ゲーミングPCレビュー

「ガレリア UA9C-R38」の実機レビュー RTX3080搭載

ガレリア UA9C-R38

ドスパラさんから「ガレリア UA9C-R38」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。

「ガレリア UA9C-R38」は、インテルの「Core i9」搭載、ゲームで重要なグラフィックスカードにはNVIDIAの「GeForce RTX3080」を搭載しているのでeスポーツタイトルで240fpsなどの高fpsを出したい方や、4K解像度でも快適なハイエンドゲーミングPCとなっています。

スペック

ガレリア UA9C-R38
ガレリア UA9C-R38CPUCore i9-10900K
グラフィックRTX 3080(10GB)
メモリ32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
2TB HDD
電源750W
ケースミドルタワー

公式サイトはこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

ガレリアSKプレミアムケース側面
ガレリアSKプレミアムケース背面

PCケースはガレリア専用SKケース (ATX) プレミアム(アルミ) です。非常に質感の良い筐体で、左側面はクリアパネル。

側面に吸気口があります。電源を投入すると電源ボタンと前面がLEDライトで光ります。RGB-LEDライトの設定については公式サイトでご確認下さい。

背面の映像出力端子はHDMI端子、DisplayPort端子x3となっています。

ガレリアSKプレミアムケースヘアライン加工
ガレリアSKプレミアムケースヘアライン加工

外装金属部分に高品質ヘアライン加工を施したアルミ製パーツを纏った高級感のあるデザインなのがSK-Premium(プレミアム)の特徴です。

ガレリアSKプレミアムケースコンソール部分
ガレリアSKプレミアムケース底面

コンソールパネルの質感が良く、USBが4つあるのも、斜めになっていてアクセスしやすいのも良い点です。

天板と底面にはダストフィルターが付いています。底面のダストフィルターはワンタッチで取り外せてメンテナンス性が高いです。

内観

ガレリアSKプレミアムケース内観
リジッドカードサポート

左側面のパネルを開閉させると内部にアクセス出来ます。右上に光学ドライブ、マザーボード下のエリアにHDD×2台、右側面のパネルを開閉させると2.5インチ(SSD)、3.5インチ(HDD)の増設が可能です。

また、RTX3070以上を搭載したGALLERIAのゲーミングPCには新システムの「リジッドカードサポート」が搭載されています。

グラフィックスカードを固定し輸送中の脱落や接触不良を防止する効果が見込めます。

PCケースまとめ
  • ケースの質感が良い(アルミ)
  • 歴代ガレリア最高の冷却機構
  • ケースがLEDで光る(オフも可能)
  • ケースの拡張性が高い(HDD×2・SSD×2搭載可能)
  • コンソールパネルが斜めで使いやすくて良い

ゲーム性能

3DMARK

FireStrike
FireStrike
TimeSpy
TimeSpy

3DMARKのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK TimeSpy
RTX3080(i9-10900K)
16079
RTX3080(i7-10700K)
15465
RTX3070(i7-10700K)
12794
RTX2080 SUPER(i7-9700K)
10711
RTX2070 SUPER(i7-10700K)
9861
RTX2060 SUPER(i7-10700)
8561 
GTX1660 SUPER(i7-10700)
6128
GTX1650 SUPER(i5-9400)
4582
GTX1650(i5-9400)
3531
内蔵グラフィックス(i5-9400)
438

TimeSpyのスコア比較です。RTX3080は非常に高いスコアが出ています。

ファイナルファンタジー15【重い】

FF15ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
7554 / 75 fps【快適
標準9163 / 91 fps【とても快適
軽量12325 / 123 fps【非常に快適
WQHD
2560×1440
11895 / 118 fps【非常に快適
標準15521 / 155 fps【非常に快適
軽量18990 / 189 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
14262 / 142 fps【非常に快適
標準17913 / 179 fps【非常に快適
軽量19161 / 191 fps【非常に快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー XVは重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。12,000スコアで非常に快適です。

RTX3080を搭載しているので4K解像度の重量級ゲームも楽しめます。

ファイナルファンタジー14【中程度】

FF14ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
4K
3840×2160
最高14500 / 96 fps【非常に快適
16324 / 109 fps【非常に快適
標準21341 / 158 fps【非常に快適
WQHD
2560×1440
最高20305 / 150 fps【非常に快適
20790 / 159 fps【非常に快適
標準25422 / 221 fps【非常に快適
フルHD
1920×1080
最高22979 / 191 fps【非常に快適
23523 / 201 fps【非常に快適
標準26388 / 234 fps【非常に快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

7,000スコアで「非常に快適」評価となります。最高画質設定でも快適に楽しめます。

Apex Legends【中程度】

Apex Legends最高画質fps

人気FPSゲームのApexでは最高画質で250fps前後を記録しました。FPSゲームも快適に楽しめます。

場所によってフレームレートの変動が大きいゲームですが、240Hz液晶と組み合わせるならRTX3080搭載モデルは高fpsが出るのでおすすめです。

画像の左上がCPU使用率とフレームレートです。CPU使用率も低めです。実況・配信を行いたい方にもおすすめです。

計測場所:ドック。解像度:フルHD

フォートナイト【中程度】

フォートナイト最高画質fps

人気TPSゲームのフォートナイトでは最高画質では205fps。最低では357fpsを記録しました。フォートナイトも240Hzの高リフレッシュレートモニターで快適に楽しめます。

計測場所:ホーリーヘッジス、3D解像度は100%に変更。解像度:フルHD

ドラクエ10 / PSO2【軽い】

PSO2
PSO2ベンチマーク
ドラクエ10
ドラクエ10ベンチマーク

PSO2やドラクエ10でも非常に高いスコアが出ています。PSO2は簡易設定6(最高設定)で16万超え、ドラクエ10でも4K解像度で24,000スコアオーバーです。すごく快適評価です。

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。

RTX3080搭載モデルなのでどのゲームにも対応するハイエンドモデルです。

4K解像度
WQHD解像度
重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
  1. 4K解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で快適評価。
  2. WQHD解像度:FF15のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  3. 重量級:FF15のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  4. 中量級:FF14のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  5. 軽量級:DQ10のベンチマーク:すごく快適評価。

CPU性能

CINEBENCH R23
CINEBENCH R23
CINEBENCH R20
CINEBENCH R20

CINEBENCH R23/R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

CINEBENCH R20を当サイトでテストした比較表になります。Core i9-10900K搭載なのでトップレベルの高いCPU性能を持っています。

ストレージの速度

SSD
SSD速度
HDD
HDD速度

SSDが搭載されているので動作がサクサクでストレスフリーです。

消費電力

アイドル
アイドル時の消費電力
3DMARK
高負荷時の消費電力

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。RTX3080搭載なので消費電力は大きいです。

温度

アイドル時と高負荷時の温度

室温23℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeおよびCINEBENCH R20を実行した際の最大温度になります。

執筆時では水冷CPUクーラーのカスタマイズも可能でしたのでカスタマイズもおすすめです。

静音性

静音性計測
アイドル時3DMARK
41.0 db42.6 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。静音性に優れています。

まとめ

ガレリア UA9C-R38の実機レビューまとめ

「ガレリア UA9C-R38」は最新のゲームタイトルや重いゲームタイトルでも快適に楽しめる高性能グラフィックス「GeForce RTX3080」搭載。

最新ゲーム、動画編集、実況配信などの重いゲームや重い作業にも使える高い処理能力を持ったパソコンです。

また、ケースの質感がとても良く、コンソールパネルが斜めになっている部分も使いやすいです。

こんな方におすすめ
  • 筐体の質感が良いモデルを探している方
  • 光るゲーミングPCが欲しい方
  • eスポーツタイトルで高fps出したい方
  • 4K解像度でゲームを楽しみたい方

ガレリア UA9C-R38の詳細はこちら

ガレリア公式サイトはこちら

「ガレリア RM5R-G60S」の実機レビュー ドスパラさんから『ガレリア RM5R-G60S』の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 「ガレリア RM5R-G60S」の特...
「ガレリア XA7C-G60S」の実機レビュー:GTX1660 SUPER搭載 ドスパラさんから「ガレリア XA7C-G60S」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「ガレリア XA7C-G60S」は...
おすすめピックアップ記事