MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

マインクラフトのおすすめノートPCとMODを入れても快適な推奨スペック

当ページのリンクには広告が含まれています。
マインクラフトのおすすめノートPC

世界中で大人気のサンドボックス型ゲームのマインクラフトにMODを入れて快適にプレイ出来るゲーミングノートPCをご紹介します。

ノートPCでマインクラフトをプレイしたいという人も多いと思います。大前提としてノートPCでマインクラフトが出来るか?というと確実に出来ます。

ノートPCでマインクラフト

格安の3~4万円程度の普通のノートパソコンでもプレイする事は可能です。

X205TAというASUSが販売しているCPUがAtomの低スペックのパソコンですが、それでもWindows10版のマインクラフトはもちろん動きますし、普通のPC版のマインクラフトも「OptiFine」という軽量化MODを入れれば動かす事は可能です。

ですが、影MODを入れて快適にプレイ出来るスペックとなると、ゲーミングノートPCが必要になります。

目次

ゲーミングノートPCのメリットとデメリット

PC版のマインクラフトをおすすめする人は多いですが、ノートPCでマインクラフトを推奨している人は多くは無いでしょう。

パソコンに全く詳しくない方だとなぜノートPCではなく、デスクトップPCがおすすめなのかが分からないと思うので出来るだけ簡単に説明します。

デメリット

まず大前提としてマインクラフトだからノートPCでプレイするのは微妙という訳では無いです。マインクラフトに限らずスペック要求が高いゲームに関しては基本的にデスクトップPCがおすすめです。

理由は沢山ありますが、価格面だとデスクトップPCとノートPCが同じようなスペックであってもデスクトップPCの方が安い事が多いです。

モニターの大きさもデスクトップPCは24インチが主流で、ノートPCは15インチが主流です。画面の大きさが違うので、デスクトップPCの方がより快適にゲームがプレイ可能です。

他にも人→入力装置(キーボードやマウス)→パソコン→出力装置(モニター)というパソコンではこの一連の流れでコンピューターは動作しますが、入力機器がノートPCの場合は一体になっており、CPUなどの熱くなるパーツがあるので高負荷をかけるとキーボードが熱くなりがちです。

デスクトップの場合は外付けなのでキーボードが熱くなるリスクは0です。

他にもモニターが壊れた場合も、ノートPCは一体化しているのでリスクが多少なりともあります。

普通に使っていればゲーミングノートPCの製品寿命は長いですが、飲み物をこぼしたり、落下させてしまったりするリスクがあるので、修理費が高くつく可能性もありますし、製品寿命を考えた時にはノートPCの方が不利になるケースがあります。

そしてゲーミングノートPCは重いです。なので、選ぶ基準としてはスペックだけでは無くて本体の重量を選ぶ基準にするのがいいと思います。ゲーミングノートPCでも割りと軽い製品もあります。

最近のゲーミングノートPCでは2kg以下の製品も登場しています。液晶周りもスッキリしていて、昔と比較するとゲーミングノートPCもかなりスタイリッシュになってきたと思います。

メリット

逆にメリットは何か?と考えると、持ち運びが出来るという点と、省スペースなので場所を取らないという点が最大のメリットです。

普通のノートPCと比べるとゲーミングノートPCは、グラフィック性能が大幅に上がっているので、高いグラフィック性能を要求されるゲームをプレイする事が出来ます。

マインクラフトならMODや影MODを入れてプレイする事が可能です。

ゲーミングノートPCはどんな人におすすめ?

ゲーミングノートPCはどんな人におすすめ?

現実としてゲーミングノートPCというは新製品が出ていますし、売れています。

これには色々理由はあると思いますが、基本的に家にいない人にはおすすめだと個人的には思っています。

そもそも家にいないならデスクトップPCを選ぶ人はいません。

例えば年間を通して出張が多い人や引っ越しの回数が多い人、ホテル暮らしが多い人、学生さんなど、固定された場所にいる時間が短い人にはあたりまえですが、デスクトップPCを頻繁に持ち運んだりする事は現実的では無いので、ノートPCの方が優れています。

そういう環境にいる人で、マインクラフトに影MODを入れてプレイしたいなどの場合は、ゲーミングノートPCを選択する方がいいと思います。というかそれしか選択肢が無いですよね。

外では使わないけれど自宅内での移動を頻繁にするという人はどちらを選択するべきか?というのも気になる人がいるかもしれませんが、その場合はデスクトップPCの方がおすすめです。

自宅内で移動しながらゲームをするか?というと実際経験してみるとわかりますが、やらないと思います。やってみて違うなという事に気づきます。経験談です。

中にはする人もいるかもしれませんが、ほとんどの方は不便さが勝り固定された場所でゲームをプレイする方がほとんどではないでしょうか。

  • 移動先でゲームや作業をしたい
  • 省スペースに環境を構築したい

この2点のメリットが、デスクトップPCと比較するとゲーミングノートPCは優れています。

ゲーミングノートPCのマインクラフトのメリットとは?

ノートPCと競合するマインクラフトは携帯性という意味から考えるとスマホやタブレットでプレイ出来る「マインクラフトPE」、携帯ゲーム機でプレイ出来る「Switch版のマインクラフト」などがあげられるかと思います。

ただ、どれもノートPCのマインクラフトに無い要素としては、PC版の充実したMODがスペックを許す限りプレイできるという点です。

普通にMODを入れたりしてマインクラフトをプレイする事が可能です。

問題は影MODなのですが、これはある程度のスペックが無いと当然快適動作するとは言えない状況になります。

影MODとは?

普通のマインクラフト
影MODを導入したマインクラフト

上が影MODを適用する前の普通のマインクラフトになります。下が影MODを適用したマインクラフトになります。

このような影MODは重いです。設定にもよりますが、普通のパソコンでは動かないのでゲーミングPC、またはゲーム用のノートパソコンが必要になります。

影modを入れて快適に遊べるスペック

CPUCore i5 / Ryzen 5以上
メモリ8GB以上
グラボGeForce 1660 Ti以上

基本的にこのスペックがおすすめになります。最新のグラフィックスボードが搭載されたゲーミングノートPCであれば性能的にはデスクトップPCと遜色が無いくらいのパフォーマンスが期待出来ます。

SEUSなどの高スペックが要求される影MODだと「GTX 1660 Ti」搭載ノートPC以上がおすすめです。

ただ、KUDAなどの軽めの影MODで描画距離を落としてプレイするのであればもっと低くても動作するでしょう。

マインクラフトにおすすめのノートPC

マインクラフトに影MODを入れて快適にプレイ出来るおすすめのノートPCをご紹介します。

GALLERIA RL5C-R35

GALLERIA RL5C-R35
スペック
CPUCore i5-13500H
グラフィックRTX 3050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(144Hz)

「GALLERIA RL5C-R35」は、必要最低限にこだわったエントリーゲーミングノートPCです。「RTX 3050」搭載で、人気ゲームやホーム用途で使えるノートPCです。

低予算でマイクラのMODを楽しみたい方におすすめです。

G-Tune P6-I7G50BK-A

スペック
CPUCore i7-12650H
グラフィックRTX 4050(6GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶16型 1920×1200
WUXGA(165Hz)

「G-Tune P6-I7G50BK-A」は、最新グラフィックスRTX 40シリーズのエントリーモデル「GeForce RTX 4050 Laptop GPU」搭載のゲーミングノートPCです。人気ゲームも快適にプレイ出来るゲーミングノートPCです。

GALLERIA XL7C-R46

GALLERIA XL7C-R46
スペック
CPUCore i7-13700H
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
液晶15.6型 1920×1080
フルHD(144Hz)

「GALLERIA XL7C-R46」は、Core i7-13700H&最新グラフィックス「GeForce RTX 4060 Laptop GPU」搭載。最新ゲームを快適に楽しめる性能が魅力です。

映像出力端子や有線LAN端子が背面にあるので、使い勝手も良好です。

G-Tune E4-I7G60DB-B

スペック
CPUCore i7-12650H
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
液晶14型 1,920×1,080 
フルHD(144Hz)

500台限定のトリプルアップキャンペーン対象モデルでお得です。+1万円で、ストレージ1TB / Logicool G304 / Logicool G333が付属します。

「G-Tune E4-I7G60DB-B」は、14インチの持ち運びに適したゲーミングノートPCです。RTX 4060を搭載しているので、最新ゲームも快適にプレイ可能です。

本体付属のACアダプタよりもコンパクトなUSB PDアダプタをBTOオプションで追加する事も可能なモデルとなっています。持ち運びが多い方におすすめのゲーミングノートPCです。

G-Tune P6-I7G60BK-A

G-Tune P6-I7G60BK-A
スペック
CPUCore i7-13700H
グラフィックRTX 4060(8GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
液晶16型 1920×1200
WUXGA(165Hz)

このリンクからお得に購入できる特別価格モデルとなっています。詳細はこちら

「G-Tune P6-I7G60BK-A」は、Core i7-13700H&DLSS3.0に対応した最新グラフィックス「GeForce RTX 4060 Laptop GPU」搭載。最新ゲームを快適に楽しめる性能が魅力的です。

キーボードは、複数のキーの同時押しに対応したnキーロールオーバー対応キーボードを搭載。FPS/TPSゲームを快適に楽しみたい方にもおすすめのノートPCです。

マインクラフト

マインクラフトにMODを入れても快適な推奨スペックとおすすめのゲーミングPC ←デスクトップについてはこちらで解説しています。

目次