ゲーミングPCレビュー

【ドスパラ】ガレリア GKF1080GFの実機&性能レビュー

ドスパラさんからガレリア GKF1080GFの実機をお借りしたのでレビューしていきます。

GKF1080GFの特徴としてはガレリアのゲーミングノートPCの中では最も性能が高いハイエンド構成になります。とにかく性能の高いゲーミングノートPCが欲しいという方は選択肢に入ってくると思います。

CPUはデスクトップPCで採用されるCore i7-7700、GPUはGTX1080、メモリは16GBでストレージにはNVMeの256GBとHDD1TBを積んでいるのでハイエンドデスクトップPCと同等の性能を有します。

>> ガレリア ノートPCラインナップ一覧 <<

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはGTX1080が搭載されていて、CPUが第7世代のKaby Lake搭載のガレリア GKF1080GFというモデルになります。

目次
1.スペック5.消費電力
2.外観6.温度
3.重量7.ベンチマーク
4.静音性8.まとめ

スペック

GALLERIA GKF1080GF
OSWindows10 64bit
CPUCore i7-7700
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)
メモリ16GB
ストレージNVMe SSD 256GB HDD 1TB
液晶15.6インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ(NVIDIA G-SYNC対応)
スペックに関しての注意点

※情報は執筆時点のものになります。商品の詳細や価格については上記リンクから詳細ページにて必ずご確認下さい。

外観をチェック

15.6インチのフルHDのノングレア液晶を搭載し、キーボードはLEDイルミ搭載で10キー付きです。外観的にはシンプルながらもヘアライン加工が施されているなど高級感を感じます。

サウンド面にもこだわっており、底面にサブウーファーが搭載されています。プリインストールソフトの「Sound Blaster Cinema 3」と併せて本体で使用するシーンでも十分な音を楽しむ事が可能だと個人的には感じました。

サイドにエッジがあるのと、キーボード上部のスピーカーがボタンを避けるように並んでいるのはこだわりを感じます。

左側面

左側面には盗難防止用のKensingtonLock、ラインイン、ラインアウト、マイク、ヘッドホンなどのオーディオ端子が装備されています。

右側面

右側面にはカードリーダー、USB3.0×3が配備されています。右利きの方の場合この配置だと使い勝手が良いと思います。

背面

背面には排熱用の通気口があり、中央付近に有線LANの端子、USB3.1、HDMI 1.4 x1, Mini-DisplayPort x1、電源という配置です。

天板

天板はヘアライン加工が施されていて、中央にガレリアのロゴは入っています。

天板の開閉は180℃とまではいきませんが、かなり開けます。

底面

底面にはゴム足が取り付けられているので安定性は高いです。

サブウーファーは底面左に配置されています。

キーボード

キーピッチは実測約18.5mm、テンキーは実測約16mm、キーストロークは実測約2mmとなっています。

Windowsボタンの位置が右下にあるのが特徴です。ゲーム中の事故を軽減する意味での配置かと思います。カーソルキーはしっかりと独立した配置です。

キートップはフラットで、普通に押しやすいキーボードという印象です。イルミのカラーの変更はプリインストールされている「KLM」というソフトで変更可能です。

右上にあるボタン類はクイックランチャーボタンと呼称し、左からクーラーブーストボタン、ディスプレイのオフボタン、キーボードのバックライトスイッチの明るさを調整するボタン、電源ボタンとなっています。

重量をチェック

公式では仕様に約2.93kg(バッテリー含む)と書いてあります。下のタニタの計測器が3kgまで計測可能なのですが、測れずに違う5kgまで測れるので計測すると3096gでした。

ACアダプターは1403gでした。合わせると約4.5kgになります。

静音性のチェック

アイドル時高負荷時(3DMARK 実行時)ファンMAX
46.0db49.5db52.2db

アイドル時と3DMARKのFire Strike Ultraを実行した時の騒音デジベルを計測しました。数値は不正確なので目安程度に考えて下さい。

消費電力のチェック

アイドル時ベンチマーク実行時
73.6w205w

消費電力を計測しました。※高負荷時は3Dmark(FireStrike)実行時の消費電力をワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

温度のチェック

アイドル時とベンチマーク実行時の温度

CPUやGPU等の構成内容によって温度は変化します。CPU、GPUともに温度は高めです。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

FF14の紅蓮の解放者のベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。7000を超えているのでFF14は快適にプレイ可能です。

解像度設定スコア
1920×1080最高品質14232
標準品質16280
低品質17676

ドラゴンクエストX

すべての設定や解像度においてすごく快適の評価が出ています。

解像度設定スコア
1920×1080最高品質20135
標準品質20270
低品質21020

ドラゴンズドグマオンライン

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。すべての設定や解像度においてとても快適の評価が出ています。

解像度設定スコア
1920×1080最高品質12424
標準品質12738
低品質12975

モンスターハンター第三弾(大討伐)

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは非常に高いスコアが出ています。快適にMHFもプレイする事が可能です。

画面サイズスコア
1920×108040512

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定で非常に高いスコアが出ています。最高設定でも問題無く快適にプレイする事が可能です。

解像度設定スコア
1920×1080簡易設定6(最高設定)57175
簡易設定554678

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア16184
Graphics Score20373
Physics Score12611
Combined Score7646
Fire Strike EXtremeスコア8848
Graphics Score9569
Physics Score12625
Combined Score4395
Fire Strike Ultraスコア4740
Graphics Score4714
Physics Score12592
Combined Score2505
Time Spyスコア6387
Graphics Score6752
CPU Score4892

VRMARK

Orange、Blue共にスコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。Orange Roomは標準的なVR性能を評価するベンチマークで、Cyan RoomはDirect12、BlueRoomは将来用です。

VRMARK項目スコア
Orange Room?スコア8868
Avg FPS193.33fps
Cyan Room?スコア6169
Avg FPS134.49fps
Blue Room?スコア2104
Avg FPS45.86fps

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15Core i7-7700
CPU887cb
CPU(Single Core)178cb

CPU性能の比較をする時に参考になるのがCINEBENCHになります。

SSD&HDDの速度

SSDHDD

アクティブなゲームをSSD、非アクティブなゲームをHDDにしたり、ローディング速度が余り重要では無いゲームをHDDにしてオンラインゲームなどでSSDで無いと厳しいタイトルをSSDにしたりといった使い方をすれば240GB運用は可能です。そういうのが面倒だと感じる方はカスタマイズが可能なので500GBクラス以上のSSDにするのがいいかと思います。

ゲームのベンチマークを計測

Rise of the Tomb Raider(中量級)

解像度設定FPS
1920×1080最高115
145
最低166

中程度のゲームだとFF14などの国産オンラインゲームや数年前の重いゲームがこの位置に相当します。大抵はこれ以上のFPS値が出るので問題無くプレイ可能です。

Ghost Recom Wildlands(重量級)

解像度設定FPS
1920×1080ウルトラ58
101
148

重量級は最新の海外製の重いゲームなどが該当します。フルHDの最高設定だと少し重いので設定を多少落とせば最新ゲームも快適に動作します。

まとめ

メリット

  • デスクトップのハイエンドゲーミングPCと遜色無い圧倒的性能をノートPCで実現
  • NVIDIA G-SYNC対応
  • NVMe SSD搭載で爆速、実際サックサクでした
  • GTX1080搭載でゲーミングノートPCは執筆時だと取り扱いが少ないので希少価値あり

デメリット

  • 構成内容的に仕方無いですが、価格が高いので人を選ぶ
  • 重量は重いのでノートPCとしての使い方でハイエンドを選ぼうとしている方は注意です。持ち運びを考えた場合、プロや業務レベルなら許容範囲でもプライベートだとキツイかなと個人的には感じました。自宅内や車内ならOK。

ガレリアの執筆時だと最も性能が高いノートPCだけあって性能はモンスター級です。ノートPCだという事を忘れるくらい快適かつ、性能が高いです。

ストレージにNVMe SSDを使用しているおかげで操作感がサクサクで特に今回インストールしたソフトをアンインストールする時に違いを感じました。「はやっ!」と声に出してしまうくらいには速かったです。NVIDIA G-SYNC対応なのもゲーマーには嬉しいポイント。

ただ、性能が高いのでデメリットとして価格が高い事や本体の重量が重くなる点はあります。その辺りを納得した上で性能を第一に考える方であればドスパラの中で一番性能の高いGKF1080GFは選択肢に入ってくると思います。