ゲーミングPCレビュー

RTX2070 SUPER搭載『ガレリア XF』の実機レビュー

ドスパラさんからガレリア XFの実機をお借りしたのでレビューしていきます。

ガレリアXFの特徴はCPUがCore i7-9700Kを搭載(執筆時では無料アップグレード中)しているのでリアル8コアで最大4.9GHz駆動のゲームに最適なCPU、グラフィックボードにはNVIDIAの最新アーキテクチャーのTuring採用のRTX2070 SUPERが搭載します。

コストパフォーマンスが高く、人気も非常に高く、無料アップグレードでお得な構成内容になっているのでコスパ良くハイスペックなゲーミングPCが欲しい方にピッタリです。

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはRTX2070 SUPERが搭載されているガレリア XFというモデルになります。執筆時では人気ランキング1位を獲得。

スペック

ガレリア XF
OSWindows10 64ビット
CPUCore i7-9700K(無料アップグレード)
グラフィックGeForce RTX2070 SUPER
メモリ16GB(無料アップグレード)
SSD512GB NVMe SSD(無料アップグレード)
HDD2TB(無料アップグレード)
マザーボードB365

価格・詳細はこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観をチェック

PCケースはガレリア専用のKTケースです。Xシリーズ・Zシリーズと同じになります。冷却性能と拡張性が高いATXのミドルタワー型になります。

フロントを開ける事は可能ですが、結構面倒なのでフロントファンを換装したい場合はBTOオプションで頼むのも手です。フロントファンは12cmです。カスタマイズする場合は、『フロントケースファン』という箇所で変更可能です。

左側面にはサイドにメッシュ加工がされており、高温になりがちなCPUとGPUを冷却する機構になっています。サイドには12cmファンor14cmファンが取り付け可能です。

右側面には右上にマザーボード部分を冷却する為に吸気があります。

前面インターフェース部はUSB3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1、リセットボタン、電源ボタンが並んでいます。その下にはアクセスランプがあります。

天板上部は12cmファンor14cmファンが取り付け可能です。後方にファンがあるので贅沢に置く事はできませんが手前にはスマホなどの小物を置く程度のスペースはあります

光学ドライブは搭載されていないので必要な方はカスタマイズしましょう。

背面は上部にケースファンがあります。背面のファンは12cmです。

USBは『USB2.0が2つ、USB 3.1 Gen1が4つ』になります。

HDMIが1つ、DisplayPortが3つ付いています。

内部パーツをチェック

内部はこのようになっています。右側の上段が5インチベイ、下段が3.5インチベイの格納になっています。

CPUファンにはサイドフロー型のCPUクーラーが搭載されていました。静音性も高いですね。冷却性能を更に向上させたい方は『Scythe 虎徹 MarkⅡ』にカスタマイズもおすすめです。

GPUはPalit製のNVIDIA GEFORCE RTX2070 SUPERが搭載されています。

マザーボードは『PRIME B365-PLUS』が採用されています。仕様は以下になります。

PCI-Ex16 x1, PCI-Ex4 x1, PCI-Ex1 x4 / メモリスロット x4 (最大 64GB) / SATA3 x6 / M.2 x2

※M.2_1 ソケットとSATA_2 ポートは排他利用となり、同時に使用はできません。

パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。レビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという情報になります。

付属品のチェック

ドライバーディスクやマザーボードの取扱説明書、電源ケーブルが同梱されていました。

CPU性能をチェック

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20はCinebenchの最新バージョンになります。CPU 3385、CPU(single-Core) 487を記録しました。

CINEBENCH R20ベンチマーク比較

製品名マルチシングル
Ryzen 7 3700X4734499
Core i9-9900K4577507
Core i7-9700K3678502
Ryzen 5 36003453477
Core i7-87003082467
Core i7-9750H2659465
Ryzen 5 26002525394
Core i5-9400F2389422
Core i5-8265U1231393

製品レビューから取得したスコア比較となっています。製品によって数値の変動もあるので参考程度に見てみて下さい。

Z390マザーボードを採用したガレリアZFと比較すると同じCore i7-9700Kですが数値的には出ていない印象です。

ストレージの速度をチェック

SSD

HDD

SSDが搭載されているので動作がサクサクでストレスフリーで非常に快適です。大容量HDDも付いているので母艦として安心出来るスペックです。

静音性のチェック

アイドル時3DMARK FireStrike実行時
43.1 db46.0 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に考えて下さい。

消費電力のチェック

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。アイドル時71.8W、3DMARKのFire Strike実行時には269Wでした。

製品名高負荷時
ガレリアZZ-SLI(RTX2080Ti×2)602W
ガレリアZZ(RTX2080Ti)341W
ガレリアZG(RTX2080)308W
ガレリアXF(RTX2070 SUPER)269W
ガレリアZF(RTX2070)241W
ガレリアXV(RTX2060 SUPER)232W
ガレリアXV(RTX2060)222W
ガレリアZT(GTX1660Ti)188W
ガレリアXJ(GTX1660)175W
ガレリアDH(GTX1650)110W

製品レビューで計測した消費電力の比較になります。数値の変動もあるので参考程度に見てみて下さい。

温度のチェック

室温24℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITORを用いてアイドル時と3DMARKのFire Strikeのベンチマークを実行した温度になります。CPU温度やGPU温度も低めですので特に問題は無いでしょう。

VR性能をチェック

VR性能をスコア化するソフトがVRMARKです。スコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。VRも快適に楽しめるハイスペックデスクトップPCになります。

ゲーム性能をチェック

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア20848
Graphics Score24685
Physics Score18275
Combined Score10668
Time Spyスコア9459
Graphics Score9926
CPU Score7469

3DMARK Fire Strikeスコア比較

製品レビューで取得したFireStrikeのグラフィックカード別グラフィックスコアの参考比較になります。

3DMARK TimeSpyスコア比較

製品レビューで取得したTimeSpyのグラフィックカード別グラフィックスコアの参考比較になります。

ファイナルファンタジー XV

FF15のベンチマークではスコアが12,000を超えると最高評価の非常に快適になります。6,000で快適評価ですので6,000出ていれば重量級ゲームも楽しめるスペックと言えるでしょう。

解像度設定スコア評価
フルHD
1920×1080
高品質10122 / 101 fpsとても快適
標準品質13425 / 134 fps非常に快適
軽量品質16613 / 166 fps非常に快適
WQHD
2560×1440
高品質7460 / 74 fps快適
標準品質9488 / 94 fpsとても快適
軽量品質12803 / 128 fps非常に快適
4K
3840×2160
高品質4395 / 43 fps普通
標準品質4951 / 49 fpsやや快適
軽量品質7090 / 70 fps快適

FF15 ベンチマークのパフォーマンス比較

製品名スコア評価
ガレリアZZ(RTX2080Ti)12930非常に快適
ガレリアZG(RTX2080)10897とても快適
ガレリアXF(RTX2070 SUPER)10122とても快適
ガレリアZF(RTX2070)8905快適
ガレリア XV(RTX2060 SUPER)8414快適
ガレリアXV(RTX2060)7919快適
ガレリアXV(GTX1070Ti)7672快適
ガレリアZT(GTX1660Ti)6803快適
ガレリアRJ5(GTX1660)5584やや快適
ガレリア RT5(GTX1060)4848やや快適
ガレリアDH(GTX1650)3889普通
ガレリアDH(GTX1050Ti)3006普通

製品レビューで取得したフルHD解像度で高品質設定(最高設定)のスコアを比較した数値となっております。

 ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

FF14の漆黒のヴィランズのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値となっています。

解像度設定スコア評価
フルHD
1920×1080
最高品質17140 / 131 fps非常に快適
17685 / 141 fps
標準21262 / 191 fps
WQHD
2560×1440
最高品質15009 / 103 fps
15855 / 112 fps
標準19051 / 157 fps
4K
3840×2160
最高品質8183 / 54 fps
9491 / 63 fps
標準15916 / 110 fps

FF14 ベンチマークのパフォーマンス比較

製品名スコア評価
ガレリアXF(RTX2070 SUPER)17140非常に快適
ガレリアXF(RTX2070)15714
ガレリア XV(RTX2060 SUPER)15390
ガレリアXV(RTX2060)15118
ガレリアDF(RTX2060)14396
ガレリアXT(GTX1660Ti)14459
ガレリアRJ5(GTX1660)10966
ガレリアDH(GTX1650)9342

製品レビューで取得したフルHD解像度で最高品質設定のスコアを比較した数値となっております。

ドラゴンクエストX

最高品質設定にしても最高評価の『すごく快適』評価が出ています。軽いゲームの場合にはオーバースペックと言えるでしょう。

解像度設定スコア評価
3840×2160最高品質21597すごく快適
1920×1080最高品質22953すごく快適

PSO2ベンチマーク

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定で8万超えのスコアが出ています。平均フレームレート273fps、1% Low フレームレート203fpsとなりました。

解像度設定スコア
1920×1080簡易設定687268 / 273 FPS

フォートナイト

設定:フルHD×エピック

フォートナイトは144fpsが出ていましたので144Hz対応のゲーミングモニターと組み合わせたり、画質設定を多少下げて240Hz対応のゲーミングモニターでも快適に使う事が出来ます。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
エピック164 fps
210 fps
297 fps
356 fps
WQHD
2560×1440
エピック106 fps
148 fps
237 fps
329 fps
4K
3840×2160
エピック54 fps
73 fps
116 fps
178 fps

3D解像度は100%に変更しています。マップが一新されたので従来とは別の箇所で計測を行いました。

レインボーシックス シージ

設定:フルHD×最高

レインボーシックス シージは最高設定にしても平均223fpsでしたので240Hzのゲーミングモニターを活かせるスペックです。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高205 fps
343 fps
WQHD
2560×1440
最高135 fps
251 fps
4K
3840×2160
最高69 fps
128 fps

レンダリングのスケーリングは100に変更しています。ベンチマーク結果の全般の平均fpsになります。

ゴーストリコン ブレイクポイント(2019年最新ゲーム)

設定:フルHD×ウルトラ

解像度設定FPS評価
フルHD
1920×1080
ウルトラ100 fpsA
133 fpsS
143 fps
WQHD
2560×1440
ウルトラ81 fpsA
106 fps
123 fpsS
4K
3840×2160
ウルトラ51 fpsB
69 fpsA
86 fps

ゲーム内ベンチマークを実行した際のフレームレートとなっております。最新ゲームでも高画質×高フレームレートが出ています。

上の画像はリフレッシュレートが60Hzになります。スローモーション動画を撮影しました。木の所を注視して頂けるとより分かりやすいかもしれません。60Hzだと動きの速いゲームの場合には滑らかさが物足りないと感じられます。

一般的なモニターのリフレッシュレートは60Hzです。通常のゲームであれば60Hzで滑らかな描画と感じる方も多いかと思います。しかし、FPSなどのシューターゲームの場合には上述の通り滑らかさを求めて高リフレッシュレート液晶を使いたい方は多いでしょう。

そうなるとゲーム側で高フレームレートを出さないと意味が無いのでガレリアXFのようなハイスペックモデルの価値は大きいです。

こちらは130fps出ている状況において144Hz対応モニターで撮影した場面になります。描画が非常に滑らかになります。一瞬の勝負において高リフレッシュレートの液晶×高フレームレートが出せる高パフォーマンスなゲーミングPCはシューティングゲームにおいて最適な選択肢でしょう。

モンスターハンターワールド

設定:WQHD×最高

重量級のモンハンワールドでは4K×高画質設定(設定:高)で60fpsを超えていました。パフォーマンス的にはかなり余裕があり、NVIDIA DLSSが使えるWQHD解像度も魅力的に見えます。ウルトラワイドも良いでしょう。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高95 fps(70)※
129 fps(105)※
136 fps(119)※
WQHD
2560×1440
最高91 fps(68)
123 fps(97)
134 fps(117)
4K
3840×2160
最高48 fps(40)
67 fps(60)
103 fps(90)

古代樹の森1-2を周回した時のフレームレートです。かっこ内は最小fps(1% Low fps)となっています。4K解像度、WQHD解像度はDLSS使用、フルHDは適用できません。

モンハンワールドのフレームレート比較

製品名FPS
ガレリアZZ(RTX2080Ti)130 fps
ガレリアXF(RTX2070 SUPER)95 fps
ガレリアXV(RTX2060 SUPER)76 fps
ガレリアRT5(GTX1660Ti)56 fps
ガレリアXJ(GTX1660)54 fps
ガレリアRT5(GTX1060)41 fps
ガレリアRH5(GTX1650)32 fps

フルHD最高設定の比較になります。実施時期が異なり、ゲームの性質上フレームレートの変動が大きいので参考程度に見てみて下さい。

CONTROL(レイトレーシング)

設定:WQHD×最高(レイトレ+DLSS)

シンプルに最高設定(NVIDIA DLSSを使用しない)を目指した場合には現状最重量級タイトルと言えるCONTROLですが、RTX20シリーズなのでNVIDIA DLSSを使用する事が可能です。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
高(最高)72 fps
100 fps
低(最低)160 fps
WQHD
2560×1440
高(最高)52 fps
74 fps
低(最低)152 fps
4K
3840×2160
高(最高)30 fps
43 fps
低(最低)84 fps

高設定:高設定+レイトレーシング高設定、中設定:中設定+レイトレーシング中設定、低設定:低設定+レイトレーシングオフ。場所はディレクターズオフィスでNVIDIA DLSSを適用しています。

  • FPSゲームは144fps以上出して勝負にこだわりたい方におすすめです。
  • RTX20シリーズなのでレイトレーシング対応タイトルも快適。
  • 4K解像度に関しては中程度のゲームなら視野には入りますが、重量級ゲームで高画質設定は厳しいタイトルもあります。
  • フルHD、WQHD解像度なら快適

まとめ

ガレリアXFはRTX2070 SUPER搭載なのでフルHD重量級やWQHDの重量級が快適にプレイできる高スペックなゲーミングPCになります。

人気のシューターゲームやバトルロイヤルゲームでフレームレートを確保して144Hzまたは240Hz対応のゲーミングモニターと合わせて快適な動作が見込めます。

最新ゲームを快適に楽しめるハイスペックモデルなのでリアルタイムレイトレーシング対応タイトルでグラフィックスの表現を楽しみたい、体験したい方にもピッタリです。

総合的にガレリアXFは今PCゲームで求められている性能を持っているので人気も高くおすすめのゲーミングPCになります。

ガレリアXFの価格・詳細はこちら

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

おすすめピックアップ記事