ゲーミングPCレビュー

【ドスパラ】ガレリア GCR2070RGF-Eの実機レビュー( i7-9750H RTX2070 )

ドスパラさんからガレリア GCR2070RGF-Eの実機をお借りしたのでレビューしていきます。

ガレリア GCR2070RGF-Eの特徴は6コア12スレッドのCore i7-9750Hを搭載し、グラフィックボードにはRTX2070が搭載しているので最新ゲームを楽しみたい方におすすめのスペックとなっております。

15.6インチでベゼル薄は没入感を、フルHDノングレア液晶は長時間プレイで疲労感の低減の効果が見込め、キーボードのLEDバックライトは夜間時の作業も快適です。

また、144Hz液晶搭載なので単体でシューターゲームを快適に行う事が出来るのもガレリア GCR2070RGF-Eの魅力になります。

ガレリア GCR2070RGF-Eのスペック

ガレリア GCR2070RGF-E
OSWindows10 64ビット
CPUCore i7-9750H
グラフィックGeForce RTX2070 MAX-Q(8GB)
メモリ16GB
ストレージM.2 SSD 512GB NVMe対応
マザーボードHM370
液晶15.6型 フルHDノングレア 144Hz
無線Intel Wireless-AC 9560 (IEEE802.11 ac/a/b/g/n 2x2 Max1.73GHz)
重量約2.01kg

価格・詳細はこちら

レビュー機のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観をチェック

15.6型のフルHDノングレアでキレイな液晶です。144Hz対応なのでシューターゲームにも最適。液晶上部にはHD画質のWEBカメラが搭載し、無線LANの11acに対応しています。

本体横の部分に若干スペースがあり浮いているので手を入れやすく持ちやすい形状です。

前面

前面部にはLEDライトバーがあります。

天板

天板はヘアライン加工がしてあり高級感があります。

天板は片手で開閉が出来ますが、一瞬筐体が少し浮きます。

左側面

左側面側には有線LAN、USB2.0、マイク入力、ヘッドフォン出力があります。

右側面

右側面にはUSB3.0×2、SDカードリーダーがあります。

背面

背面側にmini DisplayPort×2、HDMI端子、Type-C、電源があります。

キーボード

キーボードは10キー付き、LED バックライトキーボード採用です。左シフトキーが長くないですが、スペースキーが長く使いやすいと感じました。

カラーは管理アプリケーションで変更可能です。Windowsキーの無効はF2+FNで無効化を確認しました。また、Gaming Centerのその他の設定にWinキーロックという箇所があるのでそちらから設定を行う事も可能です。

重量をチェック

本体の重量は1985gでした。構成内容によっても重量は変わってくるはずなのでカスタマイズでHDDを追加した場合にはもう少し重くなります。

ACアダプターの重量は586gでした。ですので合計すると2571gとなります。

ゲーム性能をチェック

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirectX 12に対応したベンチマークテストになります。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア15274
Graphics Score16945
Physics Score16217
Combined Score8363
Fire Strike EXtremeスコア7699
Graphics Score7953
Physics Score16165
Combined Score3802
Fire Strike Ultraスコア4023
Graphics Score3896
Physics Score16515
Combined Score2131
Time Spyスコア6560
Graphics Score6582
CPU Score6439
Time Spy EXtremeスコア3048
Graphics Score3071
CPU Score2925

レイトレーシングの性能をチェック

Port Royalはリアルタイムレイトレーシングのベンチマークになります。どの程度レイトレーシングをリアルタイムで処理できるかを評価したベンチマークソフトです。

ファイナルファンタジー XV(バージョン1.2)

解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
2965 / 29 fps【やや重い
標準3419 / 34 fps【普通
軽量4765 / 47 fps【やや快適
WQHD
2560×1440
5147 / 51 fps【やや快適
標準6402 / 64 fps【快適
軽量8566 / 85 fps【快適
フルHD
1920×1080
7217 / 72 fps【快適
標準9311 / 93 fps 【とても快適
軽量11501 / 115 fps【とても快適

FF15のフルHD解像度でベンチマークの高品質設定において【やや快適】評価が出ています。本機は解像度自体がフルHD液晶を搭載したモデルですのでフルHDで判断するのが良いでしょう。

 ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
最高13951 / 109 fps【非常に快適
高(ノート)15448 / 133 fps【非常に快適
標準(ノート)16812 / 156 fps【非常に快適

FF14の漆黒のヴィランズのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。7000を超えているので、FF14が快適にプレイ可能です。中量級のゲームのプレイを想定してゲーミングPCを選択される方はFF14のベンチマークを指標にして選択するのがおすすめです。

ドラゴンクエストX

解像度設定スコア / 評価
1920×1080最高20674 【すごく快適

最高評価の『すごく快適』評価が出ています。

PSO2ベンチマーク ver.4

解像度設定FPS / スコア
1920×1080設定638152 / 189 fps

最高設定で3万超えのスコアが出ています。

アサシンクリードオデッセイ

アサシンクリードオデッセイ
解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高52 FPS
67 FPS
76 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

バトルフィールド5

解像度画質設定DXRオフDXRオン
フルHD
1920×1080
最高70 FPS63 FPS
89 FPS68 FPS
113 FPS79 FPS
133 FPS84 FPS

DirectX12、『祖国の為に』の開始地点になります。DXRオンはDLSSもオンにした数値になります。

World War Z

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
ウルトラ85 FPS
ミディアム108 FPS
ロー135 FPS

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

Apex Legends

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高124 FPS
最低136 FPS

スカルタウンに降下した際のフレームレート。フルスクリーン、視界:90、色覚特性モード:オフ、垂直同期:無効、解像度適応の目標fps:0、設定:最高は右に全て設定、最低は左に全て設定になります。

VR性能をチェック

VRMARK

PCのVR性能をスコア化するソフトがVRMARKです。スコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。

VRMARK項目スコア
Orange Roomスコア6916
Avg FPS150 fps
Cyan Roomスコア6249
Avg FPS136 fps
Blue Roomスコア2030
Avg FPS44 fps

CPU性能をチェック

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20はCinebenchの最新バージョンになります。レンダリングに必要な演算能力が約8倍、メモリ消費量も4倍に引き上げられたそうです。また、CINEBENCH R15とは比較出来ません。CPU 2918cb、CPU(single-Core) 460cbを記録しました。

ストレージの速度をチェック

容量は512GBのNVMe対応のM.2 SSDが搭載されています。カスタマイズにも対応しているので、容量が不安な方はHDDを追加するのがおすすめです。

特定のゲームしかプレイしないと考えている場合には500GBクラスのSSDで事足りますが、複数のゲームソフトを入れる場合には価格の安いHDDと組み合わせてコスパ重視のデュアルストレージ構成がおすすめです。

静音性のチェック

アイドル時3DMARK FireStrike実行時
43.0 db55.3 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に考えて下さい。

ゲーミングノートPC全般に言える事ですが、高負荷時のファンの鳴りはデスクトップPCよりも大きいです。

消費電力のチェック

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。アイドル時63.1W、3DMARKのFire Strike実行時には128Wでした。

温度のチェック

筐体の温度

WASD周辺

高負荷時

FireStrikeを複数回実行した際の温度になります。熱い箇所は52℃程度でゲーム中によく多用するWASDキー周辺の温度は31℃程度でした。アイドル時でも高負荷時でもWASD周辺はそこまで熱くならないのでゲームプレイに関しては問題ないでしょう。

ゲーム中にチャットなどの文字打ちをする際には中央部は熱さを感じるので長時間のゲームをプレイする場合には外部キーボードを用意した方が集中してプレイできそうです。

ゲーム中は本体が熱くなってしまうので長時間のゲームプレイをする場合にはノートPCの冷却台を用意し、キーボードの温度も気になる場合には外部キーボード&マウスというのが一つの対策になるでしょう。

内部の温度

室温25℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFire Strikeのベンチマークを実行した温度になります。

まとめ

ガレリア GCR2070RGF-Eの性能的にはフルHDの重量級も視野に入るパフォーマンスが魅力のハイスペックモデルです。

オンラインゲームに関してはFF14のベンチマークで非常に快適評価が出ているのでストレスフリーで使えるでしょう。

実機レビューから引用

レイトレ対応のゲームでレイトレを体験する事が可能な点も魅力的でしょう。レイトレーシングのスコアはRTX20シリーズで大きく向上します。Cyberpunk 2077、Watch Dogs: Legion、Call of Duty: Modern Warfareなどのタイトルでレイトレーシングが実装予定です。

シューターゲームの場合には設定下げ運用で144Hzの液晶を活かしてのプレイもCore i7-9750Hが搭載されているのでスペックを活かす事が出来ます。バトルロイヤルゲームのApex Legendsをベンチマーク取得中にCHAMPIONになってしまうくらい快適なフレームレートが出ていました。

ガレリア GCR2060RGF-Eの詳細はこちら

ガレリアのノートPC一覧はこちら

おすすめピックアップ記事