ゲーミングPCレビュー

「ガレリア ZA7R-R38」の実機レビュー RTX 3080搭載

ドスパラさんから「ガレリア ZA7R-R38」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。

「ガレリア ZA7R-R38」は、第4世代AMD CPU「Ryzen 7 5800X」を搭載し、ゲームで重要なグラフィックスボードにはNVIDIAの「GeForce RTX3080」を搭載しているので4K解像度でも快適なハイエンドゲーミングPCです。

スペック

ガレリア ZA7R-R38
ガレリア XA7C-R37CPURyzen 7 5800X
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ16GB
ストレージ1TB  NVMe SSD
ケースミドルタワー

公式サイトはこちら

CPUは高性能な第4世代Ryzenの「Ryzen 7 5800X」が搭載。コストパフォーマンスが高いRyzen 7シリーズです。

「Ryzen 7 5800X」は、8コア16スレッドの主力モデルで、ゲームでも高いパフォーマンスが期待できます。

グラフィックスボードにはNVIDIAの「GeForce RTX3080」を搭載しているので、最新ゲームでも高い画質設定で快適にゲームがプレイ可能です。

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観デザイン

ガレリア XA7C-R37の外観

PCケースはガレリア専用のSKケース (ATX) です。質感の良い筐体で、左側面はクリアパネル。ガンメタリック塗装の外装はスタイリッシュなデザインです。

電源を投入すると電源ボタンと前面がLEDライトで光ります。RGB-LEDライトの設定については公式サイトでご確認下さい。

コンソールパネルの質感が良く、USBが4つ接続出来ます。斜めになっていてアクセスしやすいです。

背面の映像出力端子は「HDMI端子、DisplayPort端子x3」となっています。複数のモニターを繋ぐ用途でも活用出来ます。

天板と底面にはダストフィルターが付いています。底面のダストフィルターはワンタッチで取り外せてメンテナンス性が高いです。

内観

左側面のパネルを開閉させると内部にアクセス出来ます。右上に光学ドライブ、マザーボード下のエリアにHDD×2台の格納というレイアウトです。

RTX3070以上を搭載したGALLERIAのゲーミングPCには新システムの「リジッドカードサポート」が搭載されています。

グラフィックスカードを固定し、輸送中の脱落や接触不良を防止する効果が見込めます。

ケースファンは14cmなので送風量アップと静音性能の向上の効果に貢献。

右側面のパネルを開閉させると2.5インチ(SSD)、3.5インチ(HDD)の増設が可能です。最下部は電源の格納スペースとなっています。

PCケースの特徴を以下にまとめました。

PCケースまとめ
  • ケースの質感が良い
  • 歴代ガレリア最高の冷却機構
  • ケースがLEDで光る(オフも可能)
  • ケースの拡張性が高い(HDD×2・SSD×2搭載可能)
  • コンソールパネルが斜めで使いやすくて良い

ゲーム性能

ベンチマークソフトを使用してゲームのパフォーマンスをチェックしました。

3DMARK

TimeSpyベンチマーク
構成3DMARK TimeSpy
Core i9-10900K
RTX3080
16079
Ryzen 7 5800X
RTX3080
15289
Core i9-10850K
RTX2080Ti
13051
Core i7-10700K
RTX3070
12873
Core i7-10700
GTX1660 SUPER
6128
Core i5-9400
GTX1650 SUPER
4582

TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。表はTimeSpyの参考スコア比較です。RTX3080は非常に高いスコアが出ます。

ファイナルファンタジー15

FF15ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
7319 / 73 fps【快適
標準8888 / 88 fps【快適
軽量12011 / 120 fps【非常に快適
WQHD
2560×1440
11680 / 116 fps【とても快適
標準14870 / 148 fps【非常に快適
軽量18326 / 183 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
13922 / 139 fps【非常に快適
標準18442 / 184 fps【非常に快適
軽量20643 / 206 fps【非常に快適

フレームレートはスコアから算出した数値です。

ファイナルファンタジー15は重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。12,000スコアで非常に快適になります。

RTX3080を搭載しているので4K解像度でも快適評価。重量級ゲームも楽しめます。

ファイナルファンタジー14

FF14ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
最高14372 / 96 fps【非常に快適
16209 / 108 fps【非常に快適
標準23537 / 168 fps【非常に快適
WQHD
2560×1440
最高22222 / 159 fps【非常に快適
22719 / 168 fps【非常に快適
標準28202 / 236 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
最高24841 / 199 fps【非常に快適
25636 / 211 fps【非常に快適
標準31662 / 283 fps【非常に快適
解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
Core i9-10900K
RTX3080
191
Ryzen 7 5800X
RTX3080
199
Core i7-10700
RTX3070
161

フルHD解像度の最高品質設定のfps比較です。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

ファイナルファンタジー14は中程度の描画負荷のゲーム。7,000スコアで「非常に快適」評価となります。

高性能なモデルなので4K解像度の最高画質設定でも快適に楽しめるスコアが出ています。

ガレリアの他の製品と数値比較もしています。

Apex Legends

Apexlegendsのフレームレート
解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
215
最低
252

計測場所:キングスキャニオン「サルベージ」

人気FPSゲームのApexLegendsは中程度の描画負荷のゲーム。最高画質220fps前後、最低では250fps前後を記録しました。

CPU使用率は30%前後と低めです。実況・配信を行いたい方にもおすすめのモデルです。

ApexLegendsは場所によってフレームレートの変動が大きいゲームですが、240Hz液晶と組み合わせるならRTX3080搭載モデルは高fpsが安定して出るのでおすすめです。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
Core i9-10900K
RTX3080
258
Ryzen 7 5800X
RTX3080
249

計測場所:射撃訓練場、画質:最高

計測条件を同一にして私物のCore i9-10900KとRyzen 7 5800Xの比較を行いました。Core i9-10900Kの方が少し高いフレームレートが出ていましたが、どちらも快適にApexLegendsで高fpsが出ます。

フォートナイト

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
225
462

計測場所:ホーリーヘッジス、3D解像度は100%に変更

人気TPSゲームのフォートナイトは画質を上げると中程度の描画負荷のゲーム。画質を下げると軽いゲームです。

レイトレーシングやNVIDIA DLSSにも対応しているのですが、レイトレーシングを有効にすると重量級ゲームです。

最高画質では230fps前後。最低では462fpsを記録しました。フォートナイトも240Hzの高リフレッシュレートモニターで快適に楽しめます。

ドラクエ10 / PSO2

ドラゴンクエスト10ベンチマーク ファンタシースターオンラインベンチマーク

PSO2やドラゴンクエスト10でも非常に高いスコアが出ています。PSO2は簡易設定6(最高設定)で19万超え、ドラクエ10でも4K解像度25,000スコアオーバーで、すごく快適評価です。

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。

RTX3080搭載モデルなのでどのゲームにも対応するハイエンドモデルです。

4K解像度
WQHD解像度
重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
  1. 4K解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で快適評価。
  2. WQHD解像度:FF15のベンチマーク:最高設定でとても快適評価。
  3. 重量級:FF15のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  4. 中量級:FF14のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  5. 軽量級:DQ10のベンチマーク:すごく快適評価。

CPU性能

CPU性能をチェックしました。

CINEBENCH R23 CINEBENCH R20
CPUCINEBENCH R20
Ryzen 9 3900X
7153
Core i9-10900K
6247
Ryzen 7 5800X
6020
Core i7-10700K
4921
Ryzen 7 3700X
4734
Core i9-9900K
4577
Core i7-10700
3743
Core i7-9700K
3678
Ryzen 5 3600
3453
Core i7-9700
3163

CINEBENCH R20マルチスコア参考比較

「CINEBENCH R23」「CINEBENCH R20」はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

表はCINEBENCH R20を当サイトでテストした比較になります。Ryzen 7 5800Xは非常に高いCPU性能を持っています。

ストレージの速度

ゲームではSSDにインストールするとロード時間が短縮される効果や、カクつきを抑える効果が見込めます。

「ガレリア ZA7R-R38」には1TBのNVMe SSDが搭載されていました。 パソコンの動作がサクサクで、ゲームでもストレスフリーです。

消費電力

ガレリア3DMARK FireStrike
Ryzen 7 5800X
RTX3080
430W
Core i9-10900K
RTX3080
423W
Core i7-10700
RTX3070
324W
Core i7-10700
GTX1660 SUPER
180W

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

3DMARKのFireStrkeを開始した序盤の消費電力の計測です。数値の変動があるので参考程度に見てみて下さい。

「ガレリア ZA7R-R38」は、GeForce RTX3080を搭載しているので消費電力は大きいです。ガレリアの実機で計測した数値比較となっています。

温度

高負荷をかけた際の温度をチェックしました。室温22℃環境での計測になります。

計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いて、アイドル時、3DMARKのFireStrike、CINEBENCH R20を実行した際の最大温度です。

  • FireStrikeは重重量級のベンチマークなのでゲームプレイ時の参考温度です。
  • CINEBENCH R20はCPU使用率が100%になるのでCPU温度の参考温度です。

水冷CPUクーラーが標準搭載されているという事もあり、低い温度です。

静音性

ガレリア ZA7R-R38の静音性
 アイドル時3DMARK
Ryzen 7 5800X
RTX3080
41.3 db48.1 db
Core i9-10900K
RTX3080
41.0 db42.6 db

ガレリアのCore i9-10900K搭載モデルとの比較

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

FireStrike実行時の中で、最も動作音の大きい数値です。環境の下限は41db前後です。

Ryzen 7 5800X搭載モデルはCPUに負荷がかかると少し動作音が気になりました。

まとめ

「ガレリア ZA7R-R38」は最新のゲームタイトルや重いゲームタイトルでも快適に楽しめる高性能グラフィックス「GeForce RTX3080」搭載。

CPUはFPS/TPSゲームで高fps出したいゲーマーにもおすすめの性能でした。各種ベンチマークでも高いスコアが出ているので快適にゲームをプレイ出来ます。

ケースの質感もとても良く、コンソールパネルが斜めになっている部分も使いやすいです。

こんな方におすすめ
  • 筐体の質感が良いモデルを探している方
  • 光るゲーミングPCが欲しい方
  • eスポーツタイトルで高fps出したい方
  • 4K解像度でゲームを楽しみたい方

ガレリア ZA7R-R38の詳細はこちら

ガレリア公式サイトはこちら

「ガレリア UA9C-R38」の実機レビュー RTX3080搭載 ドスパラさんから「ガレリア UA9C-R38」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「ガレリア UA9C-R38」は、イ...
「ガレリア XA7C-R37」の実機レビュー RTX3070搭載 ドスパラさんから「ガレリア XA7C-R37」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「ガレリア XA7C-R37」は、第...
おすすめピックアップ記事