ゲーミングPCレビュー

「G-Tune PM-B-AF」の実機レビュー GTX1660 SUPER搭載

マウスコンピューターさんから「G-Tune PM-B-AF」の実機をお借りしたのでレビューをしていきます。

「G-Tune PM-B-AF」は、第10世代インテルCPU搭載。ゲームで重要なグラフィックスボードにはNVIDIAの「GeForce GTX1660 SUPER」を搭載しているので、最新ゲームをコスパ良く楽しみたい方におすすめのスペックです。

スペック

G-Tune PM-B-AF
G-TuneミニタワーCPUCore i7-10700
グラフィックGTX1660 SUPER(6GB)
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
2TB HDD
電源500W
ケースミニタワー

公式サイトはこちら

「G-Tune PM-B-AF」の魅力は、インテル第10世代の高性能CPU搭載。グラフィックにはGTX1660 SUPERが搭載しているので、フルHD解像度のゲームをコスパ良く動かせる性能を持っている点です。

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観

G-Tune PM-B-AFのケース外観
G-Tune PM-B-AFのケース背面

PCケースはミニタワー型です。ミドルタワー型と比較するとコンパクトなサイズが魅力です。

背面の上にあるケーブルは映像端子のHDMIと接続する事で、前面インターフェースのHDMIが使用可能になります。

G-Tune PM-B-AFのインターフェース
G-Tune PM-B-AFの底面のダストフィルター

前面インターフェース部は右からHDMI、USB3.0×2、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1、その下には光学ドライブ(オプション)、電源ボタンが並んでいます。

底面の足はゴム足で、水洗いが可能なダストフィルターが付いています。ダストフィルターはマグネットで付いているので簡単に着脱が可能です。

また、強化ガラスサイドパネルにカスタマイズする事も出来ます。ワンプッシュで開閉が可能になり、メンテナンス性が向上します。

内観

G-Tune PM-B-AFの内部
G-Tune PM-B-AFの内部

内部は左側面を開けると右上にストレージの格納。HDD×1、SSD×2の搭載が可能です。

電源が左上にあり、その下にマザーボードがあります。

PCケースまとめ
  • ケースの質感が良い
  • ミニタワーなのでコンパクト
  • 前面にHDMI端子がある
  • コンソールパネルが斜めで使いやすくて良い
  • ダストフィルターは水洗い可能

ゲーム性能

3DMARK

FireStrike
FireStrikeベンチマーク結果

TimeSpy
TimeSpyベンチマーク結果

3DMARKのFireStrikeはDirectX 11、TimeSpyはDirectX 12のパフォーマンスを計測する定番ベンチマークソフトです。

Fire Strikeスコア14174
Graphics Score15206
Physics Score23996
Combined Score6677
Time Spyスコア6180
Graphics Score5760
CPU Score10536

ファイナルファンタジー15【描画負荷:重い】

FF15ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
6304 / 63 fps【快適
標準8823 / 88 fps【快適
軽量11463 / 114 fps【とても快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはスコアから算出した数値になります。

ファイナルファンタジー XVは重量級ゲーム。スコアの評価としては6,000スコア出ていれば快適評価です。

6,000スコアを超えて快適評価が出ています。GTX1660 SUPERを搭載しているので重量級ゲームも楽しめます。

ファイナルファンタジー14【描画負荷:中程度】

FF14ベンチマーク
解像度設定スコア / FPS / 評価
フルHD
1920×1080
最高15924 / 108 fps【非常に快適
17451 / 120 fps【非常に快適
標準21717 / 174 fps【非常に快適

ベンチマークソフトを使用。フレームレートはレポート出力の平均フレームレートの数値になります。

7,000スコアで「非常に快適」評価となります。最高画質設定でも快適に楽しめます。

Apex Legends【描画負荷:中程度】

最高設定
ApexLegends最高設定fps
最低設定
ApexLegends最低設定fps

人気FPSゲームのApexLegendsでは最高画質110fps、最低では181fps前後を記録しました。Apex Legendsも快適に楽しめます。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
110
最低
181

計測場所:キングスキャニオン「サルベージ」

フォートナイト【描画負荷:中程度】

最高設定
フォートナイト最高設定fps
最低設定
フォートナイト最低設定fps

人気TPSゲームのフォートナイトでは最高画質では101fps。最低では285fpsを記録しました。フォートナイトも快適に楽しめます。

解像度設定FPS
フルHD
1920×1080
最高
101
最低
285

計測場所:ホーリーヘッジス、3D解像度は100%に変更

ドラクエ10 / PSO2【描画負荷:軽い】

PSO2
PSO2ベンチマーク結果
ドラクエ10
ドラクエ10ベンチマーク結果

PSO2やドラクエ10でも非常に高いスコアが出ています。PSO2は簡易設定6(最高設定)で8万超え、ドラクエ10でも24,000スコアオーバーで、すごく快適評価です。

ゲーム性能まとめ

ここまでをまとめます。GTX1660 SUPERはフルHD解像度で、人気ゲームを楽しめるゲーム性能を持っています。

重いゲーム
中程度のゲーム
軽いゲーム
  1. 重量級:FF15のベンチマーク:最高設定で快適評価。最重量級だとRTX3060以上がおすすめです。
  2. 中量級:FF14のベンチマーク:最高設定で非常に快適評価。
  3. 軽量級:DQ10のベンチマーク:すごく快適評価。
レイトレーシング対応ソフト及びNVIDIA DLSSを使いたい方は、RTXグラフィックスボードが実質必要になります。コスパ良くフルHD解像度のゲームを楽しみたい方にGTX1660 SUPER搭載の「G-Tune PM-B-AF」はおすすめのモデルです。

ベンチマーク

CINEBENCH R23 / R20

CINEBENCH R23
CINEBENCH R23ベンチマーク結果
CINEBENCH R20
CINEBENCH R20ベンチマーク結果

CINEBENCH R23/R20はCGレンダリング性能を測定するベンチマークテストです。

CINEBENCH R20ベンチマーク比較CINEBENCH R20を当サイトでテストした比較になります。Core i7-10700はインテル第10世代の最新CPUです。高いCPU性能を持っています。

PCMARK 10

PCMark 10EssentialsProductivityDCC
6544947688839037

パソコンの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトが「PCMark 10」です。

ストレージの速度

SSD
SSDの速度結果
HDD
HDDの速度結果

SSDが搭載されているので動作がサクサクでストレスフリーです。HDDも付いているのでデータの保管に重宝します。

消費電力

アイドル
アイドルの消費電力
3DMARK
高負荷時の消費電力

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。

温度

温度の検証結果

室温22℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFireStrikeおよびCINEBENCH R20を実行した際の最大温度になります。

静音性

静音性の検証
アイドル時3DMARK
41.2 db42.3 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デシベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に見てみて下さい。

環境の下限が41db程度です。とても静音性に優れています。

まとめ

「G-Tune PM-B-AF」はケースの質感が良く、コンソールパネルが斜めになっている部分も使いやすいです。

冷却性能も高く、サイズもコンパクト。スペック面ではフルHD解像度のゲームをコスパ良く楽しめる点が魅力的。

これからPCゲームをはじめたいという方におすすめです。

こんな方におすすめ
  • 筐体の質感が良いモデルを探している方
  • 限定モデルで価格がお買い得
  • フルHD解像度でコスパ良く人気ゲームを楽しみたい方
  • レイトレシーングや高解像度は必要ないと考えている方

G-Tune PM-B-AFの詳細はこちら

G-Tune公式サイトはこちら

G-Tuneミニタワー
「G-Tune XM-Z」の実機レビュー RTX3070搭載 マウスコンピューターさんからG-Tune XM-Zの実機をお借りしたのでレビューをしていきます。 「G-Tune XM-Z」は第1...
おすすめピックアップ記事