ゲーミングPCレビュー

【G-tune】GTX1080搭載NEXTGEAR i655PA7の実機&性能レビュー

現在この商品は販売終了しています。

G-TuneのゲーミングPCの実機レビューまとめでレビュー記事をまとめているのでそちらをチェックしてみて下さい。

以下過去の記録記事になります。

↓↓↓

マウスコンピューターさんから『NEXTGEAR i655PA7』の実機を貸して頂けたので性能含めてレビューしていきます。NEXTGEAR i655PA7はGTX1080を搭載したゲーミングPCです。記事執筆時(2016/06)ではGTX1080はシングルディスプレイで現状最強と言ってもいいほどのスペックを誇っています。

マウスコンピューターさんから以前貸し出して頂いた、GTX980Ti搭載のLITTLEGEAR i310PA1-SP3をレビューした時の3DmarkのFirestrikeのスコアが13,616で今回の機種で計測した所17,216というとんでもない性能を叩き出しました。

NEXTGEAR i655PA7の外観

IMG_0987_R

NEXTGEARのPCケースは前面が中世騎士の兜のようなデザインになっているのが特徴で、電源を点けるとこのように光ります。前面のパネルは開閉式になっており、パカっと開けられるようになっています。そこを開閉すると中にDVDスーパーマルチドライブにアクセス出来る仕様になっています。

IMG_0921_R

また天板前面に電源やUSBなどのアクセス頻度の高いインターフェースが設置されているので、PCケースを机の下に設置される方は非常に便利です。

NEXTGEAR i655PA7の内部

IMG_1635_R

ATXケースのミドルタワーのケースの中にGTX1080、Core i7-6700Kなどのパーツが搭載されています。電源は700Wの電源を採用していますが、GTX1080のTDP(熱設計消費電力)は180Wなので余裕ですね。

GTX1080は性能の割に消費電力が少なく済むのでここも魅力だと思う人も多いかと思います。

IMG_1638_R

CPUクーラーはクーラーマスターのCPUクーラーを採用しています。CPUクーラーに関してはG-tuneのカスタマイズで他にも選択可能になっています。

IMG_1639_R

GTX1080が搭載されています。GTX980のリファレンスと比べるとデザインが角ばったデザインになっています。三角の折り返しがありますね。

IMG_1637_R

そして補助電源は8ピン1個の仕様になっています。GTX980では6ピン×1だったのでここも大きな変更点と言えます。

スペック

SnapCrab_TechPowerUp GPU-Z 088_2016-6-3_20-17-26_No-00
OSWindows10
CPUCore i7-6700K
GPUGeForce GTX 1080(8GB)
メモリ16GB(DDR4)
マザーボードZ170
HDDSSD 240GB

※情報は記事執筆時のものになります。最新の詳細は公式ページでご確認下さい。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド

SnapCrab_ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク_2016-6-3_16-54-10_No-00_R
設定画面サイズDirectXスコア
最高品質1920×10801119624
高品質1920×10801120135
標準品質1920×10801125517
最高品質1920×1080921148
高品質1920×1080920524
標準品質1920×1080926434

ドラゴンクエストX

SnapCrab_ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver14k_2016-6-3_17-25-23_No-00
設定画面サイズスコア
最高品質1920×108020947
標準品質1920×108020135
低品質1920×108021644

ドラゴンズドグマオンライン

SnapCrab_NoName_2016-6-3_18-4-55_No-00_R
設定画面サイズスコア
最高品質1920×108013104
標準品質1920×108013849
低品質1920×108013876

モンスターハンター第三弾(大討伐)

SnapCrab_NoName_2016-6-3_18-24-2_No-00_R
設定画面サイズスコア
最高設定1920×108045154

PSO2ベンチマーク ver.4

pso20160603_183231_001_R
設定画面サイズスコア
簡易設定6(最高設定)1920×108078118
簡易設定51920×108092779

3DMark

SnapCrab_3DMark Basic Edition_2016-6-3_17-59-12_No-00_R
スコアGraphics scorePhysics scoreCombined score
1721621917128948176

SteamVRパフォーマンステスト

SnapCrab_SteamVR パフォーマンステスト結果_2016-6-5_14-14-29_No-00

平均忠実度が11で90FPS以下のフレームが0です。

実際に使ってみての評価

2016-06-06_12h57_26

オーバーウォッチをエピック設定(ウルトラより上)でプレイしてみましたが、140FPS程度で安定していました。4Kでも60FPSなら余裕で動きます。

タイトルによってだとは思いますが、シングルGPUで4Kがまともにプレイ出来そうな片鱗を見せる性能です。

他のゲームも片っ端から動かしてみましたが、ダークソウル3、Fallout4、スカイリム、マインクラフトなど最高設定でも安定していました。新しいGPUだからという理由で特に不具合も無くスペックが高いからとティアリングが発生するという事もありませんでした。

GTX1080はFastSyncに対応しているので、FPS値が高い場合に有効な機能となります。また、G-SYNCとは競合しません。

つまり、普通に使っていてもGTX1080ならFPS値が稼ぎまくれると思いますが、その場合でもディアリングが発生する確立が減るというもの。全ての事案で確認した訳ではありませんが、少なくともプレイしたゲームでは一度もティアリングは発生しませんでした。

今回レビューした機種はNEXTGEAR i655PA7です。G-tuneの人気機種のNEXTGEARにGTX1080を搭載したモデルになります。記事執筆時(2016/06)では199,800円(税別)という価格になっています。今買い換えを検討している方はスペックを見ても明らかなので、GTX1000番台のモデルを狙って行った方がいいでしょう。