ゲーミングPCレビュー

「G-Tune E7」の実機レビュー RTX 3060搭載

G-Tune E7レビュー

マウスコンピューターさんから「G-Tune E7」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

G-Tune E7の特徴は、6コア12スレッドの「Core i5-11400H」と「GeForce RTX 3060」が搭載しているので、快適にゲームを楽しみたい方におすすめのゲーミングノートPCです。

また、ゲームミングノートPCで多い15.6型よりも大画面の17.3型液晶かつ、リフレッシュレート144Hz対応なのが大きな特徴のモデルとなっています。

G-Tune E7のスペック

G-Tune E7
G-Tune E7CPUCore i5-11400H
グラフィックスRTX 3060(6GB)
メモリ16GB
SSD512GB NVMe SSD
液晶17.3型 フルHD
(144Hz)
無線Wi-Fi 6
重量約2.59kg
動作時間 約 5.5時間

公式サイトはこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

外観

カラーはブラックです。WEBカメラが液晶上部に設置されています。

液晶は17.3型で、フルHD解像度(1920×1080)、リフレッシュレートは144Hzです。

ノングレアパネルを搭載しているので映り込みが少なく長時間のゲームや作業に最適です。

天板

天板はスッキリしていてスマートな印象です。天板は片手で開閉すると筐体が浮きます。

入出力ポート

入出力ポート

左側面側にはUSB3.0、USB2.0、マイク入力、ヘッドホン出力があります。左側にイヤホン端子があると右利きの方は便利に感じます。

右側面にはカードリーダー、USB3.1 Type-C、LAN端子があります。

背面側にはHDMI端子、Mini DisplayPort端子、電源端子、Thunderbolt 4端子があります。

有線LAN接続

有線LAN接続を考えている方は「有線LANの位置が右側面にある」ので、右利きの方は気になるポイントかもしれません。

自宅で有線接続してゲームをやりたいという場合に、線が飛び出るのでマウスを操作する際に少し邪魔に感じてしまうと思います。

対策としては、L型のイーサネットアダプタの使用や、無線接続すれば線をつなぐ必要が無いので、回避する事が出来るでしょう。

キーボード

キーボード

キーボードは10キー付きで104キー、キーピッチ約19mm、キーストローク約1.8mmです。キーピッチ19mmなので、タイプミスを軽減する効果が期待出来ます。

文字打ちがしやすいキーボードが搭載されています。

Control Center 3.0

キーボードのバックライトLEDは「Control Center 3.0」という付属ソフトで、単色カラーの変更が可能です。

重量

重量

本体が2,584gでACアダプターの重量は607gでした。本体とACアダプターを合計すると3,193gとなります。

重量は持ち運べない重さではありませんが、持ち運びをメインとされる方は15.6型の軽量モデルがおすすめです。

17.3型と15.6型の比較

17.3型と15.6型の比較

左が17.3型の「G-Tune E7」になります。右の一般的な大きさの15.6型のモデルと比較すると、画面が大きいのでゲームの迫力が増します。

ゲームは画面が大きい方が、ゲームプレイしやすいのでおすすめです。

反面、持ち運びをする際には15.6型の方が有利になります。据え置きとしての使用なら画面が大きくて快適なので17.3型、持ち運びをするなら15.6型のモデルが良いでしょう。

ゲーム性能

「G-Tune E7」のゲーム性能はどの程度快適なのかをチェックしました。

3DMARK

FireStrike

FireStrike

TimeSpy

TimeSpy

3DMARKのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

構成3DMARK TimeSpy
Core i7-11800H
RTX 3070
10088
Core i7-11800H
RTX 3060
8348
Ryzen 7 5800H
RTX 3060
8315
Core i5-11400H
RTX 3060
7859
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5362
Core i7-11800H
RTX 3050
5234

表は当サイトでテストしたTimeSpyの参考スコア比較です。「RTX 3060」搭載モデルは高いスコアが出ます。

ファイナルファンタジー15

FF15ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
7788 / 77 fps【快適
標準9855 / 98 fps 【とても快適
軽量11435 / 114 fps【とても快適

フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー15は重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコアで「快適」、12,000スコアで「非常に快適」になります。

重量級ゲームも高品質設定で「快適」評価です。

製品名FF15 高品質比較
Core i7-11800H
RTX 3070
9588
Core i7-11800H
RTX 3060
8648
Ryzen 7 5800H
RTX 3060
8080
Core i5-11400H
RTX 3060
7748
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
5314
Core i7-11800H
RTX 3050
5115

フルHD解像度/高品質の参考スコア比較です。

ファイナルファンタジー14

FF14ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
最高15023 / 109 FPS【非常に快適
16703 / 122 FPS 【非常に快適
標準17594 / 129 FPS【非常に快適

フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。高 / 標準はノートPC。

ファイナルファンタジー14は中程度の描画負荷のゲーム。暁月のフィナーレは8,000スコアで「快適」、15,000スコアで「非常に快適」評価になります。

最高設定で「非常に快適」評価です。

製品名FF14「暁月のフィナーレ」ベンチマーク
Core i7-11800H
RTX 3070
19354
Core i7-11800H
RTX 3060
17476
Core i5-11400H
RTX 3060
15023
Ryzen 7 5800H
RTX 3060
14245
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
13228
Core i7-11800H
RTX 3050
12916

フルHD解像度/最高品質の参考スコア比較です。

PSO2:NGS

PSO2:NGS
解像度設定スコア / 評価
フルHD
1920×1080
ウルトラ11360 【快適
21599【快適
最低38749【快適

PSO2:NGSは10,001以上のスコアで「快適」評価です。

最高画質設定で「快適」評価が出ています。

製品名PSO2:NGSベンチマーク
Core i7-11800H
RTX 3070
20183
Core i7-11800H
RTX 3060
17800
Ryzen 7 5800H
RTX 3060
12711
Core i5-11400H
RTX 3060
11360
Core i5-11400H
RTX 3050 Ti
8094
Core i7-11800H
RTX 3050
6901

フルHD解像度/最高設定の参考スコア比較です。

フォートナイト

最高設定

フォートナイト最高設定fps
最低設定

フォートナイト最低設定fps

人気TPSゲームの「フォートナイト」は、最高画質で70fps前後。最低では150fps前後を記録しました。

「フォートナイト」は「NVIDIA DLSS」に対応しているので、フレームレートを更に確保する事も出来ます。

NVIDIA DLSS(Deep Learning Super Sampling)は、AIの力を利用してフレームレートや画質を向上させるテクノロジーです。

利用するには、RTX グラフィックスボードが必須ですが「RTX 3060」を搭載した「G-Tune E7」は対応しています。

画質設定を下げると144fps出ているので、リフレッシュレート144Hzの恩恵を感じる事が出来ます。

「フォートナイト」を快適に楽しめるゲーミングノートPCです。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
69
146

計測場所:グリーシー・グローブ、3D解像度は100%に変更。NVIDIA DLSSオフ。

ApexLegends

最高設定

ApexLegends最高設定fps
最低設定

ApexLegends最低設定fps

人気FPSゲームの「ApexLegends」では、最高画質110fps前後、最低では130fps前後を記録しました。

144Hzの高リフレッシュレート液晶を搭載しているので滑らかな描画で快適です。「ApexLegends」も快適に楽しめます。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
113
142

計測場所:ストームポイント「座礁区域」

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。

重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
  1. 重量級:FF15のベンチマーク:最高設定で快適評価。
  2. 中量級:FF14のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価です。
  3. 軽量級:軽めのゲームの動作は快適です。

CPU性能

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

CINEBENCH R23/R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

製品名CINEBENCH R20マルチスコア比較
Core i7-11800H
4769
Ryzen 7 5800H
4736
Ryzen 7 4800H
4412
Core i7-10875H
4217
Core i7-10870H
4131
Core i5-11400H
3854
Ryzen 5 4600H
3437
Core i7-10750H
3059
Core i7-11370H
2719
Core i5-10300H
2236

CINEBENCH R20マルチスコアの参考スコア比較です。

Core i5-11400Hは、6コア12スレッドで最大4.5GHz駆動のCPUです。ゲームなど高負荷な用途でも活躍できるCPUです。

ベンチマーク

総合的なベンチマークでパソコンの性能をチェックしました。

PC MARK10

PC MARK10
PCMark 10EssentialsProductivityDCC
5943839485837907

パソコンの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトが「PCMark 10」です。

Essentialsはアプリケーションの起動速度、Webブラウジング、ビデオ会議などのPCの基本性能を計測します。

Productivityはオフィスソフトの性能、Digital Content Creation(DCC)は写真編集、動画編集などのクリエイティブ系ソフト性能のスコアとなっています。

構成PC MARK10
Ryzen 7 5800H
RTX 3060
6568
Core i7-11800H
RTX 3060
6566
Core i7-11800H
RTX 3050
6161
Core i5-11400H
RTX 3060
5943
Core i5-11400H
GTX 1650
5507
Core i5-11400H
RTX 3050Ti
5504

PC MARK10参考比較

ストレージ速度

ストレージ速度

容量は512GBのNVMe SSDが搭載されています。HDDでカクつくゲームもあるのでNVMe SSDはカクつきを抑制する効果があるでしょう。

消費電力

アイドル時高負荷時
アイドル時高負荷時

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。高負荷時はFireStrike実行時の数値です。

温度

筐体の温度

筐体の温度

FF14のベンチマークを1時間ループさせた際の温度をチェックしてみました。室温は23℃。キーボード周辺の最高温度が38℃でWASD周辺は28℃でした。

温度が低いので快適に使える印象です。

内部の温度

内部の温度

室温22℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeとCINEBENCH R20を実行した際の最大温度です。

静音性

静音性
アイドル静音パフォーマンス
42.4 db46.3 db56.1 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。

無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

付属ソフトの「Control Center 3.0」では、「パフォーマンス」「バランス」「静音」の3つの動作モードの変更が出来ます。

まとめ

まとめ

「G-Tune E7」は、高性能グラフィックス「RTX 3060」を搭載したゲーミングノートPCなので、重量級ゲームも快適に動かせる性能を持っています。

液晶が17.3型の大画面ディスプレイを搭載し、144Hzの滑らかな液晶でゲームを楽しむ事が出来るので快適でした。

持ち運びを頻繁に行う方は15.6型のモデルがおすすめですが、あまり持ち運びしない方で省スペースに環境を構築したい方に「G-Tune E7」はおすすめです。

画面は大きい方が使いやすいです。ゲームでも迫力があるのでおすすめです。

おすすめポイント
  • 大画面17.3型ディスプレイ搭載
  • 滑らかな144Hz液晶搭載
  • 「RTX 3060」搭載で重量級ゲームも楽しめる
  • 暗所でも快適なLEDによる光るキーボード搭載

G-Tune E7の詳細はこちら

G-Tune公式サイトはこちら

「G-Tune E5」の実機レビュー RTX3050搭載 マウスコンピューターさんから「G-Tune E5」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 G-Tune E5の特徴は、グラフ...
「G-Tune E5-165」の実機レビュー RTX3060搭載マウスコンピューターさんから「G-Tune E5-165」の実機をお借りしたのでレビューしていきます。 G-Tune E5-165の特...
おすすめピックアップ記事