ゲーミングPCの選び方

安いゲーミングPCと高いゲーミングPCはどっちがおすすめ?

ゲーミングPCは値段の幅が大きく安いモデルから高いモデルまであります。安いゲーミングPCと高いゲーミングはどちらがおすすめなの?といった疑問に答えていきます。

  • 安い・高いゲーミングPCのメリットとデメリット
  • おすすめの価格帯の選び方

この記事で分かる事は安いゲーミングPCにもメリットとデメリットがある事、反対に高いゲーミングPCにもメリットとデメリットがある事、それを踏まえておすすめの価格帯の選び方まで分かるような内容となっています。

PCゲームは自由に設定を変更する事が可能

まず最初に理解しておきたい要素は、PCゲームの場合にはほとんどのゲームでグラフィックスの設定を調整する事が可能という点です。

PCゲームでは必要スペックや推奨スペックと呼ばれるメーカーさんがどの程度のパソコンの性能なら快適に動作するの?といった事を公開してくれています。

なのでこの推奨スペックを超えていても少し足りていなくても設定で対応可能になります。

プリセットと呼ばれる標準で搭載されている設定項目を変更するのが初心者さんにはおすすめな設定方法になります。

これで設定を調整してしまえばフレームレート、つまりどのくらいサクサク動かくのかの指標となる目安ですがこの数字がガクンと上がります。

ゲームタイトル別推奨スペック早見表 このページでは、ゲーミングPCを購入する時に自分がプレイしたいタイトルのスペックを満たしているかどうか気になる方の為に早見表を作成し...
ゲームのグラフィックスは上げるのも下げるのも自由

同じ価格でゲームを買ったのに環境依存なので画質やフレームレートで差がある

(Steamだとセールで安くゲームが買える場合も)

ゲーム1本の価格は安いのだと数百円から高いソフトなら1万円程度まであります。

スペック依存であるPCゲームの場合にはみんなが違う環境でゲームをプレイするので、より高画質で楽しむ人と設定で最低限まで落としてゲームをプレイする方、買ったけどゲームが起動しない、またはカクカクしてしまうという方までいます。

なのでスペックが低いPCの場合には高画質でゲームをプレイしたい場合にはゲームソフトのお金がもったいないという考え方もあります。

話題の最新ゲームをプレイしたくてお金出してゲームソフトを購入したけれど最高設定でプレイ出来ないや、高解像度でプレイしたいけどスペックが足りなくてカクカクするという場合があります。

ゲームソフトを100%楽しむのにはある程度PCスペックが必要になる

安いゲーミングPCのメリットとデメリット

それでは安いゲーミングPCのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

普通のパソコンと比較するとスペックが高く安いのがメリット

安いゲーミングPC(10万円前後、またはそれ以下)のメリットはゲームとなると非力なイメージがあると思いますが一般的なパソコンと比較するとスペックが高く安いのがメリットです。

メーカー製のパソコンと比較すると新品なのに同じようなスペック(性能)で半額程度安くパソコンが購入出来てしまうという事もあります。

BTOなので安くて高性能なパソコンが購入出来てサポートも付いています。これは大きなメリットになります。

BTOでゲーミングPCを購入するデメリットやリスクは無いのでおすすめの購入方法です。サポートがしっかりしているメーカーで購入すれば初心者の方にも安心です。

最新ゲームに対応可能な期間が短い

安いゲーミングPCだと性能面で劣るので、最新ゲームや重量級ゲームを快適にプレイ出来る期間が短くなります。

高いゲーミングPCのメリットとデメリット

高いゲーミングPCのメリットは最高設定でほとんどのゲームがプレイ出来たり、解像度を上げてより美麗な画面でゲームを楽しんだり、ゲームをプレイする際の選択肢が増えるのが多きなメリットです。

美麗な画面でゲームを楽しめるのがメリット

最新のグラフィックスを存分に楽しみたい方は高いゲーミングPCの方がより高性能なグラフィックスボードを搭載しているので最高画質や高解像度の対応力が向上します。

クリエイティブにも高性能PCがおすすめ

クリエイティブな作業とゲーミングPCの相性は良く、グラフィックスボードが搭載されていたり高性能なCPUが搭載されている、そしてメモリのカスタマイズやストレージのカスタマイズにも対応している特徴があります。

高性能モデルの方がサクサク動き、処理時間や作業時間の時間短縮になり、自由な時間が増える可能性があるので高性能モデルがおすすめです。

ゲーミングノートPCは液晶が高リフレッシュレート対応モデルが多いので画像編集や動画編集で色を扱っている場合にはクリエイター向けのノートPCがおすすめです。

価格が高いのがデメリット

本体の価格に加えて維持費も安いモデルと比較すると高くなる傾向もあります。

高性能モデルとなると消費電力が大きくなるので電気代が高くなるのがデメリットです。長時間プレイされる方の場合にはワットパフォーマンスを気にされる方もいます。

まとめ

ゲーミングPCの価格が安いモデルと高いモデルのメリットとデメリットは以上になります。

それを踏まえておすすめの価格帯の選び方についてまとめていきます。

  • 初心者の方はリスクが少ない安いモデルから始めるのもおすすめです。
  • ベテランは高性能モデルがおすすめです。

初心者の方の場合にはPCゲームをやらなくなったとか、合わなかったというリスクが存在するので初期投資が大きい程リスクが大きいです。

もちろんすぐにPCゲームにハマって『もっと高性能モデルを買っておけばよかった…』と後悔する可能性ももちろんあります。

しかし、何事もはじめは小さく、リスクを少なく始めるというのがおすすめなので安いモデルからとりあえずPCゲームに一歩踏む出す事が重要だと思います。

安いモデルから挑戦するのが個人的にはおすすめです。

ベテランはステップアップしていかないと楽しめない部分も大きいです。どんどん最新のテクノロジーが進化していくので新しい物を体験するという意味でも高性能モデルがおすすめです。

では、参考になれば幸いです。PCゲームを楽しんで行きましょう!

おすすめピックアップ記事