ゲーミングPCレビュー

【ドスパラ】ガレリア ZJの実機&性能レビュー(Core i7-8700K&GTX1060)

ドスパラさんから「ガレリア ZJ」をお借りしたので実機レビューしていきます。

ガレリアZJの特徴はZシリーズというモデルになっているのでCPUファンがカスタマイズされていたり、同じ外観でも内部パーツがXシリーズより豪華になっていたりします。

なので、より安定した環境を望む方にはZシリーズが非常におすすめです。デフォルトでCPUファンが静音まんぞくパックになっている事で静音性が高いゲーミングPCです。

>>ガレリア デスクトップPCラインナップ一覧<<

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはGTX1060が搭載されていて、CPUがCore i7-8700K搭載のガレリアZJというモデルになります。

目次
1.スペック5.消費電力
2.外観6.温度
3.内部パーツ7.ベンチマーク
4.静音性8.まとめ

スペック

GALLERIA ZJ
OSWindows10 64bit
CPUCore i7-8700K
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)
メモリ8GB
ストレージSSD 250GB HDD 1TB
電源500W
スペックに関しての注意点

※情報は執筆時点のものになります。商品の詳細や価格については上記リンクから詳細ページにて必ずご確認下さい。

外観をチェック

ガレリア定番のKTケースです。ATX規格なので拡張性が高く、冷却性能と静音性もZシリーズなので高い特徴があります。右側面のメッシュ部分はマザーボードの吸気口になります。

左側面にはCPUやGPUなどの高温度になりやすいパーツを冷却する為に大きくメッシュになっています。前面下部には日本刀をイメージしたシャープなデザインになっているのが特徴的です。

前面にはインタフェースが集中しています。カードリーダーやUSBなどの端子の他、電源ボタンが並んでいます。

天板には2つ排気口が付いています。CPUGPUの熱を冷却する効果があります。

背面はファンが1基付いているのと、電源部分から排気を行います。グラボはDisplayPort×3とHDMI×1、DVI端子が装備されています。

内部パーツをチェック

第8世代CPUのCore i7-8700K&GTX1060の最新構成です。執筆時だと人気ランキング2位!最新の環境なのでミドルレンジ辺りの価格帯で探しているという方はかなりおすすめな構成になります。

CPUファンには静音パックまんぞくコースが標準で付くのでサイドフロー型の冷却性能の高いCPUファンが搭載されています。

GEFORCE GTX 1060が搭載されています。中央部に記載されていますね。

ストレージにはSSDとHDDが装備されていますが、まだまだ積めるので大容量のファイルを扱う人も安心ですね。SSDはADATA製、HDDは東芝製が採用されていました。

電源はデルタ製の500Wの80PLUS BRONZEの電源が採用されていました。

パーツに関しての注意点

※パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。あくまでもレビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという事になります。

スペック等に関しては公式サイトの詳細ページで変更がもしあれば記載されるのでチェックして頂けると間違い無いです。

静音性のチェック

アイドル時高負荷時(3DMARK 実行時)
46.8db47.6db

アイドル時と3DMARKのFire Strike Ultraを実行した時の騒音デジベルを計測しました。数値は目安程度に考えて下さい。

消費電力のチェック

アイドル時ベンチマーク実行時
37.2w183w

消費電力を計測しました。※高負荷時は3Dmark(FireStrike)実行時の消費電力をワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

温度のチェック

アイドル時とベンチマーク実行時の温度

CPUやGPU等の構成内容によって温度は変化します。ミドル構成なので温度は低めです。特に心配する必要は無いと思います。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

FF14の紅蓮の解放者のベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。7000を超えているので、FF14は快適にプレイ可能です。

解像度設定スコア
3840×2160最高品質3788
標準品質4413
低品質8981
2540×1440最高品質7840
標準品質9137
低品質15549
1920×1080最高品質12287
標準品質13698
低品質17789

ドラゴンクエストX

すべての設定や解像度においてすごく快適の評価が出ています。

解像度設定スコア
3840×2160最高品質13178
標準品質16518
低品質20417
1920×1080最高品質22007
標準品質22081
低品質23141

ドラゴンズドグマオンライン

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。すべての設定や解像度においてとても快適の評価が出ています。

解像度設定スコア
1920×1080最高品質13837
標準品質14392
低品質14457

モンスターハンター第三弾(大討伐)

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは非常に高いスコアが出ています。快適にMHFもプレイする事が可能です。

画面サイズスコア
3840×21607720
2560×144016229
1920×108026692

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定で非常に高いスコアが出ています。最高設定でも問題無く快適にプレイする事が可能です。

解像度設定スコア
1920×1080簡易設定6(最高設定)61082
簡易設定571778

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア11422
Graphics Score12908
Physics Score18273
Combined Score4710
Fire Strike EXtremeスコア5879
Graphics Score6037
Physics Score18297
Combined Score2655
Fire Strike Ultraスコア3033
Graphics Score2917
Physics Score17733
Combined Score1561
Time Spyスコア4315
Graphics Score4110
CPU Score6027

VRMARK

Orange、Blue共にスコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。Orange Roomは標準的なVR性能を評価するベンチマークで、Cyan RoomはDirect12、BlueRoomは将来用です。

VRMARK項目スコア
Orange Room?スコア7069
Avg FPS154.10fps
Cyan Room?スコア3757
Avg FPS81.90fps
Blue Room?スコア1242
Avg FPS27.08fps

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15Core i7-8700K
CPU1443cb
CPU(Single Core)199cb

CPU性能の比較をする時に参考になるのがCINEBENCHになります。

SSD&HDDの速度

SSDHDD

アクティブなゲームをSSD、非アクティブなゲームをHDDにしたり、ローディング速度が余り重要では無いゲームをHDDにしてオンラインゲームなどでSSDで無いと厳しいタイトルをSSDにしたりといった使い方をすれば240GB運用は可能です。そういうのが面倒だと感じる方はカスタマイズが可能なので500GBクラス以上のSSDにするのがいいかと思います。

ゲームのベンチマークを計測

Rise of the Tomb Raider(中量級)

解像度設定FPS
3840×2160最高26
35
最低52
1920×1080最高73
95
最低135

中程度のゲームだとFF14などの国産オンラインゲームや数年前の重いゲームがこの位置に相当します。大抵はこれ以上のFPS値が出るので問題無くプレイ可能です。

Ghost Recom Wildlands(重量級)

解像度設定FPS
3840×2160ウルトラ16
27
42
1920×1080ウルトラ39
68
106

重量級は最新の海外製の重いゲームなどが該当します。フルHDの最高設定だと少し重いので設定を多少落とせば最新ゲームも快適に動作します。

まとめ

メリット

  • 最新のパーツ構成で執筆時人気ランキング2位の売れ筋
  • 静音パックまんぞくコースがデフォルトで装備
  • Corei7-8700K&GTX1060搭載なのでミドル構成でコスパに優れる

デメリット

  • 特になし

執筆時だとXシリーズと価格がほぼ定価でも変わらずセール等の状況によっては同じGTX1060を搭載したXTよりZJの方が安いという逆転現象も起きているくらいコスパに優れています。CPU、マザー、ストレージなど総合的に判断する必要はありますが、現状だとZJの方が上位互換なのでおすすめになります。

大体15万円前後の予算で考えている方にはガレリアZJは選択肢筆頭候補になるかと思います。予算的にもう少し出せるという方は更に上位のグラフィックボードを搭載した執筆時人気ナンバー1のZVもおすすめです。実機レビューをしているので参考にしてみて下さい。

関連【ドスパラ】ガレリア ZVの実機&性能レビュー(Core i7-8700K&GTX1070Ti)

ZJはコスパを重視したい方向け、ZVはガッツリPCゲームをプレイしたい方におすすめなモデルです。