ゲーミングPCレビュー

「G-Tune P5」の実機レビュー:Core i7-10750H搭載

マウスコンピューターさんから『G-Tune P5』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

G-Tune P5の特徴は6コア12スレッドで最大5GHzのCore i7-10750H プロセッサーを搭載し、グラフィックボードにはGeForce GTX1650が搭載しているのでコストを抑えてゲームを楽しみたい方におすすめのスペックとなっています。

IPS液晶なので視野角は広く、ノングレア液晶は長時間プレイで疲労感の低減の効果が見込めます。キーボードのLEDバックライトは夜間時の作業も快適です。

また、 インテル Wi-Fi 6 AX201(最大2.4Gbps/IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)が搭載し、約10時間のバッテリー駆動なのもG-Tune P5の魅力になります。

G-Tune P5のスペック

G-Tune P5
OSWindows10 64ビット
CPUCore i7-10750H
グラフィックGeForce GTX 1650(4GB)
メモリ8GB
SSD256GB NVMe対応
液晶15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル)
解像度1,920×1,080(60Hz)
無線Wi-Fi 6
重量約 2.02kg
動作時間 約 10時間

公式サイトはこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

カスタマイズについて

SSDの容量を500GBクラスにするとゲームソフトを複数本入れる余裕があるのでカスタマイズする事をおすすめします。メモリも16GBあるとより快適な作業やゲームを行う事ができるのでおすすめです。

外観

天板はスッキリしていてスマートな印象です。天板は片手で開閉可能です。

本体部分は色が黒では無く上画像のような色味です。強い光を当てると確認する事ができます。ここだけ色が違い、ディスプレイ周りや天板、背面は黒です。

入出力ポート

左側面側にはUSB3.0、USB2.0、ヘッドホン出力、マイク入力があります。左側にイヤホン端子があると右利きの方は便利に感じます。

右側面にはカードリーダー、USB3.0、USB3.1 Type-C、有線LANがあります。右奥に有線LAN端子があるので接続時に邪魔になりません。

背面側にはMini DisplayPort、HDMI端子、電源の差し込み口があります。電源が背面にあるのは便利です。

キーボード・タッチパッド

キーボードは10キー付き。仕様は104キー、キーピッチ約19mm、キーストローク約1.8mmです。旧モデルではキーピッチ約18.2mmでした。キーピッチが広がって打ちやすく改良されています。

タッチパッドは旧モデルではクリックボタンがあるタイプでしたが、新モデルではクリックボタンが無くなり広さも一回り大きなタッチパッドが搭載されています。

液晶

15.6型のフルHD(1920×1080)解像度で、ノングレア、IPSパネルを採用した液晶です。

高速リフレッシュレート対応モニターでは無いのでFPSがメインの方で必要な方は高速リフレッシュレート対応のゲーミングPCがおすすめです。

もしくは、別途ゲーミングモニターと接続しても良いでしょう。液晶パネルはIPSなので視野角が広く綺麗に見えます。

重量

筐体

ACアダプター

旧モデルを計測した際の数値が2,163gだったので新モデルは1,995gなので軽くなっています。

ACアダプターの重量は519gでした。本体とACアダプターを合計すると2,514gとなります。

同梱物

箱を開けると本体、ACアダプター、取扱説明書が同梱されています。

ゲーム性能

G-Tune P5はGTX1650搭載なのでエントリーモデルとなります。旧モデルもレビューしているので性能を比較しています。

旧モデルも同じGTX1650搭載モデルだったので大きく差はありません。しかし、CPU性能が向上しているのでゲーム性能は旧モデルと比較して少し性能アップしています。

重量級ゲームとなると執筆時の場合にはGTX1660Tiの性能は欲しいです。FF15のベンチマークでは6,000スコアで快適評価となります。GTX1660Ti搭載モデルでは6,000スコアを超えます。

レイトレーシング対応タイトルで快適に体験したいとなるとRTX20シリーズが必要です。

GTX1650はエントリーモデルなので最新の重いゲームを快適に、となると少し厳しいですが画質設定を下げればプレイ可能なタイトルも多いでしょう。ビデオメモリ4GBでも画質設定を下げる事で消費量が減る場合が多いです。

高画質設定で快適にプレイしたい方は上位モデルの検討をおすすめします。

こちらはFF14のベンチマーク実行時のスコア比較になります。7,000スコアを超えると最高評価の非常に快適になります。7,000スコアを超えているので非常に快適評価です。

ビデオカードが搭載していないモデルや、GeForce MX 250のようなもっと性能の低いGPUと比較した場合には圧倒的にゲームでは快適です。

軽いゲームであれば更に快適です。DQ10のベンチマークでは18,000スコアオーバーで最高評価、5,000スコアで快適とされているPSO2で25,000スコアオーバーを出しています。いずれも最高画質設定。

GTX16シリーズとしては末弟に位置しているのですが、独立したGPUが搭載している、搭載していないで体感で比較した場合には独立したGPUが搭載している衝撃はゲームにおいては最もブレイクスルーしているという実感を感じれます。

  1. G-Tune H7-MKB:RTX2070
  2. GALLERIA GCR1660TGF-QC-G:GTX1660Ti
  3. G-Tune P5:GTX1650
  4. GALLERIA GWL250YF:GeForce MX250

ゲーム性能まとめ

重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
  1. 重量級:FF15のベンチマーク:FF15のベンチマークでは最高設定で普通評価なので画質設定を下げる必要があるゲームが多いです。
  2. 中量級:FF14のベンチマーク:FF14の最高設定で非常に快適評価が出ています。ビデオメモリが4GBなので一つ評価を下げています。
  3. 軽量級:ドラクエ10やマインクラフト(非影MOD)を動作させるのであればかなり快適です。

CPU性能

CINEBENCH R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

新モデルのCore i7-10750Hと旧モデルのCore i7-9750Hを比較しました。同じ6コア12スレッドですが、Core i7-10750Hの方がスコアが高い結果がでました。

ストレージ速度

容量は256GBGBのNVMe対応のSSDが搭載されています。HDDでカクつくゲームもあるのでNVMe SSDはカクつきを抑制する効果があるでしょう。

消費電力

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。消費電力は少ないです。

温度

筐体の温度

FF14のベンチマークを1時間ループさせた際の温度をチェックしてみました。室温は26℃。キーボード周辺の最高温度が44℃でWASD周辺は32℃でした。

ゲーム中に多く使用するWASD周辺温度が低いので快適に使える印象です。

内部の温度

室温24℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeを実行した際の最大温度になります。低めです。

静音性

アイドル時FireStrike実行時
41.7 db54.5 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に考えて下さい。

まとめ

G-Tune P5はコストを抑えて中程度、またはそれ以下のゲームを快適にプレイしたいという方におすすすめのモデルです。設定を調整すれば中程度~重量級も視野に入りますが、重量級をプレイしたい方はGTX1660TiやRTX2060搭載機の方が快適なゲーム体験になるのでおすすめです。

FPSゲームを中心にプレイしたい方は高速リフレッシュレート(144Hz/240Hz)搭載モデルがおすすめです。

G-Tune P5はパソコンとしての事務作業、ブログ作成、プログラミング、画像編集やライトな動画編集(独立したGPUを搭載している方が快適なので強みが出てきます。Adobe Premiere Proの推奨要件は4GBのビデオメモリ)に加えて、重くないゲームを中心にライトにプレイしたい方におすすめのモデルです。

G-Tune P5の詳細はこちら

G-TuneのノートPCはこちら

「G-Tune E5-144」の実機レビュー:Core i7-10875H搭載 マウスコンピューターさんから『G-Tune H5』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 G-Tune E5-144の特徴は...
「G-Tune E5-D」の実機レビュー RTX2060搭載 マウスコンピューターさんから『G-Tune E5-D』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 「G-Tune E5-D」の特...
おすすめピックアップ記事