ゲーム推奨スペック

Half-Life: Alyxの推奨スペックとおすすめのゲーミングPC

『Half-Life: Alyx』はVR専用ゲームとなっているので他のゲームでは味わう事の出来ない、実際にその場にいるかのような仮想現実の中でゲームを体験する事が可能という特徴があります。

PC用VR専用ゲーム『Half-Life: Alyx』の推奨スペックとおすすめのゲーミングPCについてまとめています。

Half-Life: Alyxの基本情報

プラットフォームWINDOWS(STEAMVR)
エンジンSOURCE 2
リリース日2020年3月24日
日本語対応
VR機器Valve Index / HTC Vive / Oculus Rift / Oculus Quest / Windows Mixed Reality

日本語に対応しています。Steamで販売中です。

Half-Life: AlyxはVR専用ゲーム

『Half-Life: Alyx』はPC用VR専用ゲームなのでVR機器が必要になります。対応機器は以上になります。

つまみでラジオがいじれたり

空き缶を潰したり

その場にあるオブジェクトに干渉する事が出来ます。クレヨンが落ちていたので拾って壁に落書きしたら本当に書けた時はびっくりしました。VR機器をまだ持っていないPCゲーマーの皆さんでHalf-Life: Alyxに興味がある方はこの機会にVRデビューしてみてはいかがでしょうか。

Half-Life: Alyxの必要スペック

最低スペック
OSWINDOWS 10
CPUIntel Core i5-7500
AMD  Ryzen 5 1600
GPUGeForce GTX 1060
RX 580 – 6GB VRAM
メモリ12GB以上

参考情報:Steamストアページ

推奨スペックの記載が無く、最低スペックとしてCPUはCore i5、Ryzen 5が指定されています。

ビデオカードはGTX1060 / RX 580が指定されています。VRAMとしては6GB以上必要という事なのでGTX1060(6GB)以上が一つ目安になるでしょう。

メモリは12GB以上なので16GB搭載機が必要になってきます。

実際にプレイして推奨スペックを調査

環境はCore i7-9700K、メモリ16GB、SSDにインストールし、グラフィックドライバーは執筆時で最新の「445.75」(DLSS 2.0やHalf-Life: Alyxの最適化が行われているドライバー)、VR機器はHTC Viveで調査しました。

GTX1650

推奨スペックですとGTX1060が指定されているので、性能としては更に低いGTX1650が手元にあるのでGTX1650(ビデオメモリ4GB)で快適にプレイできるかどうかを調査しました。

結果としてはダメした。画面が真っ黒になってしまって音はするけれど表示が来ないという感じでしたのでやっぱり無理そうです。

GTX1660 SUPER

続きましてGTX1060を超えるGTX1660 SUPERで試してみました。

こちらはきちんと表示され、動作も問題無く快適です。GTX1060以上のビデオメモリ6GB以上あれば大丈夫そうですね。

GTX1060は必要スペックでもあり推奨スペックでもあったという所でしょうか。

Half-Life: AlyxにおすすめのゲーミングPC

当サイト限定お得モデル

G-Tune PM-B-AF
CPUCore i7-9700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD 2TB HDD
ケースミニタワー(MicroATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のGTX1660 SUPER搭載モデル。GTX1660 SUPERなので重量級ゲームも楽しみたい方におすすめです。CPUはCore i7-9700搭載でゲームに好適です。はじめてのゲーミングPCにおすすめ。

Core i7×GTX1660 SUPER搭載のミドルの新定番

ガレリア XA7C-G60S
CPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

「ガレリア XA7C-G60S」は最新構成で高いコストパフォーマンスとゲームでのパフォーマンスの高さからおすすめの一台です。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマークを20タイトル以上で計測 GeForce GTX 1660 SUPERのゲーム性能をベンチマークや実際のゲームで動かしてどの位快適に動作可能なのかをチェックし...

Half-Life: Alyxはそこまで重いVRゲームではない印象ですが、先述の通りGTX1650で検証した所ビデオメモリ4GBは厳しい。最新のGTX1660 SUPERはビデオメモリ6GB搭載なのでHalf-Life: Alyxが快適に動作していました。

VRゲームにおすすめのゲーミングPC

ガレリアの新筐体!RTX2070 SUPER搭載モデル

ガレリア XA7C-R70S
CPUCore i7-10700
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 512GB
ケースミドルタワー(ATX)

公式サイトはこちら

「ガレリア XA7C-R70S」は最新構成の人気モデルです。高いコストパフォーマンスとゲームでのパフォーマンスの高さからおすすめしたい一台。

【当サイト限定】RTX2070 SUPER搭載モデル

G-Tune HN-Z-AF
CPUCore i7-9700K
グラフィックRTX2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB HDD 2TB
ケースミドルタワー(ATX)

レビューはこちら公式サイトはこちら

当サイト限定のRTX2070 SUPER搭載モデル。レイトレーシング対応。ビデオメモリは8GB搭載。筐体のメンテナンス性や使い勝手が良いモデルです。

【2020年】RTX 2070 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC GeForce RTX 2070 SUPER搭載のゲーミングPCを紹介していきます。リアルタイムレイトレーシングに対応し、NVIDI...

VRゲームとなるとFallout 4 VR等重いVRゲームもあります。Fallout 4 VRはGTX1080が推奨スペックとなっています。

実際に実機でGTX1080以下のビデオカードでプレイした事があるのですが、カクカクしたりして快適に動作しなかった経験があります。

RTX2070 SUPERクラスのハイスペックなビデオカードを搭載したモデルだと幅広くVRゲームを楽しめる環境なのでおすすめです。

まとめ

ゲームにおいて最も重要なグラフィックボードの性能目安です。数値は製品によって誤差があるので参考程度に見てみて下さい。

Half-Life: Alyxを快適にプレイするにはミドルクラス以上がおすすめです。他のVRゲームも楽しみたい方はアッパーミドルクラスが狙い目です。

スカイリムの推奨スペック!MOD+ENBを入れても快適に動くおすすめのゲーミングPC Oblivion、Fallout3、Fallout: New Vegasといったタイトルが話題になり、家庭用ゲーム機でベゼスタの新作...
おすすめピックアップ記事