ゲーミングPCレビュー

「ガレリア ZA9R-68XT」の実機レビュー Radeon RX 6800XT搭載

ガレリア ZA9R-68XTレビュー

ドスパラさんから「ガレリア ZA9R-68XT」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。

「ガレリア ZA9R-68XT」は、CPUにAMDの「Ryzen 9 5900X」を搭載し、ゲームで重要なグラフィックスボードにはAMDの「Radeon RX 6800XT」を搭載しているので4Kゲーミングを快適に楽しみたい方におすすめのスペックです。

高fpsを出したい本格派のFPS・TPSゲーマーにも対応する極めて高いパフォーマンスも持っています。

スペック

ガレリア ZA9R-68XT
ガレリア XA7R-67XTCPURyzen 9 5900X
グラフィックRadeon RX 6800XT
(16GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB NVMe SSD
ケースミドルタワー

公式サイトはこちら

CPUは一般的なパソコン用途として最高クラスのRyzen 9シリーズの最新モデル「Ryzen 9 5900X(12コア24スレッド)」が搭載。

グラフィックスボードにはAMDの「Radeon RX 6800XT」を搭載。ビデオメモリ16GB搭載で、RX6000シリーズはレイトレーシング(DXR)にも対応しています。

最新ゲームでも高い画質設定で快適にゲームがプレイ可能です。

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観デザイン

外観

PCケースはガレリア専用のSKケース (ATX) です。質感の良い筐体で、左側面はクリアパネル。ガンメタリック塗装の外装はスタイリッシュなデザインです。

電源を投入すると電源ボタンと前面がLEDライトで光ります。RGB-LEDライトの設定については公式サイトでご確認下さい。

コンソールパネル

コンソールパネルの質感が良く、USBが4つ接続出来ます。斜めになっていてアクセスしやすいです。

背面

背面の映像出力端子は「HDMI端子、DisplayPort端子x3」となっています。複数のモニターを繋ぐ用途でも活用出来ます。

底面

天板と底面にはダストフィルターが付いています。底面のダストフィルターはワンタッチで取り外せてメンテナンス性が高いです。

内観

内観

左側面のパネルを取り外すと内部にアクセス出来ます。右上に光学ドライブ、マザーボード下のエリアにHDD×2台の格納というレイアウトです。

「ガレリア ZA9R-68XT」には新システムの「リジッドカードサポート」が搭載されていました。

グラフィックスカードを固定し、輸送中の脱落や接触不良を防止する効果が見込めます。

ケースファンは14cmなので送風量アップと静音性能の向上の効果に貢献。

ストレージの増設

右側面のパネルを取り外すと2.5インチ(SSD)、3.5インチ(HDD)の増設が可能です。最下部は電源の格納スペースとなっています。

PCケースの特徴を以下にまとめました。

PCケースまとめ
  • ケースの質感が良い
  • 歴代ガレリア最高の冷却機構
  • ケースがLEDで光る(オフも可能)
  • ケースの拡張性が高い(HDD×2・SSD×2搭載可能)
  • コンソールパネルが斜めで使いやすくて良い

ゲーム性能

ベンチマークソフトを使用してゲームのパフォーマンスをチェックしました。

3DMARK

FireStrike

FireStrike

3DMARKのFireStrikeはDirectX 11のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK FireStrike
Ryzen 9 5900X
RX 6800XT
37477
Core i9-11900K
RTX3080Ti
32813
Core i9-10900K
RTX3080
29794
Ryzen 7 3700X
RX 6700XT
26722
Core i9-10900K
RTX3070
26262
Core i9-10900K
RTX2080Ti
25972

Radeon RX 6800XTのスコアの伸びが良く、DirectX 11ベースのベンチマークで高スコアを記録しました。

TimeSpy

TimeSpy

3DMARKのTimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK TimeSpy
Core i9-11900K
RTX3080Ti
17399
Ryzen 9 5900X
RX 6800XT
16793
Core i9-10900K
RTX3080
16330
Core i9-10900K
RTX3070
13213
Core i9-10900K
RTX2080Ti
13165
Ryzen 7 3700X
RX 6700XT
11372

TimeSpyのグラフィックス性能で見るとRTX3080を超える性能を記録しました。

ファイナルファンタジー15

FF15ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
7059 / 70 fps【快適
標準8175 / 81 fps【快適
軽量11492 / 114 fps【とても快適
WQHD
2560×1440
12293 / 122 fps【非常に快適
標準15813 / 158 fps【非常に快適
軽量20902 / 209 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
15997 / 159 fps【非常に快適
標準21276 / 212 fps【非常に快適
軽量22902 / 229 fps【非常に快適

フレームレートはスコアから算出した数値です。

ファイナルファンタジー15は重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。12,000スコアで非常に快適になります。

Radeon RX 6800XTは4K解像度を狙えるパフォーマンスを持っています。

製品名FF15 高品質比較
Core i9-11900K
RTX3080Ti
16197
Ryzen 9 5900X
RX 6800XT
15997
Core i9-10900K
RTX3080
14262
Core i7-10700
RTX3070
12270
Ryzen 7 3700X
RX 6700XT
10979

フルHD解像度/高品質の参考スコア比較です。

ファイナルファンタジー14

FF14ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
最高13869 / 92 fps【非常に快適
15810 / 105 fps【非常に快適
標準24337 / 170 fps【非常に快適
WQHD
2560×1440
最高22842 / 160 fps【非常に快適
23207 / 169 fps【非常に快適
標準29405 / 245 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
最高25477 / 197 fps【非常に快適
26237 / 211 fps【非常に快適
標準31908 / 279 fps【非常に快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値です。

ファイナルファンタジー14は中程度の描画負荷のゲーム。7,000スコアで「非常に快適」評価となります。

高性能なモデルなので4K解像度の最高画質設定でも快適に楽しめるスコアが出ています。

製品名FF14「漆黒のヴィランズ」ベンチマーク
Ryzen 9 5900X
RX 6800XT
25477
Core i9-11900K
RTX3080Ti
24461
Core i9-10900K
RTX3080
22979
Core i7-10700
RTX3070
20046
Ryzen 7 3700X
RX 6700XT
17595

フルHD解像度/最高品質の参考スコア比較です。

Apex Legends

最高設定

Apex最高画質設定

最低設定

Apex最低画質設定

人気FPSゲームのApexLegendsでは最高画質250fps前後、最低では300fps前後を記録しました。

最低設定では、ApexLegendsの最大フレームレートを出す場面も多かったです。

解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高
116
WQHD
2560×1440
最高
195
フルHD
1920×1080
最高
253

計測場所:射撃訓練場

フォートナイト

最高設定

フォートナイト最高画質設定

最低設定

フォートナイト最低画質設定

人気TPSゲームのフォートナイトは画質を上げると中程度の描画負荷のゲーム。画質を下げると軽いゲームです。

レイトレーシングにも対応しているのですが、レイトレーシングを有効にすると重量級ゲームです。

最高画質では180fps前後。最低では350fps前後を記録しました。フォートナイトも高fpsを出して快適に楽しめます。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
183
371

計測場所:ホーリーヘッジス、3D解像度は100%に変更

PSO2:NGS

PSO2:NGSベンチマーク
解像度設定スコア
4K
3840×2160
ウルトラ7038
WQHD
2560×1440
ウルトラ21369
フルHD
1920×1080
ウルトラ29793

PSO2:NGSは10,001以上のスコアで「快適」評価です。設定は最高設定のウルトラ(設定6)です。WQHD解像度で快適に楽しめます。

ドラクエ10

ドラクエ10ベンチマーク
解像度設定スコア
4K
3840×2160
最高13098
フルHD
1920×1080
最高21408

ドラクエ10は20,000スコアオーバーで、4K解像度でも「すごく快適」評価です。

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。

Radeon RX 6800XTは描画負荷の高い重いゲームや4K解像度、FPS/TPSゲーム等で高フレームレートを出したい場面で活躍する高性能グラフィックスです。

4K解像度
WQHD解像度
フルHD解像度
  1. 4K解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で快適評価。PSO2:NGS:標準評価。
  2. WQHD解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  3. フルHD解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。

CPU性能

CPU性能をチェックしました。

CINEBENCH

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

「CINEBENCH R23」「CINEBENCH R20」はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

CPUCINEBENCH R20
Ryzen 9 5900X
8368
Ryzen 9 3900X
7153
Core i9-10900K
6247
Ryzen 7 5800X
6020
Core i7-10700K
4921
Ryzen 7 3700X
4789
Core i7-10700
3647
Ryzen 5 3600
3453

CINEBENCH R20マルチスコア参考比較

表はCINEBENCH R20を当サイトでテストした比較になります。Ryzen 9 5900Xは12コア24スレッドの驚異的な性能を誇る高性能モデルです。極めて高いCPUパフォーマンスを持っています。

3DMARK CPU Profile

3DMARK CPU Profile

CPU ProfileはCPU性能をチェックするベンチマークテストです。スコアが高いほど、作業がより速く処理される事を示しています。

ベンチマーク

PC MARK10

PC MARK10
PCMark 10EssentialsProductivityDCC
81679657971015763

パソコンの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトが「PCMark 10」です。

構成PC MARK10
Ryzen 9 5900X
RX 6800 XT
8167
Core i9-10900K
RTX3070
7497
Ryzen 7 3700X
RTX3060
6504
Ryzen 5 3600
RTX3060
6029
Core i7-9700
GTX1650
5893
Ryzen 5 3500
RTX3060
5513
Core i5-10300H
GTX1650Ti
4380

PC MARK10参考比較

Port Royal

Port Royal

Port Royalはレイトレーシング(DXR / DirectX Raytracing)のパフォーマンステストです。

構成PC MARK10
Core i9-11900K
RTX3080
11297
Ryzen 9 5900X
RX 6800 XT
9147
Core i9-11900K
RTX3070
8300
Ryzen 7 3700X
RX 6700 XT
5782
Ryzen 5 3600
RTX3060
5013

Port Royal参考比較

レイトレーシングのテストはRTX30シリーズの方が高いスコアが出ます。

ストレージの速度

ストレージの速度

ゲームではSSDにインストールするとロード時間が短縮される効果や、カクつきを抑える効果が見込めます。

「ガレリア ZA9R-68XT」には1TBのNVMe SSDが搭載されていました。 パソコンの動作がサクサクで、ゲームでもストレスフリーです。

消費電力

アイドル時高負荷時
アイドル時高負荷時

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。高負荷時は3DMARKのFireStrikeを開始した序盤の消費電力の計測です。数値の変動があるので参考程度に見てみて下さい。

温度

温度

室温23℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeおよびCINEBENCH R20を実行した際の最大温度になります。

静音性

静音性
アイドル時3DMARK
40.8 db48.3 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

FireStrike実行時の中で、最も動作音の大きい数値です。環境の下限は41db前後です。

まとめ

まとめ

「ガレリア ZA9R-68XT」はケースの質感もとても良く、コンソールパネルが斜めになっている部分も使いやすいです。

性能面では最新のゲームタイトルや重いゲームタイトルでも快適に楽しめるハイエンドグラフィックス「Radeon RX 6800 XT」搭載。

Radeon RX 6800XTは4K解像度のゲームプレイや、FPS/TPSゲームで高fpsを出して快適にゲームをプレイしたい方にもおすすめのモデルです。

更にレイトレーシングにも対応しています。しかし、NVIDIA DLSSには対応していないので、対抗する技術の「AMD FidelityFX Super Resolution」の対応タイトル拡充に期待です。

バイオハザード ヴィレッジ、ファークライ6、フォースポークンなどが対応予定です。

レイトレーシング対応タイトル / DLSS対応タイトルにRTX3080 / RTX3080Tiが強いので、レイトレーシング対応タイトル以外をメインにプレイする方に「ガレリア ZA9R-68XT」おすすめのゲーミングPCです。

こんな方におすすめ
  • 筐体の質感が良いモデルを探している方
  • 光るゲーミングPCが欲しい方
  • eスポーツタイトルで高fpsを出したい方
  • ビデオメモリ16GBに魅力を感じる方
  • 12コアCPU「Ryzen 9 5900X」搭載に魅力を感じる方

ガレリア ZA9R-68XTの詳細はこちら

ガレリア公式サイトはこちら

「ガレリア XA7R-67XT」の実機レビュー Radeon RX 6700XT搭載 ドスパラさんから「ガレリア XA7R-67XT」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「ガレリア XA7R-67XT」は...
「ガレリア ZA7R-R38」の実機レビュー RTX 3080搭載 ドスパラさんから「ガレリア ZA7R-R38」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「ガレリア ZA7R-R38」は、第...
おすすめピックアップ記事