MENU
はじめてゲームPC
ゲーミングPCやゲーミングノートPCの実機レビューを200台以上行いました。
最新ハードウェアのゲーム検証やベンチマーク検証もしているので、ゲーミングPC選びの参考にしてみて下さい。
はじめてゲームPCおすすめ限定モデル詳しくはこちら

「GALLERIA UL7C-R36」の実機レビュー RTX 3060搭載

当ページのリンクには広告が含まれています。

GALLERIA UL7C-R36レビュー

ドスパラさんから「GALLERIA UL7C-R36」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

「GALLERIA UL7C-R36」は、動きの激しいゲームでも敵をはっきりと視認出来る240Hzの高リフレッシュレート液晶が搭載したモデルです。

240Hz液晶を最大限活かす為に、最新の第11世代インテル「Core i7-11800H」を搭載しています。

グラフィックスには「GeForce RTX 3060」が搭載しているので、重量級ゲームや、FPS / TPSゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスペックとなっています。

また、軽量で強度に優れたマグネシウム合金を採用し、軽量かつ上質感のあるデザイン性が高い筐体です。それに加えて長時間バッテリーという特徴もあるので、モビリティも重視したい方にもおすすめのノートPCです。

目次

GALLERIA UL7C-R36のスペック

GALLERIA UL7C-R36
GALLERIA UL7C-R36 CPU Core i7-11800H
グラフィック RTX 3060(6GB)
メモリ 16GB
SSD 500GB NVMe SSD
液晶 15.6型 フルHD
240Hz
無線 Wi-Fi 6
重量 約1.96kg
動作時間  約 9.6 時間

公式サイトはこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

外観

カラーはグレー色です。WEBカメラは液晶上部に設置されています。液晶は15.6型でフルHD解像度(1920×1080)、リフレッシュレートは240Hzです。

ノングレアパネル採用なので、映り込みが少なく長時間のゲームや作業に最適です。

天板

天板にはGALLERIAのロゴが配置されています。天板の開閉は片手でも筐体が浮きません。

入出力ポート

入出力ポート

左側面にはケンジントンロック、USB3.2、マイク/イヤホン端子があります。左側にイヤホン端子があると右利きの方は便利に感じます。

右側面にはカードリーダー、USB3.2×2があります。

背面側にはUSB4 Type-C x1(Thunderbolt4 / DP1.4対応)、HDMI端子、LAN端子、電源端子があります。映像出力端子や有線LAN、電源が背面にあるのは、接続する際に便利です。

キーボード

キーボード

キーボードはテンキーレスです。日本語配列88キーボードとなっています。右奥には動作モードの切り替えスイッチと電源ボタンがあります。

視認性を高めるマルチRGB対応のキーボードバックライトが搭載しています。キーボードの「LEDバックライト」は、夜間時の作業も快適です。カラーは付属ソフトで変更可能です。

ライトバー

ライトバーも付いており、付属ソフトで単色のカラーの変更やレインボーモードの変更が可能です。

GALLERIA GAMING CENTER

Intel NUC Software Studio

付属ソフトは「Intel NUC Software Studio」が入っています。

「Intel NUC Software Studio」を起動すると、「GALLERIA Gaming Center」が立ち上がります。

GALLERIA Gaming Center

「GALLERIA Gaming Center」では、Windowsキーの有効・無効の設定、パフォーマンスモードの設定、キーボード、ライトバーのカラー設定等が行えます。

パフォーマンスモードは、「パフォーマンス」「バランス化」「バッテリー節電機能」の3つが用意されており、ファン全開になるベンチマークモードも用意されています。

左下にあるシステムモニターをクリックすると、CPU、メモリ、GPU、ストレージの使用率や、バッテリー残量が確認出来るようになっています。

キーボードのエフェクト設定が豊富

また、キーボードのエフェクト設定が豊富で、単色、レインボー、特定のキーのみ光るゲームモード、呼吸するように光るブリージング、音楽に合わせて光る音楽モードなど、多彩に用意されています。

重量

重量

本体が1,941gでACアダプターの重量は651gでした。本体とACアダプターを合計すると2,592gとなります。軽量で持ち運びにも適しています。

ゲーム性能

「GALLERIA UL7C-R36」のゲーム性能はどの程度快適なのかをチェックしました。

以下のベンチマークテストは、「パフォーマンスモード」で計測しています。

3DMARK


FireStrike

FireStrike


TimeSpy

TimeSpy


3DMARKのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成 3DMARK TimeSpy
Core i7-11800H
RTX 3070
10088
Core i7-11800H
RTX 3060
8564
Ryzen 7 5800H
RTX 3060
8315
Core i5-11400H
RTX 3060
7859
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5362
Core i7-11800H
RTX 3050
5234

表は当サイトでテストしたTimeSpyの参考スコア比較です。「RTX 3060」搭載モデルは高いスコアが出ます。

ファイナルファンタジー15

FF15ベンチマーク

解像度 設定 スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
8554 / 85 fps【快適
標準 11307 / 113 fps 【とても快適
軽量 13771 / 137 fps【非常に快適

フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー15は重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコアで「快適」、12,000スコアで「非常に快適」になります。

重量級ゲームは高品質設定で「快適」評価です。

製品名 FF15 高品質比較
Core i7-11800H
RTX 3070
9588
Core i7-11800H
RTX 3060
8554
Ryzen 7 5800H
RTX 3060
8080
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5314
Core i7-11800H
RTX 3050
5115

フルHD解像度/高品質の参考スコア比較です。

ファイナルファンタジー14

FF14ベンチマーク

解像度 設定 スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
最高 17386 / 125 fps【非常に快適
20205 / 149 fps【非常に快適
標準 22081 / 164 fps【非常に快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

ファイナルファンタジー14は中程度の描画負荷のゲーム。暁月のフィナーレは8,000スコアで「快適」、15,000スコアで「非常に快適」評価になります。

最高設定で「非常に快適」評価です。

製品名 FF14「暁月のフィナーレ」ベンチマーク
Core i7-11800H
RTX 3070
19354
Core i7-11800H
RTX 3060
17386
Core i5-11400H
RTX 3060
15023
Ryzen 7 5800H
RTX 3060
14245
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
13228
Core i7-11800H
RTX 3050
12916

フルHD解像度/最高品質の参考スコア比較です。

PSO2:NGS

PSO2:NGSベンチマーク

解像度 設定 スコア / 評価
フルHD
1920×1080
ウルトラ 17522【快適
37218【快適
最低 47940【快適

PSO2:NGSは「10,001以上」のスコアで「快適」評価です。「5,001~10,000」で標準的な動作、「5,000未満」で重い動作判定となります。

最高設定で「快適」評価です。

製品名 PSO2:NGSベンチマーク
Core i7-11800H
RTX 3070
20183
Core i7-11800H
RTX 3060
17522
Ryzen 7 5800H
RTX 3060
12711
Core i5-11400H
RTX 3060
11360
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
8094
Core i7-11800H
RTX 3050
6901

フルHD解像度/最高設定の参考スコア比較です。

フォートナイト

最高設定

フォートナイト最高画質

最低設定

フォートナイト最低画質

人気TPSゲームのフォートナイトの最高画質では80fps前後。最低では200fps前後を記録しました。

240Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので、フォートナイトを快適に楽しめるゲーミングノートPCです。

解像度 設定 FPS
フルHD
1920×1080
最高
81
194

計測場所:グリーシー・グローブ、3D解像度は100%に変更。レイトレーシング / NVIDIA DLSS無効で計測。

ApexLegends

最高設定

ApexLegends最高画質

最低設定

ApexLegends最低画質

人気FPSゲームのApexLegendsでは最高画質130fps前後、最低では180fps前後を記録しました。

240Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので滑らかな描画で快適です。ApexLegendsも快適に楽しめます。

解像度 設定 FPS
フルHD
1920×1080
最高
133
186

計測場所:ストームポイント「座礁区域」

FPSゲームのフレームレートを検証

タイトル FPS
バトルフィールド2042
78
102
Halo Infinite
88
120
Apex Legends
133
186
フォートナイト
81
194
CoD:ヴァンガード
105
195
オーバーウォッチ
124
241
レインボーシックスシージ
251
296
VALORANT
262
404

最高 最低

高フレームレートが重要になるeスポーツゲームやFPSゲームのフレームレートをチェックしてみました。

「GALLERIA UL7C-R36」は240Hzの高リフレッシュレート液晶が搭載されているので、”240Hzを活かす事が出来るのか”という検証です。

「バトルフィールド2042」「Halo Infinite」は重いゲームなので240Hzは活かしきれないです。最上位構成のハイエンドデスクトップPCでも240fpsは出ないので、重いタイトル中心だと144Hz液晶でも十分という見方も出来ます。

しかし、eスポーツ性の高い「Apex Legends」「フォートナイト」「CoD:ヴァンガード」「オーバーウォッチ」「レインボーシックスシージ」「VALORANT」は画質設定を下げて運用する事で240fpsに迫る、もしくは240fpsを超えるフレームレートを出す事が出来ます。

高リフレッシュレート液晶は、「残像感が抑えられて見えやすい」「エイムがしやすくなる」などの効果が期待出来るので、240Hz液晶搭載の「GALLERIA UL7C-R36」はeスポーツゲームがメインの方に特におすすめのゲーミングノートPCになります。

ちなみに「オーバーウォッチ」は400fps上限、「Apex Legends」は300fps上限になります。(2022年1月調べ)

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。

「GALLERIA UL7C-R36」は、描画負荷の高い重いゲームや、FPS/TPSゲーム等で高フレームレートを出したい場面で活躍する高性能グラフィックス&CPUを搭載しています。

240Hz液晶搭載で滑らかで快適なゲーム体験が楽しめます。

重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
FPS・TPSゲーム
  1. 重量級:FF15のベンチマーク:最高設定で快適評価。
  2. 中量級:FF14のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  3. 軽量級:軽めのゲームの動作はもちろん快適です。
  4. FPS / TPS:240Hz液晶を搭載しているので快適です。

CPU性能


CINEBENCH R23

CINEBENCH R23


CINEBENCH R20

CINEBENCH R20


CINEBENCH R23 / R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

製品名 CINEBENCH R23マルチスコア比較
Core i7-11800H
12727
Ryzen 7 5800H
12089
Ryzen 7 4800H
11368
Core i7-10870H
10516
Core i5-11400H
9979

CINEBENCH R23マルチスコア参考スコア比較です。

Core i7-11800Hは、処理能力に優れた8コア16スレッドで最大4.6GHz駆動のCPUです。ゲームやストリーミング配信など、高負荷な作業でも活躍できる高性能CPUです。

ベンチマーク

PCMark 10

PCMark 10 Essentials Productivity DCC
6422 8891 9105 8881

パソコンの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトが「PCMark 10」です。

Essentialsはアプリケーションの起動速度、Webブラウジング、ビデオ会議などのPCの基本性能を計測します。

Productivityはオフィスソフトの性能、Digital Content Creation(DCC)は写真編集、動画編集などのクリエイティブ系ソフト性能のスコアとなっています。

構成 PC MARK10
Core i7-11800H
RTX 3070
6582
Ryzen 7 5800H
RTX3060
6568
Core i7-11800H
RTX 3060
6422
Core i7-11800H
RTX 3050
6161
Core i7-10875H
RTX 3060
5675
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5504
Ryzen 7 4800H
GTX 1650 Ti
5428
Core i5-10300H
GTX 1650 Ti
4380

PC MARK10参考比較

ストレージ速度

ストレージ速度

容量は500GBのNVMe SSDが搭載されています。HDDでカクつくゲームもあるのでNVMe SSDはカクつきを抑制する効果があるでしょう。

消費電力

アイドル時 高負荷時
アイドル時の消費電電力 高負荷時の消費電力

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。高負荷時は「3DMark TimeSpy」実行時の数値です。

温度

筐体の温度

筐体の温度

「FF14 暁月のフィナーレ」ベンチマークを高品質設定(ノート)で、1時間ループさせた際の温度をチェックしてみました。

室温は21℃。キーボード周辺の最高温度が40℃でWASD周辺は23℃でした。

温度が低いので快適に使える印象です。

内部の温度

内部の温度

計測ソフトは「HWMONITOR-PRO」を用いて、「アイドル時」「3DMARKのTimeSpy」「CINEBENCH R23」を実行した際の最大温度です。室温21℃環境での計測になります。

静音性

静音性

設定 dB(デシベル)
アイドル 40.5 db
バッテリー節電 42.3 db
バランス 47.5 db
パフォーマンス 56.1 db

ACアダプターに接続時。

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。

無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

ファンモードはそれぞれデフォルトの設定で計測しています。

バッテリー節電機能モードはファンモード「静か」設定。バランス化モードはファンモード「スタンダード」設定。パフォーマンスはファンモード「パフォーマンス」設定になります。

まとめ

まとめ

「GALLERIA UL7C-R36」は、最新のゲームタイトルや重いゲームタイトルでも楽しめるパフォーマンスを持った高性能グラフィックス「GeForce RTX 3060」搭載。

高いパフォーマンスを持つ8コア16スレッドの「Core i7-11800H」搭載なので、ゲームから動画編集などの重い作業にも適した高性能CPUです。

240Hzの極めて滑らかな液晶でFPS / TPSゲームとも相性が良く、快適にゲームに没入する事が出来ます。

おすすめポイント
  • 優れたゲーミングパフォーマンス
  • ベゼル薄の15インチ(薄型スリムボディ)
  • 圧倒的滑らかさの240Hz液晶搭載
  • 暗所でも快適なLEDによる光るキーボード搭載
  • 軽量で強度に優れたマグネシウム合金採用
  • 上質感のあるデザイン

GALLERIA UL7C-R36の詳細はこちら

GALLERIA公式サイトはこちら

あわせて読みたい
「GALLERIA UL7C-R37」の実機レビュー RTX 3070搭載 ドスパラさんから「GALLERIA UL7C-R37」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 GALLERIA UL7C-R37は、動きの激しいゲームでも敵をはっきりと視認出来る240Hzの...
あわせて読みたい
「GALLERIA XL7C-R36」の実機レビュー RTX3060搭載 ドスパラさんから「GALLERIA XL7C-R36」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 GALLERIA XL7C-R36の特徴はインテル「Core i7-11800H」or「Core i7-10875H」を搭...
目次