ゲーミングPCレビュー

【ドスパラ】ガレリア XVの実機レビュー( i7-8700 RTX2060 )

ドスパラさんからガレリア XV(Core i7-8700 / RTX2060 )の実機をお借りしたのでレビューしていきます。

ガレリアXVの特徴はCPUがCore i7-8700を搭載しているので6コア12スレッドで最大4.6GHz駆動のCPU、グラフィックボードにはNVIDIAの最新アーキテクチャーのTuring採用のRTX2060が搭載します。

フルHD解像度において重量級タイトルでも快適に動作するパフォーマンスが魅力なガレリアXVはミドル帯のゲーミングPCの中でパフォーマンスを重視したいという方におすすめになります。

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

まずはこちらのページでガレリアの製品の詳細や価格を把握すると理解がグッと深まります。今回レビューするのはRTX2060が搭載されているガレリアXVというモデルになります。

スペック

GALLERIA XV/ ガレリア XV
OSWindows10 64ビット
CPUCore i7-8700
グラフィックRTX2060(6GB)
メモリ8GB
SSD500GB
HDD2TB
マザーボードB365

価格・詳細はこちら

執筆時のスペックになります。現在の商品の詳細や価格については詳細ページにてご確認下さい。

外観をチェック

PCケースはガレリア専用のKTケースです。Xシリーズ・Zシリーズと同じになります。冷却性能と拡張性が高いATXのミドルタワー型になります。

フロントを開ける事は可能ですが、結構面倒なのでフロントファンを換装したい場合はBTOオプションで頼むのも手です。フロントファンは12cmです。カスタマイズする場合は、『フロントケースファン』という箇所で変更可能です。

左側面にはサイドにメッシュ加工がされており、高温になりがちなCPUとGPUを冷却する機構になっています。サイドには12cmファンor14cmファンが取り付け可能です。

右側面には右上にマザーボード部分を冷却する為に吸気があります。

前面インターフェース部はUSB3.0×2、SDカードリーダー、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1、リセットボタン、電源ボタンが並んでいます。その下にはアクセスランプがあります。

天板上部は12cmファンor14cmファンが取り付け可能です。後方にファンがあるので贅沢に置く事はできませんが手前にはスマホなどの小物を置く程度のスペースはあります

光学ドライブは搭載されていないので必要な方はカスタマイズしましょう。

背面は上部にケースファンがあります。背面のファンは12cmです。

内部パーツをチェック

内部はこのようになっています。右側の上段が5インチベイ、下段が3.5インチベイの格納になっています。

CPUファンにはサイドフロー型のCPUクーラーが搭載されていました。

GPUはPalit製のNVIDIA GEFORCE RTX2060が搭載されています。

HDMI端子x1、DisplayPort端子x1、DVI-D×1が装備されています。

パーツのメーカーに関しては状況により変更される可能性があります。レビュー機ではこのメーカーのパーツが搭載されていましたという情報になります。

ゲーム性能をチェック

3DMARK

3DMarkは3Dゲームのパフォーマンスを計測する世界標準のベンチマークソフトです。

Fire StrikeはフルHD、Fire Strike ExtremeはWQHD、Fire Strike ULTRAは4Kのベンチとなっています。Time SpyはDirect12に対応したベンチマークテストになります。

3D MARK項目スコア
Fire Strikeスコア17046
Graphics Score19030
Physics Score17779
Combined Score9248
Fire Strike EXtremeスコア8353
Graphics Score8617
Physics Score17870
Combined Score4118
Fire Strike Ultraスコア4347
Graphics Score4184
Physics Score17835
Combined Score2361
Time Spyスコア7423
Graphics Score7543
CPU Score6812
Time Spy EXtremeスコア3416
Graphics Score3451
CPU Score3234

3DMARK Fire Strikeスコア比較

実機で取得したFireStrikeのグラフィックカード別グラフィックスコアの比較

3DMARK TimeSpyスコア比較

実機で取得したTimeSpyのグラフィックカード別グラフィックスコアの比較

レイトレーシングの性能をチェック

Port Royalはリアルタイムレイトレーシングのベンチマークになります。どの程度レイトレーシングをリアルタイムで処理できるかを評価したベンチマークソフトです。

実機で取得したグラフィックカード別PortRoyalの比較

ファイナルファンタジー XV

FF15のベンチマークではスコアが12,000を超えると最高評価の非常に快適になります。現状国産ベンチマークで配布されている中ではかなり重いベンチマークになります。重量級のゲームをプレイされる方はこのベンチマークを指標にゲーミングPCを選択するのがおすすめになります。

解像度設定スコア評価
3840×2160高品質3242 / 32 fps普通
標準品質3914 / 39 fps
軽量品質5449 / 54 fpsやや快適
2560×1440高品質5881 / 58 fps
標準品質7275 / 72 fps快適
軽量品質9794 / 98 fpsとても快適
1920×1080高品質7919 / 79 fps快適
標準品質10491 / 105 fpsとても快適
軽量品質12822 / 128 fps非常に快適

 ファイナルファンタジー XIV 漆黒のヴィランズ

FF14の漆黒のヴィランズのベンチマークはスコアが7000を超えると非常に快適の評価が出ます。7000を超えているので、FF14が快適にプレイ可能です。中量級のゲームのプレイを想定してゲーミングPCを選択される方はFF14のベンチマークを指標にして選択するのがおすすめです。

解像度設定スコア評価
3840×2160最高品質6167 / 45 fpsとても快適
7099 / 52 fps非常に快適
標準13369 / 98 fps
2560×1440最高品質12082 / 89 fps
13273 / 98 fps
標準16526 / 144 fps
1920×1080最高品質15118 / 121 fps
15474 / 128 fps
標準18575 / 178 fps

ドラゴンクエストX

すべての設定において最高評価の『すごく快適』評価が出ています。

解像度設定スコア評価
3840×2160最高品質19185すごく快適
1920×1080最高品質22050

PSO2ベンチマーク ver.4

公式では5001以上の性能があれば快適という見解が出ていますが、最高設定で8万超えのスコアが出ています。

解像度設定スコア
1920×1080簡易設定6 87780 / 271 fps

アサシンクリードオデッセイ

アサシンクリードオデッセイ解像度設定FPS
4K
3840×2160
最高27
41
58
WQHD
2560×1440
最高45
60
81
フルHD
1920×1080
最高53
75
89

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

バトルフィールド5

解像度設定RTX オンRTX オフ
4K
3840×2160
最高2234
2836
3755
3963
WQHD
2560×1440
最高5171
5675
69101
72113
フルHD
1920×1080
最高7198
77103
90131
95156

DirectX12、『祖国の為に』の開始地点になります。DXRとDLSSをオンとオフにした際のフレームレートになります。

World War Z

解像度設定FPS
4K
3840×2160
ウルトラ45
ミディアム54
ロー116
WQHD
2560×1440
ウルトラ84
ミディアム95
ロー157
フルHD
1920×1080
ウルトラ117
ミディアム127
ロー166

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

Forza Horizon 4

解像度設定FPS
4K
3840×2160
ウルトラ55
ミディアム71
ベリーロー97
WQHD
2560×1440
ウルトラ76
ミディアム100
ベリーロー138
フルHD
1920×1080
ウルトラ92
ミディアム121
ベリーロー161

フレームレートはベンチマーク実行時の数値になります。

RTX2060の性能的には重量級のフルHD最高設定が現実的に目指せて中程度のゲームならWQHDで60fpsを目指せます。

それに加えてRTコアとTensorコアを搭載しているのでレイトレ対応でDLSSも使えます。

弱点としてはビデオメモリの容量が6GBという点。例としてMHWの高解像度テクスチャ(High Resolution Texture Pack)だと8GB以上のグラフィックメモリが要件となっています。また、MOD系のゲーマーなら上位グレードを目指すのが良いでしょう。

VR性能をチェック

VRMARK《VR性能》

VR性能をスコア化するソフトがVRMARKです。スコアが5000を越えると「VR Ready」評価になります。

Orange Roomは標準的なVR性能を評価するベンチマークで、Cyan RoomはDirect12、BlueRoomは将来用です。

style=”text-align: center;”

VRMARK項目スコア
Orange Roomスコア9022
Avg FPS196 fps
Cyan Roomスコア7698
Avg FPS167 fps
Blue Roomスコア2355
Avg FPS51 fps

スコアが5000を越えているのでVRゲームも楽しめるスペックでしょう。

CPU性能をチェック

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20はCinebenchの最新バージョンになります。レンダリングに必要な演算能力が約8倍、メモリ消費量も4倍に引き上げられたそうです。また、CINEBENCH R15とは比較出来ません。CPU 3082cb、CPU(single-Core) 467cbを記録しました。

 

CINEBENCH R15

CPU 1403cb、CPU(single-Core) 192cbを記録しました。執筆時ですとCore i7-9700KFにカスタマイズ可能ですが、ガレリア XF(レビューページ)など最初から第9世代が搭載されたモデルを選択する方が結果的にお得に購入できる場合もあるでしょう。総合的に上位クラスが価格面で拮抗するようなら予算次第で検討を。予算的に厳しい場合には素直にデフォルト構成が良いでしょう。

 

CINEBENCH R15スコア比較

実機で取得したスコアの比較表になります。

ストレージの速度をチェック

SSD

HDD

容量が500GBのSSDと2TBのHDDが搭載されているので普段使っていないゲームはHDDに、アクティブなゲームはSSDに入れておけばアクティブなゲームがある程度多くても対応可能な容量です。

静音性のチェック

アイドル時3DMARK FireStrike実行時
43.1 db44.9 db

アイドル時と3DMARKのFire Strikeを実行した時の騒音デジベルを計測しました。無響室で計測した訳で無く、一般的な住宅で計測した数値になっているので参考程度に考えて下さい。

消費電力のチェック

アイドル時

3DMARK

消費電力はワットチェッカー(REX-BTWATTCH1)で計測しています。アイドル時62.9W、3DMARKのFire Strike実行時には222Wでした。

温度のチェック

室温24℃環境での計測になります。計測ソフトはHWMONITOR-PROを用いてアイドル時と3DMARKのFire Strikeのベンチマークを実行した温度になります。CPU、GPUともに低めな数値となっております。

まとめ

ガレリアXVはRTX2060の性能を有しているのでフルHD重量級も視野に入るメインストリームなゲーミングPCになります。価格もお手頃なのでフルHD重量級ゲームで60fpsを確保したいという場合には有効な選択肢の一つでしょう。

CPUはCore i7-9700KFにカスタマイズする事で画質設定を下げてFPS値を稼いで競技性の高いタイトルでより快適にと考えている方も対応可能ですし、コスパでCore i7-8700でも足を引っ張っているとまでは言えないでしょう。

悩みどころとしてはRTX2070とは価格の乖離が大きくなり、同じミドル帯のGTX1660Tiもちらつくという点でしょうか。RTX2060の付加価値としてレイトレが射程に入る強みがあるのと純粋にパフォーマンスでも優位性があります。予算に余裕があるのであればRTX2060の方がより快適にゲームがプレイできるのでおすすめです。

ガレリアXVはこんな方におすすめ

  • 拡張性の高いPCケースが欲しい方
  • レイトレーシング対応のゲーミングPCが欲しい方
  • フルHD重量級も視野に入るパフォーマンスが欲しい方
  • FPSやTPSなどの人気ゲームで144FPSを手頃な価格で狙いにいきたい方

ガレリアXTの価格・詳細はこちら

ガレリアのデスクトップPC一覧はこちら

おすすめピックアップ記事