ゲーミングPCレビュー

【ドスパラ】極薄なGTX1060搭載ノート「ガレリア GKF1060GFE」の実機&性能レビュー

ドスパラさんからGTX1060搭載の『GALLERIA GKF1060GFE』の実機を貸して頂けたので性能含めてレビューしていきます。

GKF1060GFEの特徴としてはノートPCとしては非常にスペックの高いGTX1060が搭載されているのでデスクトップのGTX1060搭載機と比較しても遜色の無いスペックを誇ります。

>> ガレリア ノートPCラインナップ一覧 <<

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはGTX1060が搭載されていて、CPUが第7世代のKaby Lake搭載のガレリアGKF1060GFEというモデルになります。

GTX1060のラインナップにはGFというモデルもありますが、GEFでは何が違うのかというと画像にも記載がありますが、「最薄最軽量ガレリアノート」というようにノートPCの厚みが他のモデルよりも薄くなっており、また重量も軽くなっています。

スペック

OSWindows10
CPUCore  i7-7700HQ
GPUGeForce GTX1060(6GB)
メモリ16GB
マザーボードHM175
HDDNVMe SSD 256GB、HDD 1TB
液晶15.6インチ(ノングレア)

※情報は記事執筆時点のものになります。最新の製品の詳細や価格については公式ページで必ずご確認下さい。

外観

正面

サイズは横幅380mm×奥行き249mm×高さ22mmとなっています。重量は約 1.9kgなので持ち運ぶ際もこれだけ大きな画面サイズを持ちながらにして全く苦にならないサイズと重量だと思います。

測ってみると1945gでした。めちゃくちゃ軽いです。液晶のサイズが15.6インチのゲーミングノートPCの重量じゃないですね。

天板

天板にはシンプルに中央にガレリアのロゴが入っているデザインになっています。いかにもゲーミングというデザインが苦手だと感じる方には好印象なのでは無いでしょうか。

ロゴ部分は光の反射で浮かび上がります。

左側面

左側面にはケンジントンロック、有線LAN、カードリーダー、USB3.0×3、オーディオ端子となっています。なおこのPCには光学ドライブは搭載不可です。なのでもし必要な場合は外付けのDVDドライブなどを活用するのがいいでしょう。

右側面

右側面にはUSB2.0、USB3.1、HDMI、Mini DisplayPort、電源コネクタが配置されています。

背面

背面には特に何も配置されていません。

キーボード&タッチパッド

キーボードは15.6インチのサイズ感なのでしっかりと10キーが付いています。ガレリアのゲーミングノートPCはフォントが特徴的です。Windowsキーが右の方に配置されているのは好みが分かれる所かなと思います。

Windowsキーの誤作動が右の方にある事で抑えられるというメリットがある反面、ショートカットキーなどでWindowsボタンを多用する方だと慣れが必要かもしれません。

キーボードはバックライト付きでグラデーションや点滅、明るさなどが調整可能です。調整はプリインストールソフトの「KLM」というソフトを使って調整する事が可能です。

電源を投入する事でキーボードが光りますが、スピーカー部分にも電源が付いてる事を表した電源ボタンが点灯します。

液晶

液晶は15.6インチと使いやすいサイズ感なのでゲームをしていても不満無くプレイする事が可能だと思いますが、外部ディスプレイと接続して大画面でプレイするという事も簡単に可能です。用途によって使い分ける事が可能ですが、この重量と薄さがよりその利便性を高めてくれています。

液晶は非常に美麗で視野角も広くノングレアなので目に優しく長時間のゲームプレイでも疲れにくいです。

液晶は180度開閉します。凄い!

同梱物

同梱物は取扱説明書やドライバ類とACアダプタが入っています。

ACアダプタの重量も軽いので本体と一緒に持ち運んでも軽量です。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 紅蓮の解放者

FF14の蒼天のイシュガルドのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。

設定画面サイズスコア
最高品質1920×108010619
高品質1920×108012452
標準品質1920×108013998

ドラゴンクエストX

すべての設定や解像度においてすごく快適の評価が出ています。

設定画面サイズスコア
最高品質1920×108017381
標準品質1920×108017680
低品質1920×108018782

ドラゴンズドグマオンライン

スコアが7000を超えると「とても快適」の評価になります。すべての設定や解像度においてとても快適の評価が出ています。

設定画面サイズスコア
最高品質1920×108010299
標準品質1920×108010574
低品質1920×108010575

モンスターハンター第三弾(大討伐)

モンスターハンターのオンラインでのベンチマークソフトでは20936というスコアが出ています。MHFを快適にプレイ可能です。

設定画面サイズスコア
最高設定1920×108020936

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定の簡易設定の6で23743というスコアが出ています。

設定画面サイズスコア
簡易設定6(最高設定)1920×108023743
簡易設定51920×108026172

3DMark

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。 Fire StrikeについてはゲーミングPC用のベンチマークになるのでゲーミングPCの場合は基本的にFire Strikeを参考にするといいでしょう。

3DmarkスコアGraphics scorePhysics scoreCombined score
Fire Strike964511312106544292
Fire Strike Ultra25792504106201350

Time Spy

Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

スコアGraphics scoreCPU test
362935713998

SSD&HDDの速度

NVMe SSDHDD

SSDとHDDを両方搭載しているので頻繁に使うデータはSSD、音楽データや動画データなどの頻繁に使わないデータをHDDに保存するなどの使い分けが可能です。

ガレリア GKF1060GFE レビュー

ゲーム性能

ノートPCでデスクトップPCと遜色の無いGTX1060搭載機なので外部出力して大画面フルHDで快適に最新ゲームも動作します。このディスプレイも非常に綺麗なので遊んでも違和感なくゲームに没入出来ます。

静音性

これだけ薄型だと騒音性も高いのでは?と心配する方もいるかもしれませんが、確かに高負荷をかけるとするにはしますが、耳障りになるほどの騒音ではありません。他の製品と比べてもそこの部分でデメリットになるほどではありません。

ここが○(メリット)

非常に薄くて軽いので持ち運びしやすい。GTX1060搭載機だとGFとGEFがありますが、所有欲は断然本機が上。

ここが×(デメリット)

価格的にディスプレイサイズが17インチクラスと大きくなりますが、G-syncに対応している&性能が上のGTX1070搭載モデルもあるので性能で選ぶか外観のサイズや重量で選ぶのか悩みどころ。

逆にGTX1060搭載のGFと比較すると価格的にかなりGFが抑えられているので、どれだけ持ち運びやすさや軽さを重視するのかで変わってくると思います。

まとめ

ノートPCは人によって使い方が全然違うので一概に言えないですが、外にノートPCを持ち運ぶ方でGPU性能が欲しいという方にGKF1060GEFは非常におすすめです。

価格や性能以外の部分でつい「触って起動したくなる」そんな魅力が本機にはあります。

「コレで何が出来るのか?」と考えるだけでワクワクさせてくれますし、薄くて軽いというのがそれだけで心を豊かにしてくれるんだなーと痛感させられました。

ガレリア GKF1060GFE

CPU:Core i7-7700HQ
メモリ:16GB
GPU:GTX1060(6GB)