ゲーミングPCレビュー

「G-Tune HN-Z-AF」の実機レビュー

マウスコンピューターさんから「G-Tune HN-Z-AF」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。

フルHD解像度で重いゲームを楽しむのに最適なゲームパフォーマンスを持っています。WQHD解像度やウルトラワイドモニターでのゲームプレイにもおすすめの性能です。

更にG-Tune HN-Z-AFは、当サイト限定おすすめモデルとなっているので常にセール状態の価格で購入する事が出来ます。

スペック

G-Tune HN-Z-AF
CPUインテル Core i7-9700K
グラフィックRTX 2070 SUPER(8GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe対応 / 2TB HDD
マザーボードZ390(ATX)
電源700W

公式サイトはこちら

「G-Tune HN-Z-AF」の魅力はCore i7-9700K×RTX 2070 SUPERを搭載しているので重量級ゲームやリアルタイムレイトレーシングにも対応、重量級のFPS/TPSゲームにも対応する高いパフォーマンスを持った構成のパソコンという点です。

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

PCケースはNEXTGEARの専用ケースです。ミドルタワー型なので拡張性に優れています。右側側面には外気を取り込む為に通気孔があり、ケース内のエアフローに利用されます。

天板前面インターフェース部は左下からUSB3.0×2、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1、USB3.0×2、上部にはHDMI端子、カードリーダーが配置されています。

USBが4つも接続できるのは便利です。

背面は電源が上部に来ています。NEXTGEARの特徴的な背面のHDMI端子があります。

豊富な端子を装備

下のHDMI端子と接続

背面の上にあるケーブルを引っ張って映像端子のHDMIと接続する事で前面インターフェースのHDMIが使用可能になるのでVRや実況等でHDMI端子を接続する際に楽です。

また、グラフィックカードが搭載されているので映像出力端子が付いています。HDMI端子×1、DisplayPort端子×3があります。

これだけあれば多画面構築も可能です。

底面の足はゴム足で水洗いが可能なダストフィルターも付いています。マグネットで付いているので簡単に着脱が可能です。

強化ガラスにカスタマイズ対応

ダストフィルターは水洗い可能

強化ガラスサイドパネルにカスタマイズするとワンプッシュで開閉が可能になり、メンテナンス性が上がります。ダストフィルターは水洗い可能なので総合的にメンテナンス性の高いPCケースです。

内観

内部は右上にストレージの格納。電源が左上にあり、その下にマザーボードという構図になります。

CPUファン・メモリ

マザーボード

CPUクーラーは標準クーラーとなっています。CPUクーラーのカスタマイズに対応しているので冷却性を上げたい方は検討してみて下さい。

メモリは4スロットあり最大64GB対応です。マザーボードはZ390(ATX)です。

HDD

SSD

ストレージを増設したいという方用に記載しておきます。右上にHDD×2が搭載可能です。HDDは後一台増可能です。

SSDは背面にあり、SSD3台まで搭載可能です。ストレージをたくさん搭載したい方も安心です。

MSI製のRTX2070 SUPERが搭載しています。

細かい部分ですが、G-Tuneのこだわりポイントとして外れやすいケーブルにシールが貼られているので何らかの要因で外れたりする事が無いので安心です。

パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。レビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという情報です。

ゲーム性能

【定番ベンチマーク】3DMARK

各種ベンチマークを使用してゲーム性能をチェックしました。

  • Fire Strike:ゲーム用パソコン向けのDirectX 11ベンチマーク
  • Time Spy:ゲーム用パソコン向けのDirectX 12ベンチマーク
Fire Strikeスコア20482
Graphics Score24028
Physics Score18442
Combined Score10555
Time Spyスコア9312
Graphics Score9673
CPU Score7688

参考ベンチマーク

当サイトでテストした参考数値です。RTX2070 SUPERのパフォーマンスはかなり高いモデルです。重いゲームや高fpsを出して楽しむのに最適です。

PCゲームの快適性の指標について

PCゲームではフレームレートを確認する事ができます。基準となる数値は60fps出ていれば快適です。FPS・TPSゲームでより滑らかな描画に期待したい方は144fps出ていると更に快適にゲームを楽しむ事ができます。

それでは早速「実際のゲームでどの程度のパフォーマンスがあるの?」という点について見ていきましょう。

【とても重い】METRO EXODUS

解像度設定平均FPS / 最小FPS
フルHD
1920×1080
最高53 fps / 31 fps
93 fps / 42 fps
173 fps / 101 fps

内蔵ベンチマーク。Shading Rateを100に変更。DirectX12。レイトレ/DLSSオフ。

メトロエクソダスの内蔵ベンチマークは最重量級タイトルと言える程に重いです。

まずはとても重いゲームの「METRO EXODUS」というゲームのベンチマークです。最も重いゲームに分類できます。 最重量級と呼ばれるゲーム自体は数としては多くありません。

それでもこのような重いゲームでも「High=高設定」なら平均90fps超えているので快適にプレイ可能です。

【重い】モンスターハンター:ワールド

解像度設定平均FPS / 最小FPS
フルHD
1920×1080
最高86 fps / 67 fps
114 fps / 93 fps
125 fps / 109 fps

計測場所:渡りの凍て地。最小fpsは1% Low fps。FidelityFX CASを使用していないオフの状態での数値になります。DirectX12。

最高

モンスターハンターは重いゲームです。しかし、最高設定でも60fpsを超えていました。RTX2070 SUPER搭載なので重量級ゲームも快適に楽しめます。

【重い】ファイナルファンタジー15

解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
4391 / 43 fps【普通
標準5068 / 50 fps【やや快適
軽量7087 / 70 fps【快適
WQHD
2560×1440
7542 / 75 fps【快適
標準9374 / 93 fps【とても快適
軽量12672 / 126 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
10136 / 101 fps【とても快適
標準13402 / 134 fps【非常に快適
軽量16745 / 167 fps【非常に快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー XVは重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。

RTX2070 SUPERを搭載しているのでFF15のベンチマークソフトを実行しても「とても快適」評価が出ています。WQHD解像度でも楽しめます。

【中程度】ファイナルファンタジー14

解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
最高8210 / 55 fps【非常に快適
9485 / 63 fps【非常に快適
標準16561 / 113 fps【非常に快適
WQHD
2560×1440
最高15493 / 105 fps【非常に快適
16476 / 115 fps【非常に快適
標準19838 / 161 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
最高17934 / 135 fps【非常に快適
18466 / 144 fps 【非常に快適
標準22110 / 195 fps【非常に快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

7,000スコアで「非常に快適」評価となります。4K解像度でも非常に快適評価が出ていました。

これだけのパフォーマンスなら重量級のゲーム含めて快適にMMORPGの世界に没入する事が出来ます。

【中程度】フォートナイト

最高設定

最低設定

人気TPSゲームのフォートナイトでは最高画質では140fps前後。最低では300fps前後を記録しました。CPU使用率の方も余裕があり、設定を下げても50~60%程度となりました。8コアCPUを搭載しているのでFPS・TPSゲームでも快適に使えます。

144Hzのゲーミングモニターと組み合わせて最高設定でも安定して144FPSを稼ぐ事が出来そうです。

【中程度】レインボーシックス シージ

今回のモデルではレインボーシックス シージバンドルPCの対象商品となっているのでレインボーシックス シージ(PCダウンロード版)がもらえます。※対象期間は2020年12月23日11時までとなっています。

折角なのでレインボーシックス シージのベンチマークもチェックしてみました。

解像度設定平均FPS
フルHD
1920×1080
最高281 fps
308 fps
370 fps

ベンチマーク結果の全般の平均fpsになります。レンダリングのスケーリングはデフォルトのままです。

画質設定最高でも281fpsという高いフレームレートを記録しました。

【軽い】ドラクエ10 / PSO2

PSO2

ドラクエ10

PSO2やドラクエ10でも非常に高いスコアが出ています。PSO2は簡易設定6(最高設定)で10万超え、ドラクエ10は4K解像度でも2万スコアオーバーとなりました。

【軽い】VALORANT

最高

最低

最新FPSゲームのVALORANTはかなり軽いゲームです。最高画質では300fps前後。最低では500fps前後を記録しました。CPU使用率の方も余裕があります。

高リフレッシュレートのゲーミングモニターと組み合わせても快適に楽しむ事ができます。

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。

4K解像度
WQHD解像度
レイトレーシング
重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
FPS・TPSゲーム
  1. 4K解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で普通評価。
  2. WQHD解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で快適評価。
  3. レイトレ:RTX20シリーズで本格対応なので快適に楽しめます。
  4. 重量級:FF15のベンチマーク:最高設定でとても快適評価。
  5. 中量級:FF14のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  6. 軽量級:軽めのゲームはかなり快適です。
  7. FPS・TPS:高fps対応の性能です。

CPU性能

製品名CINEBENCH R20マルチスコア参考比較
Core i7-9700K
3678
Ryzen 5 3600
3453
Core i7-9700
3163
Ryzen 5 3500
2573
Core i5-9400
2405

CINEBENCH R20はCinebenchの最新バージョンになります。

CPU 3578、CPU(single-Core) 501を記録しました。Core i7-9700Kのスペックは8コアで最大4.9GHzです。マルチスレッド性能ではRyzen 5や7のコスパの良いモデルもありますが、動作クロックが高い方がゲームに好適なCPUになります。

ストレージの速度

SSDHDD

SSDが搭載されているので動作がサクサクでストレスフリーです。500GBは安心感のある容量。2TBのHDDも付いています。

静音性

アイドル時3DMARK
45.5 db47.7 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

消費電力

アイドル時3DMARK
52.9 W162 W

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

温度

室温25℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeを実行した際の最大温度になります。

特別に冷却対策が必要な温度ではありませんが、更に冷却性能が上がるのでCPUグリスのカスタマイズはおすすめです。コスパならシルバーグリス AINEX AS-05。G-Tuneのおすすめはダイヤモンドグリス 親和産業 OC7です。

まとめ

「G-Tune HN-Z-AF」は最新のゲームタイトルや重いゲームタイトルでも快適に楽しめる高性能グラフィックス「GeForce RTX2070 SUPER」搭載。

CPUは高い性能を持つインテル第9世代プロセッサー「Core i7-9700K」搭載。

最新ゲーム、動画編集、実況配信などの重いゲームや重い作業にも使える高い処理能力を持ったパソコンです。

「G-Tune HN-Z-AF」は当サイト限定のモデルとなっているのでお買い得な価格も魅力です。気になった方はチェックしてみて下さい。

G-Tune HN-Z-AFの詳細はこちら

G-Tune公式サイトはこちら

おすすめピックアップ記事