周辺機器のおすすめ

PCゲーマーにおすすめの周辺機器

PCゲーマーの方におすすめのパソコンの周辺機器をおすすめを紹介していきます。

最近のゲーミングデバイスはゲーム向けではあるものの、通常の作業用途でも性能の高さから十分実用に耐える製品が多いので気になる方は是非チェックしてみて下さい。

マウス

マウスはゲーミングPCで最も重要なデバイスだと思います。それゆえにこだわる方が非常に多い周辺機器なので非常に多彩なマウスが販売されています。

G502

G502の魅力はチルト機能です。チルトホイールはホイール部分が左右に傾きます。

G500を使っていて、ずっとこの機能が好きで忘れられない便利さです。

PC作業で便利なのでゲームもそうですが、他の作業を考えている方はG502やG502 HEROはおすすめです。

LogicoolのG502 RGBのレビュー RAZERのDeathAdder Eliteが逝ってしまったので急遽ゲーミングマウスを購入しようと色々見てG502 RGBを購入しま...

G502 HEROも買いました。ゲームをメインという方はこちらもおすすめです。マウスは好みがあるので自分の手にしっくりくるマウスが良いと思いますがG502は作業用途としては最高のマウスです。

Logicool G Pro Wireless

評判が高いのでG Pro WirelessをFPS用に購入しました。

74gの軽量マウス『Razer Viper Ultimate』はFPSで使いやすい!感想レビュー 『Razer Viper Ultimate』を購入したのでレビューを書いていきます。Razer Viper Ultimateは74g...

Razer Viper Ultimateも軽いマウスなのですが、どちらも2ヶ月使ってみた思ったのはRazer Viper Ultimateはスタンドが付いているので充電するのが楽です。

Razer Viper Ultimateの形状が少し平べったいので持ちやすさではG Proに個人的には劣ると思います。

G Proの方は手にしっくりくるのでゲームではベストなゲーミングマウスで、使いやすい印象です。FPSをプレイする方には非常におすすめのマウスです。

マウスバンジー

COUGAR

有線のケーブルが煩わしいと感じる方におすすめなアイテムがマウスバンジーになります。特にこのクーガーのマウスバンジーは吸着力が半端無いです。

車にスマホを固定する車載ホルダーで吸着力が半端ないアレと同じくらい吸着力があり、成人男性が本気で引っ張っても取れないレベルです。

とにかく動かないのでマウスを左右に思いっきり振れるという安心感があります。ケーブルが取れたり、固定が剥げたりした事が無いのでおすすめです。

Razer

最高のマウスバンジー?Razer Mouse Bungee V2 レビュー 有線マウスを使用する際にコードの引っかかりや擦れによりマウスパッドを痛める事を防止したりとPCゲーマーにとっては欠かす事の出来ないア...

Razer Mouse Bungee V2はレビューを書いているので参考にしてみて下さい。これから買う方はRazerがイチオシです。

マウスコードホルダーの選び方とおすすめのバンジー マウスコードホルダーにはいくつか商品がありますが、そこまでメジャーなジャンルでは無いのか沢山の選択肢があるという訳ではありません。最...

マウスパッド

マウスパッドは以下でまとめています。

ゲーム用のマウスパッドの選び方 マウスパッドは特にPCゲームでキーボードとマウスで操作するタイプのゲームにおいて非常に重要な要素になります。顕著なのがFPSですが、...

クロス素材で滑りがある程度効くマウスパッドがおすすめです。管理人が現在使用しているのはSteelSeries QCK、ARTISAN、LogicoolのG240tというマウスパッドです。

G440も買いましたが、FPSで滑り過ぎて個人的にはダメでした。LogicoolのG640rはApexLegends等のバトロワゲームをプレイするならおすすめです。

キーボード

キーボードは必須アイテムですが、PCを買った時に最初に付いてくるキーボードや1,000円程度のキーボードを使っている方はちょっと頑張って1万円クラス、2万円クラスのキーボードに手を出してみると世界が変わるかと思います。

ゲームPCのキーボードの選び方

キーボードのスイッチはメンブレン、パンタグラフ、メカニカル(青・赤・茶・黒が代表的なチェーリー軸)、静電容量無接点方式とあります。

Corsair

CorsairのK95は銀軸という軸で、とにかく軽く打鍵しても入力が完了するという特徴があります。MX RGB Speedキーはアクチュエーションポイントが1.2mmで高速な入力が可能です。

特にFPSゲーマーにはおすすめのキーボードです。WASDを長時間操作していても疲労感も低減し、操作面でも高速入力のおかげて移動がスムーズになります。

オーディオ専用キーが地味に便利で、これは本当によく使います。音量の微調整って思っているよりも使うというのが2年使用していて実感する所です。

キーボードで迷っていたらCorsairがおすすめです。

Corsair K95 RGB PLATINUMの実機レビュー

Logicool

Logicoolのテンキーレスで評価の高い『G Pro』も使用していてゲームにはかなり良いです。(G-PKB-001:タクタイルスイッチ)テンキーレスなので幅を取らないので10キーが必要無い方はこちらもおすすめです。

ケーブルも外せるので持ち運びにも良く、Windowsロックキーも付いています。しかし、個人的にはCorsair推しです。

SteelSeries

SteelSeriesの『APEX PRO』はゲームも文字打ちも快適に行いたい方におすすめです。

価格は高くなりますが、アクチュエーションポイントを任意で変更する事ができるので文字打ちも快適に行えます。

アクチュエーションポイントを0.4mmの爆速の入力を体験してみたいゲーマーの方にもおすすめのゲーミングキーボードです。

『APEX PRO TKL』レビュー:ゲームも文字打ちも快適 APEX PRO TKLを購入したのでレビューを書いていきます。APEX PRO TKLはOmniPointスイッチを採用しているの...

イヤホン

イヤホンは主にFPSやTPSのシューティングゲームをプレイする時に敵の足音を聞きたいので使用しています。

また、深夜帯でもある程度の音量で聴く事が出来る点も嬉しい。

画像右側にいくほど遮音性が高くなります。反対に左側だと遮音性は低いです。

ゲームでは遮音性の高さが集中するのに重要な要素となるので遮音性が高いモデルがおすすめです。

しかし長時間ゲームをプレイする場合には遮音性の高いイヤホンは耳が痛くなってくる場合があるので管理人はE4000を現在は主に使用しています。

FINAL E4000はリケーブル対応で独自のイヤーピーススウィングフィット機構で装着感が良いです。リアリティのある臨場感が魅力。

長時間ゲームをプレイする方にFINALのEシリーズはおすすめです。10時間ゲームをプレイしても耳が全く痛くならないのはイヤホンの形状にあります。ずぼっと刺さり、シュア掛けすればゲームでも快適です。

SE215 Special Editionは豊かな低音域と透明感のある高音域を組み合わせた高精度サウンドが魅力。遮音性が高くゲームに集中したいゲーマーにおすすめのイヤホンです。

1位が1500円の安いイヤホンですが、かなり長期間使っても壊れない耐久性の高さとコスパ面で実用的には十分かなという気がします。他の高いイヤホンと比較しなければ気にならないと思うので作業用としておすすめです。

価格的にOKであればFINALのEシリーズが作業用としては個人的に最もおすすめです。

無線

無線の完全ワイヤレスイヤホンに関してはゲームによっては聞けないタイトルもあります。環境にもよるかもしれませんが、特定のタイトルで音が出ないという事があったのでゲームの場合には基本的には音は有線がおすすめです。

マウス、キーボード、コントローラーは無線でも大丈夫です。

WF-1000XM3は普段使いや音楽を聞いたり、無線なので部屋を掃除したり動いている時でもケーブルの煩わしさから開放される点が良いです。

業界最高クラスのノイズキャンセルに完全ワイヤレスでもハイレゾ級の高音質が魅力的です。アプリでイコライザー調整する機能もあるのでワイヤレスイヤホンで良い製品が欲しい方におすすめです。

寝る時に使う睡眠用イヤホンとしておすすめはTWS-520です。画像左がJPRiDEのワイヤレスイヤホンです。半年使用して気付いたのがこの形状が寝返りを打った時に枕に当たって取れてしまう問題を完全に解消しています。(朝起きたらどこかに飛んでいるのですが…)

耳にはめた時に完全にフラットになるので取れたりする事なく快適に使える点が良く音質も良いです。

線があるとケーブルがひっかかってしまって取れてしまいます。そうなると睡眠用としては適さない場合がありますが、ワイヤレスなのでその問題も完璧に解消しています。眠れない夜に常備したい完全ワイヤレスイヤホンです。

スピーカー

スピーカーはFOSTEXのスピーカーを使用しています。

人間の可聴域の上限は20KHz(20,000Hz)ですが大抵15KHzなようです。なのでイヤホンだと超高周波は人間には通常聞こえないのですが、スピーカーなら体表面(皮膚)から感じ取れるとか何とか。

超高周波によって人間が快感を感じられるようです。それが『ハイパーソニック・エフェクト』という名前が付けられており、音楽聴くならスピーカーだという事で最近は出来るだけスピーカーで聴くようにしています。

ソースはDOS/V POWERREPORTの2017/11月号の76ページです。放送大学教授の仁科エミさんが回答者。

FOSTEX

音質がクリアで好きです。現在はテレビと接続中。

スピーカーと合わせて買いたい

FOSTEXのスピーカーの左右を繋ぐステレオプラグが弱いのか片方が鳴らない事がありました。なのでケーブルを変えたら何の不具合も無く快適に鳴っているのでケーブルは別の物にした方が良いと思います。

USB DACと接続する方はこちらのケーブルもおすすめです。

Creative

FF14の推奨スピーカーのT40も買いましたが、FOSTEXの方がクリアな感じがして個人的には好きです。

ただFOSTEXの方がボリュームが背面にあるので使い勝手という意味ではT40の方が上です。しかも使っていない時はT40は自動で電源が勝手に切れてくれて使う時は自動でオンになってくれます。なのでこちらも使い勝手含めておすすめです。

DALI

執筆時にメインで使用しているのはDALI OBERON1というスピーカーです。サイズが大きいですが、音は明らかに変わります。PC環境をスペックアップしたい方はスピーカーも本格的な製品だと満足度が高まります。

特に音量が取れる環境にある方はスピーカーは音の良さや臨場感が違うのでスピーカーでゲームをプレイしたり、音楽聞くのもおすすめです。

スピーカースタンド

スピーカーの位置がそのまま置くと低いので高さを上げる為に使用しています。

こちらはかなり大きいのでPCデスクの上に置く場合は注意が必要。

USB DAC

USB DACはTEACのUSB DACを使用しています。バナナプラグでDALI OBERON1と接続中。

ゲームパッド

Xbox Oneコントローラー

アクションゲームだとパッドがあると捗ります。今はXbox One ワイヤレス コントローラーに純正のワイヤレスアダプターで接続して使用していますが、快適に動作しています。

PCゲームを無線でプレイしたかったのでXBOX Oneコントローラーを購入したら想像以上に快適だった PCゲームでWindowsに対応したゲームパッドと言えばXbox Oneのコントローラーが鉄板ですが、無線にするにはレシーバーが必要...

個人的にはパナソニックのエネループプロを使っていますが、コスパを考えたらAmazonの充電器とAmazonの電池の方がおすすめですね。

有線接続する場合には電池が要らないのでその分重量が軽くなります。どちらの接続方法もメリット・デメリットがあります。

電池交換の手間から開放されるXbox One プレイ&チャージ キットはおすすめ XboxOneコントローラーを単体で購入した場合には電池を交換するという流れになりますが、アクセサリーとしてXbox One プレイ...

チャージキットを使うと電池交換の手間は省けます。

SwitchのPROコントローラー

SwitchのPROコントローラーも使用中

まず使いやすいという点と、Steamのゲームなら無線で快適にプレイできちゃいます。

LRのボタンがXboxのコントローラーと比較して『カチャカチャ』だとしたら『ポスポス』という感じで静音性に優れているのがSwitchのPROコントローラーの特徴。

LRを多用するゲームと相性が良く、アクションゲームやレーシングゲームではSwitchのPROコントローラーが操作していて指の疲労感が少ないと感じます。

スピーカーでゲームをプレイした時はXboxの方はカチャカチャという自分が操作しているパッドの音が聞こえてきますが、SwitchのPROコントローラーだとかなり低減されます。

SwitchのPROコントローラーは、Windowsの設定からBluetooth接続したらすぐに無線環境で使う事が可能です。

Steamのコントローラーを設定する方法 Steamでコントローラーを使ってゲームをプレイする時の設定はデスクトップから設定する方法とBig pictureモードから設定する...

設定方法はこちらで解説しています。SwitchのPROコントローラーは電池も必要無い点が嬉しい。

ハンドルコントローラー

レースゲームには必須レベルで必要なハンドルコントローラーの紹介です。ハンコンの場合にはFFB(フォースフィードバック)が搭載されているかいないかで使用感が違うのでFFB対応となると真っ先に選択肢に上がるのがG29です。

Logicool

ハンコンの中ではG29は人気ですね。

Thrustmaster

管理人はT300 GTEditionを使っています。

T300にはAlcantara Editionというのもあります。

これ以上求める場合価格的に高価になるのでG29かT300のどちらかがおすすめです。

いずれにしてもレースゲームの場合にはハンコン無しには戻れないです。

参考動画:Thrustmaster TH8A Shifter with Forza 5 – TX-Wheel & T3PA Pedals in Action

プリンター・複合機

CANON

個人的に使用しているのはこれです。Canonの一番安いモデルから乗り換えたのですが、圧倒的に印刷速度が速く静かで値段の差は感じました。ゲームでも記憶できない情報をまとめて見たり、コマンド等を印刷したり可能ですのでそういう使い方も出来ます。

液晶モニター

フルHD

EIZOのモニターの中で最もスタンダードな製品です。FHDで24インチでIPSでベゼル薄という一般的なモニターなスペックですが、使えば分かる良さがあります。起動が速く、色が正確。

ゲーム向きでは無いのでFPS等のフレームレートを稼げる系のゲームはBenQの144Hz対応モニターがおすすめです。

ゲーミングモニターはPCゲーマーなら導入すべき?メリット・デメリット PCゲームではリフレッシュレートの上限が高い値まで設定出来るゲームタイトルが存在します。 これが無いとPCゲームでプレイする場合、...

WQHD

WQHD×144Hz×IPSを使用中です。十分綺麗で、FPSもOKですが、何かに特化している訳では無いので例えば『フルHD×240Hzのゲーミングモニター』の方がFPSには合っていると思います。

綺麗さ重視なら『4K』、臨場感なら『ウルトラワイド』という具合に良い所を全て抑えているけれど万能であるがゆえに他を知っていると特化には勝てないというような印象です。

ただシングル運用で選ぶならパフォーマンスも確保しやすく画質も綺麗で144HzなのでFPSもできるという意味ではベストと言えるでしょう。

ウルトラワイド

ウルトラワイドモニターを利用していますが、作業性の高さやゲームでの臨場感の高さに期待したい方におすすめです。

ウルトラワイドとSTEEPの相性は異常です。実際にスノーボードしてる感はやっぱりウルトラワイドの方が臨場感が上がります。

4K

4Kモニターはゲームの場合には綺麗さ重視な方や、スケーリング使用なら文字が綺麗に表示される。

スケーリングで使用しない場合には文字は小さくなりますが、使い慣れたソフトの場合には圧倒的な作業領域を確保できるのでYouTuberの方などにもおすすめです。スペックの観点からはFPS等には合致しないでしょう。

27UL650-W レビュー コスパに優れる4K HDRモニター DisplayHDR400対応 LGの27UL650-Wという4K HDR対応のIPS液晶を購入しましたのでレビューしていきます。本機種の特徴として27インチのサイ...
PCゲーマーの場合27インチ4Kとウルトラワイドならどっちが買い? 今回は4Kモニターで人気がある27インチというサイズとウルトラワイドを比較していきます。 前回は大画面4Kとウルトラワイドの比較記...
難しいゲーミングモニターの選び方を分かりやすく解説!4K?ウルトラワイド?144Hz? ゲーミングPC以上にゲーミングモニター選びは難しいですよね。ゲーミングモニター選びで悩んでいる方は参考にしてみて下さい。 ゲーム用...

DisplayPortケーブル

サンワサプライのDisplayPortケーブルがおすすめなたった1つの理由 モニターとパソコンを接続する際に必要なケーブルとしてDisplayPortケーブルがあります。最近のゲーミングPC(ビデオカード)の...

デスクライト

Z-LIGHT

机を照らすライトです。クランプ式で机に固定する事が出来るのでクランプ出来る机を持っている方には非常におすすめなデスクライトです。結構可動範囲も広いです。

TP-Link Kasa KL130

ゲーミング部屋の照明環境をスマートLEDランプのマルチカラーで対応【TP-Link Kasa KL130 / Amazon Echo Show 5】 TP-LinkのKL130というスマートLEDランプを購入しました。マルチカラーに対応していてハブ不要でAmazon Alexa、G...

デスクライトはスマートランプのTP-Link Kasa KL130を使用しています。

USBメモリ

USBメモリなんてどれも同じなんじゃ…。そう思っていた時期がありましたが、実際に長期間使用していると認識しない個体もあり、色々買った中で特におすすめなのがシリコンパワーです。

ちゃんと認識する。それだけで神です。個体差はあるかもしれませんが、今まで外れを引いた事が無いのでおすすめです。

LANの拡張(スイッチングハブ)

有線LANの安定した通信環境が良いという方にとって、複数台の接続機器がある場合にLANのポートが足りないという場合もあるかもしれません。

PS4、PS3、メインのゲーミングPCとサブのPCとかなど色々接続していくとポートが足りないという場合があると思いますが、その場合に拡張してくれるのがスイッチングハブになります。

ラベル貼り:キングジム テプラPRO SR250

キングジムのテプラでシールを作成し各種ケーブルに貼り付ける事で整理整頓した時に何のケーブルなのかを忘れた時に便利に活用可能!ACアダプターとモニターのケーブルが酷似していたりUSB系のケーブルに貼っておけば何用のケーブルだったかが一目瞭然になるので重宝しています。

ケーブルにシールを貼って整理!キングジム テプラPRO SR250の実機レビュー

無線LANアダプタ

無線LANアダプタのおすすめ!BTOパソコン・自作パソコンに最適 BTOパソコンや自作パソコンを購入した際に無線でインターネットを繋ぐ際に必要になるのが無線LANアダプタです。 家に無線LANの環...

こちらでまとめています。

おまけ:環境編

いくら良いゲーミングPCを購入しても、良い周辺機器を購入しても環境がキツイと快適にはなりませんよね。

管理人は以下の環境ですが、よく違う環境でゲームをプレイする事も多々あります。その際に感じるのが安定した環境が無いとオンラインゲームの場合に自分のパフォーマンスが劇的に落ちると感じます。

PCデスクとPCチェアが安定したパフォーマンスを生み出すので競技性の高いタイトルを中心にプレイする方はPCデスクとPCチェアがおすすめになります。

PCデスク

PCデスクはfantoniのGTを購入しました。公式サイトはこちら

サイズは幅1800×奥行800にしたので広々していて使いやすいです。揺れに関しては個人的には気になりません。1万円程度の机と比較したら揺れないです。

デメリットとしてはこのサイズだと最低でも大人2人以上いないと動かす事も困難です。10年以上使い続けたいという方にはおすすめです。

PCチェア

PCチェアは2017/3/22にAKRACINGのWOLFを購入しました。

ゲーミングチェアは背もたれが大きいので後傾姿勢も取りやすく長時間の作業やゲームに適しています。

AKRACINGのWOLFを3年使用して現在は家族が使っていますが、個人的には2020年にこちらのPCチェアに買い替えました。こちらの椅子は前傾姿勢で作業する方ではなく後傾姿勢で作業する方におすすめのPCチェアです。

エルゴヒューマン座っていたらもっと上の世界が見たい欲が出てきたのでエンボディチェアを現在は検討中です。

エンボディゲーミングチェアを入荷待ちです。。

オットマン

Bauhutteのゲーミングオットマンワイドをレビュー あぐらスタイルもOK Bauhutteさんから販売されているゲーミングオットマンワイドを購入しました。 コントローラースタイルの際に足の置き場に困るとい...

ゲーミングチェアマット

チェアマットは床を傷つけて剥がしてしまったりする事から保護してくれます。掃除がしやすく、PCチェアの滑りも良いです。

まとめ

PCの周辺機器としてはマウス、キーボード、ゲームパッド、スピーカーやイヤホン、モニターが実際にゲームをする上でプレイ体験に密接に関わってくるのでここは妥協しない方が良いでしょう。

以上になります。また色々買ってこれは良かったと思った製品があったら加筆修正を繰り返していこうと思います。

おすすめピックアップ記事