ゲーミングPCレビュー

【ドスパラ】GTX965M搭載ガレリア QHF965HEの実機&性能レビュー

現在この商品は販売終了しています。

ドスパラ(ガレリア)のゲーミングPCの実機レビューまとめでレビュー記事をまとめているのでそちらをチェックしてみて下さい。

以下過去の記録記事になります。

↓↓↓

IMG_1865_R

ドスパラさんから『ガレリア QHF965HE』の実機を貸して頂けたので性能含めてレビューしていきます。ガレリア QHF965HEはGTX965Mを搭載したゲーミングノートPCになります。

特徴としてはコストパフォーマンスの高い価格(記事執筆時点での価格は税別で最安99,980円から入手可能です。)とG-KEYというゲームに最適化されたボタンによってゲーム中の利便性が向上する事です。

ガレリア QHF965HE

qhf965he_410

CPU:Core i5-4210M
メモリ:8GB
GPU:GeForce GTX965M(4GB)

ガレリア QHF965HEの外観

天板

IMG_1848_R

天板にはガレリアのロゴが入っており、エッジがうっすらと入ったシンプルなデザインです。

右側側面

IMG_1854_R

左からヘッドセット、USB2.0ポート×2、光学ドライブ、ケンジントンロックになっています。インジェクトボタンは赤くなっている所がボタンです。

左側側面

IMG_1855_R

左から電源入力端子、排気口、D-sub出力、LANポート、HDMI出力、USB3.0ポート×2となっています。ゲーム中などではこちら側の排気口から熱が排出されます。

正面

IMG_1865_R

ディスプレイ上にはWEBカメラ、ディスプレイ下の赤いボタンが電源ボタン、その下がG-KEY(G1:FAN最大、G2:タッチパッドのON/OFF、G3:Windowsキーの有効・無効)、ディスプレイの下にはスピーカーが装備されており、キーボードとタッチバッドとなっています。タッチパッドはクリックボタン分離型です。

キーボード

IMG_1859_R

頻繁に使うであろうキーボードの配列等はこのようになっています。バックライトキーボードではありませんが、使いやすいボタン配置かと思います。エンターキーやバックスペースが大きめに配置されているので文字入力は問題無くこなす事が可能です。ゲームでも左上のG3を押す事でWindowsキーを無効に出来るのもポイントが高いです。

ACアダプタ

IMG_1866_R

バッテリーの持続時間は公称値約3.8時間となっていますが、ゲームなどの高負荷をかけるとバッテリーの消耗も激しいので基本的には電源をACアダプタから取る形になるかと思います。

重量

IMG_1873_R

本体の重量は公称値約 2.75kg(バッテリー含む)です。ゲーミングノートPCとしては軽めな方と言えます。

IMG_1874_R

ACアダプタの重量は0.8kgでしたので本体と合わせて重量は3.5Kgです。

ガレリア QHF965HEのスペック

2016-08-26_16h55_31
OSWindows10
CPUCore i5-4210M
GPUGeForce GTX 965M (4GB)
メモリ8GB(DDR3)
マザーボードHM87
HDDSSD 250GB+HDD 1TB

※情報は記事執筆時のものになります。最新の詳細は公式ページでご確認下さい。

各種ベンチマークを計測

ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド

SnapCrab_ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク_2016-8-26_12-45-42_No-00_R
設定画面サイズDirectXスコア
最高品質1920×1080115418
高品質1920×1080117574
標準品質1920×10801110027
最高品質1920×108096766
高品質1920×108098403
標準品質1920×1080910997

ドラゴンクエストX

SnapCrab_ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver14k_2016-8-26_14-32-38_No-00
設定画面サイズスコア
最高品質1920×108012431
標準品質1920×108013136
低品質1920×108015132

ドラゴンズドグマオンライン

2016-08-26_16h42_47_R
設定画面サイズスコア
最高品質1920×10805848
標準品質1920×10805966
低品質1920×10806007

モンスターハンター第三弾(大討伐)

2016-08-26_16h21_04_R
設定画面サイズスコア
最高設定1920×108010408

PSO2ベンチマーク ver.4

pso20160826_162911_000_R
設定画面サイズスコア
簡易設定6(最高設定)1920×10808439
簡易設定51920×10809004

3DMark

2016-08-26_15h42_54_R
3DmarkスコアGraphics scorePhysics scoreCombined score
Fire Strike4748614739931960
Fire Strike Ultra139014013976684

Time Spy

スコアGraphics scoreCPU test
174818081475

実際に使ってみての評価・感想

実際に使ってみるとこのスペックと外観でこの価格?と驚いてしまう程のコストパフォーマンスだなと思いました。欠点らしい欠点も見つからず一般的なゲーミングノートPCと変わらないのに価格は安いという事もあってPCゲーム初心者から中級者までガレリア QHF965HEはおすすめできます。

逆にこういうのも求める人には向かないというのはフルHD以上の高解像度でのゲームプレイを求める方(4Kなど)や、VR環境を整えたいという方、そして最新の高グラフィックスを要求するタイトルで最高設定で60FPSを上回りたい方などには向きません。素直にデスクトップPCにするか、更に上位のゲーミングノートPCを選択しましょう。

タイトル解像度設定FPS値(平均)
Fallout4フルHDウルトラ設定(ダイヤモンドシティ)40FPS
ダークソウル3フルHD最高設定38FPS
BF4フルHD最高設定67FPS

実際にゲームを起動してプレイしてみました。計測はFrapsで計測して平均値を掲載しています。最高設定でも30FPSを超えているで基本的はプレイ可能です。設定をある程度妥協すると60FPSを超えてくるので比較的新しいタイトルでもGTX965Mでも普通にゲームはプレイ可能でした。少し古いタイトルに関してはBF4でも最高設定で射撃訓練場ですが、60FPSを越えてきたので楽々プレイ可能です。

特に向いているタイトルはゲーミングノートPCの特性上国産のオンラインゲームなどは特に向いていると感じました。FF14やドラクエ10といったタイトルも普通にプレイ可能なのでPCオンラインゲームにハマって最新のゲーミングノートPCが欲しいという方で価格を出来るだけ抑えてゲーミングノートPCが欲しいという方にガレリア QHF965HEは特におすすめできます。

ガレリア QHF965HE

qhf965he_410

CPU:Core i5-4210M
メモリ:8GB
GPU:GeForce GTX965M(4GB)