお得です。

周辺機器の予算目安:3~5万円

液晶15,000円~25,000円
マウス1,000円~7,000円
マウスパッド2,000円
キーボード2,000円~20,000円
イヤホン・ヘッドセット10,000円
合計30,000円~60,000万

予算を上げればもっと良いスペックや商品もありますが、ひとまずPCゲームを快適に楽しめる予算の目安としては以上の表の通りになります。

3~5万円で必要無いもの削りながら、自宅にイヤホンやヘッドホンがあるなら活用したりして必要な物を補うという形で考えていきましょう。

液晶

液晶はゲーム用途の場合には大きく分けて3つあります。

  1. 解像度(要求スペックが異なる)
  2. パネルの違い(FPS/eスポーツメインかそうではないか)
  3. リフレッシュレート(FPS/eスポーツ)

4K液晶などの高解像度だと高精細になりますが、対応するゲーミングPCの価格が高額になります。

IPSパネルだと広視野角なので、一般的な用途ではIPSがおすすめです。

eスポーツなど競技性の高いゲームに最適なのはTNパネルの144Hz / 240Hzのモニターになります。

液晶の予算目安1.5万円~3万円

フルHD60FPSでプレイしたい方

こちらはBenQの目に優しい・子供の目を守るアイケアモニターという商品です。子供が大丈夫なら大人も大丈夫です。

液晶を選定する際に重要視する項目として『フリッカーフリー』対応かどうかという点です。チラツキを抑えて『眼精疲労、肩こり、頭痛』など健康面に直結してくるので価格を抑えてもこの項目がある商品がおすすめです。

こちらはフリッカーフリーに対応しているモニターで、更に高さ調整も可能です。高さが調整する事ができる事も重要項目です。

格安のモニターと比べると機能が多いのでちょっと価格は高くなるのですが、検討してみて下さい。

ゲーミングPCと液晶モニターのセットはお得な場合が多い! ゲーミングPCを買う時に液晶モニターやゲーミングモニターを持っていないという方の場合にはBTOでゲーミングPCを購入する際にセット購...

以下のような商品を使えば高さ調整が更に簡便になりますが、デスクを選ぶのでスタンドに調整機能がある方がより適していると個人的には思います。

グリーンハウスのガススプリング式モニターアームGH-AMCD01をレビュー グリーンハウスのガススプリング式のモニターアームを購入したのでレビューしていきます。特徴としては、ガススプリング式である事、27イン...

もしモニターアームを使用する事を想定している場合にはモニター側にVESA規格があるかどうかをチェックしましょう。具体的な内容についてはこちらのレビューを参考にしてみて下さい。

144Hz対応のFPS・e-Sports用

FPSなどのeスポーツを本格的にやりたい方におすすめは144Hzに対応したモニターです。描画が滑らかになり、敵を捕捉しやすくなります。

ゲーミングモニターはPCゲーマーなら導入すべき?メリット・デメリット PCゲームではリフレッシュレートの上限が高い値まで設定出来るゲームタイトルが存在します。 これが無いとPCゲームでプレイする場合、...

デメリットはこちらです。しかし、FPSを本気でやるならしっかりとしたFPS・eスポーツ用の製品の方が合っています。

マウス

マウスの予算目安:千円~1万円

PCゲームでコスパ良く使いたい方

コスパ重視ならPCショップで同時購入する1番安いマウスで十分です。または、製品によっては無料で付いてくるマウスで十分です。

無線ならこういう1番安いので良いです。もちろん価格が高い製品の方がより快適になるのですが、精密な作業が多くないならコスト優先で十分でしょう。

FPSで快適に使いたい方

FPSとなるとよりエイムが重要になるので専用のゲーミングマウスが事実上必要になります。無線タイプは価格が高くなるので有線タイプがおすすめです。

MMOで快適に使いたい方

個人的にFF14をプレイするのに使用しているマウスです。ボタンがたくさん付いているのが特徴です。スキルを大量に覚えるのでボタンが沢山付いていると瞬時に押せるので便利です。

キーボード

キーボードの予算目安2千円~2万円

PCゲームでコスパ良く使いたい方

コスパ重視ならPCショップで同時購入する1番安いキーボードで十分です。または、製品によっては無料で付いてくるキーボードで実用上は十分です。

無線ならこういう1番安いので良いです。もちろん価格が高い製品の方がより快適になるのですが、長時間のタイピング作業が多くないならコスト優先で十分でしょう。

Logicool K270 レビュー コスパが高いワイヤレスキーボードならコレがおすすめ ワイヤレスキーボードが必要になりLogicoolさんから販売されているK270を再び購入したのでレビューしていきます。ワイヤレスなの...

FPSで快適に使いたい方

FPSで快適にとなると入力速度が高速な銀軸がおすすめです。

アクチュエーションポイントが1.2mmとなっていて、ちょっと触れば入力が完了します。

高速入力のおかげで他のキーボードを使うよりもっと軽い打鍵で入力する事ができるので疲労感が大幅に低下すると感じています。

普通のキーボードなら1時間ゲームをすると疲弊してしまうのですが、こちらは10時間プレイしても指が疲弊しないです。長時間ゲームをプレイする方におすすめです。

爆速ゲーミングキーボード!Corsair K95 RGB PLATINUM(MX Speed)の実機レビュー CorsairのハイエンドゲーミングキーボードのK95 RGB PLATINUMを購入したので実機レビューしていきます。 K95の...

マウスパッド

マウスパッドが無いとマウスを快適に使えないので必須アイテムです。

マウスパッドの予算目安2千円

定番はQckです。迷ったらコレがおすすめです。

イヤホン・ヘッドセット

イヤホン・ヘッドセットは音を聞くのに必要です。

オンラインゲームでボイスチャットをする方はヘッドセットを、しない方はモニターの音質はあまり良くないのでスピーカーやイヤホンをパソコンに接続してプレイしましょう。

ヘッドセットの予算目安1万円

FPSをやられる方はこちらがおすすめです。

まとめ

ゲーミングPCの予算を削りつつ、コスパも重要視しつつという事でおすすめのゲーミングPCを選びました。

グラボ、CPU、メモリ、ストレージはどれもPCゲームでは重要度が高いです。グラボのみ性能が高くても、CPUのみ性能が高くてもバランスとしてはあまり良くないです。

メモリの容量が不足していても、SSDの容量が少なくても、不満に感じてしまう方もいるかもしれません。

トータルでコスパを最重視しつつある程度バランスの取れた構成内容のゲーミングPCを厳選しているので参考にしてみて下さい。

周辺機器に関しては基本的にはショップの方で同時購入される方がお得という場合も多いのでそちらも検討してみて下さい。参考になれば幸いです。

ゲーミングPC買ったら入れておきたいおすすめのソフト ゲーミングPC買ったら入れておきたいおすすめのソフトを紹介していきます。無料のソフトが中心ですが管理人が使っている有料のソフトも少数...
MENU