周辺機器の選び方

PCゲーマーにおすすめの周辺機器

PCゲーマーの方におすすめのパソコンの周辺機器をおすすめを紹介していきます。

最近のゲーミングデバイスはゲーム向けではあるものの、通常の作業用途でも性能の高さから十分実用に耐える製品が多いので気になる方は是非チェックしてみて下さい。

マウス

マウスはゲーミングPCで最も重要なデバイスだと思います。それゆえにこだわる方が非常に多い周辺機器なので非常に多彩なマウスが販売されています。

Logicool

G502

G502の魅力はチルト機能です。チルトホイールはホイール部分が左右に傾きます。

G500を使っていて、ずっとこの機能が好きで忘れられない便利さです。

PC作業で便利なのでゲームもそうですが、他の作業を考えている方はG502やG502 HEROはおすすめです。

LogicoolのG502 RGBのレビュー RAZERのDeathAdder Eliteが逝ってしまったので急遽ゲーミングマウスを購入しようと色々見てG502 RGBを購入しま...

G502 HEROも買いました。ゲームをメインという方はこちらもおすすめです。マウスは好みがあるので自分の手にしっくりくるマウスが良いと思います。

Logicool G Pro Wireless

評判が高いのでFPS用に購入予定。

マウスバンジー

COUGAR

有線マウス信仰に近いのですが、最近では無線でもかなり良い製品が出ていて無線にすればコードから解放されると分かっていても有線にこだわっています。

その時にケーブルが煩わしいと感じる方におすすめなアイテムがマウスバンジーになります。特にこのクーガーのマウスバンジーは吸着力が半端無いです。

車にスマホを固定する車載ホルダーで吸着力が半端ないアレと同じくらい吸着力があり、成人男性が本気で引っ張っても取れないレベルです。

とにかく動かないのでマウスを左右に思いっきり振れるという安心感があります。ケーブルが取れたり、固定が剥げたりした事が無いのでとりあえず迷ったらコレがおすすめです。

Razer

最高のマウスバンジー?Razer Mouse Bungee V2 レビュー 有線マウスを使用する際にコードの引っかかりや擦れによりマウスパッドを痛める事を防止したりとPCゲーマーにとっては欠かす事の出来ないア...

Razer Mouse Bungee V2はレビューを書いているので参考にしてみて下さい。これから買う方はRazerがイチオシです。

マウスパッド

マウスパッドは以下でまとめています。

ゲーム用のマウスパッドの選び方 マウスパッドは特にPCゲームでキーボードとマウスで操作するタイプのゲームにおいて非常に重要な要素になります。顕著なのがFPSですが、...

クロス素材で滑りがある程度効くマウスパッドがおすすめです。管理人が現在使用しているのはLogicoolのG240tというマウスパッドです。G440も買いましたが、個人的にはFPSで使いにくいのでダメでした。

キーボード

キーボードは必須アイテムですが、PCを買った時に最初に付いてくるキーボードや1,000円程度のキーボードを使っている方はちょっと頑張って1万円クラスのキーボードに手を出してみると世界が変わるかと思います。

ゲームPCのキーボードの選び方

キーボードのスイッチはメンブレン、パンタグラフ、メカニカル(青・赤・茶・黒が代表的なチェーリー軸)、静電容量無接点方式とあります。

Corsair

CorsairのK95は銀軸という軸で、とにかく軽く打鍵しても入力が完了するという特徴があります。MX RGB Speedキーはアクチュエーションポイントが1.2mmで高速な入力が可能です。

特にFPSゲーマーにはおすすめのキーボードです。WASDを長時間操作していても疲労感も低減し、操作面でも高速入力のおかげて移動がスムーズになります。

オーディオ専用キーが地味に便利で、これは本当によく使います。音量の微調整って思っているよりも使うというのが2年使用していて実感する所です。

キーボードで迷っていたらCorsairがおすすめです。

Corsair K95 RGB PLATINUMの実機レビュー

キースイッチアクチュエーションポイント1.2mmのCherry MX Speed
ロールオーバー全キーロールオーバーの 100% アンチゴースト
バックライトRGB
マクロキー6
サイズフルサイズ
キーボード接続有線
筐体航空機レベルのアルミニウム製のフレーム
機能マルチメディア専用キー、USBパススルーポート、WINDOWS キーロックモード
付属取り外し可能なソフトタッチリストレスト、キーキャップセット
キースイッチアクチュエーションポイント1.2mmのCherry MX Speed
ロールオーバー全キーロールオーバーの 100% アンチゴースト
バックライトRGB
マクロキー
サイズフルサイズ
キーボード接続有線
筐体航空機レベルのアルミニウム製のフレーム
機能マルチメディア専用キー、USBパススルーポート、WINDOWS キーロックモード
付属取り外し可能なソフトタッチリストレスト、キーキャップセット
キースイッチアクチュエーションポイント1.2mmのCherry MX Speed
ロールオーバー全キーロールオーバーの 100% アンチゴースト
バックライトRGB
マクロキー
サイズテンキーレス
キーボードの接続有線
筐体航空機レベルのアルミニウム製のフレーム
機能USBパススルーポート、WINDOWS キーロックモード
付属取り外し可能なソフトタッチリストレスト、キーキャップセット

Logicool

Logicoolのテンキーレスで評価の高い『G Pro』も使用していてゲームにはかなり良いです。(G-PKB-001:タクタイルスイッチ)テンキーレスなので幅を取らないので10キーが必要無い方はこちらもおすすめです。

ケーブルも外せるので持ち運びにも良く、Windowsロックキーも付いています。しかし、個人的にはCorsair推しです。

イヤホン

イヤホンは主にFPSやTPSのシューティングゲームをプレイする時に敵の足音を聞きたいので使用しています。

また、深夜帯でもある程度の音量で聴く事が出来る点も嬉しい。

final

オーディオマニアでは無いので専門的・技術的に精通している訳ではありませんが、普段視聴している環境はPCにUSB DACを接続してRHAのT20(2万5千円前後)というイヤホンで音楽やゲームをしています。

その価格帯と比較すると多少値段なりの差はありますが、5000円でこの音ならむしろE3000の方が良いのでは?と思っています。

E2000もあり、上位互換下位互換という訳では無いです。E2000は中音寄りでE3000は全体的にバランスが良いと言った感じです。どちらもコスパに優れた良いイヤホンだと思いますが、個人的にはE2000の方が万人向けかなと思います。

イヤホンは上を見たらキリが無いので5,000円程度のラインで物色するのが良いのかなと思っています。イヤホンなら外出時も使えるので家も外も使えるので1本あるとかなり捗ると思います。

AVIOT

『VGP2019 SUMMER』でコスパ賞を受賞した完全ワイヤレスイヤホンです。音質は良いと思いますが、ワイヤレスなので遅延がある場合を考えるとタイトルは選ぶ可能性はあります。FPSなどは厳しいですが、通常のゲームであればさほど気にならないでしょう。

ワイヤレスなのでゲームというより普段の通常の聞き流しに関してはこちらのイヤホンを最近はよく多用しています。FPSなどの場合には有線と使い分けています。

JPRiDE

右がAVIOTで左がTWS-520というイヤホンです。最近こちらの機種も購入しました。

この無線イヤホンを購入して驚いたのは接続がスムーズという点。形状も耳にフィットしやすく気に入っています。

スピーカー

スピーカーはFOSTEXのスピーカーを使用しています。

人間の可聴域の上限は20KHz(20,000Hz)ですが大抵15KHzなようです。なのでイヤホンだと超高周波は人間には通常聞こえないのですが、スピーカーなら体表面(皮膚)から感じ取れるとか何とか。

超高周波によって人間が快感を感じられるようです。それが『ハイパーソニック・エフェクト』という名前が付けられており、音楽聴くならスピーカーだという事で最近は出来るだけスピーカーで聴くようにしています。

ソースはDOS/V POWERREPORTの2017/11月号の76ページです。放送大学教授の仁科エミさんが回答者。

FOSTEX

音質がクリアで好きです。現在はテレビと接続中。

スピーカーと合わせて買いたい

FOSTEXのスピーカーの左右を繋ぐステレオプラグが弱いのか片方が鳴らない事がありました。なのでケーブルを変えたら何の不具合も無く快適に鳴っているのでケーブルは別の物にした方が良いと思います。

USB DACと接続する方はこちらのケーブルもおすすめです。

Creative

FF14の推奨スピーカーのT40も買いましたが、FOSTEXの方がクリアな感じがして個人的には好きです。

ただFOSTEXの方がボリュームが背面にあるので使い勝手という意味ではT40の方が上です。しかも使っていない時はT40は自動で電源が勝手に切れてくれて使う時は自動でオンになってくれます。なのでこちらも使い勝手含めておすすめです。

DALI

執筆時にメインで使用しているのはDALI OBERON1というスピーカーです。サイズが大きいですが、音は明らかに変わります。PC環境をスペックアップしたい方はスピーカーも本格的な製品だと満足度が高まります。

スピーカースタンド

スピーカーの位置がそのまま置くと低いので高さを上げる為に使用しています。

こちらはかなり大きいのでPCデスクの上に置く場合は注意が必要。

USB DAC

TEAC

USB DACはTEACのUSB DACを使用しています。バナナプラグでDALI OBERON1と接続中。

ゲームパッド

Xbox Oneコントローラー

【Newiy Start】Bluetoothアダプター windows10対応 bluetoothレシーバー usb アダプター 小型 Ver4.0 apt-x EDR/LE対応(省電力) Class2 Bluetooth USBアダプタ「改良版」
Newiy Start

アクションゲームだとパッドがあると捗ります。今はXbox One ワイヤレス コントローラーにBluetoothで接続して使用していますが、快適に動作しています。

Steam以外のゲームではXbox Oneコントローラーを使っています。

PCゲームを無線でプレイしたかったのでXBOX Oneコントローラーを購入したら想像以上に快適だった

Amazonベーシック 高容量充電式ニッケル水素電池単3形8個パック(充電済み、最小容量 2400mAh、約500回使用可能)
Amazonベーシック(AmazonBasics)

個人的にはパナソニックのエネループプロを使っていますが、コスパを考えたらAmazonの充電器とAmazonの電池の方がおすすめですね。

有線接続する場合には電池が要らないのでその分重量が軽くなります。どちらの接続方法もメリット・デメリットがあります。

SwitchのPROコントローラー

最近はSwitchのPROコントローラーをメインに使用中

まず使いやすいという点と、Steamのゲームなら無線で快適にプレイできちゃいます。

LRのボタンがXboxのコントローラーと比較して『カチャカチャ』だとしたら『ポスポス』という感じで静音性に優れているのがSwitchのPROコントローラーの特徴。

なのでLRを多用するゲームと相性が良く、アクションゲームやレーシングゲームではSwitchのPROコントローラーが操作していて指の疲労感が少ないと感じます。

スピーカーでゲームをプレイした時はXboxの方はカチャカチャという自分が操作しているパッドの音が聞こえてきますが、SwitchのPROコントローラーだとかなり低減されます。

SwitchのPROコントローラーは、Windowsの設定からBluetooth接続したらすぐに無線環境で使う事が可能です。

Steamのコントローラーを設定する方法 Steamでコントローラーを使ってゲームをプレイする時の設定はデスクトップから設定する方法とBig pictureモードから設定する...

設定方法はこちらで解説しています。慣れたらこの快適さにはもう戻れない。SwitchのPROコントローラーは電池も必要無い点が嬉しい。

ハンドルコントローラー

レースゲームには必須レベルで必要なハンドルコントローラーの紹介です。ハンコンの場合にはFFB(フォースフィードバック)が搭載されているかいないかで使用感が違うのでFFB対応となると真っ先に選択肢に上がるのがG29です。

Logicool

ハンコンの中ではG29は人気ですね。

Thrustmaster

管理人はT300 GTEditionを使っています。

T300にはAlcantara Editionというのもあります。

これ以上求める場合価格的に高価になるのでG29かT300のどちらかがおすすめです。

いずれにしてもレースゲームの場合にはハンコン無しには戻れないです。

参考動画:Thrustmaster TH8A Shifter with Forza 5 – TX-Wheel & T3PA Pedals in Action

プリンター・複合機

CANON

個人的に使用しているのはこれです。Canonの一番安いモデルから乗り換えたのですが、圧倒的に印刷速度が速く静かで値段の差は感じました。ゲームでも記憶できない情報をまとめて見たり、コマンド等を印刷したり可能ですのでそういう使い方も出来ます。

液晶モニター

フルHD

EIZOのモニターの中で最もスタンダードな製品です。FHDで24インチでIPSでベゼル薄という一般的なモニターなスペックですが、使えば分かる良さがあります。起動が速く、色が正確。

ゲーム向きでは無いのでFPS等のフレームレートを稼げる系のゲームは別のBenQの144Hz対応モニターで遊んでいます。

WQHD

WQHD×144Hz×IPSを使用中です。十分綺麗で、FPSもOKですが、何かに特化している訳では無いので例えば『フルHD×240Hzのゲーミングモニター』の方がFPSには合っていると思います。

綺麗さ重視なら『4K』、臨場感なら『ウルトラワイド』という具合に良い所を全て抑えているけれど万能であるがゆえに他を知っていると特化には勝てないというような印象です。

ただシングル運用で選ぶならパフォーマンスも確保しやすく画質も綺麗で144HzなのでFPSもできるという意味ではベストと言えるでしょう。

ウルトラワイド

最近はウルトラワイドモニターを利用していますが、不満がまだ無いです。という事でおすすめとさせていただきます。

ウルトラワイドとSTEEPの相性は異常です。実際にスノーボードしてる感はやっぱりウルトラワイドの方が臨場感が上がります。

4K

4Kモニターはゲームの場合には綺麗さ重視な方や、スケーリング使用なら文字が綺麗に表示される。スケーリングで使用しない場合には文字は小さくなりますが、使い慣れたソフトの場合には圧倒的な作業領域を確保できるのでYouTuberの方などにもおすすめですね。スペックの観点からはFPS等には合致しないでしょう。

27UL650-W レビュー コスパに優れる4K HDRモニター DisplayHDR400対応 LGの27UL650-Wという4K HDR対応のIPS液晶を購入しましたのでレビューしていきます。本機種の特徴として27インチのサイ...
PCゲーマーの場合27インチ4Kとウルトラワイドならどっちが買い? 今回は4Kモニターで人気がある27インチというサイズとウルトラワイドを比較していきます。 前回は大画面4Kとウルトラワイドの比較記...
難しいゲーミングモニターの選び方を分かりやすく解説!4K?ウルトラワイド?144Hz? ゲーミングPC以上にゲーミングモニター選びは難しいですよね。ゲーミングモニター選びで悩んでいる方は参考にしてみて下さい。 ゲーム用...

デスクライト

Z-LIGHT

机を照らすライトです。クランプ式で机に固定する事が出来るのでクランプ出来る机を持っている方には非常におすすめなデスクライトです。結構可動範囲も広いです。

TP-Link Kasa KL130

ゲーミング部屋の照明環境をスマートLEDランプのマルチカラーで対応【TP-Link Kasa KL130 / Amazon Echo Show 5】 TP-LinkのKL130というスマートLEDランプを購入しました。マルチカラーに対応していてハブ不要でAmazon Alexa、G...

デスクライトはスマートランプのTP-Link Kasa KL130を使用しています。

USBメモリ

USBメモリなんてどれも同じなんじゃ…。そう思っていた時期がありましたが、実際に長期間使用していると認識しない個体もあり、色々買った中で特におすすめなのがシリコンパワーです。

ちゃんと認識する。それだけで神です。個体差はあるかもしれませんが、今まで外れを引いた事が無いのでおすすめとさせて頂きます。

LANの拡張(スイッチングハブ)

有線LANの安定した通信環境が良いという方にとって、複数台の接続機器がある場合にLANのポートが足りないという場合もあるかもしれません。

PS4、PS3、メインのゲーミングPCとサブのPCとかなど色々接続していくとポートが足りないという場合があると思いますが、その場合に拡張してくれるのがスイッチングハブになります。

外付けHDD

やっぱり大容量のHDDがあるとMODなどのデータをバックアップしたりする際に非常に便利です。これはGood!

ラベル貼り:キングジム テプラPRO SR250

キングジムのテプラでシールを作成し各種ケーブルに貼り付ける事で整理整頓した時に何のケーブルなのかを忘れた時に便利に活用可能!ACアダプターとモニターのケーブルが酷似していたりUSB系のケーブルに貼っておけば何用のケーブルだったかが一目瞭然になるので重宝しています。

ケーブルにシールを貼って整理!キングジム テプラPRO SR250の実機レビュー

無線LANアダプタ

無線LANアダプタのおすすめ!BTOパソコン・自作パソコンに最適 BTOパソコンや自作パソコンを購入した際に無線でインターネットを繋ぐ際に必要になるのが無線LANアダプタです。 家に無線LANの環...

こちらでまとめています。

おまけ:環境編

いくら良いゲーミングPCを購入しても、良い周辺機器を購入しても環境がキツイと快適にはなりませんよね。

管理人は以下の環境ですが、よく違う環境でゲームをプレイする事も多々あります。その際に感じるのが安定した環境が無いとオンラインゲームの場合に自分のパフォーマンスが劇的に落ちると感じます。

PCデスクとPCチェアが安定したパフォーマンスを生み出すので競技性の高いタイトルを中心にプレイする方はPCデスクとPCチェアがおすすめになります。

PCデスク

PCデスクはfantoniのGTを購入しました。公式サイトはこちら

サイズは幅1800×奥行800にしたので広々していて使いやすいです。揺れに関しては個人的には気になりません。1万円程度の机と比較したら揺れないです。

PCチェア

PCチェアは2017/3/22にAKRACINGのWOLFを購入しました。

ゲーミングチェアは背もたれが大きいので後傾姿勢も取りやすく長時間の作業やゲームに適しています。

AKRACINGのWOLFを3年使用して現在は家族が使っていますが、個人的には2020年にこちらのPCチェアに買い替えました。

まとめ

PCの周辺機器としてはマウス、キーボード、ゲームパッド、スピーカーやイヤホン、モニターが実際にゲームをする上でプレイ体験に密接に関わってくるのでここは妥協しない方が良いでしょう。

以上になります。また色々買ってこれは良かったと思った製品があったら加筆修正を繰り返していこうと思います。

おすすめピックアップ記事