ゲーム推奨スペック

マインクラフトのノートPCでのMODを入れても快適な推奨スペック

afa_R

【デスクトップ】マインクラフトPC版の推奨スペック&MODを入れても快適な推奨スペック ←デスクトップについてはコチラで解説しています。

ノートPCでマインクラフトをプレイしたいという人もいるかと思います。大前提としてノートPCでマインクラフトが出来るか?というと確実に出来ます。

minecraftx205ta

格安の3~4万円程度の普通のノートパソコンでもプレイする事は可能です。

X205TAというASUSが販売しているCPUはAtomの低スペックのパソコンですが、それでもWindows10版のマインクラフトはもちろん動きますし、普通のPC版のマインクラフトもoptifineという軽量化MODを入れれば動かす事は可能です。

ですが・・・。

ノートPCのマインクラフトは何故ダメなのか?

PC版のマインクラフトをおすすめする人は多いのに、ノートPCでマインクラフトを推奨している人は少ない。ほとんどの人がデスクトップPCをおすすめしています。

昔と比べて最近はおすすめしている人もちらほら出てきた印象です。昔より製品としてのクオリティが向上しているからかもしれないですね。

パソコンに全く詳しくない方だと何故ノートPCではダメなのかが分からないと思うので出来るだけ簡単に説明します。

デメリット

まず大前提としてマインクラフトだからノートPCでプレイするのはダメという訳では無いです。マインクラフトに限らずスペック要求が高いゲームに関しては基本的にデスクトップPC一択です。

理由は沢山ありますが、価格面だとデスクトップPCとノートPCが同じようなスペックであってもデスクトップPCの方が安いです。

他にも人→入力装置(キーボードやマウス)→パソコン→出力装置(モニター)というパソコンではこの一連の流れでコンピューターは動作しますが、入力機器がノートPCの場合は一体になっており、CPUなどの熱くなるパーツがあるので高負荷をかけると熱くなりがちです。

デスクトップの場合は外付けなのでキーボードが熱くなるリスクはありません。

他にもモニターが壊れた場合もノートだと一体化しているのでリスクはあります。デスクならそのリスクはありません。分離しているので壊れたら別途買えば済みます。

つまり修理費が高くつく可能性もありますし、製品寿命を考えた時にはノートの方が不利になるケースがあります。

そして最大のデメリットとしてゲーミングノートPCはかなり重いです。なので選ぶ基準としてはスペックだけでは無くて本体の重量を選ぶ基準にするのがいいと思います。ゲーミングノートPCでも割りと軽い製品もあります。

最近のゲーミングノートPCでは2kg以下の製品も登場しています。液晶周りもスッキリしていたり昔と比較するとゲーミングノートPCもかなりスタイリッシュになってきたと思います。

メリット

逆にメリットは何か?と考えると持ち運びが出来るという点と省スペースなので場所を取らないという点が最大のメリットです。

ゲーミングPCという点で言えば普通のノートPCと比べるとグラフィック性能が大幅に上がっているので高いグラフィック性能を要求されるゲームをプレイする事が出来ます。

マインクラフトならMODや影MODを入れてプレイする事が可能です。

ゲーミングノートPCはどんな人におすすめ?

現実としてゲーミングノートPCというは新製品が出てますし、売れています。

これは色々理由はあると思いますが、基本的に家にいない人にはおすすめだと個人的には思っています。

よくゲーミングノートPCはおすすめできないと言われていますが、そもそも家にいないならデスクトップPCを選ぶ人はいません。

例えば年間を通して海外出張が多い人や引っ越しの回数が多い人、ホテル暮らしが多い人、学生さんなど、固定された場所にいる時間が短い人にはあたりまえですが、デスクトップPCはただのデカイ箱なので頻繁に持ち運んだりする事は現実的では無いですし、場所を取るのでノートPCの方が優れています。

そういう環境にいる人でマインクラフトで影MOD入れてプレイしたいなどの場合は、ゲーミングノートPCを選択する方がいいと思います。というかそれしか選択肢が無いですよね。

外では使わないけれど自宅内での移動を頻繁にするという人はどちらを選択するべきか?というのも気になる人がいるかと思いますが、その場合は無理をしてでもデスクトップPCの方がおすすめです。

自宅内で移動しながらゲームをするか?というと実際経験してみるとわかりますが、やらないと思います。やってみて違うなという事に気づきます。経験談です。

中にはする人もいるかもしれませんが、ほとんどの方は不便さが勝り固定された場所でゲームをプレイする方がほとんどではないでしょうか。

ゲーミングノートPCのマインクラフトのメリットとは?

ノートPCと競合するマインクラフトは携帯性という意味から考えるとスマホやタブレットでプレイ出来る「マインクラフトPE」、携帯ゲーム機でプレイ出来る「PSvita版のマインクラフト」、リモート機能を使って「PS4版のマインクラフト」などがあげられるかと思います。

ただ、どれもノートPCのマインクラフトに無い要素としてはPC版の充実したMODやスペックを活かしたデスクトップ版と同等の事がスペックが許す限りプレイできるという点です。

デスクトップ版に劣るとは言ってもパソコンなので普通にMODを入れたりしてマインクラフトをプレイする事は可能です。

問題は影MODなのですが、これはある程度のスペックが無いと当然快適動作するとは言えない状況になります。

影MODとは?

2015-04-19_17.14.35_R 2015-04-19_17.14.04_R

上が影MODを適用する前の普通のマインクラフトになります。下が影MODを適用したマインクラフトになります。

このような影MODは重いです。設定にもよりますが、普通のパソコンでは動かないのでゲーミングPC、またはゲーム用のノートパソコンが必要になります。

PC版マインクラフトを影modなどを入れて遊べるスペック

CPUIntel Core i5以上
メモリ8GB以上
グラボGeForce 1660Ti以上

基本的にこのスペックがおすすめになります。最新のグラフィックスボードが搭載されたゲーミングノートPCであれば性能的にはデスクトップPCと遜色が無いくらいのパフォーマンスが期待出来ます。

SEUSなどの高スペックが要求される影MODだとGTX1660Ti搭載ノートPC以上が推奨です。

ただ、KUDAなどの軽めの影MODで描画距離を落としてプレイするのであればもっと低くても動作するでしょう。

マインクラフトにおすすめのノートPC

ガレリア XL7C-R36

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36CPUCore i7-10875H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(144Hz)
動作時間約 5.8時間
重量約 2.0kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

「ガレリア XL7C-R36」は最新グラフィックス「GeForce RTX 3060」搭載。マインクラフトに影MODを入れて快適にゲームがプレイ可能です。コストパフォーマンスも抜群のゲーミングノートPCです。

G-Tune E5-165

G-Tune E5-165
G-Tune E5-165CPUCore i7-10870H
グラフィックRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 WQHD
(165Hz)
動作時間約 7.5時間
重量約 1.73kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune E5-165は高速リフレッシュレート165Hz対応モデル。解像度がWQHD(2560×1440)なのが特徴です。

さらに、動作時間が比較的長時間ある点や、本体重量がこの性能だと最軽量クラスという点も魅力的です。

G-Tune H5

G-Tune H5
g-tune-h5CPUCore i7-10870H
グラフィックRTX 3070(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
液晶15.6型 フルHD
(240Hz)
動作時間約 11.5時間
重量約 2.23kg

レビューはこちら公式サイトはこちら

G-Tune H5はグラフィックスボードにGeForce RTX3070が搭載しているので重量級ゲームを本格的に楽しみたい方におすすめです。極めて高い高性能グラフィックスを搭載しています。

afa_R

【デスクトップ】マインクラフトPC版の推奨スペック&MODを入れても快適な推奨スペック ←デスクトップについてはコチラで解説しています。

おすすめピックアップ記事